展望台
542

展望台に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば展望台の幅広い情報を得ることができます。

大都会の空を疾走?! サンシャイン60展望台に新コンテンツ登場
7月24日(水)~9月23日(月)の期間限定で、東京・池袋の「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」に、新コンテンツ「天空のジップライン~大都会の空を疾走しよう!~」が登場する。 「天空のジップライン~大都会の空を疾走しよう!~」は、ワイヤーを滑車で滑り降り、スリルを味わうコンテンツ「ジップライン」をサンシャイン60ビルの屋上で体験する、というもの。 地上231mの高さから約18mの距離を滑走し、この高さに吹く風を全身で感じることができる。スタート地点からは、新宿や丸の内などの東京都心が一望でき、地上を走る車なども見え、風が吹いた際には一層のスリルが楽しめること間違いなし! 体験料金は1回1000円(税込)で、別途大人1200円、学生900円、小・中学生600円(すべて税込)の展望台入場料金が必要だ。 大都会・池袋の地上200m超の屋外で体験できる、スリル満点の新コンテンツ。令和最初の夏を彩る思い出になりそうだ。なお気象状況などにより体験できない場合があるので、実施可否は利用規定と合わせて展望台HPで確認を。
ストレートプレス
六本木ヒルズ展望台の19年夏イベント、真夏の夜空や打上花火の鑑賞会&浴衣着用で入館料無料も
六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2019年7月13日(土)から8月25日(日)の期間、六本木ヒルズ森タワー屋上「スカイデッキ」の営業時間を通常20:00までのところ、22:00まで延長。その間、夏にちなんだ様々なイベントが順次開催される。 www.fashion-press.net 「スカイデッキ」から夏の夜空を楽しむ 関東随一の高さの屋上展望台「スカイデッキ」では、誰でも参加可能な天文イベント「六本木天文クラブ」が一年を通して開催されている。2019年7月からは、この時期ならではの限定イベントが続々と登場。天文学の専門家の解説付きの「土星観望会」をはじめ、“星のソムリエ”泉水朋寛による天文セミナー、東京タワーの方から昇る“月の出”を鑑賞する「月の出を見る会」など、夏の夜空を楽しめる企画が盛り沢山となっている。 上から“見下ろせる”花火鑑賞 また8月10日(土)には、神宮外苑花火大会の開催にちなんで、「スカイデッキ」の特別営業を実施。打上花火を“上から見下ろす”ことができる貴重な体験を楽しむことが出来る。なお参加希望者は事前申し込みが必須。先着順で定員250名となっている。 浴衣&甚平で入場料無料に! なおスカイデッキでは、夏の延長営業期間中、浴衣もしくは甚平を着用した入館者限定で、入場料が無料になるキャンペーンを実施。オープンウェアの心地良い風を受けながら、夏の夜を楽しんでみてはいかがだろう。 東京シティビュー屋内でも限定イベント&メニューが登場 そのほか東京シティビュー屋内でも、期間限定の様々な企画が登場。ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイ エンス」をはじめ、旬の桃などを使用した夏限定アフタヌーンティーメニューを楽しむことができる。 【詳細】六本木ヒルズ展望台 夏のイベント場所:六本木ヒルズ展望台住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階/屋上スカイデッキ営業時間:スカイデッキ 11:00~22:00(最終入場21:30)※7月13日(土)~8月25日(日)限定。通常は20:00まで※スカイデッキは強風、雨天、高温時、雷雲接近などでクローズする場合有り料金(東京シティビュー):一般 1,800円、高校・大学生 1,200円、4歳~中学生 600円、シニア(65歳以上) 1,500円、スカイデッキ追加券 500円(4歳~中学生300円)■「土星衝観望会」 日時:7月10日(水) 20:00~22:00場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)料金:無料(東京シティビュー/スカイデッキへの入場券が必要)定員:なし参加方法:時間内に「スカイデッキ」へ来場。※雨天・曇天時は中止。