江戸
1420

江戸に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば江戸の幅広い情報を得ることができます。

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る
特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」が、2019年7月6日(土)から8月25日(日)まで東京都江戸東京博物館にて開催される。 www.fashion-press.net 2020年東京五輪に向けて日本のスポーツ文化を振り返る 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」は、2020年に控えた東京で2度目となるオリンピック・パラリンピックに向けて、日本におけるスポーツとオリンピックの歴史を振り返り紐解く展覧会。 江戸時代に行われた運動・競技の文化にまでさかのぼり、絵画や道具類などの資料を通して当時の様子を探り、近代以降に西洋から取り入れられたスポーツの受容の軌跡を辿る。さらに、スポーツの祭典であるオリンピックへの出場・開催を目指した人々の栄光と挫折、1964年東京オリンピック・パラリンピック開催までの歴史、2020年開催の東京大会の見所も紹介する。 〈江戸時代〉武士の馬術・大相撲が観覧の対象に 江戸時代には、いわゆる近代の「スポーツ」とは異なる運動や競技が盛んに行われていた。武士が学んだ馬術や弓術・剣術は、時に観覧の対象として楽しまれることもあった。また、庶民の間では大相撲の興行が人気を集めたり、かつての宮廷行事であった蹴鞠が、町人の間で好まれ、将軍がその鍛錬の成果を上覧したりと、様々な競技が娯楽として親しまれていた。 〈近代以降〉西洋のスポーツを受容&第1回東京五輪へ 明治時代を迎えると、西洋から野球やサッカー、テニスなど様々なスポーツが取り入れられる。1912年には、オリンピックストックホルム大会に、日本が初出場。参加した金栗四三と三島弥彦は、メダルにこそ届かなかったが、国際大会への出場という道を切り開き、その後のスポーツ普及にも大きな足跡を残した。 第1回目の東京オリンピックは、当初1940年の開催が決定していたが、日中戦争の開戦と国際関係の悪化から中止に。スポーツ自体の実施も難しくなり、日本のオリンピック・スポーツを取り巻く状況は挫折の時期を迎える。満を持して東京オリンピックが開催されたのは、終戦、復興を経て高度経済成長期に推移した1964年。当時の公式ユニフォームや実際に使用されたマラソンシューズ、記録映像などから当時の雰囲気を振り返る。 詳細 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」会期:2019年7月6日(土)~8月25日(日)会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室住所:東京都墨田区横網1-4-1開館時間:9:30~17:30※土曜日は19:30まで、7月19日・26日、8月2日・9日・16日・23日(各金曜日)は21:00まで※入館は閉館30分前まで休館日:月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)※会期中に一部展示品の入れ替えあり。観覧料:〈特別展専用券〉一般 1,000円(800円)、大学生・専門学校生 500円(400円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上 500円(400円)〈特別展・常設展 共通券〉 一般 1,280円(1,020円)、大学生・専門学校生 780円(620円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上 640円(510円) ※()内は20名以上の団体料金。〈特別展前売券〉一般 800円、大学生・専門学校生 300円、中学生[都外]・高校生・65歳以上 300円※価格は全て税込※都内の中学生・小学生以下は無料。※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者と、その付き添い(2名まで)は無料。※前売券は4月27日(土)から7月5日(金)まで販売。7月6日(土)から会期中は当日料金でチケットを販売。※画像写真の無断転載禁止。【問い合わせ先】東京都江戸東京博物館TEL:03-3626-9974(代表)
ファッションプレス
江戸人になりきって古の花見を堪能!「日光江戸村」の花見宴
