草間彌生
120

草間彌生に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば草間彌生の幅広い情報を得ることができます。

マツコデラックス、現代アートコレクターに「あやしい、まだ全然信じてません」
6月18日(火)夜8時57分から放送の「マツコの知らない世界」(毎週火曜夜8:57-10:00、TBS系)では、「現代ア...
ザテレビジョン
都心から1時間の場所で農業体験!千葉県木更津市に今秋オープン「KURKKU FIELDS」
千葉県木更津市に今年の秋、新施設「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」が開業予定だ。東京を中心にレストラン...
ウォーカープラス
大野智の思いが詰まった“チャリTシャツ”発表に注目が【視聴熱ウィークリーTOP3】
webサイト「ザテレビジョン」では、6月3日~9日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。1位...
ザテレビジョン
海へと続く「インフィニティ風呂」誕生!最新温泉リゾート「TAOYA志摩」
2019年4月19日(金)、三重県鳥羽市にオープンした温泉リゾート「TAOYA志摩」。伊勢湾に面した旧タラサ志摩ホテル&...
ウォーカープラス
アート・音楽・食の総合芸術祭「Reborn-Art Festival 2019」開催
2019年8月3日(土)~9月29日(日)まで、アート・音楽・食を楽しむ総合芸術祭「Reborn-Art Festival(リボーンアート・フェスティバル) 2019」が宮城県の牡鹿半島と石巻市街地を中心に開催されます。
LeTRONC
インフィニティ風呂でたおやかなひと時を過ごす「TAOYA志摩」
2019年4月19日、海に囲まれた自然豊かな三重県・志摩エリアに誕生した「TAOYA志摩」。Undulation(うねり・波動)をコンセプトにした館内は、曲線を描く壁面や小物類がコンセプト通りの遊び心のある空間を演出しています。
ことりっぷ
六本木の街がアートだらけに 「六本木アートナイト 2019」開催
六本木を舞台にした一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト 2019」が5月25日~5月26日に開催される。東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的する同典は2009年からスタートし、今回で10回目を迎えた。今年のテーマは「夜の旅、昼の夢」で、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を六本木の街なかに点在させる。
WWD
【ラスベガス贅沢トリップ Vol.1】ラスベガス最旬ホテル&ダイニングで非日常感を堪能!
アメリカ・ネバダ州にあるラスベガス。皆さんはこの街にどんなイメージを持っていますか? やはりカジノという印象が強いのではないでしょうか。かく言う私も1995年公開映画『カジノ』や2001年公開の映画『オーシャンズ11』が大好きなので、やはりラスベガス=カジノの街というイメージがありました。
GLAM
大浴場と海が一体化!「大江戸温泉物語 TAOYA志摩」のインフィニティ風呂
志摩の豊かな自然に包まれた、日常の喧騒を忘れさてくれるような上質な宿泊施設「大江戸温泉物語 TAOYA志摩」が2019年4月19日(金)にオープンしました。海と一体となった大浴場をはじめ、レストランやロビーラウンジの窓からは雄大な景色に浸ることができます。今までありそうでなかった、ふとしたときに、気負いなく訪れることができる温泉リゾートです。
LeTRONC
「瀬戸内国際芸術祭2019」現代アートの聖地・直島や豊島などで、新作アート&見所を紹介