■「月の出を見る会」<初開催>日時:7月20日(土) 20:00~22:00場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)料金:無料(東京シティビュー/スカイデッキへの入場券が必要)定員:なし参加方法:時間内に「スカイデッキ」へ来場。※雨天・曇天時は中止。■花火大会開催に伴う特別営業8月10日(土)18:00~20:45(打ち上げ時間は 19:30~20:30予定) 順延日:8月11日(日) 鑑賞エリア:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)料金:一般 2,300円、シニア 2,000円、高校/大学生 1,700円、4歳~中学生 900円定員:250名(先着順)参加方法:事前申し込み制申込期間:7月5日(金)12:00~※定員に達し次第終了。 詳細・申込み:http://tcv.roppongihills.com/jp/events/3284/index.html ※「浴衣 DE 無料!スカイデッキ」適用外。年間パスポート、各種会員特典、割引券、招待券の利用不可。上記料金が必要。※本料金で屋内展望台にて開催中の「PIXAR のひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」、53階森美術館にて開催中の「塩田千春展:魂 がふるえる」にも入館可能■浴衣 DE 無料!スカイデッキ期間:7月13日(土)~8月25日(日)※除外日有。内容:浴衣着用の来場者(甚平等も可)はスカイデッキ入場料(一般500円、子供300円)が無料。※ただし、展望台入館料(一般1,800円)が必要。※強風、雨天、荒天時はクローズ。
ファッションプレス
池袋サンシャイン60展望台で「天空の未確認展」10人同時プレイのスペースインベーダーやUMA資料展示
「天空の未確認展 SUPPORTED BY ムー」が、2019年6月7日(金)から7月7日(日)までの期間、東京・池袋の「SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台」にて開催される。 www.fashion-press.net 超能力や超常現象、都市伝説など、世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリー・マガジン月刊「ムー」による「天空の未確認展」は、世界の未確認生物“UMA”や未確認飛行物体“UFO”にフォーカスした展覧会だ。 展望台内にある大型モニターには、UFOにちなんでスペースインベーダーのアトラクション「SPACE INVADERS GIGAMAX」が登場。アーケードゲームの代表作・スペースインベーダーを最大で10人が同時に楽しむことができる。みんなで協力して、敵からの侵略を阻止しよう。 さらに、会場では、アメリカで目撃されたビッグフットの足型の石膏や、高知県介良地区の中学生が小型UFOを捕獲した「介良UFO事件」の円盤を再現した未確認物体や現物資料などが観覧できる。また、巨大水棲獣ネッシーやUFOの最新特集記事や投稿写真も展示。貴重な資料を通して“未知なるもの”の謎に迫ることができる。 【詳細】 天空の未確認展 SUPPORTED BY ムー 期間:2019年6月7日(金)~7月7日(日) 場所:サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F 住所:東京都豊島区東池袋3-1 営業時間:10:00~22:00 ※最終入場は終了1時間前。 ※変更の場合あり。 料金:大人1,200円(税込)、学生(高校・大学・専門学校)900円(税込)、こども(小・中学生)600円(税込)、幼児(4才以上)300円(税込) ※VR料金別途 ■SPACE INVADERS GIGAMAX inサンシャイン60展望台 時間:10:00~22:00(平日は10:30~21:30) 料金:100円/1人・1回 約5分間 【問い合わせ先】 SKY CIRCUSサンシャイン60展望台 TEL:03-3989-3457
ファッションプレス
“宇宙飛行士”スヌーピーが東京スカイツリー展望台をナビゲート、限定オリジナルグッズやコラボメニューも
