1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたの“ズル賢いところ”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“ズル賢いところ”がわかる心理テスト

  • 2021.6.20
  • 54863 views
undefined

ずる賢いというとあまり良くないイメージがあるかもしれません。けれども、誰もが多かれ少なかれずる賢いところをもっていたりするものです。あなたはどういう時にずる賢さを発揮しているのでしょうか?探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.漢字のくさかんむり

2.柵

3.鉄棒

4.目



1.漢字のくさかんむりに見えた人は「ちゃんとやっているように見せるのが上手いところ」

図形が漢字のくさかんむりに見えた人は、ちゃんとやっているように見せるのが上手いところが、ずる賢いかもしれません。本当はちゃんとはしていないのに、上手くポイントを押さえることでちゃんとやっているかのように見せているようです。

このタイプの人は、要領がよく適当にこなしていてもそれなりに見せるコツを知っている人でしょう。手抜きをするにしても、どこを抜けばよいかちゃんと知っているのではないでしょうか。そのため、短い時間でやったことでも、それなりの出来栄えに見えてしまっていそうです。

本当は適当でサボり癖があるのに、周りからはとてもきちんとした人に思われることも多いでしょう。あなた自身が上手に表面を整えてそれなりに見せているからこそではないでしょうか。

2.柵に見えた人は「うまく言って人にやらせるところ」

図形が柵に見えた人は、うまく言って人にやらせるところがずる賢いかもしれません。自分は動くことなく上手く人を動かしてしまっていそうです。相手を乗せて自分の意思で動いてもらうのを得意としているかもしれません。

このタイプの人は、人の心を動かす話術に長けたところがありそうです。相手のタイプを見極めて、どういえば気分良く動いてくれるのかを察知していたりするでしょう。相手によって言い方を変え、上手く気持ちを乗せているのかもしれません。

自分が面倒くさいと思えば、周りに声をかけて上手く動いてもらうようにしていそうです。相手もイヤイヤではなく、気持ちが乗っているため、特に誰も嫌な思いをすることはないのかもしれません。

3.鉄棒に見えた人は「必死にやっている感を出すところ」

図形が鉄棒に見えた人は、必死にやっている感を出すところがずる賢いかもしれません。人の目に触れる時だけは必死に頑張り、誰もみていないところでは手を抜いているような器用さがありそうです。

このタイプの人は、勘が鋭く誰かの視線を素早く察知する力に長けていそうです。そのため、誰かが見ている時は全力で頑張りますが、視線を感じなくなれば手を抜いているでしょう。必死にやっている感を出しているので、もし失敗しても周りから非難されるようなこともないかもしれません。

本当に頑張っている時もありますが、特にやりたくないことや気が乗らないことの時はそうやってずる賢く手を抜いていそうです。ただ、あなたのそういうところに気がついている猛者もいますので、細心の注意は必要かもしれません。

4.目に見えた人は「笑顔と言葉で誤魔化すところ」

図形が目に見えた人は、笑顔と言葉で誤魔化すところがずる賢いかもしれません。あなたの方が分が悪いことであっても、ニコニコ笑って素直に「ごめんね」と謝ってみせ、相手を懐柔してしまうようなところがありそうです。

このタイプの人は、親和的で人とのトラブルを避けようとするところがありそうです。攻撃された時も、真っ向勝負では受けず、ひらりと交わすような受け方をする人でしょう。圧倒的に自分が悪い時でも、持ち前の笑顔と上手な言い訳で相手の怒りを有耶無耶にしてしまっているのかもしれません。

あなたの笑顔を見ると、力が抜けて怒りを忘れてしまう人が多いのではないでしょうか。言い訳も少し面白おかしかったり、あからさまでベタな嘘が入っていたりすることが多いでしょう。「しょうがないな」と相手に思わせるずる賢さを持った人と言えそうです。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部


※2021年4月23日発令の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。