会期
2721

会期に関する記事一覧です。こちらをご覧になれば会期の幅広い情報を得ることができます。

「ロエベ」 19年春夏メンズAD、パリメンズ会期中に先行公開
「ロエベ」の新たな3つの広告ビジュアルが、パリメンズコレクション会期中の6月20日から28日まで、パリ市内の主要箇所のキオスクや壁に登場する。
MODE PRESS
チームラボの展覧会が兵庫・姫路市立美術館で開催
展覧会「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」が、兵庫・姫路市立美術館にて2019年4月20日(土)から6月16日(日)まで開催される。 割引前売券は3月8日(金)より販売となる。 www.fashion-press.net ひとつの詩のような展覧会タイトルは、チームラボがこれまで展開してきた、観る者を作品に没入させ、融合させることで、作品と作品、さらには自己と他者の境界が曖昧になる体験を創出するという根幹の部分に繋がっている。本展でチームラボは、人々を作品の一部とし、人々と世界との関係性を、より連続的なものに変えることを試みている。タイトルにもなった作品《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》のほか、アーティスト自らが厳選したアート作品を組み合わせることによって、“今、ここでしかできない場”を創出する。 展示作品 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》は、作品に人が参加し、相互作用を生み出すことでひとつの“世界”を創り出す作品。例えば、蝶は火が嫌いで離れるが、 花は好きで近づいていく。風が吹けば植物が漂うなど。それぞれがもつ関係性や物理的な影響によって互い変化を伴う自然の原理を作品のなかで緻密に表現していく。 《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる》 前近代の日本の絵画において、川や海など水は、線の集合として表現されることが多く、その集合から人々は生命感を見出してきた。そこにヒントを得た《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる 》は、昔から変わらぬ川や海の表現における生命感の源を改めて考えさせてくれる作品。水の粒子の挙動をもとに、三次元上に描かれた波の層を平面化し、1つの連続した波による映像インスタレーションを完成させている。 《永遠の今の中で連続する生と死 II》 《永遠の今の中で連続する生と死 II》は、生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいくという花の誕生と死滅の連鎖に着目した作品だ。作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界は明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていくという様子を、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描く。 【詳細】チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、 それでもやさしくうつくしいteamLab: Born From the Darkness a Loving, and Beautiful World会期:2019年4月20日(土)~6月16日(日)時間:10:00~17:00(最終入場 16:30)※4月27日(土)~5月6日(月)は、 10:00~18:00(最終入場 17:30)休館日:月曜日※4月29日(月)、5月6日(月)は開館会場:姫路市立美術館 企画展示室(兵庫県姫路市本町68-25)入場料:一般 1,400(1,200)円、大高生 1,000(800)円、中小生 600(400)円、未就学児 無料※( )内は前売料金※20名以上の団体は前売券と同料金チケット販売:姫路市立美術館(当日券のみ)、チケットぴあ(Pコード: 992-130)、ローソンチケット(Lコード: 53564)、セブンーイレブン、イープラス、CNプレイガイドなどの主要プレイガイド、コンビニエンスストア※前売り券販売期間は3月8日(金)~4月19日(金)※姫路市立美術館では当日券のみ購入可能。前売券は購入不可。
ファッションプレス
北欧名作家具「フリッツ・ハンセン」がポップアップ ストラスブルゴで開催
北欧名作家具「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」はセレクトショップのトラスブルゴ(STRASBURGO)東急プラザ銀座店でポップアップショップをオープン中だ。同店1階のウインドーに「フリッツ・ハンセン」の世界観を表現した空間が登場。モノづくりの本質を見極める事にこだわる「ストラスブルゴ」と1872年から素材と品質にこだわった名作家具を作り続けている「フリッツ・ハンセン」の、ファッションとインテリアの共演が見どころだ。
WWD
ジェイアール京都伊勢丹に話題スイーツが集結、もちもちバブルワッフル&できたてソフトクリームなど