スヌーピーと東京スカイツリーのコラボレーションイベント「FIRST BEAGLE IN SKYTREE! -アストロノーツスヌーピーと宇宙を知ろう-」が、2019年7月18日(木)から10月14日(月・祝)までの期間、東京スカイツリー天望デッキおよび天望回廊で開催される。 ©2019 Peanuts Worldwide LLC ©TOKYO-SKYTREE 天望回廊が宇宙ステーションに! 「FIRST BEAGLE IN SKYTREE! -アストロノーツスヌーピーと宇宙を知ろう-」では、宇宙飛行士に扮した“アストロノーツスヌーピー”が、地上450メートルの天望回廊を中心に会場をナビゲート。天望回廊を宇宙ステーションに見立て、来場者が宇宙飛行士になりきって楽しめるような展示演出を行う。 内部に“アストロノーツスヌーピー”のグラフィックノベルを用いた装飾が施された天望シャトル(エレベーター)を降りると、スカイツリー宇宙ステーションに到着。天望回廊 フロア445 ウェルカムエリアでは宇宙飛行士であるスヌーピーと仲間たちのフォトスポットが出迎えてくれる。 約110メートル続く天望回廊の壁面では、今年で50周年を迎える“アストロノーツスヌーピー”や、宇宙にまつわる不思議を紹介。スヌーピーや仲間たちと、まるで一緒に宇宙にいるかのような写真を撮影することもできる。 天望回廊 フロア450 折り返し地点では、“アストロノーツスヌーピー”と一緒に浮いているかのような不思議な写真を撮影可能。また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)協力のもと、金星探査機「あかつき」や、小惑星探査機「はやぶさ2」、船外宇宙服、ソコルスーツ、宇宙ステーションの解説などを展示する。 地上451.2メートルの最高到達点 ソラカラポイントには、特別な宇宙船のフォトスポットを設置。半球ライトが光る不思議な空間の中で、インパクトのある写真を撮ることができる。 天望回廊 フロア450では2014年に本国アメリカで発売され、今回日本初公開となるグラフィックノベル『THE BEAGLE HAS LANDED, CHARLIE BROWN!』のアートや、シュルツスタジオによるスケッチ画の複製などが展示される。 オリジナルグッズ 天望回廊 フロア450 折り返し地点には、「ザ・スカイツリー ショップ(THE SKYTREE SHOP)」の特設ショップがオープンし、限定グッズを販売。“アストロノーツスヌーピー”のプリントクッキーやキーホルダー、トートバッグなどが販売される。 コラボメニュー 天望デッキ フロア340の「スカイツリー カフェ(SKYTREE CAFE)」では、コラボレーションメニューも提供。「月面ティラミス」は、月に降り立ったスヌーピーがゴルフに挑戦するシーンを再現したカップスイーツ。グラスの中にはエスプレッソを染みこませたスポンジ、マスカルポーネクリーム、生クリームを入れ、ココアパウダーを混ぜ合わせたビスケットをのせた。 また、惑星にいるスヌーピーとウッドストックを、地球からチャーリー・ブラウンが見つめている様子をイメージした「惑星ベーグル」や、3色ゼリーで宇宙空間を表現した「宇宙のソーダ」などを販売する。 スタンプラリーや特別ライティングも その他、スペシャルチケットの販売や、東京スカイツリー限定のオリジナルロゴステッカーがプレゼントされるスタンプラリー、“アストロノーツスヌーピー”の特別グリーティング、オレンジ色の宇宙服を着たスヌーピーをイメージした特別ライティングなども実施される。【詳細】FIRST BEAGLE IN SKYTREE! -アストロノーツスヌーピーと宇宙を知ろう-開催期間:2019年7月18日(木)~10月14日(月・祝)会場:東京スカイツリー天望デッキ、天望回廊※東京スカイツリー展望台への入場で観覧可能。住所:東京都墨田区押上1-1-2■「ザ・スカイツリー ショップ」特設ショップ期間・時間:7月18日(木)~10月14日(月・祝) 8:00~21:00※7月18日(木)は10:00~21:00、10月14日(月・祝)は8:00~18:00までの営業。※都合により時間を変更することがある。場所:天望回廊 フロア450 特設ショップグッズ例:FIRST BEAGLE IN SKYTREE!プリントクッキー 972円、3連キーホルダー 1,080円、トートバッグ 3,888円※特設ショップにて1回の会計で合計3,000円(税込)以上の購入者には商品をオリジナルショッパーに入れて引渡し。数量限定、無くなり次第終了。■「スカイツリー カフェ」限定オリジナルカフェメニュー期間・時間:7月18日(木)~10月14日(月・祝) 8:00~21:45(L.O.21:15)※都合により時間を変更することがある。