1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “とにかく忙しくて、パンクしそう!”…人生を変える【心のスッキリ術】

“とにかく忙しくて、パンクしそう!”…人生を変える【心のスッキリ術】

  • 2019.6.4
  • 21541 views

瞑想に重点を置いたヨーガクラスを展開している、Uttal yoga&healing school(ウタール ヨーガ・ヒーリングスクール)の椎名慶子さんに、ハッピーのヒントを教えていただく“ヨーガの教え”。

連載3回目にお届けする“ヨーガの教え”は、毎日の忙しさに追われてしまう、パンクしそうという焦りから解放してくれるもの。少し考え方を変えるだけで、心がスッと軽くなるコツを椎名さんに教えていただきます。

こんな人に知ってもらいたい“ヨーガの教え”・やることが多くてパンクしそうな人 ・とにかく毎日忙しい人 ・仕事が多くて、終わるかどうか不安な人
anna42f/ Shutterstock.com

今の「不安な感情」は、どこから来ている?

やることが山積みで不安になり、暗い気持ちになる方は多いと思いますが、その「暗い気持ち」の理由は、何でしょうか? 自分自身に聞いてみてください。「やるべきこと」がいっぱいあることと、「不安」は、本当は別々に分けて考えるべきものなんです。

たとえば、「仕事がいっぱいあって不安」という場合、「仕事がいっぱいある」という状況と「不安」という気持ちがくっついてしまっています。仕事がいっぱいあったとしてもいい気分でいることはできるはずなのに、その人の中では「不安に思う」以外の選択肢がなくなってしまうんですね。このように今起こっている[事実]と、[感情]っていうのが自然と一つのセットになってしまうんです。でも、その二つは、いつも別々にしておいた方がいいんです。そうすると、どんな状況のときも「いい気分でいる」という選択肢を持っていられるようになってきます。

事実と感情は分ける
anna42f/ Shutterstock.com, laschi/ Shutterstock.com

不安な感情を分解して、本当の原因を見つけて

私は近頃はそういう状況はないのですが、仕事量が多くて睡眠時間が削られてくると悲しいっていう感情が自然と出てくる時期がありました。「仕事がいっぱいあって不安」っていうセットと一緒ですよね。
なぜ私は、睡眠時間を削るほどやることがあると、こんなにも悲しくなるのか。「睡眠時間を削るほどやることがある」という状況と「悲しい」という感情を自分の中で切り離して考えてみたとき、私の場合は「相手は、私のことを考えた仕事量にしてくれていない」すなわち「私は大切に扱われてない」だから悲しいという想いに気がついたんです。それに気づけたら、次は「誰にどう理解してほしいと思っているんだろう?」と、どんどん分解していけばいいんです。

本当の原因がわかったら、それを冷静に解決!

以前あるクライアントさんとの仕事で、いつもタイトなスケジュールになる案件があったんですね。案の定、やっぱり悲しくなってしまって、分解していったら「このクライアントさんに私の状況を理解してもらいたい」というところに行き着いて。「このスケジュールでは難しいです」と冷静に伝えたら、意外にもあっさりと「そうだよね」って分かってくださった(笑)。

つまり、私もその人の期待に応えたいから、勝手に無理してやっていた部分もあったんですよね。[事実]だけを見たらすぐに実行できる解決策があったのに、自分勝手に「私はこの人の期待に応えなければならない」という[感情]のパターンにハマってしまっていたんです。

感情を挟まないコツは?

そして、ここからは私のメソッドにもなるんですが、やるべき[事実]が山積みになったときには、全て順番を決めていくんです。[感情]が一切入らないようにするために。

やることが山積みの時は… 1.やる順番とかける時間を決めたら、目の前にある作業に全力で集中。2.その作業時間中は、他の仕事のことや「終わるかな?」などのネガティブな感情は封鎖! この方法がストレスを一番少なくするコツ!

「何分で切り上げる」っていうことを全部決めてしまって、その時間にやることを決めたら、それ以外のことはやらない、考えない。「終わるだろうか」っていう不安に一切気を取られない。100%目の前のことだけをやる。「あと5分しかない」なんてことが頭をよぎると「どうしよ?終わらないかも。あーもうやだ!」となってしまいがちだから、もう考えない。とにかくやるだけ! そうすると、想定していた時間よりも大幅に早く終わってしまうことの方が多いんです。しかも、終わった後には無心で集中した後のスッキリ感が味わえます!

とにかく、目の前にあることに気持ちを向ける。そうすれば心の消耗が一番少なくてすむ。それが「幸せでいる」ための教えなんですよ。

終わるかなと不安になるより、その仕事の時間を見積もる

そしてもう一つ、これも私個人のメソッドなんですが。私は、「時間がかかりそうだな」と思うとげんなりして後回しにしてしまうという、良くないクセがあるんです。そういう時は、必ず時間を見積もるようにしています。たとえば「4時間か、じゃあ今日中に終わるじゃん!」ってなると、じゃあやるか! って気持ちになる。

漠然と「時間かかるだろうなあ、いつ終わるかなあ」って思うより、「何時間やれば終わる!」という気持ちの方が、取りかかりやすいんですよね!

[事実]と[感情]を分けて、未来に対しての不安感を整理しよう

不安というのは、未来のことについて考えると出てくる感情。でも、未来のことって、今は変えられないんです。だから、未来のことを不安に思うことは、心をすり減らすだけで、すごく無駄なことなんです。

ヨーガの教え“「不安」になるのは、心が「今」にない時”やらなければいけないことが沢山あるときは 今、目の前のことだけに100%集中して、取り組むようにしましょう。

未来を不安に思うことは人間なら自然なことだけど、解決することは今できない。だけど、今やっている全てのことによって未来は作られていくんです。だから大切なことは、[事実]と[感情]を分けて、今やるべきことに100%集中すること!
やらなきゃいけないことが山積みのとき、感情を入れずに、出来事だけを考えてみてぜひトライしてみてくださいね。

 

心がスッキリとする“ヨーガの教え”は毎週火曜日更新、次回をお楽しみに!

▼第4回の記事はこちら
“幸せそうな他人のSNSが羨ましくて仕方ない”…人生を変える【心のスッキリ術】

<前回までの記事を読む>
▼第1回 “仕事に恋愛に毎日がツライ!”…人生を変える!【心のスッキリ術】
▼第2回 “すぐイライラする自分がイヤ!”…人生を変える【心のスッキリ術】

undefined

協力:Uttal yoga&healing school

Edit:TRILL編集部