浮世絵
223

浮世絵に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば浮世絵の幅広い情報を得ることができます。

あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!
浮世絵と聞いて、何を思い浮かべますか。「美しい」遊女。「格好いい」歌舞伎役者。「風流な」景色。でも、今の私たちの常識や感性だと、「浮世絵」と聞いただけで、難しく思ってしまいがち。では「かわいい」生き物や「おかしな」人々なら?
anan web
企画展「大江戸グルメと北斎」すみだ北斎美術館で、浮世絵から知る"江戸の食" - 再現メニューも
東京・すみだ北斎美術館にて、企画展「大江戸グルメと北斎」が開催される。前期が2018年11月20日(火)から12月16日(日)まで、後期が12月18日(火)から2019年1月20日(日)まで。前期・後期で一部展示替えを実施する。 www.fashion-press.net 和食文化が開花した江戸のグルメを紹介 ユネスコ無形文化遺産登録5周年を迎える"和食"。和食文化が開花した江戸時代は、経済が発展し、社会が成熟し、人々が食を楽しむ余裕が生まれた時代でもあった。企画展「大江戸グルメと北斎」では、そんな時代の食を描いた北斎一門の浮世絵を中心に、当時のレシピや、料理のレプリカなども交えた展示を行うことで、江戸時代の食のあり方を紹介していく。 1章 江戸グルメ繁栄の背景 展覧会は、全4章で構成。「1章 江戸グルメ繁栄の背景」では、江戸グルメ繁栄の背景にある食の生産にまつわる江戸の人々の営みにフォーカス。稲の脱穀の様子を描いた『北斎漫画』三編などを展示し、農業や漁業といった、食を支える産業の発展を紹介する。 2章 江戸の食材 「2章 江戸の食材」では、北斎一門が残した、魚や野菜といった食材の精緻な浮世絵を展示。展覧会のメイン作品の1つである、リアルな描写の葛飾北斎「鮟鱇図」などを並べ、江戸の様々な食材を紹介する。 3章 江戸の料理帖 調理をする人が描かれた作品や、江戸の料理本とそれに基づく江戸料理の再現レプリカから、当時の調理の雰囲気を知ることができるのは「3章 江戸の料理帖」。人参と豆腐で卵を表現した「鶏卵様(たまごとうふ)」など、当時の料理がレプリカとして現代に蘇る。 4章 江戸の人気料理 寿司や蕎麦といった和食や、あこがれの高級料理店、せっかちな江戸っ子にぴったりのファストフードも誕生した江戸時代。「4章 江戸の人気料理」では、歌川国芳「縞揃女弁慶 安宅の松」などから、そんな当時の人気グルメをうかがい知ることができる。 江戸の料理が味わえるコラボカフェ また、「大江戸グルメと北斎」で紹介した江戸の再現料理を味わうことができるコラボレーションカフェ企画を、すみだ北斎美術館近隣のカフェ6店舗にて実施する。「ORI TOKYO」では、江戸のレシピを基に専門家が監修したランチプレートを用意。「松崎珈琲」では小麦、くるみ、黒ゴマ、砂糖、しょうゆでできた江戸の焼き菓子にアレンジを加えたパウンドケーキ型けんぴんが提供される。 【詳細】「大江戸グルメと北斎」会期:2018年11月20日(火)~2019年1月20日(日)※前期:11月20日(火)~12月16日(日)、後期:12月18日(火)~2019年1月20日(日)※前後期で一部展示替えを実施休館日:毎週月曜日、12月29日(土)~12月31日(月)、2019年1月1日(火)※12月25日(火)、2019年1月15日(火)休館、12月24日(月)、2019年1月14日(月)開館住所:東京都墨田区亀沢2-7-2観覧料:一般 1,000円(800円)、高校生・大学生 700円(560円)、中学生 300円(240円)、 65歳以上 700円(560円)、障がい者 300円(240円) ※小学生以下は無料。※( )内は団体料金、団体は有料の20名以上。※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を提示。65歳以上は年齢を証明できるものを提示。身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などの持参者、その付添1名まで障がい者料金適応。入館の際は身体障がい者手帳などを提示。※本展チケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)も観覧可能。■コラボレーションカフェ企画期間:開催店舗/提供予定メニュー:・ORI TOKYO/再現料理のランチプレート・CRAZY CAFE「 」(BLANK)/現代風柿衣・マキネスティコーヒー/柿衣をイメージした焼き菓子・松崎珈琲/パウンドケーキ型けんぴん・CHILLOUT COFFEE&...RECORDS/けんぴんアイス・喫茶ランドリー/こおり豆腐※メニュー詳細はすみだ北斎美術館SNSなどで発表。※メニューは変更になる場合あり。【問い合わせ先】すみだ北斎美術館TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ファッションプレス