場所:天望デッキ フロア340「スカイツリー カフェ」メニュー例:月面ティラミス 950円、惑星ベーグル 1,200円、宇宙のソーダ 800円※限定オリジナルカフェメニューを1品注文ごとにオリジナルノベルティをプレゼント。※グッズ・カフェメニューは限定販売のため商品がなくなり次第終了。※グッズ・カフェメニューの価格は8%計算の税込。消費税率が10%に引き上げられた場合、10%で計算した金額で清算。※グッズ・カフェメニューの写真・イラストはイメージ。掲載内容、デザインなどが変更になる場合がある。■スペシャルチケット販売期間:7月3日(水)~10月13日(日) ※前日まで購入可能。入場当日の購入は不可。入場期間:7月18日(木)~10月14日(月・祝)商品内容:1.天望デッキ、天望回廊 セット券、2.オリジナルクリアポーチ※予約券入口より優先入場可能。価格:平日 3,100円(税込)、休日 3,400円(税込)※休日は土日祝日およびお盆期間等。購入方法:東京スカイツリー公式ホームページ
ファッションプレス
平成最後の「ダイヤモンド富士」を展望台から眺めよう!
2019年は富士山の山頂に太陽が重なる希少な光景「ダイヤモンド富士」を「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」から観覧してみない? 富士山頂から太陽が昇る瞬間と山頂に夕日が沈む瞬間、太陽が山頂とぴったりと重なった時にまるでダイヤモンドが輝くような光の現象が起こることからこう呼ばれる「ダイヤモンド富士」は、年に2回だけ見ることができる、とても珍しい光景。 「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」では気象条件が整えば、夕日が沈む瞬間に平成最後の「ダイヤモンド富士」を見ることができる。 この珍しい光景を写真に収めたい人のために、より綺麗に美しく撮影する方法をフォトマスター検定取得のビックカメラ専門販売員がレクチャーしてくれるイベントも、1月25日(金)16:30~17:30に開催。展望台の入場料のみで体験でき、ミラーレス一眼や望遠レンズを使い撮影した後は写真を印刷して持って帰ることができる。 「ダイヤモンド富士」観覧に最適なのは1月23日(水)~30日(水)16:30~17:00頃で、1月27日(日)が最も山頂に近づくと予想されている。 展望台の入場料は大人1200円、学生(高校・大学・専門学校)900円、こども(小・中学生) 600円、幼児(4才以上) 300円。ソフトドリンク1杯がついたお得なドリンク付き入場チケットは、大人1250円、学生1000円となっている。 富士山から昇る太陽の光をあびて、新年への誓いを立ててみるのはいかがだろう。 ■「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」 住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F
ストレートプレス
サンシャイン60展望台から平成最後の初日の出を観よう!
東京・池袋にある「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」では、年末年始の営業時間を一部変更し、「2019年初日の出特別営業」を行う。2019年の元日に500名限定で、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」から平成最後の初日の出を観ることができる。 日時は 2019年1月1日(火・祝)6:00~8:00で、日の出予想時刻は6:50頃。料金は一律2000円(税込・展望台年間パスポート「SKYPASS」がある場合は1500円)。 初日の出でオレンジ色に染まる東京の絶景を海抜251メートルの高さから眺められるほか、新年を祝う「祝い餅つき」のパフォーマンスを観ることができる。また入場特典としてオリジナル記念品のプレゼントも! 前売りチケットは、11月22日(木)からセブン-イレブンの「セブンチケット」にて販売。チケット販売の詳細及び年間パスポート会員割引チケットについては、展望台公式ホームページで確認を。 250メートル超の高さから平成最後となる初日の出を観られたら、一生の思い出になりそうだ。
ストレートプレス
月に潜む「X」って?サンシャイン60展望台で観察イベント
池袋のSKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、サンシャインシティとビックカメラの合同企画として「天体観測会~月...
