兵庫
343

兵庫に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば兵庫の幅広い情報を得ることができます。

大阪・京都・兵庫の8月の花火大会5選!主要ルートや混雑をチェック
8月中に大阪・京都・兵庫で行われる花火大会の情報をチェック!主要ルートや混雑状況、有料観覧席の情報盛りだくさんでお届け。...
ウォーカープラス
夏の絶景グランプリ発表!読者が選んだ兵庫の夏絶景5選
関西ウォーカーが読者アンケートを実施して選んだ、夏の絶景ランキングを大発表!涼しげな水辺に雄大な山々、神秘的なパワースポ...
ウォーカープラス
台湾発ティースタンド「ジ アレイ(THE ALLEY)」兵庫・神戸ハーバーランドumieに新店舗
台湾発のティースタンド「ジ アレイ(THE ALLEY)」が2019年8月2日(金)、兵庫・神戸ハーバーランドumieに新店舗をオープンする。 www.fashion-press.net 2017年7月、サナギ新宿に日本初上陸を果たした「ジ アレイ」は、“お茶に恋をする、美しい生活”をコンセプトに掲げる台湾ティー専門店。兵庫県内では、関西初上陸となった神戸・三宮店、マリンピア神戸店に続く3店舗目となる。 同店では、茶師が特別にブレンドしたアッサムベースの茶葉の芳醇な香りが楽しめる看板メニュー「ロイヤルNO.9 タピオカミルクティー」のほか、沖縄産黒糖蜜で煮込んだタピオカを使用した「黒糖タピオカシリーズ」、アッサムタピオカミルクティーにココアチップとミントをトッピングして“盆栽”を表現した「盆栽タピオカミルクティー」など、様々な台湾ティーが楽しめる。様々な色彩のグラデーションが見た目にも華やかな「オーロラシリーズ」も人気メニューの一つだ。 ドリンク以外にも、茶葉を使った「ティーリーフサラダ」、店内でこんがりグリルしたパオに魚や肉、野菜をたっぷり挟んだ「グリルド パオ」など、台湾発祥の「ジ アレイ」ならではの台湾グルメも用意されている。 【店舗情報】 ジ アレイ 神戸ハーバーランドumie店 オープン日:2019年8月2日(金) 住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目7−2 神戸ハーバーランド umie South Mall 1F 営業時間:10:00~21:00
ファッションプレス
のんインタビュー 念願の初舞台が実現! 地元・兵庫から全国へ
朝ドラのヒロインを経て、音楽活動や“創作あーちすと”として多彩に活動の場を広げている、のん。今回、ドラマで共演した渡辺え...
ウォーカープラス
大阪、兵庫にまたがる歴史ある花火大会!第71回猪名川花火大会の花火&観覧エリア情報
猪名川花火大会は、大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催している、1948(昭和23)年から続く由緒ある夏の祭典。迫力満...
ウォーカープラス
生タピオカ専門店「台湾甜商店」なんばウォークに大阪ミナミ初店舗、兵庫にも新店オープン
生タピオカ専門店「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」の新店が大阪と兵庫に。なんばウォーク店が2019年7月9日(火)に、兵庫3号店が7月12日(金)にそれぞれオープンする。 www.fashion-press.net 「台湾甜商店」は、「心を癒すひとくち、台湾時間」をコンセプトに台湾スイーツ・ドリンクメニューを展開するショップ。出来立ての生タピオカやタロイモとさつま芋の味を閉じ込めたもちもちの食感の芋圓、毎日店内で有機豆乳を使ってつくるとろふわ豆花など、気軽に台湾スイーツを楽しめる店として人気を博している。 そんな「台湾甜商店」が、なんばウォーク店を大阪ミナミに初出店。さらに、兵庫県3店舗目となる西神プレンティ店も続いてオープンする。 それぞれの店舗では、豆花や芋圓、仙草など、「台湾甜商店」自慢のスイーツが丸ごと楽しめる人気飲料「台湾満足スムージー」を全国に先駆けて発売。通常、表参道旗艦店でしか販売されていないメニューを店頭でいち早く味わってみてはいかが。 【詳細】 ■「台湾甜商店」なんばウォーク店 オープン日:2019年7月9日(火) 住所:大阪府大阪市中央区難波2-1-10 なんばウォーク1番街 営業時間:10:00~21:00 定休日:施設に準ずる ■「台湾甜商店」西神プレンティ店 オープン日:2019年7月12日(金) 住所:神戸市西区糀台6-5-1 プレンティ西神中央1F 営業時間:11:00~21:00 定休日:施設に準ずる <オープン限定プレゼント> 各日先着100名にクーポン入りの紅包(ホンパオ)をプレゼント。さらに各日先着20名に台湾伝統のおでかけバッグをプレゼント。 ※クーポン・バッグは2種類。 配布期間: ・なんばウォーク店 2019年7月9日(火)~14日(日)まで。 ・西神プレンティ店 2019年7月12日(金)~15日(月)まで。
ファッションプレス
ナルト&ボルトの世界観が楽しめる“忍里”アトラクションが兵庫「ニジゲンノモリ」に - 限定グッズも