東京でも桜の開花が発表されて、いよいよお花見シーズンが到来。そんな中、江戸時代をまるごと体験できる「江戸ワンダーランド日光江戸村」の花見イベント「EDO WONDERLAND 歳時記 春の宴~江戸の花見~」が4月4日(金)~14日(日)に開催される。 咲き誇る桜を眺めながら豪華な江戸花見料理が味わえる歳時記イベントで、情緒あふれる本格的なお江戸のお花見を楽しもう! 「EDO WONDERLAND 歳時記 春の宴~江戸の花見~」では、和装に着替えて江戸人になりきり、端唄の美しい歌声を聴きながら、情景、料理と五感で江戸の春を堪能できる。 このイベントでは、当時の文献を参考に再現した、春の食材を使った江戸当時の花見料理を“食べる文化体験”をすることが可能。 また特別店「竈屋(かまどや)」では、NHK人気ドラマ「ブシメシ!」の料理監修を手掛ける冬木れい氏考案の本格花見御膳を提供。アウトドアで食べられる行楽花見弁当や屋台メニューとして焼筍、焼蛤など旬の焼き物も登場するから、青空の下で桜を愛でながら料理や酒を愉しむのもよさそうだ。 さらに4月6日(土)には里山のある暮らしを再現する「EDO-SATOYAMAプロジェクト」の企画として、今年もC.W.ニコル氏と近隣の保育園児による桜苗木の植樹が予定されている。 今年の春は、江戸のお花見を体験してみてはいかが。 ■「江戸ワンダーランド日光江戸村」 住所:栃木県日光市柄倉470-2
ストレートプレス
「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
ホテル雅叙園東京館内の東京都指定有形文化財「百段階段」では、2019年3月28日(木)から4月21日(日)まで、企画展「春・さくら、咲クヤat百段階段」を開催する。 www.fashion-press.net 桜の名所でもある目黒川沿いに佇むホテル雅叙園東京。会期中は、その象徴でもある「百段階段」に、春・さくらをテーマとしたさまざまなジャンルのアートが集う。 本展最大の見どころは、歌舞伎衣裳にみる桜の表現。日本が誇る伝統芸能「歌舞伎」では、登場人物のキャラクターや感情によって衣裳の見せ方も大きく異なるが、今回は普段なかなか身近に見ることの出来ない、桜をモチーフにした歌舞伎の衣裳が特別に展示される。 その中でも、赤地に枝垂桜(しだれざくら)、その下に雅楽に用いる火焔太鼓(かえんだいこ)、そして宴に張りめぐらされる華やかな幔幕(まんまく)が印象的な「三浦屋揚巻(あげまき)」は、江戸の古典歌舞伎を代表する演目の1つである「助六由縁江戸桜」に登場する、最高位の格である花魁の衣裳だ。 また、礒部草丘の日本画を配した「草丘の間」では、フラワーアーティスト村松文彦によるフラワーアレンジメント、国内外問わず積極的な活動を行っている一葉式いけ花の次期家元・粕谷尚弘によるいけばな、国際的な活躍もみせている陶芸家・島本悠次による磁器などが、前期・後期に分けて展示される。 そのほか、澤乃井櫛かんざし美術館より江戸期~昭和初期の貴重な身装品コレクション、ペーパーアートやビーズアートといったクラフト作品、桜から作られた染色作品など、様々な視点から日本の美を表現した作品が集結する。 【開催概要】 「春・さくら、咲クヤat百段階段」 開催期間:2019年3月28日(木)~4月21日(日) ※会期中無休 開催時間: ・日~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30) ・金・土曜日 10:00~20:00(最終入館19:30) 入場料: 当日 1,600円/前売 1,300円/館内前売 1,100円 ※3月27日16:30迄販売 大学生・高校生 1,200円/中学生・小学生 600円 ※要学生証呈示/未就学児無料 会場:ホテル雅叙園東京 問い合わせ先TEL:03-5434-3140(イベント企画 10:00~18:00) チケット販売窓口: ■店頭 ホテル雅叙園東京、ローソンチケット(Lコード:32690)、セブンチケット(セブンコード:071692)、JTB各店・JTBレジャーチケット(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス) ■インターネット イープラス、楽天チケット <グッズ付き&早割チケット> ■グッズ付チケット 販売窓口:セブンチケット(セブンコード:071692)/販売中(なくなり次第終了) ■早割チケット 1名 1,600円→1,100円 販売窓口: (1)ホテル雅叙園東京内 百段階段受付(~3月27日(水)16:30迄) (2)ローソンチケット(Lコード:32690)、セブンチケット(セブンコード:071692) (~3月10日(日)迄/3月11日(月)以降は1,300円にて販売) <出展作家/順不同・敬称略>※団体含む ・松竹株式会社/松竹衣裳株式会社 ・澤乃井櫛かんざし美術館 ・公益財団法人日本手芸普及協会 宇津久子/大澤恵美子/岡崎光子/岡村玲子/金子美登里/窪田光土里/桑原美幸/黒田街子/河野美佐子/相模智子/菅谷由希子/田中美保子/長島安岐/成定晏子/野田真美/平沼淳子/藤本幾久世/藤本祐子/堀北直美/宮腰裕子/山口知子/鷲尾三江子 ・フラワーアーティスト/村松文彦 ・一葉式いけ花 粕谷尚弘 ・抹茶書(R)/松蘭 ・ハーバリウム作家/タケモトメグミ ・クラフト作家/ojigisou2002 ・陶芸家/島本悠次 ・さくら染め/小室真以人 ・ペーパーアーティスト/太田隆司 ・ビーズアーティスト/金谷美帆 ・立体切り絵アーティスト/SouMa ・エッグアーティスト/遠藤一恵 ・ペーパーアーティスト/中山ゆかり ・水引工芸家/内野敏子 ・現代切絵アーティスト/中村敦臣 ・シャドーボックスアーティスト/大橋禾苗 ・押絵アーティスト/長峰幸代 ・組み木絵アーティスト/中村道雄
ファッションプレス
あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!