北斎や歌麿の浮世絵に「グレースコンチネンタル」を着せたら 松屋銀座で期間限定店
アイランドは10月31日~11月6日、アートとファッションの融合を目指した期間限定店「グレースコンチネンタル ザ・バンケット 〜ザ・ミュージアム〜(GRACE CONTINENTAL The Banquet ~The Museum~)」の第2弾を松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザに開いている。
WWD
「北斎の橋 すみだの橋」すみだ北斎美術館で開催 - 北斎や門人が描いた浮世絵の“橋”に着目
「北斎の橋 すみだの橋」が、すみだ北斎美術館にて開催される。期間は、2018年9月11日(火)から10月8日(月・祝)までの前期と、10月10日(水)から11月4日(日)までの後期で構成され、前後期で展示替えが実施される。 www.fashion-press.net その圧倒的な表現力で観ている人の心に訴えかける葛飾北斎の浮世絵。本展は、そんな彼の描く浮世絵のなかでも“橋”に着目する展覧会だ。北斎の描く橋を通して、北斎が生涯の多くをすごしたすみだ地域にも焦点を当て多くの橋を紹介。インフラという本来の意義を超越し、すみだ地域の橋の歴史やその構造、そして文化的側面を考察する。 北斎や門人が描いた橋が集結 展覧会は第1章と第2章に分けて構成。第1章では、北斎や門人が描いた橋が集結する。特に「諸国名橋奇覧」はみどころのひとつで、緊張感漂う一直線のつり橋、大きく弧を描くのどかな太鼓橋など、北斎なりの視点で捉えた風景画全11点を展示する。夢の中で見た橋を一図にした「百橋一覧」では一図の中に様々な構造の橋が詰め込まれており、その多種多様さには圧倒される。また、名作「冨嶽三十六景」シリーズからは、「御厩河岸より両国橋夕陽見」も登場する。 橋の歴史を紐解いていく 現存する北斎の描いた橋たちの知られざる歴史を紐解く第2章。北斎が暮らしたすみだ地域は、江戸時代、大河である隅田川に加え、江戸市中の拡大に伴って整備された川や、農業用水として引かれた川など大小様々な川があったという。そこには各時代における政治的、あるいは技術的な制約のなかで、橋がかけられ、そのたびに物語が生まれてきた。本章では、すみだの橋を取り上げることで、北斎が生きた時代の橋以降の変遷を、錦絵に描かれた橋だけでなく、絵葉書や図面、立体物など様々な関連資料から多角的に紐解いていく。 【詳細】「北斎の橋 すみだの橋」会期:2018年9月11日(火)~11月4日(日)前期:9月11日(火)~10月8日(月・祝)後期:10月10日(水)~11月4日(日)※前後期で展示替えを実施。休館日:毎週月曜日※9月17日(月)、24日(月)、10月8日(月)開館。9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)休観覧料:一般 1,200円(960円)、高校生・大学生 900円(720円)、中学生 400円(320円)、 65歳以上 900円(720円)、障がい者 400円(320円)※( )は団体料金。※団体は有料客20名以上。※小学生以下は無料。※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証提示要。※65歳以上の者は年齢を証明できるものを提示。※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などを提示すると、本人及びその付添1名まで障がい者料金。(入館の際は、身体障がい者手帳など提示要)※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)も閲覧可。
ファッションプレス
猫と人間の理想郷を描いた漫画「アタゴオル」が浮世絵とコラボ!