「瀬戸内国際芸術祭2019」が、香川の直島をはじめとする瀬戸内海の島で、2019年4月26日(金)から11月4日(月)まで開催される。 © Satoshi Asakawa 「瀬戸内国際芸術祭」瀬戸内の島々で開催 「瀬戸内国際芸術祭」は、“海の復権”をテーマに掲げ、3年に1回瀬戸内エリアで行われる国際的な芸術の祭典。豊かな資源を持ち、盛んに交流が行われた瀬戸内海が近代以降、高齢化・人口減少などによって活力を低下させたことを受け、瀬戸内海が活力のある“希望の海”となることを目指して2010年にスタート。2019年の開催で、4回目となる。 イベント会場となるのは、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島といった瀬戸内海に浮かぶ島の数々。香川・高松港や宇野港周辺にもパブリックアートなどが設置されており、エリア全体でアートな雰囲気を盛り上げる。 各島の新作アートや見所を紹介 直島 - 地中美術館や草間彌生の「かぼちゃ」 美術館やアート関連施設が集まり、現代アートの聖地として注目を集める直島では、建築家・安藤忠雄が手掛けた「地中美術館」をはじめ、「李禹煥美術館」、「ベネッセハウスミュージアム」、直島銭湯「I♥湯」といったアート関連施設を展開。 「地中美術館」では、クロード・モネが手掛けた最晩年の「睡蓮」シリーズ5点を自然光のみで鑑賞する空間や、ジェームズ・タレルの光を使ったアート作品を楽しむことができる。 直島・宮浦港緑地にそびえる草間彌生の「赤かぼちゃ」や、藤本壮介の「直島パヴィリオン」、安藤忠雄が約130本の桜の木を植樹した「桜の迷宮」といった、直島そのものの雰囲気を生かした作品にも注目したい。 また、5月には「直島建築ツアー」が行われ、通常見ることのできない施設を特別公開。夏会期には、越智良江が直島及び近隣から公募で集まった小学生を率いて行う新作パフォーマンス「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」が行われる。 豊島 - 豊島美術館やボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」 豊島では、「豊島美術館」、横尾忠則がアートやコンセプトを手掛けた「豊島横尾館」、クリスチャン・ ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」といった独特の世界観を堪能できるアートスポットを展開。また、周囲の海で魚を捕り、調理し、食べ、またその⽣ごみが堆肥となり果樹を育てるという島の循環のシステムを可視化した垣内光司の「Circulation・Landscape」や、遊具にとらわれない自由な遊びを促す、井筒耕平/会田大也の「コロガル公園in豊島」が今回より新たに登場する。 女木島 - レアンドロ・エルリッヒの洗濯機アートなど、名画座上映会も 女木島では、「『島の中の小さなお店』プロジェクト」を展開。島に住む人にとって便利で、外から来る人にとって特色あるスポットとなるような、個性的な「小さなお店」の作品が登場する。レアンドロ・エルリッヒの「ランドリー」では、洗濯物が回転している映像を流した洗濯機を一面に置き、もう一方の面に本物の洗濯機と乾燥機を設置。同じ空間に虚構と現実を混在させ、見る者を惑わせる大胆な発想の作品だ。 2019年4月30日(火)には、「ISLAND THEATRE MEGI 『女木島名画座』」で名画の上映会を開催。映画鑑賞・島内作品のナイトプログラム鑑賞・上映作品にまつわるディナーを楽しみ、チャーター船で高松に帰ってくるツアー型上映会となっている。 小豆島 - オリーブを題材にした作品 小豆島には、島の名産であるオリーブを題材にした作品が登場。オリーブの葉を王冠の形に仕立て、円の中から海を臨めるチェ・ジョンファの彫刻「太陽の贈り物」や、オリーブ畑の中に佇む、ヘアスタイルをリーゼントにキメた清水久和の立体作品 「オリーブのリー ゼント」など、その土地ならではの雰囲気を生かした作品となっている。小豆島に伝わる「オリーブの歌」からインスピレーションを得た、ワン・ウェンチーの新作「小豆島の恋」 にも注目したい。 大島 - クリスティアン・バスティアンスの映像×パフォーマンス作品 大島では、オランダ人アーティストのクリスティアン・ バスティアンスが映像インスタレーションとライブパフォーマンスを組み合わせた「大切な貨物」を展開。瀬戸内の離島・大島に何十年も隔離されてきたハンセン病患者たちの実話から着想を得た作品で、大島の休校中の小学校体育館で鑑賞することができる。パフォーマンスは、サンポートホール高松・第1小ホールにて11月1日(金)、11月2日(土)に行われる。 その他、小豆島や犬島、高松港、宇野港にも新作を含むアート作品が目白押し。春会期のみ開催の沙弥島でも、ユニークな作品やインスタレーションが展開されるのでお見逃しなく。各島を繋ぐフェリーも運航されているので、うまく利用しながら瀬戸内エリアならではの、ローカルながらグローバルなアート体験を楽しみたい。 