話題のスイーツを集めたイベント「Sweets Selection #いまSweets」が、ジェイアール京都伊勢丹にて2019年2月27日(水)から3月4日(月)まで開催される。 www.fashion-press.net 「Sweets Selection #いまSweets」では、日本各地からセレクトした注目のスイーツが集結。2018年に話題を呼んだブランドや初出店ブランドも含め、今チェックしたい計21ブランドのスイーツが勢揃いする。 初出店となる「アジアンラッドアフターズ(ASIAN RAD AFTERS)」は、香港発の屋台スウィーツ「バブルワッフル」を販売。モチモチ食感のワッフルにアイスやクリームなど、様々なトッピングを盛りつけ、カラフルに仕上げたスイーツだ。ジェイアール京都伊勢丹限定メニューとして、京都をイメージしたフレーバー2種を揃える他、1番人気の「ストロベリーブーケ」も用意する。 国内外の人気レストランのシェフ・田村浩二が手掛ける「ミスターチーズケーキ(Mr.CheeseCake)」は、オンラインで人気を博したチーズケーキを出品。本イベントにて初の店頭販売を実施する。箱を開けた瞬間から豊かな香りが漂い、口に入れるとすっと溶け、さっぱりとした後味を楽しめる。冷凍から常温に変わる間に変化していく食感も魅力だ。 「グルービーアイスクリームグーフォ(Groovy Ice Cream GUFO)」は、できたてソフトクリームのブランド。空気を多く含み、濃厚な味わいながらふんわり軽やかな食感を楽しめる。フレーバーは人気のミルクに加え、イタリア産ピスタチオを極限まで濃厚に配合した限定フレーバーも登場。クッキーやナッツなどのトッピングでカスタマイズすることも可能だ。 その他、フォトジェニックなボトルドリンクの「カフェナンバー(Café no.)」や芸術的なパフェの「SUGiTORA」、「ティラミススター」なども出店。バラエティ豊かなラインナップのスイーツが一堂に会する。 【詳細】 ジェイアール京都伊勢丹「Sweets Selection #いまSweets」 会期:2019年2月27日(水)~3月4日(月) <最終日18:00終了> 会場:ジェイアール京都伊勢丹10階=催物場 住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ■メニュー例 ・アジアンラッドアフターズ「バブルワッフル」(ミヤコ) 1,131円、(ナデシコ) 1,381円[ジェイアール京都伊勢丹限定] ・ミスターチーズケーキ「チーズケーキ」(冷凍/1個/480g)〈各日30点限り〉 4,320円 ・グルービーアイスクリームグーフォ「ソフトクリーム」(ミルク+ラズベリークリスピー+クラッシュクッキー) 631円、(ピスタチオ) 881円<各日80点限り>[ジェイアール京都伊勢丹限定]
ファッションプレス
展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー」埼玉で、ザハ・ハディドなど“未完の建築”の可能性を探る
展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー - もうひとつの建築史 -」が、2019年3月24日(日)まで埼玉県立近代美術館にて開催される。 www.fashion-press.net 「インポッシブル・アーキテクチャー」展では、完成に至らなかった建築の構想や、あえて提案に留めた刺激的な建築のアイディアに着目。一口に“未完”=“アンビルト”といっても、実現しないまま残された建築案の数々は、必ずしも無理難題な構想であったわけではない。 未来に向けて夢想した建築をはじめ、技術的には実現可能であっても社会的条件や制度により作られなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、豊かな発想で練り上げられた多彩なアイディアを紹介。結果的に“未完”に終わり、不可能と認識されたアイディアに目を向けることで、逆接的に建築における極限の可能性や、ポテンシャルを浮き彫りにしていく。 会場では、安藤忠雄やザハ・ハディド・アーキテクツ、黒川紀章、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、岡本太郎といった約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を紹介。図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の可能性を模索する。 【詳細】 インポッシブル・アーキテクチャー - もうひとつの建築史 - 会期:2019年2月2日(土)~3月24日(日) 休館日:月曜日 場所:埼玉県立近代美術館 住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 開館時間:10:00~17:30(展示室への入場は17:00まで) 観覧料:一般 1,200円(960円)、大高生 960円(770円) ※( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下と障害者手帳の提示者(付き添い1名を含む)は無料。 ※併せてMOMASコレクション(1F 展示室)も観覧可能。 ■主な出品予定作家:会田誠、安藤忠雄、アーキグラム、荒川修作+マドリン・ギンズ、ヤーコフ・チェルニホフ、ヨナ・フリードマン、藤本壮介、マーク・フォスター・ゲージ、ピエール・ジャン・ジルー、ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)、ジョン・ヘイダック、ハンス・ホライン、石上純也、磯崎新、川喜田煉七郎、菊竹清訓、レム・コールハース、黒川紀章、ダニエル・リベスキンド、前川國男、カジミール・マレーヴィチ、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、長倉威彦、コンスタン・ニーヴェンホイス、山口文象(岡村蚊象)、岡本太郎、セドリック・プライス、エットレ・ソットサス、スーパースタジオ、瀧澤眞弓、ウラジーミル・タトリン、ブルーノ・タウト、ジュゼッペ・テラーニ、山口晃、村田豊 (アルファベット順)
ファッションプレス
マーガレット・ハウエル×吉田カバン「ポータースタンド」コラボコートやトートバッグなど
吉田カバンのコンセプトストア・ポータースタンドは、マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)をフィーチャーした期間限定ストアを、2019年2月23日(土)から3月25日(月)まで、東京駅・品川駅の店舗にて開催する。 www.fashion-press.net 期間限定ストアでは、マーガレット・ハウエルのブランドカラーであるグレーをテーマに、マーガレット・ハウエルとポーターがコラボレーションしたモッズコートやシャツ、トートバッグを数量限定で発売する。モッズコートには、コートを収納できる吉田カバン製のオリジナル巾着が付属されている。 その他、店頭には、過去に好評を博したコラボレーションアイテムや、マーガレット・ハウエルの2019年春夏新作アイテム、雑貨など、バリエーション豊富な商品ラインナップを揃える。 【詳細】 「MARGARET HOWELL TRUNK SHOW」 by PORTER STAND 会期:2019年2月23日(土)〜3月25日(月) 場所:ポータースタンド 品川駅(東京都港区高輪3-26-27 JR品川駅 エキュート品川 サウス内)、ポータースタンド エキュート京葉ストリート(東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 京葉ストリート内) 限定アイテム ・MARGARET HOWELL × PORTER オリジナルモッズコート〈メンズ〉 58,000円+税 ・MARGARET HOWELL × PORTER オリジナルシャツ〈メンズ〉 26,000円+税 ・MARGARET HOWELL × PORTER オリジナルトートバッグ 13,000円+税 【問い合わせ先】 ポータースタンド 品川駅 TEL:03-6408-9173
ファッションプレス
葛飾北斎の未公開作品がヤバい!春のデートにおすすめアート&カフェ
六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーで『新・北斎展 HOKUSAI UPDATED』が開かれています。展示替えをしながら約480件もの作品を展示する大規模...
anan web
ねこ愛あふれる484作品が集結!「大佛次郎×ねこ写真展2019」
愛らしい魅力に溢れるねこ。横浜市の大佛次郎記念館では、ねこを愛した神奈川県出身の小説家・大佛次郎にちなみ、ねこいっぱいの写真展「大佛次郎×ねこ写真展2019」を開催する。 会期は2月26日(火)~4月14日(日)で、休館日は月曜日(祝休日の場合は翌平日)。観覧料は高校生以上200円、中学生以下は無料。 見ているだけで癒される、そんな写真に出会いに出かけてみてはいかが? 3回目の開催となる今年の目玉は、484点にも及ぶ応募作品。写真には撮影者によるコメントが加えられており、中にはクスッと笑える作品も。前回以上に“ねこ愛”が感じられる企画となっている。 また恒例の来館者による人気投票も実施。投票した写真がどれだけ人気があるか、会期後にホームページで確認するのも楽しみだ。 写真展では応募作のほかにも大佛次郎の愛猫家ぶりを紹介する写真や、大佛次郎の現代小説「帰郷」の一文をお題にした「いまじねーしょんねこ2019」が登場。ねこを存分に楽しめる内容となっている。 「猫は、生涯のやさしい伴侶」と語った作家・大佛次郎の記念館で、あなたが一番と感じる作品を選んでみよう。 ■「大佛次郎記念館」 住所:横浜市中区山手町113番地 港の見える丘公園内
ストレートプレス
春の恋愛成就のお守りにもおすすめ!エスティ ローダーの人気リップにサクラモチーフの限定オリジナル キャップが登場!
桜のパワーを凝縮したエスティ ローダーのNEW化粧水「マイクロ エッセンス ローション フレッシュ」が、プロジェクションマッピングや香り、音楽などの五感で楽しむ花のイマーシブイベント「FLOWERS BY NAKED 2019 ―東京・日本橋―」とコラボレーション! それを記念し、サクラのプリントが施された限定デザインのリップが登場します! 「FLOWERS BY NAKED 2019 ―東京・...