浮世絵と聞いて、何を思い浮かべますか。「美しい」遊女。「格好いい」歌舞伎役者。「風流な」景色。でも、今の私たちの常識や感性だと、「浮世絵」と聞いただけで、難しく思ってしまいがち。では「かわいい」生き物や「おかしな」人々なら?
anan web
【毛穴の黒ずみ・角栓に!】江戸時代の美容法はすごかった!|美容ライター溺愛の【キツネノチエ】って?
日本人が江戸時代から取り入れてきた美容法を、現代美容にアレンジしたスキンケアブランド「キツネノチエ」。肌に優しいのに目で見て効果を実感できる使用感がお気に入りで、発売当初から愛用しています。今回は特徴やオススメの使い方をご紹介!
VOCE
「かっぱ橋」のルーツは江戸時代? 世界中から注目を集める“日本一の道具街”の魅力!
一般人からプロの料理人まで、多くの人を魅了する料理道具街「かっぱ橋」。本格的な道具をはじめ珍しい商品やお買い得品も盛りだ...
レタスクラブニュース
江戸時代から続く年に一度の「大坊市」が香川県三豊市で開催
香川県三豊市の本門寺で11月22日(木)から25日(日)まで、「大坊市」が開催される。地元では「だいぼうさん」と呼ばれ親...
ウォーカープラス
時代が変わっても悩みは同じ!? 江戸の人々を活写した短編マンガ集
江戸の街で人や猫のさまざまな悩みを解決する貫禄たっぷりの猫を描く「差配さん」で話題を呼んだ漫画家・塩川桐子さん。この短編集は’06年~’13年に発表された6作品を収録している。
anan web
企画展「大江戸グルメと北斎」すみだ北斎美術館で、浮世絵から知る"江戸の食" - 再現メニューも
東京・すみだ北斎美術館にて、企画展「大江戸グルメと北斎」が開催される。前期が2018年11月20日(火)から12月16日(日)まで、後期が12月18日(火)から2019年1月20日(日)まで。前期・後期で一部展示替えを実施する。 www.fashion-press.net 和食文化が開花した江戸のグルメを紹介 ユネスコ無形文化遺産登録5周年を迎える"和食"。和食文化が開花した江戸時代は、経済が発展し、社会が成熟し、人々が食を楽しむ余裕が生まれた時代でもあった。企画展「大江戸グルメと北斎」では、そんな時代の食を描いた北斎一門の浮世絵を中心に、当時のレシピや、料理のレプリカなども交えた展示を行うことで、江戸時代の食のあり方を紹介していく。 1章 江戸グルメ繁栄の背景 展覧会は、全4章で構成。「1章 江戸グルメ繁栄の背景」では、江戸グルメ繁栄の背景にある食の生産にまつわる江戸の人々の営みにフォーカス。稲の脱穀の様子を描いた『北斎漫画』三編などを展示し、農業や漁業といった、食を支える産業の発展を紹介する。 2章 江戸の食材 「2章 江戸の食材」では、北斎一門が残した、魚や野菜といった食材の精緻な浮世絵を展示。展覧会のメイン作品の1つである、リアルな描写の葛飾北斎「鮟鱇図」などを並べ、江戸の様々な食材を紹介する。 3章 江戸の料理帖 調理をする人が描かれた作品や、江戸の料理本とそれに基づく江戸料理の再現レプリカから、当時の調理の雰囲気を知ることができるのは「3章 江戸の料理帖」。人参と豆腐で卵を表現した「鶏卵様(たまごとうふ)」など、当時の料理がレプリカとして現代に蘇る。 4章 江戸の人気料理 寿司や蕎麦といった和食や、あこがれの高級料理店、せっかちな江戸っ子にぴったりのファストフードも誕生した江戸時代。「4章 江戸の人気料理」では、歌川国芳「縞揃女弁慶 安宅の松」などから、そんな当時の人気グルメをうかがい知ることができる。 江戸の料理が味わえるコラボカフェ また、「大江戸グルメと北斎」で紹介した江戸の再現料理を味わうことができるコラボレーションカフェ企画を、すみだ北斎美術館近隣のカフェ6店舗にて実施する。「ORI TOKYO」では、江戸のレシピを基に専門家が監修したランチプレートを用意。「松崎珈琲」では小麦、くるみ、黒ゴマ、砂糖、しょうゆでできた江戸の焼き菓子にアレンジを加えたパウンドケーキ型けんぴんが提供される。 【詳細】「大江戸グルメと北斎」会期:2018年11月20日(火)~2019年1月20日(日)※前期:11月20日(火)~12月16日(日)、後期:12月18日(火)~2019年1月20日(日)※前後期で一部展示替えを実施休館日:毎週月曜日、12月29日(土)~12月31日(月)、2019年1月1日(火)※12月25日(火)、2019年1月15日(火)休館、12月24日(月)、2019年1月14日(月)開館住所:東京都墨田区亀沢2-7-2観覧料:一般 1,000円(800円)、高校生・大学生 700円(560円)、中学生 300円(240円)、 65歳以上 700円(560円)、障がい者 300円(240円) ※小学生以下は無料。