ウォーカープラス
連載第1回「大阪インバウンド最前線」 年間1200万人訪れる大阪城は天守閣の展望台が一番人気
この連載は、大阪で激増するインバウンド(訪日外国人観光客)の最前線を人気施設や旅行・観光に詳しい業界関係者などキーパーソ...
ウォーカープラス
“天空の水中都市”が展望台に広がる!!「SKYTOPIA BY NAKED」が名古屋テレビ塔で開催!
2018年7月14日(土)から9月24日(祝)まで、 名古屋テレビ塔(名古屋市中区)の90m屋内展望台「スカイデッキ」で...
ウォーカープラス
六本木ヒルズ展望台で火星の観望イベント、15年ぶりに大接近
六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2018年7月27日(金)から8月3日(金)までの期間で、火星観望イベント「火星接近 観望会」を開催。都内随一の高さから星空が楽しめる東京シティビューで、天文の専門家による解説のもと、高性能な望遠鏡で火星を観望出来る。 www.fashion-press.net およそ2年2ヶ月ごとに地球に接近する火星は、今回2003年以来15年ぶりに「大接近」といえるほど近い距離に近づくため、遠く離れているときには見る事の出来ない火星の表面の様子も観望出来るチャンス。火星の近くには、土星や同じ赤色に光るさそり座の一等星アンタレスもあり、明るい3つの星が並んでいる様子は、肉眼でも楽しめる。 なお、次に地球と火星が大接近するのは、17年後の2035年。2018年は8月上旬には、金星、木星、土星、火星の4つの惑星が宵空に集合する珍しい観望条件も揃うので、この機会にその貴重な姿を目に焼き付けてみてはいかがだろう。 【開催概要】 「火星接近 観望会」 開催期間:2018年7月27日(金)〜8月3日(金) 時間:20:00〜22:00(最終入場 21:30) ※雨天・曇天などで星が見えない場合は中止となる。 ※中止の場合は、当日の17:30頃に東京シティビュー 公式サイトにて発表。 場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上) 料金:無料 ※ただし、スカイデッキまでの入場料(一般 2,300円)が必要。 ※年間パスポートの所持者は無料。
ファッションプレス
15年ぶりの“火星大接近”を絶景スポットの展望台で天体観測!
ロマンあふれる宇宙に少しでも近づくことができるのが天体観測。今年の夏、15年ぶりとなる火星大接近のタイミングにあわせた星空観測のイベントが、7月30日(月)・31日(火)の2日間「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」にて開催される。壮大な天体ショーの瞬間を、大切な人と一緒に過ごしてみてはいかが? サンシャインシティとビックカメラの合同企画で開催される「わくわく!!天体観測会」では、15年ぶりの現象となるスーパーマーズを観測。約2年2ヵ月の周期で地球に接近する火星は、今回の大接近では約5760万kmまで接近!前回2016年5月31日の接近時より約1770万kmも距離が縮まると予想されている。 当日は星空セミナー講師による天体解説や、天体望遠鏡での天体観測体験、展望台内の一部照明を消灯しての観測が行われる。イベント開催日の2日間は木星や土星、金星、月などの観測にも適した時期のため、夜空に輝くたくさんの星たち、東京のパノラマ夜景も一緒に楽しもう。 開催時間は、各日18:30~22:00(最終入場は終了1時間前)。入場料は大人1200円/学生(高校・大学・専門学校)900円/こども(小・中学生)600円/幼児(4才以上)300円。 ※VR料金は別途必要。 また、平日18時以降限定で大人ペア2000円/学生ペア1500円となるお得なWeb限定ナイトペアチケットも発売中なので、2人で来場するなら事前に購入しておくとよいだろう。 15年ぶりに大接近する火星のパワーを感じに「サンシャイン60展望台」へGO! ■「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」 住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F
ストレートプレス
和菓子×音楽のコラボイベント!六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで夜景とともに和菓子と音楽を堪能
毎年6月16日の「和菓子の日」。平安時代に16種のお菓子や餅を神前にお供えし、厄払いと健康を祈願したことが由来とされ、全...
