現代アート
351

現代アートに関する記事一覧です。こちらをご覧になれば現代アートの幅広い情報を得ることができます。

「瀬戸内国際芸術祭2019」現代アートの聖地・直島や豊島などで、新作アート&見所を紹介
「瀬戸内国際芸術祭2019」が、香川の直島をはじめとする瀬戸内海の島で、2019年4月26日(金)から11月4日(月)まで開催される。 © Satoshi Asakawa 「瀬戸内国際芸術祭」瀬戸内の島々で開催 「瀬戸内国際芸術祭」は、“海の復権”をテーマに掲げ、3年に1回瀬戸内エリアで行われる国際的な芸術の祭典。豊かな資源を持ち、盛んに交流が行われた瀬戸内海が近代以降、高齢化・人口減少などによって活力を低下させたことを受け、瀬戸内海が活力のある“希望の海”となることを目指して2010年にスタート。2019年の開催で、4回目となる。 イベント会場となるのは、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島といった瀬戸内海に浮かぶ島の数々。香川・高松港や宇野港周辺にもパブリックアートなどが設置されており、エリア全体でアートな雰囲気を盛り上げる。 各島の新作アートや見所を紹介 直島 - 地中美術館や草間彌生の「かぼちゃ」 美術館やアート関連施設が集まり、現代アートの聖地として注目を集める直島では、建築家・安藤忠雄が手掛けた「地中美術館」をはじめ、「李禹煥美術館」、「ベネッセハウスミュージアム」、直島銭湯「I♥湯」といったアート関連施設を展開。 「地中美術館」では、クロード・モネが手掛けた最晩年の「睡蓮」シリーズ5点を自然光のみで鑑賞する空間や、ジェームズ・タレルの光を使ったアート作品を楽しむことができる。 直島・宮浦港緑地にそびえる草間彌生の「赤かぼちゃ」や、藤本壮介の「直島パヴィリオン」、安藤忠雄が約130本の桜の木を植樹した「桜の迷宮」といった、直島そのものの雰囲気を生かした作品にも注目したい。 また、5月には「直島建築ツアー」が行われ、通常見ることのできない施設を特別公開。夏会期には、越智良江が直島及び近隣から公募で集まった小学生を率いて行う新作パフォーマンス「僕らが生まれる7日間の舟歌(バルカロール)」が行われる。 豊島 - 豊島美術館やボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」 豊島では、「豊島美術館」、横尾忠則がアートやコンセプトを手掛けた「豊島横尾館」、クリスチャン・ ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」といった独特の世界観を堪能できるアートスポットを展開。また、周囲の海で魚を捕り、調理し、食べ、またその⽣ごみが堆肥となり果樹を育てるという島の循環のシステムを可視化した垣内光司の「Circulation・Landscape」や、遊具にとらわれない自由な遊びを促す、井筒耕平/会田大也の「コロガル公園in豊島」が今回より新たに登場する。 女木島 - レアンドロ・エルリッヒの洗濯機アートなど、名画座上映会も 女木島では、「『島の中の小さなお店』プロジェクト」を展開。島に住む人にとって便利で、外から来る人にとって特色あるスポットとなるような、個性的な「小さなお店」の作品が登場する。レアンドロ・エルリッヒの「ランドリー」では、洗濯物が回転している映像を流した洗濯機を一面に置き、もう一方の面に本物の洗濯機と乾燥機を設置。同じ空間に虚構と現実を混在させ、見る者を惑わせる大胆な発想の作品だ。 2019年4月30日(火)には、「ISLAND THEATRE MEGI 『女木島名画座』」で名画の上映会を開催。映画鑑賞・島内作品のナイトプログラム鑑賞・上映作品にまつわるディナーを楽しみ、チャーター船で高松に帰ってくるツアー型上映会となっている。 小豆島 - オリーブを題材にした作品 小豆島には、島の名産であるオリーブを題材にした作品が登場。オリーブの葉を王冠の形に仕立て、円の中から海を臨めるチェ・ジョンファの彫刻「太陽の贈り物」や、オリーブ畑の中に佇む、ヘアスタイルをリーゼントにキメた清水久和の立体作品 「オリーブのリー ゼント」など、その土地ならではの雰囲気を生かした作品となっている。小豆島に伝わる「オリーブの歌」からインスピレーションを得た、ワン・ウェンチーの新作「小豆島の恋」 にも注目したい。 大島 - クリスティアン・バスティアンスの映像×パフォーマンス作品 大島では、オランダ人アーティストのクリスティアン・ バスティアンスが映像インスタレーションとライブパフォーマンスを組み合わせた「大切な貨物」を展開。瀬戸内の離島・大島に何十年も隔離されてきたハンセン病患者たちの実話から着想を得た作品で、大島の休校中の小学校体育館で鑑賞することができる。パフォーマンスは、サンポートホール高松・第1小ホールにて11月1日(金)、11月2日(土)に行われる。 その他、小豆島や犬島、高松港、宇野港にも新作を含むアート作品が目白押し。