ギャルの神様と呼ばれた私。舟山久美子が振り返る転機とは。#私のTRILL

いま輝いている人の、自分らしさやTrue & Realな本音に迫る連載企画「#私のTRILL」。TRILLが、総勢16名の著名人にインタビューを決行。ここだけのトークに、自分をもっと好きになるヒントが見つかるかもしれません。

第6回目は、モデルとして活躍しつづける舟山久美子さんが登場。17歳から6年間“ギャルの神様”として熱狂的な支持を集めた舟山さんですが、現在はしなやかな大人の女性らしい姿が印象的です。

17歳の頃から人に憧れつづけられる気持ちとは…華やかさの裏には大きな葛藤や迷いがあったのでは?と尋ねると、当時の想いと自身の転機についてまっすぐに話してくださいました。

― ご自分の中で、コンプレックスだったことって何かありました?

全部コンプレックスでしたね、見た目も含めて。だからギャルになって、お洋服とメイクで、なりたい自分に近づけるっていう考えでした。

― デビューされたのが10代ということで、今とは随分、仕事に関する意識、姿勢が変わってきたかなと思うのですけれども。

18歳のときって、私、もうとにかく仕事に走ったんですよ。ダイエットも、とことん細くなろうと思ってましたし。表紙をやっていたときも、誰に何を言われようが、私は一番を上り詰めるんだ!っていう気持ちでいたので、がむしゃらでしたね。それに、当時はすごく、戦闘態勢に入ってたので、結果が全てだと思ってました。
弱音を吐ける人もいなかったので、すごく毒吐いてましたね、ノートの中に(笑)。

― がむしゃらにお仕事を楽しまれていたと思うのですが、当時、これはもしかしたら自分と違うんじゃないかなとか、感じることってなかったですか。

『Popteen』を6年間やらせてもらって、二十歳を過ぎてくると、「ギャル」じゃなくて、もう少し大人っぽく見せたいなって思いはありました。でも、そのとき編集長から、「いや、つけまつげを付けてる、くみっきーがみんな好きだから」と言われて。ギャップは感じましたね。

― その『Popteen』の卒業をきっかけに、大きくイメージチェンジされますが、いかがでしたか?

「ギャル」でいた頃って、「ギャル」でいることによって、ちょっと気持ちも強くいれたりするんですよ。なんですけど、それがなくなってしまうので、すごく自信はなくなったりしていました。

― それでも新しい自分らしさを見つけられましたよね。

自信をなくしたりしてましたけど、私は「もう、前に進むんだ」って心の中で思っていて。だからこそ内面を磨こうとか、自分の身になるものをしっかりと蓄えていこうって変わっていきました。そこから、自分が好きなように徐々にスライドさせていって、今がある感じですね。

* * * * * *

undefined

舟山久美子(ふなやま・くみこ)
1991年4月29日生まれ。東京都出身。17歳の時に渋谷でスカウトされモデルデビュー。雑誌「Popteen」の専属モデルを6年間務める。現在は「with」専属モデルとして活躍中。また情報番組・バラエティなど人気テレビ番組にも多数出演中。ダイエットインストラクター資格、日本化粧品検定認定コスメコンシェルジュ資格取得。ファッションブランド「MICOAMERI」ディレクター。SNSは、LINEの公式アカウント136万人、Instagramは23万人を突破。SNSを使用してファッション・ビューティーの情報を発信している。

元記事を読む
あなたにおすすめの記事
【第4回】「結婚しないと死ぬ死ぬ病」にかかっている人へ 
日本の社会常識や価値観が常に正しいとは限らない。ところ変われば世界も変わる! そんな世界と日本の価値観の違いをTRILL世代の女性関心事第1位の結婚にフィーチャーさせてお届けしたいと思います。
TRILL
3ヶ月で結婚したキャリアコンサルタントに聞く、理想の人生を歩む方法とは
キャリアコンサルタント業界の革命児、岩橋ひかりさんに取材! 組織に属すことが必須、1対1のカウセリングが仕事の基本と言われるキャリアコンサルタントの世界で、オンラインレッスンでMYコンパスアカデミーを開催し、女性の自分らしい働き方を提案。 自分自身と徹底的に向き合い、「自分の理想の人生を決める」ことの大切さを教えていただきました。
TRILL
【岩手編】優しさにあふれた県民性はピカイチ!自分のことより“おもてなし”に尽力
同じ日本女性でも、出身地域によってファッションやライフスタイルは様々に異なります。その多様性を、一緒に感じていきませんか?このシリーズでは、全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介するこのシリーズ。今回は「岩手県」です!
TRILL
「興味のあることを10個やったら、1個くらいはうまく行く」“好き”を仕事に。成功させたその方法とは?
働き方を「もっと自由に!」をモットーに、世間の普通にとらわれすぎず、ちょっと変わった働き方をしている女性を紹介するこの企画。今回は、親や友人など、周囲に反対されながらも自分のやりたいことを貫き通し、フリーランスで活躍する松澤亜美さんにお話を聞いてみました。
TRILL
【北海道編】何事にも強く男女平等!なところは、北海道開拓による“フロンティア精神”から!?
同じ日本女性でも、出身地域によってファッションやライフスタイルは様々に異なります。その多様性を、一緒に感じていきませんか?このシリーズでは、全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介するこのシリーズ。今回は「北海道」です!
TRILL
【第3回】世界婚活♥ フランスで目覚めた女としての自分
日本の社会常識や価値観が常に正しいとは限らない。ところ変われば世界も変わる! そんな世界と日本の価値観の違いをTRILL世代の女性関心事第1位の結婚にフィーチャーさせてお届けしたいと思います。
TRILL
【滋賀編】関西人だけど、決してガツガツ出しゃばらない温厚で受身のシャイ女子
全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介するシリーズ。今回は「滋賀県」です!
TRILL
東京2020オリンピック公式映画監督!「河瀨直美」の自分らしい生き方とは
映画監督でありながら、母として生きる河瀨直美さんに、自分らしい生き方について語っていただきました。「情報を入れすぎない。自分の見たこと、聞いたことで判断することが大事」「人間やってできないことはない。自分を知り、自分らしくいるということが大事」。河瀨直美さんの「人生観」について取材しました。
TRILL
【栃木編】自然に囲まれて育ち、宇都宮が憧れの地。恋愛は控えめだけど婚期は早い!
全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介するシリーズ。今回は「栃木県」です!
TRILL
【第2回】世界で婚活して見えた世界の恋愛・結婚事情のリアル
日本の社会常識や価値観が常に正しいとは限らない。ところ変われば世界も変わる! そんな世界と日本の価値観の違いをTRILL世代の女性関心事第1位の結婚にフィーチャーさせてお届けしたいと思います。
TRILL
俳優「青木崇高さん」が大切にする家族観と人生観について
映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」で、ヒロイン有村架純さんの夫役で、キーパーソンとなる修平を演じた青木崇高さん。ご自身の思う家族像や人生観について語ってくれました。
TRILL
【兵庫編】地元の街を愛するがゆえ。特に“神戸プライド”は人一倍!
全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介するシリーズ。今回は「兵庫県」です!
TRILL
トリンドル玲奈さんに聞く、しなやかに生きる自分らしさとは
出演中のドラマ「僕らは奇跡でできている」で歯科衛生士の丹沢あかりを演じているトリンドル玲奈さん。モデル・女優として活躍する彼女が語ってくれた言葉から、女性としての柔らかさやしなやかさを感じさせてくれました。
TRILL
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理