1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたが“この先3年で目指すべきこと”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが“この先3年で目指すべきこと”がわかる心理テスト

  • 2024.4.19
  • 33682 views
undefined

今日までの3年間を振り返ってみて、あなたは何か成長したり目標を達成したりしたことがありますか?ぼんやりしていると、3年はあっという間に過ぎてしまいますが、努力をすれば結構な実りを得るくらいの時間ではあるはずです。もし今何も手にしていなくても、ここから3年後は、今のあなたの行動次第です。あなたが“この先3年で目指すべきこと”は何か、探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.ちりとり

2.花

3.動物の鼻と口

4.シャベル



1.ちりとりに見えた人は「身辺整理をすること」

図形がちりとりに見えた人は、この先3年で身辺整理をすることを目指すとよいかもしれません。これまで、何でもかんでも捨てずに家の中に詰め込んできたのではないでしょうか。整理する時間を取るのが億劫で、とりあえず保管してあり、何がどこにあるのかがよくわからなくなってしまっていそうです。

このタイプの人は、頑張り屋で、いつもセカセカと動き回っているようなところがある人でしょう。エネルギッシュですし、フットワークも軽いため、とにかくよく動くはずです。ただ、それが片づけとなると、なかなか集中して取り組むことができないのではないでしょうか。そのせいで、同じものがたくさんあったり、いらないもので収納が埋め尽くされていたりするかもしれません。

おそらく本当にきちんと整理するためには、相当な時間を要してしまうはずです。ただ、やることで、あなた自身が成長するきっかけにはなるのではないでしょうか。今の自分が本当に必要なものは何なのか、そういうことを考えながら身辺整理を進めてみましょう。そうすることで、自分がどういうふうに生きたいのか、今後の人生をどうしたいのかなどが見えやすくなるはずです。

2.花に見えた人は「趣味を極めること」

図形が花に見えた人は、この先3年で趣味を極めることを目指すとよいかもしれません。これまで、あなたはなかなか趣味が長続きしていなかったのではないでしょうか。何かやっては飽きてしまい、コツコツと継続して極めていくということが難しかったようです。器用なので、何をやってもそれなりにできてしまうことも影響しているのではないでしょうか。

このタイプの人は、熱し易く冷め易いところがある人でしょう。好奇心は旺盛ですので、色々なことに興味を持ち、まずは形から入ろうとしがちではないでしょうか。でも少しでもうまくいかないところがあると、嫌になってしまい、すぐ気持ちが冷めそうです。そのため、広く浅く身につかないままの趣味になってしまっているのではないでしょうか。

この先3年は、とにかく少しくらいできなくても諦めずに同じ趣味を続けてみると決めておくとよさそうです。そうやって決めておくことで、あなたはできなかったことができるようになる喜びを知ることができるのではないでしょうか。また趣味を極めることで、人生の幅も広がりそうです。

3.動物の鼻と口に見えた人は「経験を積むこと」

図形が動物の鼻と口に見えた人は、この先3年で経験を積むことを目指すとよいかもしれません。あなたは、頭の中にはやりたいことを描きながらも、なかなか腰が上がらずにいたのではないでしょうか。そのため、せっかく興味はあるのに経験値が上がらず、いまいち成長につながっていなかったかもしれません。

このタイプの人は、慎重で思慮深いところがある人でしょう。計画をしっかり練ってからでないと動きませんし、練るだけ練って結局やらないことも多いのではないでしょうか。あとは実行に移すだけのところまで来て、二の足を踏んでしまっていることが多いのかもしれません。

経験を積むことで、あなたは失敗もするでしょうし、つらい目に遭ったり後悔したりするかもしれません。それが怖くて動いていないのでしょう。けれども、そういう失敗も含めて、経験することに意味がありそうです。この先3年はとにかく何も考えずにやってみるということを意識して、どんどん前に進んでみるとよいかもしれません。

4.シャベルに見えた人は「キャリアアップすること」

図形がシャベルに見えた人は、この先3年でキャリアアップすることを目指すとよいかもしれません。あなたは、おそらく今のままでも十分に仕事をこなすことができるのではないでしょうか。だからこそ、そこで慢心してしまい、それ以上の成長を求めなくなってしまっているのかもしれません。

このタイプの人は、努力家で忍耐強く頑張る力のある人でしょう。ただ、目標に達してしまうと、急に気持ちの糸が切れてしまい、努力を忘れてしまいがちかもしれません。今はその状態が長く続いているのではないでしょうか。今の状態でもそれほど困ることがないせいかもしれません。

ただ、ここでもう一段階、自分を向上させることは、あなたにとって大きな意味があるのではないでしょうか。資格を取ってみたり、仕事に使える知識を学びに出てみたりするなど、さらによい仕事ができるようになるにはどうしたらよいかを考えてみたらよいかもしれません。きっと、最初は億劫でも、少しずつワクワクしてきて、前向きに努力を始めることができるのではないでしょうか。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします。