提灯
224

提灯に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば提灯の幅広い情報を得ることができます。

「料理の鉄人」森本正治氏がドバイにオープンした和食店が、豪華で絶景と話題
フジテレビ系料理番組『料理の鉄人』三代目和の鉄人として活躍し、アメリカで放送されているその”輸出番組”『アイアン・シェフ』に出演、世界で17のレストランに携わる「世界で最も有名な日本人」のひとり、森本正治さん。その森本氏が和食店モリモト・ドバイ(Morimoto Dubai)を2018年春にオープン。ドバイ在住の日本人マダム、ドゥ・スイロ辛島慶子さんが、「ドバイにレストランを開いた理由」「モリモト・ドバイで供される料理の内容」「料理人になろうと思ったきっかけ」「影響を受けた先輩料理人」「シェフの素質」について、インタビューしました。また、同レストランが入っている「ルネッサンスホテル(Renaissance Downtown Hotel Dubai)」の部屋、スパなども併せて紹介します。
Precious.jp
ワンコインから本格占いまで♡原宿に「URANAI CAFE」が期間限定オープン
人気の街、原宿・表参道にほど近いカフェで、気軽にいろいろな占い師さんの占いを受けられる「URANAI CAFE」が期間限定オープン! ということで、さっそく遊び…
cocoloni PROLO
300年超の伝統を誇る「飯坂けんか祭り」が福島県で開催
10月5日(金)~7日(日)の期間、福島県福島市では「八幡神社例大祭 飯坂けんか祭り」が開催される。「日本三大けんか祭り」のひとつに数えられる「八幡神社例大祭 飯坂けんか祭り」は、300年を超える伝統を誇り、その太鼓の調べは京都・祇園囃子の流れを汲むと伝えられている。 3日間にわたる祭りの最大のみどころは10月6日(土)の夜に行われる「宮入り」。日中の町内巡行を終えた神輿とともに、提灯に彩られた6町(上町・瀧の川・若錦・立綱・横町・梍花)の太鼓屋台が大勢の若衆に担がれながら温泉街を練り歩き、八幡神社を目指す。そして鳥居をくぐり神社境内に入り乱れると、屋台同士が激しくぶつかり合い、祭りはクライマックスを迎える。 この屋台のぶつかり合いは、1933年の「宮入り」の際、神社に神輿が収まると祭りが終わってしまうという寂しさから、それを防ごうとする二つの屋台がぶつかったことがきっかけだといわれているそう。激しく揺れる提灯の灯りが夜空を赤く染め上げ、屋台の勢いを煽るように打ち鳴らされる太鼓の音が町内にこだまする様子は圧巻だ。 激しいぶつかり合いを見せる一方で、祭り期間中、関係者は羽織袴を着用し、伝統と格式のある優雅な一面も見せてくれる。 活気あふれる「飯坂けんか祭り」で日本の伝統を肌で感じてみて!
ストレートプレス
大阪・天満「墨国回転鶏料理」で味わう本格メキシカン肉料理
大阪・天満市場の「墨国回転鶏料理(ぼっこくかいてんとりりょうり) 天満本店(ケリコ)」で、本場メキシコの味「回転鶏」「回転豚」を堪能しませんか?本場の屋台のような空間でいただく本格メキシカンは絶品です。 トルティーヤで自分の好みでオリジナルタコスを作れるのも楽しいポイント。 デートはもちろん、友人や家族と足を運んでみてはいかがでしょうか。
LeTRONC
シャネルのビューティイベント「シャネル マツリ」新製品が試せる“屋台”やプレゼントがあたる“福引き”
シャネル(CHANEL)が手掛けるビューティーイベント「シャネル マツリ(CHANEL MATSURI)」が、2018年9月28日(金)より、東京・京都・広島の3会場で順次開催される。 ©CHANEL 祭りをイメージした会場で、シャネルの“赤”を体験! “レッド セレブレーション(RED CELEBRATION)”をテーマにした「シャネル マツリ」は、シャネルの“赤(レッド)”と日本文化を融合させた、ブランドのメークアップの世界観を楽しめるスペシャルイベント。日本の祭りをイメージした会場は、CCマークを配した提灯のモチーフをトレードマークに、鮮やか赤一色でデコレーション。赤の様々なニュアンスやテクスチャーを感じられるユニークなコンテンツを取り揃えている。 “屋台風”タッチアップゾーンで新製品にトライ 目玉となるのは、屋台をイメージしたタッチアップゾーン。10月5日(金)発売の「ルージュ アリュール リクィッド パウダー」や「ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム」を始めとするメークアップを自由に試して、自分好みの赤を見つけることが可能だ。またプロのアーティストによるメークアップサービスを体験することもできる。なお東京会場では、「ルージュ アリュール」新製品・新色の先行発売も実施される。 プレゼントがあたる“福引き”や“おみくじ”も ほかにも、様々なトーンやテクスチャーを表現したスーパーボウルをすくって楽しむ“レッドボール(RED BALL)”や、赤いグラデーションで染められた好きな糸を選んで、“福引き”のようにプレゼントがもらえる「センボンビキ(SENBONBIKI)」、真っ赤な引き出しから好きな番号を選んで開ける「シャネル クジ(CHANEL KUJI)」といったコンテンツを展開。「シャネル クジ」に入った赤い紙には、ガブリエル シャネルの言葉が記されており、そのまま持ち帰ることはもちろん、CCマークのモニュメントに結ぶこともできる。是非会場に足を運んで、“赤”で彩られたブランドの世界観を体感してみて。 【詳細】シャネル マツリ■東京会期:2018年9月28日(金)~10月8日(月・祝) 11:00~19:00会場:六本木 天祖神社住所:東京都港区六本木7-7-7■京都会期:2018年10月13日(土)~10月21日(日) 11:00~19:00会場:六角堂 頂法寺住所:京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町■宮島(広島)会期:2018年11月1日(木)~11月11日(日) 10:00~17:00会場:宮島 広島経済大学 成風館 住所:広島県廿日市市宮島町1175■アーティストによるメークアップサービス予約:https://matsuri.chanel-beaute.jp/予約受付期間:東京 9月21日(金)~10月8日(月)/京都 10月10日(水)~10月21日(日)/宮島 10月26日(金)~11月11日(日)【問い合わせ先】シャネル マツリ イベント専用フリーダイヤルTEL:0120-110-347 (9:00~22:00)
ファッションプレス
「天満天神MAIDO屋」で発見!ちょっと差がつく大阪みやげ
「大阪天満宮」のすぐそばにある「天満天神MAIDO屋」は、大阪のおみやげ屋さんとして人気のセレクトショップです。 ”大阪の魅力を伝えたい”という気持ちが詰まったお店には、天満切子などの厳選されたアイテムが揃っています。
LeTRONC
展覧会「イサム・ノグチと岡本太郎 ―越境者たちの日本―」川崎で、2人の作品など約150点が集結
展覧会「イサム・ノグチと岡本太郎 ―越境者たちの日本―」が、神奈川・川崎市岡本太郎美術館で2018年10月6日(土)から2019年1月14日(月祝)まで開催される。 www.fashion-press.net イサム・ノグチ&岡本太郎、越境者の視点 日米の間で自己の国籍、アイデンティティに関する葛藤と向き合いながらも彫刻家として活躍を見せたイサム・ノグチと、青年期の10年間をパリで過ごした後に大戦の為に日本に戻った岡本太郎は、それぞれ欧米で活躍し、越境者として日本文化を客観的に見つめたアーティスト。日本美術に触発され2人がそれぞれ制作した作品は、いずれも新しく個性的な表現で、戦後の芸術界に大きな影響を与えた。 「イサム・ノグチと岡本太郎 ―越境者たちの日本―」では、異なる個性を持った越境者であるイサム・ノグチと岡本太郎、2人の作品など合計約150点の資料を通じて、彼らが捉えた“日本”や“日本美”に迫る。2人を同時に紹介する展覧会は初の試みだ。 縄文土器や土偶に着目 1950年に出会ったイサム・ノグチと岡本太郎。海外の視点を持ち、日本へ深い関心を持った2人はすぐに打ち解けたという。1950年代当時、2人は異なる日本古来の文化に注目。岡本太郎は従来美的な対象とされていなかった縄文土器に、自身の「縄文土器論」において着目し、イサム・ノグチは古墳時代の埴輪、雪舟、茶道具、そして日本石器時代の土偶に関心を持った。各々の作品から見てとれる、「日本」観の相違を紹介する。 芸術と生活 両名とも、1950年代初めには芸術と人々の生活の関係について考え、作品を残している。イサム・ノグチは、岐阜提灯の造形に魅了されて奔放なフォルムが目に留まる《あかり》シリーズを生み出し、剣持勇との協働による《コーヒー・テーブル》《スツール》を制作。