1. トップ
  2. 【漢字クイズ】「独活」は何と読む?“おひとりさまの活動”ではありませんよ!

【漢字クイズ】「独活」は何と読む?“おひとりさまの活動”ではありませんよ!

  • 2021.7.11
  • 20298 views
undefined

皆さんは山にある食べ物をいくつ知っていますか?「土筆(つくし)」や「筍(たけのこ)」など山には様々な食べ物がありますよね!

今回はそんな山にまつわる漢字をご紹介します!

「独活」という漢字なのですが、一体何と読むのでしょうか?

「独活」の読み方!

「独」と「活」という組み合わせをみると「おひとりさま」に関する言葉かと思ってしまいますが

読み方がわからない方にヒントです!

「独活」は主に茎の部分を食べ、天ぷらや煮物、きんぴらにするのが多いです。

それでは正解を発表します!

正解は「うど」でした!

「独活」の意味

さっそく「独活」の意味を辞書で調べてみましょう!

山地に自生し、また室(ムロ)の中で栽培される多年草。春、白い若い茎を食べる。「ーの大木[=大きいだけで役に立たないもののたとえ]」かぞえ方:一本

出典:山田忠雄、倉持保男、上野善道、山田明雄、井島正博、笹原宏之 編、『新明解国語辞典』(第八版)、三省堂(2020年11月20日第八版発行)p.134

 

漢字の由来は、「風もないのに自分から動いて見える」ことから付けられたのだそうです。

食べ物としての意味のほかに、「独活の大木=大きくて役に立たないもの」を比喩表現を聞いたことのある方も多いと思います。

改めて辞書で意味を確認する事で、理解が深まったのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

「独活」は「うど」と読みます。

他にも食べ物の漢字は沢山あります。漢字が当てられた由来や、意味を知ると驚くようなものが多いです。

気になった方は是非調べてみてくださいね!


※現在発令中の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。