詳細 瀬戸内国際芸術祭2019会期:2019年4月26日(金)~11月4日(月)春 4月26日(金)~5月26日(日)/夏 7月19日(金)~8月25日(日)/秋 9月28日(土)~11月4日(月)会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、高見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港周辺、宇野港周辺作品鑑賞パスポート:〈3シーズンパスポート〉一般 4,800円、16~18歳 3,000円、15歳以下 鑑賞無料(一部作品、施設を除く)〈会期限定パスポート〉(春用・夏用・秋用)一般 4,000円、16?18歳 2,500円、15歳以下 鑑賞無料(一部作品、施設を除く)※2019年4月25日(木)まで前売券を発売。3シーズンパスポートの前売券は特別価格で一般 3,800円。1シーズンパスポートは前売価格なし。16~18歳は当日現地販売のみ(要身分証)。パスポート販売方法:瀬戸内国際芸術祭公式ウェブサイト、コンビニエンスストアほか各種プレイガイドで販売。
ファッションプレス
フェンディのアート展、無印良品のレストランetc.【週末どこ行く?】
新生活がスタート! ライフスタイルを見直すなら今、とばかりに、食が充実した無印良品の世界旗艦店に行ってみよう。ウィークデーにモードの要素が不足してるなら、バツ アートギャラリーで開催されるフェンディ(FENDI)によるエキシビションへ。またはコーヒー片手に気鋭のアート観賞なんていう、刺激的な週末はいかが?
VOGUE
フォンダシオン ルイ・ヴィトンの所蔵絵画。【アート収集家 2】
フォンダシオンルイ・ヴィトンでは、『サミュエル・コートールド』展は地下フロアが使われ、地上階とその上の2フロアでは『フォンダシオンの所蔵作品ニュー・セレクション絵画のための視点』展を開催している。こち...
madame FIGARO.jp
こけし人形やマトリョーシカでほっこり♪民芸品をお部屋に取り入れてみよう!
観光のお土産としてブームとなったこけしやマトリョーシカなどの民芸品。近年では、その愛くるしい表情や形が女性にも人気でコレクターも増えているのだとか。そこで今回は、こけしやマトリョーシカをインテリアに取り入れた実例をご紹介します。
folk
標高約700mの大自然の中アートに浸ろう! 日本最大規模の野外美術館「霧島アートの森」へ
標高約700mの高原にある「鹿児島県霧島アートの森」は、霧島の自然や歴史にインスピレーションを受けた作家の作品23点を野外に展示する美術館。自然の地形や樹木を生かした散策路を歩くと、石や鉄、プラスチックなどさまざまな素材で作られた、大小のユニークな作品が迎えてくれます。じかに触れたり座ったり、もちろん写真だって撮り放題! 霧島の自然を感じながら、とっておきの1枚を残しませんか?
ことりっぷ
いまバンコクへ行くなら、アートを探して歩こう!
バンコクのマンダリンオリエンタルバンコクを訪れたことがある人なら、ホテルのすぐ横に立つ建物に、ふと気を留めたことがあるのでは?そう、ちょっと廃墟がかったミステリアスな雰囲気の、クラシカルな美しい建物で...
madame FIGARO.jp
東海の人気インフルエンサーが体験!“青森女子旅”で見つけたおすすめスポット5選
四季の表情豊かな自然と、そこから生まれる多彩なグルメ、そして独自の文化が魅力の青森県は、女子旅にイチオシ!今回は、名古屋...
ウォーカープラス
彼と会えない間の「女子力が上がる過ごし方」5選
彼と会えなくて寂しい…でもこの時間、実は女子力を磨くチャンスかも? 昔の歌に「会えない時間が愛を育てる」なんてフレーズがあるように、会えない時間こそ彼から愛される女性になるために有効活用するべきなんです。 何をしていいの […]
愛カツ
いざ世界最高峰のナイトレースの舞台裏へ。ちょっと贅沢に愉しむ【F1 シンガポールGP】観戦記(1)
グルメに観光、ショピングにスパなど、小さな国にもかかわらず見どころ満載で充実の旅を愉しめるシンガポール。このシンガポールは毎年9月中旬になると、ある世界的イベントで1色に染まります。そのイベントが「F1 シンガポールGP」。 ▶︎本物の味を堪能。定番カクテル【シンガポール・スリング】が…
beauty news tokyo
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。