北大路魯山人の陶房では、様々な陶の作品も作っている。岡本太郎も陶による作品制作に着手し、《坐ることを拒否する椅子》や《ひもの椅子》、《光る彫刻》、《顔のグラス》などの作品を残した。 1950年代中頃に発生した「伝統論争」を経て、1960年代には新たな表現形式の「日本美」を作り出していく。岡本太郎の《明日の神話》や、《愛》といった強烈な個性を放つ作品も、1960年代に作られたものだ。 芸術の破壊と保存 また、イサム・ノグチが建築家・谷口吉郎と協働で制作した慶應義塾大学構内のスペース萬來舎(ノグチ・ルーム)を、新校舎建設に伴い移設した事例と、岡本太郎による旧東京都庁《日の壁》の陶板壁画の取り壊しの事例を紹介。作り手や鑑賞者の意図に反し、作品が損なわれた事例を通して、芸術の保存と破壊について考察する。 “芸術と人と場”空間の創出 さらに、2人に共通して重要な創作上のテーマだったといえる、“芸術と人と場”にもフォーカス。イサム・ノグチは、彫刻と人間とを包み込む場としての庭、あるいはプレイグラウンドに興味を持ち、庭や空間の設計も行う。抽象芸術と身体の関係の重要性に気付いた岡本太郎は、作品の中に人が入っていく場として、《マミ会館》や《太陽の塔》などの総合的芸術空間を創出した。 開催概要 イサム・ノグチと岡本太郎 ―越境者たちの日本―会期:2018年10月6日(土)~2019年1月14日(月祝)会場:川崎市岡本太郎美術館住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5時間:9:30~17:00(入館16:30まで)休館日:月曜日(10月8日、12月24日、1月14日を除く)、10月10日(水)、12月25日(火)、12月29日(土)~2019年1月3日(木)観覧料:一般 1,000(800)円、高校・大学生・65歳以上 800(640)円※中学生以下無料、()内は20名以上の団体料金
ファッションプレス
情緒感じる夏の風物詩を日本橋で楽しんで。
「ECO EDO(エコエド) 日本橋」は、アートアクアリウムや緑の中に広がる風鈴の小径など、情緒豊かな日本の夏と美しいアート作品を一緒に楽しめる、デートにもおすすめのスポットです。 涼みながらアートにふれるひとときは、夏の疲れを忘れて楽しめること間違いなしです。 日本の夏を感じに足を運んでみませんか。
LeTRONC
夏の終わりは浴衣で締めくくって♡『ECO EDO 日本橋 2018』で納涼気分を味わおう♪
猛暑も落ち着き、秋らしさを感じることが多くなってきましたね♪今年の夏ももうすぐ終わり。夏の終わりの思い出に浴衣で日本橋を巡ってみてはいかがでしょうか。江戸時代の“涼”を楽しめる納涼イベント『ECO EDO 日本橋 2018』についてご紹介致します!
myreco
キム・ソンヘ&マティック外山翔の「二人展」ミュベール18秋冬に着想したアート展が青山で
ミュベール(MUVEIL)は、シャンデリアアーティストのキム・ソンヘとディスプレイデザインなどを手掛けるアトリエ マティック(ATELIER matic)の外山翔による「二人展」を、ギャラリー ミュベールにて開催。会期は2018年9月8日(土)から9月30日(日)まで。 www.fashion-press.net 2018年秋冬コレクションに着想したアート展示 2017年の作品展「As it is」が好評を博し、2018年も開催することとなった「二人展」。キム・ソンヘと外山翔の2人が、女優リザベル・スコットをモチーフとしたミュベール2018年秋冬コレクションを再解釈し完成させた、"気品・風格(moral tone)"溢れるアート作品を展示する。 キム・ソンヘ「私たちに映る世界」 2015年ラフォーレ原宿での展覧会「トロフィー」が人気を博したシャンデリアアーティストのキム・ソンヘは、廃材などのパーツをミラーコーティングした「私たちに映る世界」を制作。雲のように柔らかい提灯の光で包み込むことにより、現代社会を生きる人々が強く優しく生きられるようにというメッセージを込めている。 外山翔「未完・無垢」 ドライフラワー専門店「EW.Pharmacy」の空間デザインや、パルコのウィンドウディスプレイデザインなどを手掛けるアトリエ マティックの外山翔は、アクリルや大理石を用いたアートピース「未完・無垢」を展示。シャネルのアンティーク香水瓶を閉じ込めたアクリルオブジェ作品などを並べる。 