兵庫県立淡路島公園 アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、アニメ『NARUTO-ナルト-』と『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』をテーマとする新アトラクション「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO」がオープン。 www.fashion-press.net ナルト&ボルトの世界観を再現したアトラクション 「ニジゲンノモリ」は、アニメや漫画などのいわゆる二次元コンテンツの世界を、体を動かしながら五感で体験出来る純日本産のアニメパーク。自然豊かで広大な敷地内では、最新テクノロジーを使用した幻想的なアトラクションや、原作の世界観を踏襲したアクティビティなど、様々な“二次元体験”が楽しめる。 今回は、原作コミックの累計発行部数が1億4000万部を超える人気忍者アニメ『NARUTO-ナルト-』と、その主人公・うずまきナルトの息子であるボルトの活躍を描いた「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の世界が「ニジゲンノモリ」に出現。前者をモチーフにしたアトラクション「地の巻」、後者をモチーフとしたアトラクション「天の巻」、そして木ノ葉隠れの里を再現したエリアが楽しめる。 NARUTO アトラクション「地の巻」 NARUTO アトラクション「地の巻」では、参加者は木ノ葉隠れの里の忍として、7ヶ所にばら撒かれた「チャクラのかけら」を巻物「地の巻」に写し取ることで元通りに完成させる、というミッションに挑戦。巻物に書かれた計7つのミッションで、「暁」との遭遇や「仙術修業」なの試練を乗り越えながらアクティビティをクリアしていく。 また、各所にAR(拡張現実)スポットが用意されており、スマートフォンアプリ「火影を目指せ!」を使用すれば、実際に忍術を使用しているかのような写真撮影が可能だ。 BORUTO アトラクション「天の巻」 一方のBORUTO アトラクション「天の巻」は、忍里にある巨大な「火影岩」の後ろに併設された三階建ての立体迷路アトラクション。迷路に囚われた仲間のスタンプを巻物「天の巻」に全て押して、体力が試される「うずまきコース」と知力が試される「うちはコース」、それぞれの頂上にあるゴールを目指す。 木ノ葉隠れの里エリア 作中でナルトが暮らす木ノ葉隠れの里を再現した「木ノ葉隠れの里エリア」。ここでは、ナルト行きつけのラーメン屋「一楽」をモチーフにした飲食店が設置されているほか、描き下ろしイラストを使用したグッズや、ここでしか買えない約70種類のオリジナル商品が並ぶスーベニアショップも用意されている。 詳細 「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO」オープン日:2019年4月20日(土)営業時間:10:00〜22:00(全日) ※最終入場は20:00場所:兵庫県淡路市楠本2425番(兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」E駐車場付近)料金:大人 3,300円(税込)、中高生 1,800円(税込)、子ども 500円(税込)※4歳以下は無料。所要時間:約2時間~3時間
ファッションプレス
【私らしさの見つけ方】兵庫のおしゃれガールはこだわりすぎないファッションを楽しんでました♡
おしゃれな女の子って、どうやって情報収集したり“自分らしさ”を追求したり、どんな生活を送ったりしているの? そんな気になる“おしゃれガールたち”をisuta編集部が調査。 彼女たちを深掘るインタビュー連載、今回は兵庫在住、20歳の大学生、もえなさんにお話を聞きました♡ 兵庫のおしゃれガールが気になる! “今週のおしゃれガール”は、おしゃれなカフェ巡りが好きなもえなさん
isuta
チームラボの展覧会が兵庫・姫路市立美術館で開催
展覧会「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」が、兵庫・姫路市立美術館にて2019年4月20日(土)から6月16日(日)まで開催される。 割引前売券は3月8日(金)より販売となる。 www.fashion-press.net ひとつの詩のような展覧会タイトルは、チームラボがこれまで展開してきた、観る者を作品に没入させ、融合させることで、作品と作品、さらには自己と他者の境界が曖昧になる体験を創出するという根幹の部分に繋がっている。本展でチームラボは、人々を作品の一部とし、人々と世界との関係性を、より連続的なものに変えることを試みている。タイトルにもなった作品《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》のほか、アーティスト自らが厳選したアート作品を組み合わせることによって、“今、ここでしかできない場”を創出する。 展示作品 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》は、作品に人が参加し、相互作用を生み出すことでひとつの“世界”を創り出す作品。