ウォーカープラス
展望台で! 車窓で! 雄大な釧路湿原を見に心躍る旅へ
北海道の中でも、その雄大な大自然を目の当たりにできるスポットといえば釧路湿原。特にこれからの季節は一面の緑が美しい季節で...
ウォーカープラス
六本木ヒルズ展望台の夏イベント、世界初のデジタル地球儀&海のプロジェクション映像を夜景とともに
六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、「海の地球ミュージアム 2018」をはじめとする夏イベントを2018年7月より順次開催する。 www.fashion-press.net 海の地球ミュージアム2018 スカイギャラリー1で開催される「海の地球ミュージアム 2018」は、「海」に焦点をあて地球のふしぎ、地球の過去・現在・未来を楽しく学べるイベント。世界初のインタラクティブなデジタル地球儀「触れる地球」が登場し、リアルタイムの世界の様子や台風、クジラ・マグロの移動、地球温暖化などを映し出し、地球上の様々な現象を紹介する。 また、沖縄美ら海水族館の協力により、実際の沖縄の魚達を見られる巨大水槽を設置。トラフザメの幼魚、ヒトデ、カクレクマノミ、チンアナゴ、ルリスズメダイ、ハリセンボンなど、カラフルな魚達を直接見ることができる。日没後からは、巨大プロジェクション映像で黒潮の海の豊かさや、深海の美しいプランクトン、ザトウクジラやマンタ、ジンベエザメなどのダイナミックな4K映像を投影。東京の夜景とともに、海の世界を堪能できる。 また、子供に向けて地球の成り立ちや地球環境問題についてレクチャーする「子ども地球教室」も開催される。 15年ぶりに大接近する火星を間近に 森タワー屋上のスカイデッキにおいてもイベントを開催。火星と地球が15年ぶりに大接近する2018年の夏。8月上旬には金星、木星、土星、火星が宵空に集結する。スカイデッキでは、「火星接近 観望会」を7月27日(金)から8月3日(金)までの期間、8日間連続で開催。高性能な望遠鏡で火星を間近に観測できるチャンスとなっている。 また、7月14日(土)から8月26日(日)まで、浴衣か甚平を着用して入館するとスカイデッキの入場料が無料になるキャンペーンを実施。オープンエアの心地いい風を受けながら、夏ならではの夜空を楽しんでみては。 詳細 六本木ヒルズ展望台 夏のイベント場所:六本木ヒルズ展望台住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階■海の地球ミュージアム 2018期間:2018年7月13日(金)~9月2日(日)時間:10:00~22:00(最終入場 21:30)会場:東京シティビュー スカイギャラリー1(東京タワー・お台場方面)料金:無料 ※ただし、展望台入館料(一般1,800円)が必要。■火星接近 観望会日時:7月27日(金)~8月3日(金) 20:00~22:00(最終入場 21:30)場所: 東京シティビュー スカイデッキ(森タワー屋上)料金: 無料参加方法:申し込み不要問い合わせ先TEL:03-6406-6652※スカイデッキまでの入場料(一般 2,300円)が必要。年間パスポートを持参者は無料。※雨天・曇天などで星が見えない場合は中止。※実施・中止については18:00以降に東京シティビューWEBサイトにて発表。■浴衣DE 無料!スカイデッキ期間:7月14日(土)~8月26日(日)場所:東京シティビュー スカイデッキ(森タワー屋上)内容:浴衣着用の来場者(甚平等も可)はスカイデッキ入場料(一般500円、子供300円)が無料。※ただし、展望台入館料(一般1,800円)が必要。※強風、雨天、荒天時はクローズ。
ファッションプレス
「空よい Bar」が池袋にオープン - 東京の夜景とお酒を同時に、展望台で花火大会も
