2016.11.24

【映画で学ぶ女性学】ティファニーのジュエリーが似合う女になるために必要な4つのこと

みなさんはティファニーのジュエリーは好きですか?
ドラマ「せいせいするほど、愛してる」で武井咲さんが演じるヒロインが、ティファニー勤務ということでも話題になりました。
やはりティファニーは永遠のLOVEジュエリー。

そんなティファニーの秘密を描いた映画が2016年11月5日より公開されます。

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』

この映画から、ティファニーのジュエリーが似合う女性になるために必要なことをピックアップしました。
それではまず、映画のあらすじやみどころをご紹介します。

映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』とは?

映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』はティファニーの成り立ち、その魅力を描いています。

ティファニーは、1837年に創業し、1940年にニューヨーク五番街に本店をオープン。
そしてティファニーを世界的に有名にしたのは、1961年の映画『ティファニーで朝食を』。
オードリー・ヘップバーンが五番街の本店前でコーヒーとクロワッサンを食べるシーンが有名ですが、ここからティファニーの名前は日本にも広まりました。

映画ではあの美しいティファニーブルーの秘密や、意外にもスポーツに関連が深いことなども綴られています。
アカデミー賞授賞式での女優たちのジュエリー選びの舞台裏など興味はつきません!

ティファニーが似合ういい女①誰にでも公平で優しい女性

高級ジュエリーブティックのティファニーですが、意外と敷居は高くありません。
ステーショナリーもありますし、リーズナブルなアクセサリーも豊富です。

何千万のエンゲージリングを購入するお客様とレターセットを購入するお客様、どちらも同じように丁寧に接客するのがティファニーのスピリット。

ゆえに誰にでも公平で優しい心を持つ女性は似合うはずです。

ティファニーが似合ういい女②挑戦を恐れない女性

ティファニーは、これまで様々な試みをしてきました。

ショーウインドウの魅せ方もとても斬新ですし、メールオーダー用のカタログであるブルーブックの歴史は171年に及びます。
いま当たり前にあるものですが、170年以上前からやっていたとは驚きでしょう。

そんな風に時代ごとに新しい試みをしてきたティファニーですから、守りに入らず常にステップアップを狙うチャレンジャーな女性にピッタリ。
ティファニーのジュエリーを挑戦の糧にするのもいいですね。

ティファニーが似合ういい女③グローバルな視野を持つ女性

ティファニーは今や世界300店舗あります。

映画ではニューヨーク以外に、ロシアと中国のティファニーがピックアップされていますが、ティファニーを世界に発信するビジネス展開も見事なのです。
小さな世界に留まらず、広く世界を見続ける女性はティファニーが似合うでしょう。

仕事だけでなく、社会福祉だったり、コミュニケーションだったり様々なカタチで実現できるはず。
自分の半径数メートルの世界で満足しない気持ちを持った女性をティファニーのジュエリーは輝かせるのです。

ティファニーが似合ういい女④ファッションにルールを作らない女性

この映画には多くのセレブリティがティファニーの魅力について語っています。

女優のジェシカ・ビール、アン・ハサウェイのスタイリストのレイチェル・ゾー、サラ・ジェシカ・パーカーなど、実に個性的な面々が登場し、そのファッションも様々です。

水着でも、ワイルドなファッションでもよし!

ティファニーを勝負ジュエリーにせず、大親友のようにいつも身に着けていられて、どんなコーディネートも可能にしてしまう女性こそが、ティファニーのジュエリーを上手にファッションに取りこむことができるのです。

憧れのティファニーのすべてがつまった映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』を見て、ティファニーを深く学び、誰もよりもティファニーのジュエリーが似合う女になりましょう。

(2016年11月5日公開)

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』公式サイト

映画ライターです。映画関連の情報を発信していきます。

関連する他の記事