例えば、蝶は火が嫌いで離れるが、 花は好きで近づいていく。風が吹けば植物が漂うなど。それぞれがもつ関係性や物理的な影響によって互い変化を伴う自然の原理を作品のなかで緻密に表現していく。 《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる》 前近代の日本の絵画において、川や海など水は、線の集合として表現されることが多く、その集合から人々は生命感を見出してきた。そこにヒントを得た《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる 》は、昔から変わらぬ川や海の表現における生命感の源を改めて考えさせてくれる作品。水の粒子の挙動をもとに、三次元上に描かれた波の層を平面化し、1つの連続した波による映像インスタレーションを完成させている。 《永遠の今の中で連続する生と死 II》 《永遠の今の中で連続する生と死 II》は、生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいくという花の誕生と死滅の連鎖に着目した作品だ。作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界は明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていくという様子を、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描く。 【詳細】チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、 それでもやさしくうつくしいteamLab: Born From the Darkness a Loving, and Beautiful World会期:2019年4月20日(土)~6月16日(日)時間:10:00~17:00(最終入場 16:30)※4月27日(土)~5月6日(月)は、 10:00~18:00(最終入場 17:30)休館日:月曜日※4月29日(月)、5月6日(月)は開館会場:姫路市立美術館 企画展示室(兵庫県姫路市本町68-25)入場料:一般 1,400(1,200)円、大高生 1,000(800)円、中小生 600(400)円、未就学児 無料※( )内は前売料金※20名以上の団体は前売券と同料金チケット販売:姫路市立美術館(当日券のみ)、チケットぴあ(Pコード: 992-130)、ローソンチケット(Lコード: 53564)、セブンーイレブン、イープラス、CNプレイガイドなどの主要プレイガイド、コンビニエンスストア※前売り券販売期間は3月8日(金)~4月19日(金)※姫路市立美術館では当日券のみ購入可能。前売券は購入不可。
ファッションプレス
【私らしさの見つけ方】兵庫のおしゃれガールが惹かれるのは、ビンテージライクなものたち♡
おしゃれな女の子って、どうやって情報収集したり“自分らしさ”を追求したり、どんな生活を送ったりしているの? そんな気になる“おしゃれガールの事情”をisuta編集部が調査。 彼女たちを深掘るインタビュー連載、今回は兵庫在住の大学3年生、よしだゆうなさんにお話を聞きました♡ 兵庫のおしゃれガールが気になる! “今週の気になるあの子”は、ビンテージ感漂う雰囲気を持つよしだ
isuta
かまどの神様“荒神さん”で金運招福!兵庫「清荒神清澄寺」
兵庫・宝塚にある「清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)」は、火の神・台所の神「三宝荒神王」を祀っているお寺。“荒神さん”と親しまれるお寺のパワースポットや魅力をご紹介します。
LeTRONC
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」兵庫で、即興的な公開制作の軌跡を辿る
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」が、兵庫・横尾忠則現代美術館にて2019年5月6日(月・振休)まで開催される。 www.fashion-press.net 公開制作で描かれた作品を紹介 「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」では、横尾忠則がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介する。 自我を忘れて制作に没頭できる公開制作 1980年代、画家へと転向したもののアトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった制作の手段が公開制作であった。が、人前で描くことで“見られている”というプレッシャーが加わり、かえって余計な自我やこだわりが消え、制作に没頭できるという実感を得た横尾は、アトリエが完成しても尚、様々な場所で公開制作を行うようになる。横尾の創作のプロセスにおいて、「観客」との共犯関係が作品にスリリングな展開をもたらしているのだ。 80年代後半から90年代にかけては、自身の少年時代の記憶を着想源とした自伝的な主題に取り組んでいたこともあり、即興的な公開制作の機会はそれ以前に比べて減少するようになった。