美術館
1663

美術館に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば美術館の幅広い情報を得ることができます。

口コミで“今、一番訪れたい”と話題の美術館に行ってきました。(Misaki Yamashita)
行楽シーズンはもうすぐそこ! 瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)は、これからの季節にぴったりな自然あふれる場所。先日訪れたこちらから、今、世界的に注目を集めていると噂の美術館のおすすめポイントをレポートします。
VOGUE
展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催
展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」が、横浜美術館で2019年4月13日(土)から6月23日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 平成元年開館・横浜美術館のコレクション400点超を展示 「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」は、2019年に開館30周年を迎える横浜美術館の所蔵コレクションを紹介する展覧会。全館を使って、1万2千点を超える所蔵作品の中から、絵画、彫刻、版画、写真、映像、工芸等400点超の作品を展示する。 横浜美術館は平成元年に開館。文字通り平成の30年間の中で、作品収集を基盤にアートを通じた無数の出会いを提供してきた。節目となる本展で、あらためてコレクションとの出会い=“Meet the Collection”の場としての美術館の役割や可能性を、見つめ直す。 「LIFE:生命のいとなみ」 展覧会は「LIFE:生命のいとなみ」と「WORLD:世界のかたち」の2部に大きく分かれている。「LIFE:生命のいとなみ」では、“情念”“自然や命”“目・まなざし”“記憶・瞬間の記録”といったテーマの作品を紹介。 交錯する“まなざし”に着目 - セザンヌやダリ、マン・レイなど “目・まなざし”に着目したコーナーでは、フランシス・ベーコン、ロバート・キャパ、ポール・セザンヌ、サルバドール・ダリ、マン・レイ、パブロ・ピカソ、奈良美智といったアーティストの作品を紹介。絵画、写真、彫刻における被写体やモチーフとなる人の視線と、制作を行う芸術家の眼、そして鑑賞者のまなざしと、いくつもの視線が交錯するアートを通じて、個々の視線の意味を考察する。 「WORLD:世界のかたち」 「WORLD:世界のかたち」では、芸術家の世界観を投影し、象徴的な“世界の縮図”となって表されたアートを、“イメージをつなぐ”“モノからはじめる”“ひろがる世界”の3つの切り口に分類。引用、接続、抽象化など、それぞれの表現手法を、作品を通して紹介する。 イメージの引用・変容・接続 - シュルレアリスムなど “イメージをつなぐ”で紹介されている、様々なモチーフを組み合わせ、イメージを繋ぎ合わせて1つの世界を作る「引用」「変容」「接続」といった手法は、古今東西の作品で用いられている。 展示室には、まさにイメージを組み合わせることで斬新かつ複雑な世界観を描く、今津景の幅5mにもおよぶ大作を展示。ポール・デルヴォーやマックス・エルンスト、マン・レイ、横尾忠則など、シュルレアリスム絵画をはじめとする作品群とともに、現実を超越したダイナミックな世界を演出する。 詳細 横浜美術館開館30周年記念Meet the Collection ―アートと人と、美術館会期:2019年4月13日(土)~6月23日(日)場所:横浜美術館住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1開館時間:10:00~18:00※毎週金曜・土曜は20:00まで※入館は閉館30分前まで休館日:木曜日、5月7日(火) ※ただし5月2日(木・休)は開館観覧料:一般 1,100円(団体1,000円)、大学・高校生 700円(団体600円)、中学生 500円(団体400円)※小学生以下は無料、65歳以上 1,000円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)※( )内は有料20名以上の団体料金(団体券は美術館券売所でのみ販売、要事前予約)※2019年6月2日(日)は観覧無料※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)※障がい者手帳持参者と介護者(1名)は無料 チケット取扱い:横浜美術館、セブンチケット[セブンコード071-409]、イープラス
ファッションプレス
今年のGWは美術館を満喫!徳島県・大塚国際美術館でGW向け企画を各種開催
徳島県鳴門市にある大塚国際美術館では、4月27日(土)から5月6日(祝)まで、GWに合わせた各種企画を実施する。大塚国際...