※( )内は団体料金、団体は有料の20名以上。※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を提示。65歳以上は年齢を証明できるものを提示。身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などの持参者、その付添1名まで障がい者料金適応。入館の際は身体障がい者手帳などを提示。※本展チケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)も観覧可能。■コラボレーションカフェ企画期間:開催店舗/提供予定メニュー:・ORI TOKYO/再現料理のランチプレート・CRAZY CAFE「 」(BLANK)/現代風柿衣・マキネスティコーヒー/柿衣をイメージした焼き菓子・松崎珈琲/パウンドケーキ型けんぴん・CHILLOUT COFFEE&...RECORDS/けんぴんアイス・喫茶ランドリー/こおり豆腐※メニュー詳細はすみだ北斎美術館SNSなどで発表。※メニューは変更になる場合あり。【問い合わせ先】すみだ北斎美術館TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ファッションプレス
江戸時代にタイムスリップ!大分県日田市で「日田天領まつり」開催
大分県日田市で、「日田天領まつり」が11月10日(土)・11日(日)の2日間開催される。日田は江戸時代に幕府直轄の天領と...
ウォーカープラス
東京ドームシティ、”和風”をテーマにしたイルミネーション - 花火や江戸切子をイメージ
www.fashion-press.net 「東京ドームシティ ウィンターイルミネーション 〜江戸の粋・日本の華〜」が、2018年11月7日(水)から2019年2月17日(日)まで開催される。 「東京ドームシティ ウィンターイルミネーション 〜江戸の粋・日本の華〜」では、”和風”をテーマにしたイルミネーションが東京ドームシティ全域を華やかで粋に彩る。江戸時代から続く伝統工芸「江戸切子」をイメージした作品も登場。幾何学的な和模様を光で表現した切子のデザインは、人の動きに合わせて、万華鏡のように模様が変化するロマンチックな演出を用意する。 その他にも、高さ約6mの鶴と風船で彩られた光り輝く「折紙」のツリーも登場。全長100mの「花火」をモチーフにしたイルミネーションは、点火スイッチを押すと花火が打ち上がるユニークな仕掛けに立っている。 さらに、期間中は、東京ドームシティ内の多数の店舗で、”和”をイメージした限定グルメが提供される。ホットドッグ専門店「HOT DOG STAND」では、和柄の傘の飾りをトッピングした「茶ぱふぇ」を限定で販売。イルミネーションを楽しんだ後は、東京ドームホテルのバー「2000」でイルミネーションの限定カクテルを飲みながら、贅沢な時間を過ごしてみて。 【詳細】 東京ドームシティ ウィンターイルミネーション 〜江戸の粋・日本の華〜 開催期間:2018年11月7日(水)〜2019年2月17日(日) 会場:東京ドームシティ全域 住所:東京都文京区後楽1-3-61 時間:16:00〜24:00 ※日没時間、場所により一部異なる。初日は17:15頃点灯。 料金:無料 ■イルミネーション点灯式 日時:2018年11月7日(水) 17:00〜 ※雨天決行・荒天中止 場所:ラクーアガーデンステージ
ファッションプレス
江戸時代から愛され続ける純手焼きかすていら専門店
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台・岐阜県恵那市岩村町に佇む「かめや」。江戸時代から伝わる伝統的な製法で作られたカステラが絶品の洋菓子店です。併設している「カステラCafeカメヤ」で、自慢のカステラを堪能してみてはいかがでしょうか。
LeTRONC
2階は1日1組限定の宿。 京都カフェで今おすすめしたい、江戸建築をリノベした〈きんせ旅館〉。海外ファンも多数の魅力とは?