「空よい Bar」が東京・池袋のSKY CIRCUS サンシャイン 60展望台に、2018年7月13日(金)から9月2日(日)まで期間限定でオープンする。 www.fashion-press.net 「空よい Bar」は、東京の夜景とお酒を楽しむことをコンセプトに生まれたイベント。SKY CIRCUS サンシャイン 60展望台からは、キラキラと輝く東京の夜景を眺められるだけでなく、近隣で行われる花火大会も鑑賞可能だ。期間中は、足立の花火、隅田川花火大会、いたばし花火大会、神宮外苑花火大会が開催予定。地上で観るのは一味違う花火は、夏の思い出になること間違いない。 「空よい Bar」では、ビールやハイボール、さらにオリジナルカクテルの「SKY CIRCUS BLUE」「SUNSET ORANGE」などのアルコールドリンクだけでなく、お酒と相性のよいおつまみも提供。燻製チーズなどをのせた「燻製プレート」、ホクホクのポテトをバターで味わう「じゃがバタ」などがラインナップする。 会場は、夜のピクニックをイメージした緑に囲まれた空間に。ハンモック、ビーズクッションなども用意されているので、リラックスした気分で恋人や友達、家族と楽しいお酒を堪能できそうだ。 【イベント詳細】 空よい Bar 開催期間:2018年7月13日(金)~9月2日(日) 時間:18:00~22:00(L.O.211:30)※最終入場は1時間前 会場:SKY CIRCUS サンシャイン 60展望台 住所:東京都豊島区東池袋3-1 ※18時以降は展望台入場料にアルコール1杯、おつまみがついた「空よいチケット」を1,650円で発売。 <メニュー例> ・空よいセット 1,250円 ・燻製プレート 350円 ・じゃがバタ 350円 ほか
ファッションプレス
アイスとデジタル花火のコラボレーションが六本木ヒルズ展望台に!?
VOGUE
池袋のサンシャイン60展望台で「天空のUFO展」月刊ムー厳選の記事やバックナンバーなど展示
東京・池袋のサンシャイン60ビルの60階「SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台」では、「月刊ムー」認定の「天空のUFO展〜展望台で未知との遭遇〜」を、2018年6月8日(金)から7月1日(日)までの期間で開催する。 www.fashion-press.net 世界の謎と不思議に挑戦するミステリーマガジン「月刊ムー」認定による本イベントは、“UFO=未確認飛行物体”に特化した展覧会。同誌が38年間の歴史の中で掲載したUFOにまつわる記事を紹介するパネル、過去に発行された「月刊ムー」452冊および関連書籍の中から厳選されたUFO記事掲載号のバックナンバー、過去の付録である「ロズウェル・デイリー・レコード」(当時の新聞レプリカ)や「ベビーグレイ」などを、「月刊ムー」編集部の書庫をイメージした空間で展示する。 そのほか、「月刊ムー」の表紙をイメージしたフレームで異星人を捕獲したかのような写真が撮れるユニークなフォトスポットの設置、UFOをイメージした期間限定特別メニュー「UFO ソーダ」の販売など、そのミステリアスな存在から多くの人を惹きつけるUFOの魅力が詰まったイベントとなっている。 【開催概要】 「天空のUFO展〜展望台で未知との遭遇〜」 開催期間:2018年6月8日(金)〜7月1日(日) 開催場所:SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台 住所:東京都豊島区東池袋 3-1 サンシャインシティ サンシャイン 60 ビル・60階 営業時間:10:00〜22:00 ※最終入場は終了1時間前(変更になる場合あり) 入場料金:大人 1,200円、学生(高校・大学・専門学校) 900円、こども(小・中学生) 600円、幼児(4才以上) 300円 ※VR料金別途 【問い合わせ先】 SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台 TEL:03-3989-3457
ファッションプレス
「ダイヤモンド富士」を六本木ヒルズ展望台で、後光が差した富士山&東京の夕景を堪能
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。