ウォーカープラス
童心に帰って楽しめる“おもちゃの世界展”。鳥取県・米子市美術館「北原照久コレクション」
鳥取県米子市の米子市美術館で、「北原照久コレクション 懐かしくて温かいおもちゃの世界展 ~明治・大正・昭和の広告物も大集...
ウォーカープラス
巨匠にオマージュ!絵画ネイルで美術館に出掛けてみない?
歴代のアーティストの作品にオマージュした絵画ネイルは、まるでミニチュア美術館。指先がアートな雰囲気になりますよ。この記事では、どこかで見たことがある名作をアートにしたネイルをご紹介。西洋から日本の作品まで網羅しています。
Itnail
まるでパンの美術館。“おいしさ”と“うつくしさ”を兼ね備えた静岡のパン屋さん〈petit à petit〉へ。
パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まちをつなげるパン屋さん」を掲載。今回は、うつくしいパンを自らの手で作る川中潤シェフが営む〈petit à petit〉をご紹介します。…
Hanako
〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦」
ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたというDJAIKO62さん。コラム連載第13回は〈国立科学博物館〉で開催中の「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦」をご紹介です。はく製や骨格標本500点以上の展示は圧巻です。写真撮影OKなのでインスタ映えスポットとして、親子で楽しむお出かけ先としてもおすすめですよ。…
Hanako
世界的に評価される、黒田泰蔵が美術館で初個展。
個を消して純化された、白磁が見せる抽象の世界。『黒田泰蔵白磁』黒田泰蔵『白磁花入』2018年。「ろくろ成形、うつわ、単色」の3つの条件を自身に定め、白磁のみの制作に傾注し続ける。純化された抽象性の内に...
madame FIGARO.jp
〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」展
ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたというDJAIKO62さん。コラム連載第12回は〈東京都庭園美術館〉で開催中の「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」展をご紹介します。約7年間という限られた期間に制作されたコラージュ作品には一目で見る者をひきつける強烈な魅力があります。〈旧朝香宮邸〉という特別な空間もあわせて楽しんでください。…
Hanako
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」兵庫で、即興的な公開制作の軌跡を辿る
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」が、兵庫・横尾忠則現代美術館にて2019年5月6日(月・振休)まで開催される。 www.fashion-press.net 公開制作で描かれた作品を紹介 「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」では、横尾忠則がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介する。 自我を忘れて制作に没頭できる公開制作 1980年代、画家へと転向したもののアトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった制作の手段が公開制作であった。が、人前で描くことで“見られている”というプレッシャーが加わり、かえって余計な自我やこだわりが消え、制作に没頭できるという実感を得た横尾は、アトリエが完成しても尚、様々な場所で公開制作を行うようになる。横尾の創作のプロセスにおいて、「観客」との共犯関係が作品にスリリングな展開をもたらしているのだ。 80年代後半から90年代にかけては、自身の少年時代の記憶を着想源とした自伝的な主題に取り組んでいたこともあり、即興的な公開制作の機会はそれ以前に比べて減少するようになった。しかしそうした中でも、横尾は制作途上の作品を公開制作によって仕上げたり、公開制作で完成させた作品に手を加えたりすることで、予定調和に陥りそうな局面を打開。作品に思いがけない変化をもたらした。 “Y字路”をテーマに 2000年代の主題で注目すべきテーマは、「Y字路」。2004年以降の公開制作において、描かれる主題のほとんどに「Y字路」が選ばれるようになる。明快な構図かつ、様々な要素を受け入れられる舞台装置として機能する「Y字路」は、スピーディーな制作の場である公開制作にはうってつけの題材であった。