しかしそうした中でも、横尾は制作途上の作品を公開制作によって仕上げたり、公開制作で完成させた作品に手を加えたりすることで、予定調和に陥りそうな局面を打開。作品に思いがけない変化をもたらした。 “Y字路”をテーマに 2000年代の主題で注目すべきテーマは、「Y字路」。2004年以降の公開制作において、描かれる主題のほとんどに「Y字路」が選ばれるようになる。明快な構図かつ、様々な要素を受け入れられる舞台装置として機能する「Y字路」は、スピーディーな制作の場である公開制作にはうってつけの題材であった。また、同時期に横尾の個展が全国各地で相次いで開催されたことも相まって、“ご当地”の「Y字路」作品も描かれるようになる。 また、「Y字路」を主題にした公開制作は、パフォーマンス性を帯びた制作へと発展。工事作業員や鳶服などの衣装を身にまとった横尾が、絵の中のY字路に家を建て、道路を作り、時に壊していく。様々な衣装が、絵画空間と現実空間をつなぐ役割を果たすとともに、横尾自身の個性も消し、与えられた役割に没入させ、忘我状態での制作を後押しした。 詳細 横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす会期:2019年1月26日(土)~5月6日(月・振休)開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)会場:横尾忠則現代美術館住所:兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30観覧料:一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下無料※( )内は20名以上の団体料金※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。その介護者(1名)は無料。※割引を受ける際は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券を購入のこと。※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券を提示すると、団体割引料金で観覧可能。
ファッションプレス
不思議な伝説が残る御神体・甑岩のご利益を授かる!兵庫「越木岩神社」
兵庫・夙川にある「越木岩神社(こしきいわじんじゃ)」。女性守護・子授け・安産祈願などを祈る幸運の女神を祀る御神体「甑岩(こしきいわ)」と“えべっさん”で親しまれる商売繁盛の福の神「蛭子大神様」を本殿に祀る由緒正しい神社の魅力をご紹介します。
LeTRONC
商売繁盛ならえべっさん!兵庫「西宮神社」でパワーチャージ
「福男選び」が開催されることでも有名な、兵庫県西宮市「西宮神社」。“阪神タイガース”の本拠地でもある「阪神甲子園球場」があることで知られるこの地で「西宮のえべっさん」として親しまれている神社についてご紹介します。重要文化財をはじめ甘味処まである境内は、見どころいっぱいです。
LeTRONC
聖徳太子が建立!歴史ある兵庫「中山寺」で“安産・子宝”祈願
兵庫・宝塚市にある「中山寺」は、古くから“安産のお寺”として有名なお寺。源頼朝・豊臣秀吉なども訪れ、子宝に恵まれたのだそう。子宝や安産にお悩みの方にぜひ一度足を運んでほしいお寺です。ご祈祷や境内のおすすめスポットをご紹介します。
LeTRONC
全国でも有名な厄除け・厄払いのお寺!兵庫「門戸厄神 東光寺」
厄除け・厄払いのお寺として全国でも有名な兵庫・西宮市にある「門戸厄神 東光寺(もんどやくじん とうこうじ)」。あらゆる災厄を打ち払う「厄神明王」を祀ったお寺の見どころをご紹介します。ご利益を身につけるお守りもぜひチェックしてくださいね。
LeTRONC
アンリアレイジ森永が衣装手掛ける柳楽優弥主演舞台『CITY』埼玉・兵庫・愛知で - 藤田貴大演出
演劇作家・藤田貴大による新作舞台『CITY』が、柳楽優弥主演で2019年5月18日(土)の彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに、兵庫県立芸術文化センターと穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知)で順次上演される。衣装を手掛けるのは、アンリアレイジ(ANREALAGE)のデザイナー森永邦彦だ。 www.fashion-press.net 「マームとジプシー」藤田が、森永とタッグで現代都市をモチーフにした新たなフェーズへ 藤田貴大は劇団「マームとジプシー」の劇作家・演出家を務める若手注目作家。また、藤田作品の多くはスズキタカユキ(suzuki takayuki)やミナ ペルホネン(minä perhonen)の皆川明などのファッションデザイナーが衣装を担当している。そんな藤田が「新たなフェーズ」として位置付ける新作が、今回の『CITY』だ。故郷や子ども時代、架空の異国の町を題材にして来た藤田が、一転、現代の都市を舞台に、“ヒーロー”をモチーフとした物語を描く 新作舞台を彩る衣装は、2014年以来パリで新作を発表しているアンリアレイジのデザイナー森永邦彦によるもの。