京都でも、知る人ぞ知る島原エリアに、宿泊客の9割が外国人という旅館がある。1階には大正末期から昭和にかけて改装したカフェが。その独自の魅力を紐解いた。…
Hanako
江戸の花火がお台場に咲く「東京花火大祭~EDOMODE~」レポート!
2018年8月11日(土)に初開催された「東京花火大祭~EDOMODE~」。平成のお台場に江戸の情景が映し出される、まるでタイムスリップしたかのような一夜になりました。歌舞伎と花火の融合や、子どもたちのプログラミング花火、人気アーティストとの音楽×花火のマッチなど、花火大会のレポートをご紹介します。
LeTRONC
五感で楽しむ、江戸の涼「ECO EDO 日本橋 2018」
日本橋地域において2018年7月6日(金)~9月24日(月・休)の期間、恒例の夏イベント「ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」を開催します。
LeTRONC
一度は訪れるべし! 浅草・日本橋の老舗の名店で、伝統の江戸前寿司を堪能した〜い!
古き良き老舗の名店がひしめく浅草・日本橋で、伝統の江戸前寿司を味わいたい!そんなあなたに、一度は訪れるべきおすすめの2軒をご紹介します。…
Hanako
「ニッポンおみやげ博物誌」江戸から続くおみやげ文化、赤福やご当地カレーが国立歴史民俗博物館に
企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」が千葉の国立歴史民俗博物館にて2018年7月10日(火)から9月17日(月祝)まで開催される。 www.fashion-press.net 「おみやげ」文化を紐解く展覧会 企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」は、現代においてもなお続く「おみやげ」文化を、近世にまで遡って紐解いていく展覧会。近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化と、その背景となる旅や観光の様相を、国立歴史民俗博物館が所蔵する約1,300点の資料を通して紹介。様々な「おみやげ」の変遷やその背景を辿っていく。 近世・江戸時代から現代まで「おみやげ」の変遷 近代以後に発達した旅・観光文化の特性の多くが育まれた江戸時代においては、参勤交代をはじめ、江戸と地方を往来する習慣が散見された。また、人だけでなく物品も地方と江戸の往来を繰り返すにつれ、「名所」「名物」といった概念が展開されるようになる。江戸時代に残された、近代以後の「おみやげ」に関連する系譜に《東都名所・浅草観世音》《赤羽根有馬屋敷前の三美人》などの作品を通して迫る。 明治時代以降は、新たな「名所」の選定と創造が行われるようになり、それに伴って旅の新たな目的や「おみやげ」が誕生。戦後には、法改正や世界遺産の登録制度などを通じて、各名所や観光地に格付けを行った。「赤福餅」や「日本の名城絵葉書」など、ブランド化された観光地に紐づけられた「おみやげ」を紹介する。 また、現代においては、「おみやげ」が表す旅の目的や経験が多様化。自然の風物や景観を表現した「おみやげ」の他、有名な建造物モチーフから、各地に伝わる有形・無形の文化資源、各地のご当地キャラクターまで様々な種類の「おみやげ」を紹介する。さらに、旅や観光そのものにも焦点を当て、ご当地カレーなど定番の食品や雑貨から、海外でしか手に入らない個性的なオブジェまで、個性的なお土産の数々を通して、様々な旅や観光の在り方を考察する。 「おみやげ」のその後の行方にも注目 渡された「おみやげ」の、その後の行方にも注目。消費、保管、あるいは忘却される「おみやげ」の行方を追い、「おみやげ」の意味合いとともに、人とモノの関係を問い直していく。加えて、「おみやげ」を含めモノを収集する「コレクター」についても検証。「おみやげ」を通して、人がどのように「コレクター」と化していくかを追う。 詳細 企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」会期:2018年7月10日(火)~9月17日(月祝)休館日:月曜(月曜が休日の場合は開館し、翌日を休館日とする。)※8月13日(月)は開館。開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)※開館日・開館時間を変更する場合あり。場所:国立歴史民俗博物館 企画展示室 A・B住所:千葉県佐倉市城内町117料金:一般830(560)円/高校生・大学生450(250)円/小・中学生無料※()内は20名以上の団体料金。※総合展示もあわせて観覧可能。※毎週土曜日は、高校生の入館無料。※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料。【問い合わせ先】ハローダイヤルTEL:03-5777-8600(8:00~22:00)
ファッションプレス
江戸版の猫カフェ?!東京・両国に「江戸ねこ茶屋」が期間限定オープン
歴史ある両国駅の旧舎をリニューアルした複合施設「-両国- 江戸NOREN」に隣接した、JR両国駅西口イベント広場にて、8月31日(金)までの期間限定で、江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」がオープン。 浮世絵世界で本物の猫と遊べるユニークな仕掛けに注目です。
ことりっぷ
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理