また、同時期に横尾の個展が全国各地で相次いで開催されたことも相まって、“ご当地”の「Y字路」作品も描かれるようになる。 また、「Y字路」を主題にした公開制作は、パフォーマンス性を帯びた制作へと発展。工事作業員や鳶服などの衣装を身にまとった横尾が、絵の中のY字路に家を建て、道路を作り、時に壊していく。様々な衣装が、絵画空間と現実空間をつなぐ役割を果たすとともに、横尾自身の個性も消し、与えられた役割に没入させ、忘我状態での制作を後押しした。 詳細 横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす会期:2019年1月26日(土)~5月6日(月・振休)開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)会場:横尾忠則現代美術館住所:兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30観覧料:一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下無料※( )内は20名以上の団体料金※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。その介護者(1名)は無料。※割引を受ける際は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券を購入のこと。※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券を提示すると、団体割引料金で観覧可能。
ファッションプレス
3日間限定の美術館がオープン。NYのストリート発アーティスト、ジョンワンが描く世界。
ニューヨークのストリートアートからスタートし、今や世界で絶大な人気を誇るグラフィティアーティスト・ジョンワン(JONONE)が、ワンオクロック(ONE OK ROCK)のニューアルバムの為に描き下ろしたアート原画が展示される「ワン・ミュージアム(One Museum)」が、2月9日(金)より3日間限定で開催となる。
VOGUE
紅白で米津玄師が演奏、だけじゃない!規格外の美術館「大塚国際美術館」とは
平成最後ということでも注目された2018年末のNHK紅白歌合戦。その中でも、米津玄師のテレビ初歌唱は大きな話題になった。...
ウォーカープラス
そこはまるで美術館! アートと泊まれる世界のユニークホテル。
旅先で美術館を訪れなくても大丈夫。ギャラリーが併設されていたり、部屋自体がアート空間のようなホテルが世界各地にあるんです。
VOGUE
国分太一、コシノジュンコ宅の豪華さに「美術館だよ!」
1月23日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) に世界的なデザイナー、コシノジュンコが登場。TOKIOがコシノの自...
ザテレビジョン
東京国立近代美術館「美術館の春まつり」無料観覧日やお花見弁当販売、花を描いた名画展示など
東京国立近代美術館では、2019年3月19日(火)から4月7日(日)までの期間、東京国立近代美術館本館および工芸館にて「美術館の春まつり」が開催される。 www.fashion-press.net 桜の開花シーズンに開催される「美術館の春まつり」では、桜をはじめとする花を描いた作品の特集展示や、お花見弁当など飲食販売など、様々な催しが行われる。中でも注目は、本館にて開催される所蔵作品展「MOMAT コレクション」だ。 会場内の1室には、花を描いた作品が集結する。年に一度、この時期のみ公開される桜を描いた川合玉堂の重要文化財作品「行く春」の他、しだれ桜やおおしま桜といった40種類を超える希少な桜が描かれた跡見玉枝の「桜花図巻」も展示。また、加山又造の「春秋波濤」、船田玉樹「花の夕」など、花を描いた名画全16点が並べられる。 会場全体では、初の試みとして初代宮川香山の「鳩桜花図高浮彫花瓶」、木村雨山の「縮緬地友禅あおい文振袖」といった工芸作品も展示される。 本館では、その他「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」「イメージコレクター・杉浦非水展」や、ガイドスタッフと参加者が対話しながら、まるで作品の謎解きをするような「所蔵品ガイド」を開催。さらに、2019年4月7日(日)の無料観覧日(所蔵作品展、杉浦非水展のみ)には、「春まつりトークラリー」も開催される。また、本館前庭には床几台によるお休み処を用意し、特製お花見弁当や桜色のスパークリングワイン、甘酒といったフードやドリンクの販売も行われる。 桜の名所エリアに位置する東京国立近代美術館の花の名画と共に、春の訪れを感じてみてはいかが。 