春会期のみ開催の沙弥島でも、ユニークな作品やインスタレーションが展開されるのでお見逃しなく。各島を繋ぐフェリーも運航されているので、うまく利用しながら瀬戸内エリアならではの、ローカルながらグローバルなアート体験を楽しみたい。 詳細 瀬戸内国際芸術祭2019会期:2019年4月26日(金)~11月4日(月)春 4月26日(金)~5月26日(日)/夏 7月19日(金)~8月25日(日)/秋 9月28日(土)~11月4日(月)会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、高見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港周辺、宇野港周辺作品鑑賞パスポート:〈3シーズンパスポート〉一般 4,800円、16~18歳 3,000円、15歳以下 鑑賞無料(一部作品、施設を除く)〈会期限定パスポート〉(春用・夏用・秋用)一般 4,000円、16?18歳 2,500円、15歳以下 鑑賞無料(一部作品、施設を除く)※2019年4月25日(木)まで前売券を発売。3シーズンパスポートの前売券は特別価格で一般 3,800円。1シーズンパスポートは前売価格なし。16~18歳は当日現地販売のみ(要身分証)。パスポート販売方法:瀬戸内国際芸術祭公式ウェブサイト、コンビニエンスストアほか各種プレイガイドで販売。
ファッションプレス
フェンディのファー職人と現代アートがコラボ!「フェンディ クラフ」展が表参道で開催
イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド「フェンディ(FENDI)」による「フェンディ クラフ(FENDI CraFF)」展が4月4日(木)~17日(水)の期間限定で開催! イタリア国外では日本が初開催 「フェンディ クラフ」展の会場となるのは表参道のバツアートギャラリー(BA-TSU ART GALLERY)。 昨年10月にフェンディが本拠を置くイタリア・ローマで開催され
isuta
バブル景気やファミコンブーム…。1980年代を現代アートで振り返る展覧会「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」開催
大阪の国立国際美術館にて「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」と同館のコレクション展「コレクション2:80年代の時代精...
ウォーカープラス
展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」あべのハルカス美術館で開催
展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」が、あべのハルカス美術館にて開催される。会期は、2019年1月26日(土)から4月14日(日)まで。 www.fashion-press.net 「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」は、近年、注目度が高まってきた明治工芸にフォーカスを当てた展覧会。全国6都市を巡回し話題を呼んだ展覧会「超絶技巧!明治工芸の枠」の続編だ。明治時代、主に輸出品として製作された明治工芸。その繊細で華美な壺や箪笥などの工芸品は、当時の日本の職人たちの技術が詰めこまれている。思わず目を凝らしたくなる細かな作りや華やかな装飾は、まさに”超絶技巧”。見応えたっぷりの展示内容となっている。 “ナミカワ”のつくる色彩豊かな七宝 会場では、2人の“ナミカワ”の作品を紹介。明治期を代表する七宝家の1人、並河靖之の作品は有線七宝。艶やかな表面に描かれた繊細で洗練された模様が施され、まるで絵画作品を見ているよう。色とりどりの花々や蝶は、金に輝く輪郭線によって縁取られ、より一層色彩の美しさを引き立てる。一方、もう1人の“ナミカワ”、濤川惣助の作品は対照的に色同士の境界線が曖昧。色の境目を区切る金属線を釉薬(ゆうやく)をさした後で取り除くという手法をとって「にじみ」や「ぼかし」の視覚効果を生み出す無線七宝を得意とする。 漆工・牙彫・木彫、陶磁……精緻な作品の数々 七宝以外にも、漆工・牙彫・木彫、陶磁、染織、水墨など日本人ならではのものづくりに対するDNAが引き継がれたウィットに富んだ作品を揃える。特に、2014年の「驚異の超絶技巧!明治工芸の粋」展をきっかけに注目されるようになった安藤緑山の象牙彫刻は必見。牙彫は、野菜や果物、動植物などを主題に、象牙に精緻な彫刻を施し、入念な着色を加えてまるで本物のような作品をつくるもの。安藤の《胡瓜》や《パイナップル、バナナ》などの作品はまるで本物のようで、展示室でもひときわ異彩を放っている。 開催概要 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ会期:2019年1月26日(土)~4月14日(日) ※会期中、一部展示替えを行う。