宮沢賢治の童話の漫画化やアニメーション『銀河鉄道の夜』の漫画原作者としても知られている、ますむらひろしさん。なかでも猫と人間の理想郷を描いた漫画「アタゴオル」シリーズは彼の代表作だ。そのキャラクターと葛飾北斎の浮世絵が合体した展覧会が今、話題を呼んでいる。
anan web
デヴィッド・ボウイが浮世絵でよみがえる!?
マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)が手掛けるブックストア「ブックマーク(BOOKMARC)」が、6月23日(土)から期間限定で、デヴィッド・ボウイへのオマージュ作品のローンチイベントとして浮世絵&写真展を開催する。
VOGUE
「浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展を京都・相国寺承天閣美術館で開催、江戸初期から幕末まで
「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展が、2018年7月3日(火)より、京都・相国寺承天閣美術館で開催される。 © Lee E. Dirks Collection 日本美術を愛する収集家、リー・ダークスの浮世絵コレクションを初公開 今回、その多大な所蔵作品を公開するリー・ダークスは、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心を持って以来、浮世絵版画の名品を収集してきた米国人コレクター。 浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など、代表的な浮世絵師の優品のみを集めたコレクションの数々を紹介する。 華麗な色調を残した貴重な作品群 浮世絵200年の歴史を網羅した稀品、著名作品で構成されているダークスコレクションは、浮世絵の歴史を語る上での重要性を持つだけにとどまらず、その大半が極めて良好な保存状態にあり、まるで今摺り上がってきたかのような華麗な色調を残しているのが特徴だ。 200年の歴史と共に鑑賞する、浮世絵の真の芸術性 展覧会は全六章で構成。菱川師宣や鳥居清信・清倍など、江戸独自の浮世絵文化を形成した浮世絵師に迫る第一章からはじまり、美人画・役者絵の国貞、武者絵・戯画の国芳、名所絵の広重と、幕末・天保期の浮世絵界を牽引した歌川派の絵師たちの作品を紹介する第六章まで、浮世絵の歴史を辿りながら、その真の芸術性を鑑賞出来るものとなる。 浮世絵をモチーフにしたオリジナルグッズも また、会場では浮世絵をモチーフにした展覧会オリジナルグッズも販売。本展における代表的な浮世絵を、光を吸収・蓄える特殊な素材でプリントした蓄光Tシャツ、ポップな色調と浮世絵を組み合わせたメガネケースなど、様々なグッズが用意されている。 開催概要 「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展会場:相国寺承天閣美術館開催期間:<前期>2018年7月3日(火)〜8月5日(日)<後期>2018年8月8日(水)〜9月30日(日)休館日:8月6日(月)、8月7日(火)開催時間:10:00〜17:00(最終入館は16:30)※前期、後期で全点展示替えを行う。チケット:一般 1,000円(800円)、65歳以上・大学生 800円(600円)、小中高生 500円(300円)、団体 800円(20名以上・一般のみ)※( )内は前売料金※リピーター割引あり(会期中2回目以降の鑑賞は、半券と引換にて100円割引※前売券は5月28日(月)から7月2日(月)までの限定販売。チケットぴあ(Pコード:769-039)、ローソンチケット(Lコード:52637)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売■巡回展・山口県立萩美術館・浦上記念館会期:<前期>2018年4月28日(土)〜5月13日(日)<後期>5月15日(火)〜 5月27日(日)住所:山口県萩市平安古町萩市平安古586-1・横浜髙島屋会期:2018年10月10日(水)~10月22日(月)住所:神奈川県横浜市西区南幸1-6-31・日本橋髙島屋会期:2019年1月9日(水)~1月21日(月)住所:東京都中央区日本橋2-4-1・大阪髙島屋会期:2019年2月23日(土)~3月11日(月)住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-5
