WRITTENAFTERWARDS
35

WRITTENAFTERWARDSに関する記事一覧です。こちらをご覧になればWRITTENAFTERWARDSの幅広い情報を得ることができます。

リトゥンアフターワーズ 2019-20年秋冬コレクション - “魔女”は本当に魔女なのか?
リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。 photo by Yuji Hamada 魔女狩りと反転 魔女のための衣服を製作した前シーズンの「For witches」に続き、魔女に焦点を当てた今季。「Who is the witches ? Who are the witch」と題したコレクションのキーワードとなるのは、「魔女裁判」と「反転」だ。 例えば、タロットカードの“吊された男”が向きによっては処刑されているようにも、のんきに踊っているようにも見えるように、物事を「反転」させることで、相対する概念が実は背中合わせであることが浮き彫りになる。だから、「魔女裁判」によって、集団の一義的な価値観の中で「魔女」だと吊るし上げられたとしても、価値観が揺らぎ、反転すればその事実も覆されるのだ。 概念はいつでも“反転”する このコレクションでデザイナー・山縣良和が提示するのは、加害者と被害者、傍観者と当事者、光と影、白と黒、美と醜、男と女など、相対するもの同士の概念の危うさ。いつでも反転しうる、不安定さをはっきりと示した上で、価値観に縛られない、新たな人間性と異次元の空間を模索していく。 少女/老婆 コレクションを彩るのは、二面性を象徴する白と黒。ふんわりとしたボリューム感のある袖に仕立てたコートや、丸いフォルムで後ろが開く形のケープ、複雑な切り替えを施し、様々な着方ができるケープ、ギャザーを寄せた付け衿などは、1着1着の構造の複雑性もアーティスティックだが、組み合わせて着用することで、より一層現実から浮遊したような、幻想的なムードが強調される。 ギャザーやフリルを多用したコートやドレスは、その柔らかさから無垢で清らかな少女性を思わせるが、それと同時に、布地を重ね、寄せ集めてうねるような形に仕立てられているようにも見え、長い時の流れを身にまとう老婆の存在も想起させる。 キルティングやホールガーメントも 素材は、艶やかなシルク、優雅な植物柄の和紙、温かみを感じるコットンとヘンプのキルティング地などを使用。また、フロッキー模様のドレスや、極端に大きなチャイナボタンのコート、ホールガーメントのニット、サイドのリボンを結んで履くパンツ等、有機的で血の通ったクリエーションが見て取れた。
ファッションプレス
JFWと島精機が「ディガウェル」など国内ブランドのニット制作をサポート
日本ファッション・ウィーク推進機構と島精機製作所は、国内デザイナーのニットウエア制作をサポートする。サポートを受けたブランドは、島精機の無縫製ニット機「ホールガーメント(WHOLEGARMENT)」を使用してニットを作ることができる。
WWD
リトゥンアフターワーズ19年春夏「現代に生きる魔女」に捧ぐ装い、受注会&アート展示も
リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)が、2019年春夏コレクションを発表。 www.fashion-press.net "魔女"をテーマとした連作をスタート 戦前、戦中、戦後の女性たちにインスパイアされた2017年春夏・秋冬、そして2018年春夏シーズンの一連のストーリーに区切りをつけ、今季から連作で取り組むテーマは「For witches」。デザイナーの山縣良和は「"いつの時代も社会は魔女性を必要とする"という考え方に基づき、社会構造や歴史、そして魔女性を持った女性と向き合いながら、現代に生きる魔女のために衣服を創りたいと思い制作をスタートさせた」と綴っている。 山縣が幼い頃から想像力を掻き立てられる存在だったという"魔女"。歴史を紐解くと、負の要素を内包する魔女、物語の世界にのみ存在する魔女など様々なものが存在するが、山縣が生み出すピースには、女性の生き方が大きく変容した近現代を生きる魔女の、不思議なオーラや謎めいた魅力を映し出していくという。 魔女の服といえばダークな印象を抱きがちだが、2019年春夏コレクションには、魔女の結婚をイメージしたという真っ白なピースが並ぶ。一際目を惹くのは渦を巻いたようなデザインの模様を大胆に配した、ボリューミーなケープ。模様の一部がカットされており、そこから腕を出して着用する。 また、エリザベスカラーに着想を得た贅沢なプリーツの襟や、まるでジレのような長い付け襟など、シンプルなワンピースなどに重ねて多様なスタイルを楽しめるアイテムも充実している。 山縣による魔女のイラスト入りTシャツも ベーシックラインのリトゥン バイには、ホワイトのTシャツやスウェットを用意。Tシャツには「For witches」のロゴや、山縣による魔女のイラストが配されている。 展示受注会を開催 なお、これらのアイテムは2018年7月21日(土)・22日(日)に東京・品川で開催されるリトゥンアフターワーズおよびリトゥン バイの2019年春夏展示受注会で先行して手に入れることができる。同会場では、近代の結婚制度や家庭生活の中に入り込んだ魔女のプライベート空間を創造した、山縣によるインスタレーションおよびアート作品も展示・販売される。【詳細】リトゥンアフターワーズ 2019年春夏コレクション「For Witches」展開時期:2019年1月頃(予定)■展示受注会&インスタレーションの展示・販売開催日:2018年7月21日(土)~7月22日(日)会場:URANO(東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F)
ファッションプレス
パーミニット 2018-19年秋冬コレクション - 縁遠い青春から見えた世の中のリアル
ファッションプレス
リョウタムラカミ 2018-19年秋冬コレクション - 大阪のおばちゃん×ガーリーの楽しい着こなし
ファッションプレス
ファッション好きなあなたへ♡週末デートで訪れたいお洒落すぎるアート展
Sheage
庭園美術館が問いかける現代「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」
  庭園美術館が問いかける現代「装飾は流転する 今... 続きを読む
girls Artalk
リトゥンアフターワーズ 2018年春夏コレクション - 装いを慈しむこと
ファッションプレス
リトゥンアフターワーズ、東京都庭園美術館で開催する18年春夏ショーに一般客を招待
ファッションプレス
リトゥンアフターワーズ 2017年秋冬コレクション - 咲き乱れる花は強くあれ
ファッションプレス
ミキオサカベ&リトゥン山縣が率いる若手デザイナー集団「東京ニューエイジ」金王八幡宮でショーを開催
ファッションプレス
カスタムクリアバッグ展示&販売が表参道 ROCKETで、リトゥン山縣良和やモデル水原佑果などが参加
ファッションプレス
「リトゥンアフターワーズ」山縣良和による、初の絵画作品展
「リトゥンアフターワーズ」「リトゥンバイ」を手掛けるデザイナーの山縣良和による初の絵画作品展「Fashion Illustrations by Yoshikazu Yamagata」が東京・表参道ROCKETにて開催中だ。
MODE PRESS
「リトゥンアフターワーズ」17年春夏
山縣良和が手掛ける「リトゥンアフターワーズ」が、2017年春夏コレクションを発表した。
MODE PRESS
リトゥン山縣が初の絵画展を表参道ヒルズで開催 - 学生時代から現代に至るまでの作品を展示・販売
ファッションプレス
リトゥンアフターワーズ 2017年春夏コレクション - 花が教えてくれた、装うことの楽しみ
ファッションプレス
リトゥンアフターワーズによる展覧会が表参道ロケットで開催、17春夏受注会や写真展など
ファッションプレス
「ここのがっこう」が日本最強である理由
東京・日本橋にあるファッションデザイン学校「ここのがっこう」が、国内では初めて英セント・マーチンズとの協同企画としてサマーコースを行った。
MODE PRESS
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理