1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたに“この先1年で訪れる試練”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたに“この先1年で訪れる試練”がわかる心理テスト

  • 2024.5.19
  • 48319 views
undefined

試練というのは、ある意味で人生の大きなチャンスなのではないでしょうか。試練をどういうふうに乗り越えるかによって、大きく成長したり世界が広がったりします。試練を目の前にすると、どうしても辛い気持ちにはなってしまいますが、その先に得るものがあるとわかっていれば、頑張ることができるのではないでしょうか。あなたに“この先1年で訪れる試練”を探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.デッキブラシ

2.ラジオ

3.手持ち提灯

4.虫かご



1.デッキブラシに見えた人は「何をやってもうまくいかなくなる試練」

図形がデッキブラシに見えた人は、この先1年で何をやってもうまくいかなくなるという試練が訪れるかもしれません。今までうまくいっていたことが、急にどれもこれもうまくいかなくなってしまうのではないでしょうか。おそらく、あなたはとても悩むでしょうし、もうやっていることを全て投げ捨てたくなってしまうでしょう。

このタイプの人は、真面目で一生懸命なところがありそうです。それゆえに、どうしても煮詰まってしまいやすいところがあるのではないでしょうか。ひとつ何かうまくいかないと、気に病んでしまい、連鎖反応のようにうまくいかないことが増えていってしまいそうです。悩めば悩むほど、悪循環にハマっていくのではないでしょうか。

それでも、目の前のことを投げ捨ててはいけないと思うがあまり、葛藤が強くなってしまい苦しくなりそうです。投げ捨てるのではなく、少し休憩をとって自分に優しくする時間をとってみると良いかもしれません。休むことがいけないことと思いがちな人ですが、この試練は休むことで乗り越えることができるのではないでしょうか。

2.ラジオに見えた人は「周りからの評価が落ちる試練」

図形がラジオに見えた人は、この先1年で周りからの評価が落ちる試練が訪れるかもしれません。今までは、むしろ良い評価を周りから得ていたのではないでしょうか。それが何かをきっかけにして、評価が落ちてしまうような事態を引き起こしてしまうかもしれません。周りが思う以上に、それがあなたの心に突き刺さってしまいそうです。

このタイプの人は、他人の目を気にしてしまいやすく、気が小さいところがありそうです。周りから「良い人」「できる人」と思われたいという気持ちが強いため、いつも少し無理して頑張ってしまっているのではないでしょうか。行動や発言も、気をつけているはずです。だからこそ、評価が落ちたとしても、それは一時のことなのではないでしょうか。

ただ、評価が落ちたということに、あなたはとても気持ちが滅入ってしまい、どんどん視野が狭くなっていきそうです。もう取り返しがつかないと思い悩んでしまい、周りとの関係を断つことばかり考えてしまうでしょう。けれども、そういう時こそ視野を広くして、周りの人の表情を見てみると良いかもしれません。あなたが思っているほど、周りはあなたのことをダメだとは思っていないはずです。

3.手持ち提灯に見えた人は「知識不足を問われる試練」

図形が手持ち提灯に見えた人は、この先1年で知識不足を問われる試練が訪れるかもしれません。仕事をしている中で「そんなことも知らないのか」と責められることがあるのではないでしょうか。その一言が、あなたの今まで築いてきた自信を揺るがし、自己肯定感を下げてしまうことになりそうです。

このタイプの人は、努力家で負けず嫌いなところがありそうです。ただ、オンオフが切り替わってしまいやすく、努力をしなくなる時期が定期的に巡ってきていそうです。器用で頭の回転も速い人ですので、おそらく努力をしていない時期でも、それなりに持っている知識でカバーできていたのではないでしょうか。また、全く努力をしないなんてことはない人でしょう。

だからこそ、知識不足を問われた時に、あなたは努力を怠っていた自分を責め、何もかもがダメな人だと思い込んでしまうのかもしれません。ただ、そういう時こそ、相手の話をきちんと聞くことが必要かもしれません。どういう知識が不足していると相手が言っているのか、それは八つ当たりではないのか、など客観的に見ることで、あなたに本当に必要なことが何かが見えるはずです。

4.虫かごに見えた人は「人間関係がギスギスする試練」

図形が虫かごに見えた人は、この先1年で人間関係がギスギスする試練が訪れるかもしれません。仕事上の人間関係かもしれませんし、プライベートの人間関係かもしれません。ただ、どちらにしても、あなたと誰かの関係がうまくいかなくなってきてしまうのではないでしょうか。

このタイプの人は、一途で情熱的なところがありそうです。そのため、対人関係においては、少々重くなってしまいがちなのではないでしょうか。べったり一緒に居たがったり、他の人といることに対して強い嫉妬心を向けてしまうなど、あまり良くない関わり方をしてしまっているのかもしれません。

それが今まではちょうど良かったのが、色々な兼ね合いで、バランスが悪くなってきてしまうのかもしれません。とても辛い気持ちになりそうですが、まずはこれまでの自分と相手の関係を客観的に見つめてみることが大切でしょう。ひとりになって、考えることで、気づけることがあるのではないでしょうか。あなたの大きな成長につながっていきそうです。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします。