精米
32

精米に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば精米の幅広い情報を得ることができます。

神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【ぬかのある暮らし】
神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【ぬかのある暮らし】
Yell Market
ムジラーさんおすすめ!実際に活用している【無印】アイテムまとめ
シンプルなデザインで使いやすいアイテムが揃っている無印良品。アイテム数もたくさんあって、どれを買おうか迷ってしまいますよね。 今回は、ムジラーさんが実際に活用しているアイテムと活用法をご紹介します。是非、最後までご覧ください。
folk
神楽坂に「AKOMEYA TOKYO in la kagu」がオープン。
3月30日(土)、「お福分けのこころ」をコンセプトに食品・雑貨を展開するライフスタイルショップ「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」の旗艦店「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagu)」がオープンする。
VOGUE
上質な暮らしを提案する「AKOMEYA TOKYO」の新店舗が神楽坂にオープン
3月30日(土)、東京・神楽坂に「AKOMEYA TOKYO」の旗艦店「AKOMEYA TOKYO in la kagū」がオープンする。 「AKOMEYA TOKYO」は“お福分けのこころ”をコンセプトに、食品・雑貨を販売するライフスタイルショップ。米・味噌汁・ジャムなどの食品のほか、飯椀・箸・タオルなど、“上質な佇まいを感じる暮らし”を提案する器や調理道具、ビューティケアなどの雑貨を販売している。 「AKOMEYA TOKYO in la kagū」でも同様に、ごはんのお供や調味料、こだわりの出汁など贈り物にもぴったりな商品が並ぶほか、日本各地から厳選した約20種の米を量り売りし、好みの分づきに合わせた精米もおこなう。 また「AKOMEYA厨房」・「AKOMEYA茶屋」では季節のディナーコースや、抹茶や柚子などを使った甘味を味わうことができる。 ショップ内では「AKOMEYA TOKYO in la kagū」の限定パッケージ商品も登場。オープン限定商品として販売される「AKOMEYA TOKYO」の人気の商品が詰まった「お福分け箱」3000円(税別)は、数量200個限定となっているのでお見逃しなく。 さらに、3000円(税込)以上購入した先着200人には「お福米 2合」がプレゼントされるので、早めに足を運ぶのがオススメだ。 ■「AKOMEYA TOKYO in la kagū」      住所:東京都新宿区矢来町67
ストレートプレス
イートインスペースも充実!「アコメヤ トウキョウ」の旗艦店が神楽坂にオープン。
毎日にほっこりとした幸せを感じさせてくれるアイテムを見つけに、宝探し感覚で訪れてみて。
VOGUE GIRL
美味しい糸島を堪能しました 人気の糸島の食材を使ったフルコースを東京で味わう
福岡県糸島市は、今、福岡県内のみならず、とても人気のあるスポット。海あり、山あり、それでいて福岡市内から車で40分くらい、人気の秘密をご紹介します【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.51】 福岡県糸島市。福岡県の西部、龍の形に見える半島に位置するのが「糸島市」。(糸島市のイメージキャラクターは「いとゴン」。糸島の「いと」とドラゴンの「ゴン」を合せた名前です。)怡土郡(いとぐん)と志摩郡が合併して糸島郡になったと言われていて、「魏志倭人伝」にある伊都国(いとこく)と怡土の発音が似ていること、そして、地理上の特徴から、かつて女王が司っていたという歴史のある地と言われています。この写真は、県道54号線を進んで糸島市に入るとこです。目の前に広がる青い海がとても美しく、絶景です。 糸島の魅力 初めて糸島を訪れたのは、2011年の7月。とてもお天気が良い日で、海が本当に綺麗で、水着を持っていなかったことを後悔した記憶があります。玄界灘と脊振山に囲まれていて、豊かな自然と農業と漁業が盛んなことで有名です。福岡市内から高速を使えば30分ほどで、海も山もある、糸島に行くことができます。 (出典:糸島市公式ホームページより) 右上に「櫻井神社」とありますが、実は、糸島にはこの他に、「二宮神社」「潤神社」があり、「嵐神社」としてファンの間では人気があるそうです。 秋から春にかけて、各漁港の近くでは、冬の糸島の風物詩、「牡蠣小屋」がたくさん立ち並びます。どの牡蠣小屋も、採れたての牡蠣が1バケツ1,000円です。お店によって、漁の状況次第で、サザエやホタテ、アワビなども食べることができます。牡蠣好きな人にはたまらないですね! そして、糸島市には、福岡県民のソウルフード、あの「牧のうどん」の本店が加布里にあります。