これまで、光を当てると色彩が浮かび上がる漆黒の素材など洋服という概念に縛られない前衛的な創作で世界を驚かせてきた森永が、藤田渾身の一作における世界づくりに一翼を担う。なお、藤田と森永がタッグを組むのは、『みえるわ』(2018)に森永のアーカイブを提供して以来となる。 主演は、5年ぶり舞台主演の柳楽優弥 主演は、近年映画出演での活躍も目覚ましい柳楽優弥が務める。柳楽にとって5年ぶりの主演舞台だ。今作では、正義のためには暴力も厭わない主人公に扮する。また、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみらが脇を固める。 ストーリー 現代の都市。事故で死んだ妹(青柳いづみ)の死を不審に思った兄(柳楽優弥)は、孤児としてともに育った青年(宮沢氷魚)の助力を得ながら、妹の死の真相を追っていた。猟奇的な連続殺人犯(内田健司)など、都市の暗部に否応なく触れることになった兄は、いつしか町を守る存在として悪と対峙するようになって行く。やがて妹の死から端を発した出来事が都市を脅かす一大事件へと発展する頃、兄は事件の背後にいるひとりの男(井之脇海)に辿り着く。 【詳細】 ■埼玉公演日程:2019年5月18日(土)~26日(日)会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 料金(全席指定):一般 S席5,500円、A席 4,500円、U-25(A席対象・劇場のみ取扱い)3,000円 SAF メンバーズ:S席 5,000円、A席 4,000円 ※U-25 チケットは公演時 25 歳以下対象。入場時、要身分証明書提示。 ※SAFメンバーズは SAF チケットセンター、劇場・会館窓口にて取扱い ※未就学児入場不可 チケット発売日:一般 2月2日(土)、SAF メンバーズ 1月26日(土) チケット取扱い:SAF チケットセンター 0570-064-939(休館日を除く 10:00~19:00) 、彩の国さいたま芸術劇場・埼玉会館 (窓口)、イープラス、チケットぴあ 0570-02-9999(P コード491-301) 問い合わせ先:彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(休館日を除く 10:00~19:00) ■兵庫公演 日程:2019年5月29日(水) 会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 料金(全席指定):7,000円 ※未就学児入場不可 チケット発売日:一般 3月23日(土)、会員先行 2月23日(土) チケット取扱い:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00~17:00月曜休・祝日の場合翌日)ほか 問い合わせ先:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255 ■豊橋公演日程:2019年6月1日(土)・2日(日) 会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール 料金(全席指定):S席 5,500円、A席 3,000円、U-24(A席) 1,500円、高校生以下(A席) 1,000円 ※U-24 チケット(24歳以下対象)・高校生以下は、入場時要本人確認書類提示。プラットチケットセンターのみ取扱。 ※未就学児入場不可 チケット発売日:一般 3月23日(土)10:00、会員先行 3月9日(土)10:00(プラットフレンズ・豊橋文化振興財団維持会員) チケット取扱い:プラットチケットセンター 窓口・電話0532-39-3090 (休館日を除く10:00~19:00)、オンライン(24時間受付・要会員登録)ほか問い合わせ先:プラットチケットセンター 0532-39-3090 (休館日を除く 10:00~19:00)<キャスト> 柳楽優弥 井之脇海 宮沢氷魚 青柳いづみ 菊池明明 佐々木美奈 石井亮介 尾野島慎太朗 中島広隆 辻本達也 波佐谷聡 船津健太 山本直寛 内田健司(さいたまネクスト・シアター) 續木淳平(さいたまネクスト・シアター) <スタッフ> 作・演出:藤田貴大 衣装:森永邦彦(アンリアレイジ) ヘアメイク:池田慎二 照明:南香織 音響:星野大輔 映像:召田実子 擬闘:栗原直樹 舞台監督:大畑豪次郎 宣伝美術:名久井直子 宣伝写真:井上佐由紀 企画制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団、合同会社マームとジプシー
ファッションプレス
【2019年】兵庫「初詣スポット」おすすめランキングTOP5
兵庫県内で人気の初詣スポット5か所をランキング形式で紹介します。「生田神社」「湊川神社」「伊奘諾神宮」など、全国的にも有名な神社が勢ぞろい。初詣で気持ちをフレッシュに切り替えて、新しい年をスタートさせましょう。
LeTRONC
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。