1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【大分編】温泉に親しんで育った温かい県民性。大分だけじゃなく“九州愛”も炸裂!

【大分編】温泉に親しんで育った温かい県民性。大分だけじゃなく“九州愛”も炸裂!

  • 2019.3.13
  • 11908 views

同じ日本女性でも、出身地域によってファッションやライフスタイルは様々に異なります。その多様性を、一緒に感じていきませんか?全国にいるTRILLユーザーのリアルな声を元に、47都道府県それぞれの女子の生態をご紹介する全国女子図鑑。今回は「大分県」です。

undefined

大分県出身のTRILLユーザーってこんな人!

袖コンシャスブラウスなどの華やかさのあるトップスに、プリーツスカートで女性らしさを加えるなど、落ち着いたコーディネートが好きな大分女子。服は無地のものが多いので、フリンジ付きのクラッチなど、デザイン性のある小物をアクセントに加えます。ヘアはロング派が多数で、ゆるいウェーブヘアが流行中。アレンジは簡単にざっくりまとめるくらいが◎。フープピアスやチェーンネックレスなどの華奢アクセの愛用率も高めでした。

大分女子が集まるスポットは、JR大分駅周辺にあるアミュプラザ大分をはじめ、市内のショッピングモールであるパークプレイス大分トキハわさだタウンがメイン。モールには映画館もあるので休日のおでかけの定番です。また、別府湾に面した田ノ浦ビーチや、そのすぐ近くにある大分マリーンパレス水族館うみたまごは、大分県民が集まるビーチ&ドライブスポットです。

大分女子たちが口を揃える地元の自慢ポイントは「温泉が豊富で日本一!」「景色がきれい」とのこと。大分県は“おんせん県”としても知られているように、温泉の源泉数&湧出量はともに日本一なんです!湯布院をはじめ、別府温泉郷、天ヶ瀬温泉など、県内どこへ行っても温泉に出会うことができます。そして、その温泉地からのぞむ海・山・川、四季折々の景色もまた、絶景です。

福岡発の人気ソフトクリーム“大名ソフト”が大人気!

undefined
出典:@misaki_ymdrsk

独特のビジュアルとふわふわの新食感、そして濃厚な味が人気のソフトクリーム専門店「DAIMYO SOFTCREAM」が2018年4月に大分に登場。このお店は福岡県の“大名”に本店があり、その県外出店の第一号店ということで、大分女子のあいだでは「九州のトレンドスイーツを一緒に盛り上げよう!」という思いで盛り上がっているんだとか!

undefined
出典:@misaki_ymdrsk

コンクリートの床に真っ白な壁のスタイリッシュな店内。お店の入り口にあるソフトクリームとハートマークの床がフォトスポット♥ また、“HERE IS OITA”と書かれている壁でも1枚撮っておきたいところ。とにかくどこで写真を撮っても映える可愛さなので、大分女子たちが今、通いつめています。

大分出身女子に聞いてみた!勝手に“大分女子あるある”

各地域の女性をつかまえて、“あるある”を語ってもらうこのコーナー。独断と偏見を含みます。

undefined
undefined

とても温かい人柄です。自然に囲まれながら温泉に親しみを持って育ったので、のんびりほっこりしています。特に同郷の人は、ほぼ家族みたいな認識ですね。また、人を迎え入れることにもあまり抵抗がなく、誰とでも仲良くなれます。九州では福岡県が絶対的リーダーですが、特に上下関係とかは気にはしていなくて、むしろ仲良し…と一方的に思っていますね。一緒に九州を盛り上げようよ!って感覚です。

undefined

やりたい仕事でバリバリ出世を目指すというよりかは、生活のために働くという人が多いと思います。女性は結婚・出産を経ても働き続ける人が多いですね。市によっては子育ての助成金などの制度が充実しているので、大分は働きながら子育てがしやすい環境が整っているところが多いです。

undefined

美味しいごはんのお店が多いので、外食費が意外とかかります。また、交通の便が良くないので、ほとんどの人が車を持っていると思います。というか、車がないと自由に身動き取れないんですよね。1人1台だから、車の維持費も結構かかります…。

undefined

同じ県内の男性と結婚する女性が多い気がします。男性の気質も、県外の人に言われるほど九州男児(亭主関白)ではなくて、意外と穏やかな人が多いですよ。カップルや夫婦の多くは、美味しいものを食べてたまに温泉デートなどして過ごすので、趣向やテンポが合う人同士が長続きしている印象です。

つまり大分女子って…

温かくのんびりとした性格で、テンポの合う男性を選ぶところなども、これまでの「一歩下がって男性を支える」という九州の女性の印象とは異なりました。大分女子は、おっとりして見えても、実は自分の世界を大切にする、とても現代的な女性像を持っていますね。

あとがき

大分県の温かな県民性を作り上げていると言っても過言ではないくらい影響力があった“温泉”。なにより、大分の男性は九州男児(亭主関白)ではない、という大分女子の証言が、他県にはない特徴でした。また自分の県だけでなく“九州愛”が、大分女子には強く根付いていました。

次回ご紹介するのは「宮崎県」です。来週月曜日をお楽しみに!

▼前回の「佐賀県」の記事はこちら
【佐賀編】“亭主関白”な男性がモテる!? 九州男児を上手く立てる凛とした女性が健在

Special Thanks
ご協力頂いた全国の女性の皆様

Illustration:ヤベミユキ
Design:Tomomi Hashiba
Edit:TRILL編集部