1. トップ
  2. 配達員が呼ぶも、出てこない客→直後、発覚した“掃除機の音”の正体にズッコケた。

配達員が呼ぶも、出てこない客→直後、発覚した“掃除機の音”の正体にズッコケた。

  • 2024.4.16
  • 17402 views

妻・カツシンさんと、お母さんと暮らすゆきたこーすけ(運び屋ゆきたの漫画な日常)さん。宅配会社勤務時代の出来事や、日常を漫画にしてブログで発信しています。

今回は、読者からの投稿エピソード。田舎の町では配達員さんが玄関を開けて声をかけることが多いそうで…?

大声と掃除機

いくら大声で呼んでもお客さんが出てこなかった 意外な理由
いくら大声で呼んでもお客さんが出てこなかった 意外な理由
ゆきたこーすけ(運び屋ゆきたの漫画な日常

玄関を開けた配達員さんが「栗稲さ〜ん!!」と声をかけると、奥から掃除機の音が…!その音を聞き、掃除機をかけていて自分の声が聞こえないのだと思った配達員さんは、大声で何度も呼びかけます。しかし、家主からの反応は無し…。

すると、そこにロボット掃除機がやってきました。それを見て、家主の留守を察した配達員さん。「掃除機の音がするからといってご在宅とは限らない」という教訓を得て、荷物を持って引き返したのでした…。

ゆきたこーすけさんの投稿文によると、「宅配便をやっていると、『掃除機の音でインターホンが聞こえない』はめちゃくちゃあるあるです」とのこと。今回の配達員さんも、そんな経験から家主がいると思ってしまったのでしょうね。ロボット掃除機かどうかは見て確認するまで分からないので、判断が難しいですよね…。

ブログ:ゆきたこーすけ(運び屋ゆきたの漫画な日常

の記事をもっとみる