開館時間:火~金 10:00~20:00、月土日祝 10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで休館日:1月28日、2月18日、3月4日、3月18日の各月曜日観覧料:一般 1,300(1,100)円、大学・高校生 900(700)円、中学・小学生500(300)円※料金はすべて税込み。※( )内は前売・団体料金。※障がい者手帳を提示で本人と付添1人まで当日料金の半額。※本展観覧券(半券可)の提示で、特別展「フェルメール展」の当日券を100円引きで購入可能。(1枚につき1人1回限り有効。ほかの割引券との併用不可。)【問い合わせ先】あべのハルカス美術館TEL:06-4399-9050
ファッションプレス
現代アートの旗手ライアン・ガンダーが語る、アイデンティティの考察。
コンセプチュアルアート新世代旗手として国際的に注目される英国生まれのアーティスト、ライアン・ガンダー。美術界で当たり前と見なされている制度や日常生活で遭遇する物事を素材に、既成概念に絶妙な&ldquo...
madame FIGARO.jp
現代アートをピクニック気分で楽しめる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」開幕! 11会場で37作品を展示
神戸・六甲山で9月8日(土)、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」が始まった。会場の様子をレポート...
ウォーカープラス
「アジアにめざめたら」を東京国立近代美術館で - 1960-90年代のアジアの現代アートを紹介
「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代」が、東京国立近代美術館にて開催される。会期は、2018年10月10日(水)から12月24日(月・休)まで。 www.fashion-press.net 「アジアにめざめたら」は、アジアの現代アートを、かつてないスケールで紹介する企画展。日本をはじめ、韓国や台湾、中国、香港、インドネシア、シンガポール、インドまで、幅広いアジアの地域を対象に、アジア各地の現代アートの黎明期である1960年代から1990年代までの作品に焦点を当てた展示を行う。 会場では、10を超える国と地域の90組以上の作家による約140点の作品を公開。その表現媒体も、 絵画から彫刻、写真、映像、パフォーマンスまで、実に多様だ。植民地支配からの独立と急速な近代化、ベトナム戦争など、大きな変化を迎えていたアジアの激動の30年間を背景に、そんな時代だからこそ生まれ得たパワフルな作品たちを、「美術」「都市」「連帯」の3つのキーワードに分けて紹介する。 ジム・スパンカットによる《ケン・デデス》は、古代ジャワの女神ケン・デデスの胸像と、ジーンズ姿の半裸の女性像のイメージが無理やり縫合された作品。不自然さや戸惑いを感じずにはいられないこの作品は、インドネシアに存在する様々な異文化やアイデンティティの衝突を連想させる。 インド出身のナリニ・マラニによる映像作品《ユートピア》は、二面プロジェクションで都市の矛盾を表現している。一方では、明るい色彩で抽象的に表現されたユートピアのような”理想の都市”を、もう一方では、寂しげなモノクロームでビルの窓から外を見つめる女性の姿を捉えた”現実の都市”を表している。 【詳細】 「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代」 会期:2018年10月10日(水)〜12月24日(月・休) 会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1 開館時間:10:00〜17:00(金・土曜は20:00まで) ※入館は閉館の30分前まで。 休館日:月曜日(12月24日は開館) 観覧料:一般 1,200(900)円、大学生 800(500)円 ※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。 ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳の携帯者とその付添者(1名)は無料。 ※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展が入場無料。 ※11月3日(土・祝)は無料観覧日。 【問い合わせ先】 ハローダイヤル TEL:03-5777-8600
ファッションプレス
明治工芸と現代アートの対決!岐阜県多治見市で「驚異の超絶技巧」展が開催中
岐阜県多治見市の岐阜県現代陶芸美術館で8月26日(日)まで、「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートヘ」が開催されている...