ファッションプレス
銀座蔦屋書店で「ネオ北斎」、浮世絵『富嶽三十六景』をサイケデリックにアレンジしたバッグなど
「ネオ北斎 バイ エンライトメント(NEO HOKUSAI by Enlightenment)」が、2018年12月31日(月)まで銀座 蔦屋書店にて開催。 www.fashion-press.net 「ネオ北斎 バイ エンライトメント」では、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の作品をクリエイティブユニット「エンライトメント」が現代アートへと変身させ、北斎作品の新たな魅力を発信する。 浮世絵シリーズ『富嶽三十六景』の中から代表的な「神奈川沖浪裏」と「赤冨士」をサイケデリックにアレンジした「ネオ北斎」。波や雲の部分に、ポップなカラーの幾何学模様を組み合わせ、浮世絵独特のタッチと見事に融合させた。 また、期間中は「ネオ北斎」のオリジナルアイテムが販売される。トートバッグや扇子、さらにはスケートボードまで、日常に彩りと刺激を与えてくれそうなデザインとなっている。 【詳細】 NEO HOKUSAI by Enlightenment 開催期間:2018年12月31日(月)まで 開催場所:銀座 蔦屋書店 住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F 営業時間:10:00~22:30 アイテム例: ・北斎×エンライトメント トートバッグ(浪/富士) 各4,104円(税込) ・北斎×エンライトメント A4ファイル(浪/富士) 各432円(税込) ・北斎×エンライトメント 扇子(浪/富士) 各1,944円(税込) ・北斎×エンライトメント ボード(浪/富士) 各17,280円(税込) 【問い合わせ先】 TEL:03-3575-7755
ファッションプレス
すみだ郷土文化資料館の特別展「隅田川花火の390年」浮世絵や最古の動画でその歴史を振り返る
すみだ郷土文化資料館では、開館20年を記念した特別展「隅田川花火の390年」を、2018年5月28日(月)から8月26日(日)まで開催する。 www.fashion-press.net 隅田川花火390年の歴史を学ぶ展覧会 その始まりは寛永5年 寛永5年(1628年)、浅草寺を訪れた天海という僧侶をもてなすために、花火を打ち上げたのが始まりと言われる隅田川の花火。その後、江戸時代の絵巻や浮世絵の中でモチーフとして描かれるようになり、中でも両国橋と共に花火が描かれた「江戸八景 両国橋の夕照」は、その様子をよく表す作品として知られている。 その後、明治・大正を経て、昭和23年(1948年)に、両国花火組合と全国花火コンクールという2つの花火大会が開催。およそ30年間の中断を経て、昭和53年(1978年)に再開されたのが、今日の私たちも良く知る隅田川花火大会だ。 当時の花火技術を伝える技術書や浮世絵など157点を展示 本展では、隅田川花火の歴史や当時の人気が伺える写真やパネル、花火の技術を伝える技術書や浮世絵、昭和の雰囲気が伝わる隅田川花火大会のポスターなど157点を展示。そのほか、現存する隅田川花火の動画では最も古い、昭和11年(1936年)に行われた両国川開大花火の映像を初めて公開するなど、隅田川花火390年の歴史を多角的に紹介する。 開催概要 すみだ郷土文化資料館開館20周年記念特別展「隅田川花火の390年」開催期間:2018年5月28日(月)〜8月26日(日)時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)※毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、第4火曜日は休館。入館料:個人200円・団体(20名以上)160円※中学生以下と身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・愛の手帳・療育手帳の所持者は無料。
ファッションプレス
浮世絵の世界で猫と遊ぶ「江戸ねこ茶屋」両国に期間限定オープン