【詳細】 東京国立近代美術館「美術館の春まつり」 期間:2019年3月19日(火)~4月7日(日) 会場:東京国立近代美術館 住所:本館 東京都千代田区北の丸公園3-1、工芸館 東京都千代田区北の丸公園1-1 休館日:月曜日 ※ただし、3月25日(月)、4月1日(月)は開館 開館時間:10:00~17:00(本館のみ金曜・土曜は20:00まで) ※入館は閉館30分前まで ■本館 ・所蔵作品展「MOMATコレクション」 会期:2019年3月19日(火)~5月26日(日) 観覧料:一般 500円/大学生 250円(金曜・土曜の17:00以降は一般 300円/大学生150円) ※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳を持参の方とその付添者(1人)は無料 ※当日に限り、本展観覧料で「イメージコレクター・杉浦非水展」も観覧可能 ・「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」 期間:2019年3月12日(火)~5月26日(日)(1F) ・「イメージコレクター・杉浦非水展」(2F ギャラリー4) 期間:前期/2019年2月9日(土)~4月7日(日)、後期/4月10日(水)~5月26日(日) ■工芸館 ・「The 備前 -土と炎から生まれる造形美-」 期間:2019年2月22日(金)~5月6日(月) 【問い合わせ】 東京国立近代美術館 ハローダイヤル TEL:03-5777-8600
ファッションプレス
森村泰昌ファンの聖地が北加賀屋に!週末だけの美術館、モリムラ@ミュージアム(M@M)
歴史上の有名人や美術史上の名画に扮したセルフポートレイトで知られる美術家・森村泰昌氏の作品が見られる美術館、モリムラ@ミ...
ウォーカープラス
長崎県美術館で「誕生50周年記念 リカちゃん展」初代から家族まで約580体展示、限定グッズも
「誕生50周年記念 リカちゃん展」が、2019年3月14日(木)から4月14日(日)まで、長崎県美術館で開催される。 © TOMY リカちゃん誕生50周年を記念して 1967年に誕生し、2017年に50周年を迎えた着せ替え人形「リカちゃん」。その50年の間で4代に渡ってモデルチェンジを重ね、時代や流行を反映させながら、現在も三世代に愛されている。 初代リカちゃんから家族・友達まで、約580体のドール展示 誕生50周年を記念して開催される本展では、「Licca meets Licca」をテーマに、約580体のリカちゃんやその家族・友達を、当時流行したファッションとともに紹介。初代リカちゃんからボーイフレンドのはるとくん、リカちゃんの家族まで、様々なドールが会場に集結する。 開発ノートなどの貴重な資料、著名人・ブランドとコラボした特別なリカちゃんも そのほか、初代開発担当となった小島康宏の苦労や思いが窺い知れる開発ノートや歴代のリカちゃんハウスなど貴重な資料約70点、スワロフスキー(SWAROVSKI)やシュタイフ(Steiff)などの有名ブランドや浅田真央ら著名人など、計50組による「50周年お祝いコラボリカちゃん」も特別に展示される。 展覧会オリジナルグッズは約400種類 また、全252ページにリカちゃん展の魅力が詰まった特別付録付きの公式図録、長崎会場オリジナルとなるリングノートやブロックメモなど、限定品を含む約400種類のグッズが販売予定だ。 開催概要 「誕生50周年記念 リカちゃん展」会期:2019年3月14日(木)〜4月14日(日)開館時間:10:00〜18:00(最終入場17:30)会場:長崎県美術館 県民ギャラリー休館日:2019年3月25日(月)、4月8日(月)料金:一般 1,000(800)円、大学生・70歳以上 800(600)円、小・中・高校生 500(300)円※( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金。※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。※前売券の販売は3月13日(水)まで。© TOMY
ファッションプレス
学芸員ラジオDJ・DJAIKO62さんおすすめ。 〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜 東京都美術館「ムンク展」
ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたという学芸員ラジオDJのDJAIKO62さん。コラム連載第9回は、東京都美術館で開催中のムンク展をご紹介します。「ムンクって叫びだけじゃないんだ!」と少々ミーハーな驚きが待っていますよ。…
Hanako
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理