ウォーカープラス
色彩に深い洞察が宿る、インドネシアの現代アート。
色彩の飛沫に託された、高次の精神性と人間の尊厳。『アイ・チョー・クリスティン霊性と寓意』『あまりにもたくさんの魚』2013年。桶田コレクション。色彩の飛沫と余白の調和には、作家の人間観が表出している。...
madame FIGARO.jp
現代アートの視点から浮世絵師 葛飾北斎を堪能!
葛飾北斎の代表作をサイケデリックに表現した「NEO HOKUSAI by Enlightenment(ネオ ホクサイ・バイ・エンライトメント)」フェアが、銀座 蔦屋書店にて2018年4月10日(火)~12月31日(月)の期間、開かれます。誰もが一度は見たことのある作品を、これまでとは一線を画すデザインで描いたアイテムたちをイベントの内容とともにご紹介します。
LeTRONC
「ART OSAKA 2018」ホテルの部屋で現代アートを展示販売、国内外54ギャラリーが出展
現代美術のホテル型アートフェア「ART OSAKA 2018」が、2018年7月7日(土)、8日(日)にホテルグランヴィア大阪で開催される。 www.fashion-press.net 「ART OSAKA」は、現代美術に特化したアートフェアとしては日本最大規模のイベント。第16回目を迎える今回は、国内外より初出展4軒を含む54のギャラリーが集結し、ホテルの部屋を使って作品を展示販売する。また、4軒のギャラリーが新規出展するため、新たなアート作品との出会いも期待できそうだ。 今回から新しく、35歳以下の若手注目作家を個展形式で紹介する「U-35セクション」を設置。ウィーン発の覆面アーティスト・タビーの日本初個展や、動物をモチーフに、刺繍や油彩などを用いて作品を制作する佐藤香菜を紹介する。 最大の見どころは、今まさに旬の中堅作家や若手作家の作品の数々。社会問題や著作権問題を扱い、メディアでも大きな注目を集めている岡本光博や、キャンパス上に行為の反復とその痕跡によって新たな空間を生み出し、絵画の存在を問う横溝美由紀など、多彩な作品が揃う。 【詳細】 ART OSAKA 2018 開催日時:2018年7月7日(土) 11:00~20:00、7月8日(日) 11:00~19:00 ※入場はフェア終了1時間前まで 開催場所:ホテルグランヴィア大阪 26階(ワンフロア貸切) 住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1(JR 大阪駅直結) TEL:06-6344-1235(代表) 入場料 : 1,500円(1デイパス) ※チケットはフェア受付にて販売。 ※小学生以下無料。保護者同伴必須。 ■関連イベント トークイベント「再考:80年代のアートシーン」 日時:7月7日(土) 14:00~15:30 会場:ホテルグランヴィア大阪 20階クリスタルルーム 入場料:無料 ※フェア入場料1,500円が別途必要 定員:40名 ※事前予約制(先着順) ゲストスピーカー:安來正博(国立国際美術館主任研究員)
ファッションプレス
【ロサンゼルス旅】現代アートの巨匠の軌跡を辿る展示。
madame FIGARO.jp
伝統建築と現代アートの融合。目の回るような草間彌生ワールド
“伝統と現代文化が融合した生きた伝統”を発信する「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」。2017年6月10日にオープンしたこの美術館は、大正2年に建てられた築104年の伝統的日本建築の有形文化財「八坂倶楽部」を期間限定で現代美術館として運営しています。
LeTRONC
まさに都会の隠れ家。原美術館で現代アートに触れる特別な時間
「原美術館」は、品川にある隠れ家のような美術館。別荘のような場所に点在するアート作品は、どれも心にスッと入り込むような不思議な魅力に満ちています。都会のオアシスでゆったりと芸術を味わいましょう。
LeTRONC
お茶と現代アートをテーマにしたアートフェスティバル「かけがわ茶エンナーレ」が話題沸騰中!
お茶と現代アートをテーマにしたアートフェスティバル「かけがわ... 続きを読む
girls Artalk
ラデュレが現代アートをマカロンにすると・・・?
SPUR.JP
現代アート×カフェレストラン!通いたくなるくつろぎ空間
東京・三軒茶屋にある「SUNDAY CAFE ART RESTAURANT(サンデーカフェアートレストラン)」では、感度の高い現代アートとハイレベルな料理が楽しめます。行きつけにしたくなるような、素敵なカフェレストランをご紹介しましょう。
LeTRONC
展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理