「二人展」限定Tシャツ 「二人展」の開催を記念し、「白雪姫」をモチーフにした限定Tシャツを発売。キム・ソンヘのテーマである鏡、外山翔が作品に用いるアクリルや動物、小人、リンゴなどにインスピレーションを得て、アニメーション映画「白雪姫」をモチーフとすることが決まった。フロントには、「鏡よ鏡この世で一番美しいのは誰?」という、継母が魔法の鏡に向かって呟くセリフを英字でプリントしている。 キム・ソンへのワークショップも なお、キム・ソンへによるワークショップ「トロフィー」も実施。今回の展示作品で使用したミラーを主なパーツとしたオブジェを作ることができる。 【詳細】二人展 EXHIBITION「Moral tone」Kim Songhe & Sho Sotoyama (ATELIER matic)日時:2018年9月8日(土)~9月30日(日) 11:30~20:00場所:ギャラリー ミュベール住所:港区南青山5-12-24シャトー東洋南青山B1F■限定アイテム・Tシャツ 7,800円+税サイズ:レディース&メンズのフリーサイズカラー:ホワイト、ブラック・チャーム 3,800円+税■キム・ソンヘ ワークショップ「トロフィー」日時:9月16日(日) 13:00~/15:00~/17:00~ 所要時間1時程度定員:各回8名参加費:4,500円+税(材料費込み)【問い合わせ先】ギャラリー ミュベールTEL:03-6427-2162
ファッションプレス
職人の技を堪能!福岡で長年愛されている天ぷらの老舗4選
地元で数十年と愛される老舗は、説明不要の“姿勢”と“ポリシー”を確実にもっている。今回、福岡で長年愛されている天ぷらの老...
ウォーカープラス
新たな夏の風物詩!?レトロ列車で飲み放題「近江ビア電」が今年も人気
レトロ列車でビールやチューハイが飲み放題の近江ビア電が運行。今年は近江鉄道開業120周年記念で、浴衣着用者にはエコバッグ...
ウォーカープラス
まるでマカロンみたいにかわいい! 女心くすぐるカラフル餃子
普通の餃子とはひと味違った餃子が楽しめる「大鳳餃子(たいほうぎょうざ)」は、兵庫の芦屋にある餃子専門店です。カラフルな色が特徴の餃子は、女子好みのフォトジェニックさ! 定番餃子メニューだけでも10種類以上が用意されています。そんな「大鳳餃子」についてたっぷりご紹介します。
LeTRONC
いちごを敷き詰めた美しい台湾スイーツ・豆花♪ 台湾で行列のできる専門店が新宿に上陸
台湾伝統のスイーツ“豆花(トウファ)”をご存知ですか? 大豆を搾り豆乳からつくられるスイーツは、ヘルシーかつ低カロリー。台北で行列のできる豆花専門店として人気の「騒豆花(サオドウファ)」が、新宿に日本1号店をオープンしました。 フルーツなどがたっぷり乗った、なめらかな口どけの豆花がいただけるんですよ。
ことりっぷ
今週末の予定はコレで決まり!週末イベント5選・福岡県編[2018年8月17日(金)~19日(日)]
■ 夜のすいぞくかん7月21日(土)から8月31日(金)の連日、9月1日(土)から24日(祝)の土・日・祝日は、「マリン...
ウォーカープラス
五感で楽しむ、江戸の涼「ECO EDO 日本橋 2018」
日本橋地域において2018年7月6日(金)~9月24日(月・休)の期間、恒例の夏イベント「ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」を開催します。
LeTRONC
祇園の町家カフェで見つけた新・京都みやげ! 和素材がアクセントの「祇園クッキー」
祇園の西花見小路通にオープンした町家カフェ「万治カフェ」では、京都の老舗洋菓子店カトレアのお菓子がいただけるとともに、和素材を使った京都らしい焼菓子の詰め合わせが手みやげとして人気となっています。完成までに2年をかけたというそのクッキーとは?
ことりっぷ
【連載】写真映えする☆手作りのパーティーデコレーションをご紹介します
長女が産まれてから、毎年誕生日にはお家をデコレーションして写真撮影をしています。一年に一度の特別な日を盛り上げて、素敵な写真が撮れるよう毎回デコレーションには力を入れています。今回は、手作りのもので写真映えするパーティーデコレーションのコツを考えていきたいと思います。
folk
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理