1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋愛あるある 第九回 「女の見た目・身だしなみウソホント」編Part.2

恋愛あるある 第九回 「女の見た目・身だしなみウソホント」編Part.2

  • 2018.9.30
  • 43882 views

世の女性たちが気になる色恋エトセトラを、恋愛賢者な男性たちに解説してもらうこの企画。第九回のテーマは前回に引き続き「女の見た目・身だしなみ」について。もはや世間的には定説のように言われているものばかりですが、これって本当!? な謎を、ズバリ解いて頂きました。

回答者3名の紹介
Q1ずばり「美人は飽きる」というのは本当でしょうか?

ぶっちゃけ、美人の方が色々と得をしている世の中な感じがしてならないんですが…。一方、付き合うと“美人は三日で飽きる”なんていう言葉もあったりして。ホントのところはどうなんでしょうか。

 

Q1の回答

石井さん:「いやー、飽きないと思います。美醜もそうだけど、顔に出るよね、性格とか歴史とか。本音で言ったら『美人の方がいい』って答える男性は結構多いと思う」

桐谷さん:「飽きないでしょ。でもありがたみは減っていくんじゃないですか?(笑)年数と共に減っていくっていうわけではなくて。一定まで行ったら変わらないって感じ。落ち着くとこに落ち着くっていうことです」

清田さん:「自分の好みかどうかより、“世間的に美人って言われてるから”という理由を優先させてしまう男の人って結構多いと感じます。それって相手の女性よりも、男友達の目線とか、周囲の評価を気にしてのことだと思うんですよ。そういう基準だと、交際してもいずれ飽きますよね。だって好みのタイプじゃないんだから。いくら美人でも、タイプじゃない人とずっといたら興味が持続しないことだってあると思います」

 

Q2ぽっちゃり体型の女性よりも痩せすぎ女性の方が実はモテないって本当ですか?

女性は、キレイになる=痩せたい!っていう意識が強く、ダイエットに没頭したりジムに通ってとにかく絞ってみたり…するのですが。これって、男性からモテるのとは別問題なのでしょうか?

 

Q2の回答

石井さん:「極論、痩せすぎかデブかで言ったら、デブがいいって言う人も絶対いると思う。むしろそっちの方が多いんじゃないかな?腕太いとか脚太いとか、さほど気にならないしね。女の人が思っているより男の人はそんなに痩せてて欲しいと思ってないよ」

桐谷さん:「自分はスレンダーが好みですが、やわらかさを好む男性が多いです。勝手な予想ですが、男性はなんだかんだ篠崎愛ぐらいを好きですよ。えっ、有村架純?んー、けっこう痩せてるって感覚かなぁ。男性目線では」

清田さん:「メディアや社会は女性に対してどんどん痩せろと脅迫してくる一方、男は“むしろ少しぽっちゃりくらいがいい”“抱き心地とか考えると多少の肉付きは欲しい”とか言ってきて…なんかもう、むちゃくちゃですよね。どっちやねん!って怒りがわき起こってくるのも仕方ないと思います。大事なのは男目線より自分で自分を好きになることだと思うので、自分が一番イケてんじゃんって思える外見を目指すのがいいと思います。男のために痩せたり、あえてぽっちゃりさせるとか、めんどくさいですよね…」

 

Q3男性の「可愛い」と女性の「可愛い」は違う気がします。どう思いますか?

外見や容姿だけでなく、スイーツや雑貨、誰かの仕草を見てキュンとするなど、女性には「可愛い」って思うものがたくさんあって、口癖のように「可愛い」と言ってしまいがち。さて、男性にとっての「可愛い」とは?

 

Q3の回答

石井さん:「男の人の『可愛い』は本当にプリティだったりキュートって意味だけど、女の人の『可愛い』はほめ言葉だし、相槌。女性同士の会話はとりあえず『可愛いー!』って誰かが言っている印象はありますよね

桐谷さん:「明確にちがいますね。このドアノブが可愛いとか、チョコレートや、マカロンが可愛いっていう感覚を、男性は本質的には持ち合わせてないですから。感性を鍛えないと『全然よくわからん!』って感じです(笑)」

清田さん:女の人がいう『可愛い』って、心がなんらかの形で反応した時に使う言葉だと思うんですよ。英語で言うcute・fancyとかも『可愛い』だし、want(欲しい)って意味もあるかもしれないし、なんならウケる、笑えるってニュアンスで使うこともあると思います。そのくらいかなり多義的な言葉だと思うんですけど、それを理解せずに“女ってなんでも可愛いって言うよな”とバカにする言説も多いですよね。男が女性の容姿を褒めるときに言う『可愛い』とは、そもそも意味するところの範囲がまったく違う言葉だってことを男性も理解すべきだと思います…」

 

あとがき

第九回はいかがでしたか? 女性側からすると「そんなに男性と感覚が違うの!?」と思わされるほど、男女間の感覚が180度違う回答も出ましたね。やはり、男性と女性で“脳”の作りがちがうと言われているのは、こういう事なのかもしれませんね。

続く第十回は10/7(日)配信予定。インスタ映えを気にする女子や、女子会しすぎな女はモテないかなど『だって永遠に“女子”なんですもの』編をお届けします!お楽しみに。

第八回の記事はこちら▼
恋愛あるある 第八回 「女の見た目・身だしなみウソホント」編Part.1

第十回の記事はこちら▼
恋愛あるある 第十回「だって永遠に“女子”なんですもの」編

Special Thanks
LEON編集長 石井洋
桐谷ヨウ
桃山商事

Illustration:つぼゆり
Design:福原友規(ma-h gra)
Text:細川麻衣子
Edit:TRILL編集部