ここを通ったら、寄らずにいられません。秋に開催される福岡マラソンの給水所で、「牧のうどん」さんが豆乳うどんを提供しています。うどん食べたさに、頑張って走る人もいそうですね。 糸島市には、売り上げ日本一を誇る最強のJA産直市場があります。それが「伊都菜彩」。1000以上の農家さんや漁師さんが、採れたての野菜や魚介を持ち込んで、自分の好きな場所に並べて、販売する仕組みで、どの商品にも生産者の名前が入っていて、そして、とてもお買い得です。配送もしてもらえるので、東京に帰る日に伊都菜彩へ行き、野菜や魚(処理してもらって)を東京に送ります。午後3時くらいまでに行ければ、翌日には届けてもらえます。今の季節、あまおうが全盛期ですが、あまおうも、しっかりプチプチで包んでくれて、送ってもらえました。今や、大型バスでツアー客が来るようになっている伊都菜彩は、午前中は結構混雑するので、時間に余裕を持って行くことをお勧めします。JR波多江駅から歩いて行くこともできますが、糸島を楽しむなら、車で回る方が便利ですね。 また、伊都菜彩より少し奥に入った二丈には、「福ふくの里」があり、2月はお店の前に広がる菜の花畑がとても綺麗です。 糸島が東京にやってきた そして、2月のある日、糸島の食材を東京のレストランで満喫できるイベントがあるとの知らせを聞いて、行って参りました。場所は、六本木の「Beyond BB」、居心地の良い空間で「常識に縛られない、既存の肉を超える肉」を提供するというコンセプトで、和牛を堪能できるレストランです。入り口を入ると糸島市の職員の方達がいらっしゃいました。この日のメニューは、福岡出身の安田隆料理長により、全て、糸島の食材、飲み物で構成されています。飲み物は、「いとしまBEER」そして糸島産山田錦で作られた白糸酒造の「田中六五」など。「田中六五」とは、珍しい名前ですね。糸島産山田錦を「田んぼの中にある酒造」が65%精米で作られた純米酒、だから「田中六五」。 まずは、「いとしまBEER」からいただきました。 糸島牛のローストビーフと鰆のお寿司。いとしまBEERは糸島産の小麦を使ったドイツのヴァイツェンで、フルーティでいい香りの飲みやすいビールです。ラベルは夏至の頃には夕陽が夫婦岩の間に沈むということで有名な、桜井二見ヶ浦夫婦岩のイラストです。 つづいて、お刺身。糸島は、実は、天然真鯛漁獲量日本一なのです。手前の鯛に奥の牡蠣。糸島の牡蠣は、大きさとクリーミー加減が絶妙で、わたしは一番好きな牡蠣だと思っています。 次に登場したのは、「和牛ローストビーフと蒸し牡蠣」です。ぷりんとした牡蠣、蒸したらふわふわでこれも、美味しい。お野菜も全て糸島からきています。 糸島牛のカツレツ。 お皿の左下にあるお塩、これが有名な「またいちの塩」です。全てが手作業で作られるミネラル分が豊富な天然塩です。まず、何もつけずにいただき、次に、「またいちの塩」をつけていただきます。とんがった塩辛さはなく、柔らかな海の味です。 そして、「久保田農園」のサラダには糸島産橙のドレッシング。そして、鯛出汁とお肉のお吸い物。 そして糸島牛のステーキにトリュフマッシュポテト。 糸島牛は、まだそれほど知名度が高くないのですが、高級ブランド牛で、脂もほどほど、柔らかすぎず、牛肉の匂いも強くなくて、とても食べやすいお肉です。 そして、おそらく、糸島を知ったきっかけは、この卵。「つまんでご卵」です。黄身を指でつまめるという、活力のある、若い鶏が産んだ新鮮な卵です。黄身の色も濃く、久しぶりに、ご飯と一緒に頂きました。コクがあって、新鮮で、元気がでる卵です。 いかがでしたか?福岡県の西部にある糸島、「島なの?」と聞かれることがよくありますが、半島です。海あり、山あり、半径5キロでなんてもそろうのではないかと思えるほど、恵まれた土地です。移住する人も多く、芸能人が移住していることでも知られています。今度の福岡旅行では、是非、一日、レンタカーで糸島を回るプランを加えてみてはいかがでしょうか。山に囲まれた糸島は、「まむしの湯」という天然温泉もあるので、ちょっとひと休みに温泉に入るのもお勧めです。 そして、今回のイベントは、お土産つき。つまんでご卵の卵黄がふたつ入っている濃密な「プリン」(Beyond BBオリジナル)、そして伊都物語の牛乳と福岡特産のあまおうが入った飲むヨーグルト。伊都物語は九州展などが開催されていると、出店していることがあり、運が良ければ東京でも飲めるチャンスがあります。 一度行くと、住みたくなってしまうほど素敵な糸島は、美味しいものがたくさんある土地でもあります。 糸島市公式ホームページ http://www.city.itoshima.lg.jp/index.html 釜揚げ 牧のうどん https://www.makinoudon.jp/ JA糸島産直市場 伊都菜彩 http://www.ja-itoshima.or.jp/itosaisai/ 福吉ふれあいセンター 福ふくの里 http://fukufuku-sato.com/ Beyond BB http://www.beyond-bb.jp/index.html またいちの塩 http://mataichi.info/ 久保田農園 https://www.kubotafarms.com/ つまんでご卵 http://natural-egg.co.jp/ まむしの湯 http://www.mamushi-spa.co.jp/ 伊都物語 https://www.itomonogatari.com/