浮世絵の世界で本物の猫と遊べる猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が、JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」に期間限定でオープン。当初2018年8月31日(金)までの予定だったが、好評につき12月2日(日)までの延長が決定した。 www.fashion-press.net 住人全員が猫?とある江戸時代の長屋をモチーフにした猫カフェ 江戸にまつわる史跡が多く、「猫の恩返し(回向院の猫塚)」など、猫との縁も深い街・両国。今回はそんな史実に基づき、「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」をコンセプトにした猫カフェが期間限定で登場。 江戸の街並みを再現した空間で猫の生活を鑑賞 長屋をモチーフにした建物の中には、浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせることで、江戸の街並みと雰囲気を表現。そこに猫用の出入口や通り道、階段などを配置し、まるで江戸時代の世界で生活する猫たちを眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ったりすることができる新感覚の猫カフェだ。また「江戸ねこ茶屋」には、約45匹の猫が自由気ままに生活している。 茶屋や遊郭など様々なゾーンが出現 会場には、「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」など様々なゾーンが出現。各ゾーンでテーマに合わせた浮世絵を使うことで、それぞれ異なる江戸の世界観が楽しめる。浮世絵の解説を通して、江戸から続く人と猫との深い関係を紹介してくれるるのも、猫好きには嬉しいポイントだ。 また、触れ合えるのは「ロメオ」や「ホームズ」などバラエティ豊かな猫たち。ここでしか味わうことのできない、江戸の雰囲気の中で過ごすお気に入りの一匹との癒しの時間を楽しんでみて。 猫をモチーフにしたグッズコーナーも 会場にはグッズコーナーも併設。Tシャツや巾着袋、手ぬぐい、モバイルバッテリーなど、猫をモチーフにした様々なオリジナルグッズを用意した結果、2018年8月8日(水)現在その多くが完売となっており、再入荷待ちの状態だ。 開催概要 「江戸ねこ茶屋」オープン期間:2018年6月15日(金)〜12月2日(日)時間:11:00〜20:00(最終入場は19:00)場所:JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)アクセス:JR総武線「両国駅」西口から徒歩1分<料金>入場料(60分):大人 1,500円、中学生・高校生 1,200円※価格は全て税込。延長料金:20分ごとに500円チケット購入:ローソンチケット(Lコード 33242)チケットに関する問い合わせ先:ローソンチケット 0570-063-050(年中無休10:00~20:00)
ファッションプレス
阿部寛が北斎の“あの浮世絵”で波乗り!?インパクト抜群な『のみとり侍』ビジュアル解禁
2016年に『後妻業の女』でスマッシュヒットを記録した鶴橋康夫監督が、約40年ものあいだ映画化を熱望し続けたという時代劇『のみとり侍』が、5月18日(金)に公開となる。原作は、綿密な時代考証のもと、ユーモアを交えて当時の世相を表現することで..
Movie Walker
「江戸東京博物館」再オープン、写楽・歌麿の浮世絵を初公開する展示やレキシのライブも
ファッションプレス
「大江戸展」長崎県美術館で、葛飾北斎や歌川広重の浮世絵など江戸の名作約110点が集結
ファッションプレス
「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた“色彩の魔術師”が描く絵画や版画
ファッションプレス
ドクターマーチン、“浮世絵”モチーフのブーツ&シューズ - アッパーは和紙風の質感
ファッションプレス
地上350mの「ディスコ」で音楽と浮世絵がコラボレーション。
VOGUE
「いつだって猫展」静岡市美術館で、江戸時代の猫ブームを歌川国芳らの浮世絵と共に紹介
ファッションプレス
日本橋三越本店のバレンタイン、喜多川歌麿『深川の雪』の浮世絵がショコラに
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理