PeLuLu
ダイエット中でも炭水化物が食べたい!そんな時におすすめ食品4選
女性の永遠の課題であるダイエット。色々なダイエットを試すも、結局リバウンドしてしまう…という人も多いのではないでしょうか。せっかくダイエットしたのに、食生活が元に戻れば体重が戻ってしまうのは当然。今回は、ダイエット中でも食べてOKの炭水化物たちをご紹介していきます。
myreco
今、飲みたい日本酒ナンバーワン!幻の酒とも呼ばれる「写楽」の蔵元へ
国内最大規模の日本酒コンペティション「全国新酒鑑評会」において、金賞受賞銘柄数が6年連続日本一を誇る、福島県。なかでも、会津若松市に蔵を構える宮泉銘醸は「冩樂(写楽)」や地元ブランド「會津宮泉」を中心に、さまざまな品評会でグランプリを受賞しています。つい先日も世界的なワイン品評会である「ブリュッセル国際コンクール」が新設した日本酒部門純米酒の部で、「會津宮泉 純米酒」が最高賞に輝いたばかりです。日本酒人気を押し上げてきた福島県の酒蔵にあって、ひときわ耳目を集める宮泉銘醸。蔵元杜氏を務める宮森義弘(みやもりよしひろ)さんの弟で専務の宮森大和(みやもりやまと)さんにお話を伺いました。まだ飲んだことのない日本酒を口にするとき、パートナーや友人との酒席のとき、手にしたお酒がどのような想いで造られたのかを知れば、味わいはさらに深くなるはずです。
Precious.jp
呑んべえの集まりに!とっておきの酒&つまみ【酒編】
忘年会や新年会、お正月など、飲む機会が多くなる冬の時季。そんな飲みの席にうれしい、ちょっと珍しくて神奈川らしさ満点の酒肴...
ウォーカープラス
日本一のギンナン産地、愛知・祖父江へGO!イチョウのじゅうたん散策で秋を満喫
ギンナンの生産量が全国の30%を占める、愛知県稲沢市の祖父江町。約1万1000本のイチョウが黄金色にまぶしく輝く様は秋な...
ウォーカープラス
新米の季節! 米どころ白河市でご当地の食材を味わう稲刈りツアー
「おまたせしました。今年も美味しいお米ができました!」よだれがでそうな言葉につられて、青空の広がる10月、東京を飛び出し...
レタスクラブニュース
米と野菜がうまい! 農家がプロデュースする絶品スープカレー
スープにこだわりのあるスープカレー店は多々ありますが、具材の野菜も重要なポイント。新鮮な旬の野菜がたっぷり入っていると、...
ウォーカープラス
兵庫「キッザニア甲子園」パビリオン紹介!「精米工場」でおいしいお米を届けたい
まるで大人のように仕事にチャレンジできる、職業・社会体験施設「キッザニア」。楽しみながら社会や経済の仕組みを学べると、フ...
ウォーカープラス
新体験!生きものについて楽しく学ぶ「京都水族館」
京都市・梅小路公園の中にある「京都水族館」では、“水と共につながる、いのち”をコンセプトにさまざまな生きものたちを展示。観察するだけではなく体験できる水族館「総合エデュテインメント型施設」を目指しています。ここでしかみれない生きものたちに出会いにいってみてはいかがでしょうか。
LeTRONC
京都BALに、お米に関する食品雑貨店「AKOMEYA TOKYO」とフランス老舗美容専門店「OFFICINE UNIVERSELLE BULY」が関西初登場!
京都・河原町にある商業施設「京都BAL」に、関西初出店となるフランスの老舗総合美容専門店「OFFICINE UNIVER...
ウォーカープラス
うまい寿司と日本酒を安く!気軽に行ける“鮨酒場”4選
行列店の新展開や人気海鮮居酒屋の寿司バルなど、お気軽鮨酒場が増えている。安い&旨いはもちろん、サプライズ感のあるお寿司が楽しめる店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年2月6日発売号)より>■ 超人気立ち飲みの新展開はアイデアあふれ..
ウォーカープラス
秋は新米の季節!お米の美味しい炊き方や保存方法をご紹介☆
秋は、新米の季節。ご飯がとっても美味しいですよね!ピカピカの新米をもっと美味しく食べるために、研ぎ方や道具にもこだわってみたいものです。今回は、お米の炊き方や保存方法についてご紹介します。
folk
【福岡うどん愛】無添加スープと粘りの強い細麺がマッチした魅惑のうどん「麺工房なか」
地下鉄赤坂駅から徒歩すぐ。大正通りから昭和通りへ向かう途中、一本路地に入った場所にひっそりと佇む「麺工房なか」(福岡市中央区)。福岡市内では珍しい「筑後うどん」を看板に掲げ、2000年9月のオープンから今なお高い人気を誇る名店だ。■ “ねば..
ウォーカープラス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。