美的.com
「金屏風展」箱根・岡田美術館で - 狩野派や琳派など約30点集結、“金屏風”チョコも
「これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など ―」が、箱根・岡田美術館にて2019年4月6日(土)から9月29日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 狩野派や琳派などの金屏風約30点が集結 「これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など ―」は、屏風絵に黄金の装飾を施した金屏風を約30点集めた展覧会。展示室を埋め尽くすかの如く、金屏風が隆盛し始めた桃山時代から昭和初期にいたるまで、狩野派・長谷川派・琳派の作品を紹介する。 金屏風は、日常や儀礼の際の調度品として使われる一方で、幕府や有力大名から中国・朝鮮・ヨーロッパの国王に贈られるなど、外交上の重要な役割も果たしてきた。パネルを組み合わせ、全体を1画面として構成される迫力ある図像は、見応えのある仕上がりとなっている。 力強くも繊細な表現 中でも、狩野派の「春秋花鳥図屏風」は、力強さと繊細さの両方を兼ね備えた作品。金箔による金色が画面の多くを占め、厚みのある雲を表現する一方で、桜の花や孔雀などをきめ細やかなタッチで描いている。また、手前からモチーフを重ねるように描くことで奥行きのある空間を構成している点もポイント。狩野派ならではの、重層的かつ力強く、優美な表現が見て取れる。 金箔や銀を駆使した幻想的な世界 また、橋、柳、水車などを立体的に描き、京都・宇治の趣ある風景を描いたとされる「柳橋水車図屏風」も登場。黄金に輝く橋の下に、金箔を竹刀で細かく切った“切箔”で表現された金の雲、銀で表現された波と、華やかな金と銀の組み合わせで幻想的な世界観を構築している。 “金屏風”チョコも 岡田美術館のアートなチョコレートシリーズから、本展に連動した金屏風モチーフのチョコレートにも注目。尾形光琳の「菊図屏風」がテーマのチョコレート『光琳・菊』には松茸や安納芋といったユニークな風味のボンボンショコラが詰め合わせられており、神坂雪佳の「燕子花図屏風」がテーマの『雪佳・燕子花』には、桜×抹茶などはなやかな味わいを揃える。見た目にも美しく、鑑賞の記念にもぴったりなチョコレートだ。 詳細 これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など ―会期:2019年4月6日(土)~9月29日(日)休館日:会期中休館日なし場所:岡田美術館所在地:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1開館時間:9:00~17:00(入館は 16:30まで)入館料:一般・大学生 2,800円(2,550円)、小中高生 1,800円(1,550円)※( )内は前売り料金。前売券(JTB レジャーチケット、チケットぴあ)は、主要コンビニエンスストア並びにチケットぴあにて販売。■ギャラリートーク・館長によるギャラリートーク開催日時:2019年4月18日、5月16日、6月6日・20日、7月4日・18日、8月1日・15日、9月 5日・19日 いずれも木曜日 13:30~ ・学芸員によるギャラリートーク開催日時:2019年4月19日~9月20日の毎週金曜日 11:00~※申し込み不要/参加費無料(要入館料)
ファッションプレス
時差で奏でる「ピアニスト」向井山朋子展。──毎日4時間限定の展覧会とは?
時差で奏でる「ピアニスト」向井山朋子展。──毎日4時間限定の展覧会とは?
VOGUE
イデーショップ 六本木店で、オオワキチカコさんが主宰するWONDER FULL LIFEの企画展「IMPROVISING EARTH WORK—小さな旅の巡りー」が開催
WONDER FULL LIFE EXHIBITION IMPROVISING EARTH WORK...
FUDGE
ヴァン クリーフ&アーペルがサポート、入場無料のジュエリー展東京・外苑前で開催
ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)は、入場無料のジュエリー展示エキシビションを2019年2月23日(土)から3月8日(金)まで、東京・外苑前の京都造形芸術大学 外苑キャンパスにて開催する。 www.fashion-press.net ヴァン クリーフ&アーペルがサポートする“ジュエリーの学校”「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」の実施に伴い、行われるジュエリーエキシビションでは、3つの企画が用意される。会期中は、誰でも無料で稀少なジュエリーを鑑賞することができる。また、数量限定で専門家による解説を掲載したカタログもプレゼントされる予定だ。 17世紀の冒険家が見つけた稀少なダイヤモンドが蘇る 「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険~ムガル帝国から太陽王へ~」展では、17世紀に活躍した冒険家ジャン=バティスト・タヴェルニエにフォーカス。フランス王国国王ルイ14世に数千ものダイヤモンドを献上した実績を持つジャンだが、彼が見つけた中でも、稀少とされていたのが、20個のダイヤモンドだ。他のダイヤモンドとは明らかに異なる輝きを放つ「比類なき20個のダイヤモンド」は、時間とともに全て行方知らずに。このダイヤモンドのレプリカが、パリ 国立自然史博物館とレコールの研究調査の結果、誕生。世界でもたった2組しかない、稀少な20石のダイヤモンド(レプリカ)の1セットが展示される。 “二十世紀最後の巨匠”日本初の大規模展示会 “二十世紀最後の巨匠”と呼ばれるハルミ・クロソフスカ・ド・ローラは、画家バルテュスを父に持つアーティスト。生き物をモチーフにしたクリエーションを得意とし、謎めいた生物と馴染みのある実在の生物、静かな動物と活発な動物などを組み合わせて、野性味あふれる作品を作成している。「ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ~《自然の痕跡》」展は、彼女の日本初の大規模展示会。ゴールド、牛の角、ファイアオパール、ダイヤモンド、サファイア、ガーネット、アメジストなどの素材を融合させた、ユニークな作品が並ぶ予定だ。 アールヌーヴォー期のジュエリーが集結 ジュエリー蒐集家有川一三のコレクションを揃えた「Through the Eyes of a Connoisseur~ある愛好家の目線」も開催。30年以上もの年月をかけて、有川一三が集めた稀少なジュエリーの中から、アールヌーヴォー期のものを厳選して展示する。優れた宝飾職人が手掛けた美しいコレクションとともに、アールヌーヴォー期の軌跡をたどることができるはずだ。 【詳細】 「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険~ムガル帝国から太陽王へ~」「ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ~《自然の痕跡》」「Through the Eyes of a Connoisseur~ある愛好家の目線」開催期間:2019年2月23日(土)~3月8日(金)場所:京都造形芸術大学 外苑キャンパス住所:東京都港区北青山1-7-15【問い合わせ先】レコール 日本特別講座 事務局TEL:0120-50-2895(フリーダイヤル)
ファッションプレス
「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」銀座で開催、約150組が出展
「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が、2019年3月8日(金)から4月7日(日)まで、銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)にて開催される。 www.fashion-press.net 2009年、アート出版に特化した初めてのブックフェアとしてスタートした「東京アートブックフェア」。毎回、国内外の出版社やギャラリー、アーティストら約350組が出展し、2万人以上を動員するアジア最大規模のアートブックフェアだ。開催期間が1ヶ月に及ぶ新たな試みとなる今回は「公園」をテーマに、アートブックの魅力を多角的に紹介する。 期間中の毎週末は、入れ替わりで25〜30組ずつ合計約150組の出展者が参加する「Exhibitor Booth」が登場。それぞれのテーブルでは、各出展者が来場者と直接コミュニケーションを取りながら、印刷物の魅力を伝えてくれる。 平日は、週末のブース出展者より出展料として10冊ずつ集めた、約1500冊を超えるアートブックがストックされた全長12メートルに及ぶ「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」を設置。販売機でキーワードを選ぶと、それに紐づく一冊が受け取り口から出てくるという、「東京アートブックフェア」ならではのユニークな企画だ。 また、週替わりで4つの展覧会も同時開催。アーティストデュオ・OK-RM、現代美術家・河井美咲、写真家・ホンマタカシ、そして映画監督、アーティストのミランダ・ジュライが、印刷物にまつわる作品の展示を行う。 そのほか、公募の中から「東京アートブックフェア」がセレクトした国内外の個性豊かなアートブックやZINE約500タイトルの展示販売を行う「ZINE’S MATE SHOP」も復活。初年度の2009年から2015年まで毎年開催されていた人気コンテンツで、一般書店には流通しないレアなアートブックに出会える。 【開催概要】 「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」 開催期間:2019年3月8日(金)〜4月7日(日) 時間:10:00〜20:00 ※3月8日(金)は17:00〜21:00 ※会期中無休 入場料:無料 会場:銀座ソニーパーク(東京都中央区銀座5-3-1)
ファッションプレス
チョコミントの魅力を探るスイーツのイベント“嫌いなんて言わないで!食べたらあなたも「チョコミン党」”が表参道ROCKETで開催
嫌いなんて言わないで!食べたらあなたも「チョコミン党」今やスイーツにはかかせない人気フレーバーの「チ...
FUDGE
「フラワーズ バイ ネイキッド 2019」開催中!アートな桜がスゴいんです
クリエイティブカンパニーNAKED Inc.(ネイキッド)が手がける『FROWERS BY NAKED(フラワーズ バイ ネイキッド)2019』...
GINGERweb
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」兵庫で、即興的な公開制作の軌跡を辿る
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」が、兵庫・横尾忠則現代美術館にて2019年5月6日(月・振休)まで開催される。 www.fashion-press.net 公開制作で描かれた作品を紹介 「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」では、横尾忠則がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介する。 自我を忘れて制作に没頭できる公開制作 1980年代、画家へと転向したもののアトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった制作の手段が公開制作であった。が、人前で描くことで“見られている”というプレッシャーが加わり、かえって余計な自我やこだわりが消え、制作に没頭できるという実感を得た横尾は、アトリエが完成しても尚、様々な場所で公開制作を行うようになる。横尾の創作のプロセスにおいて、「観客」との共犯関係が作品にスリリングな展開をもたらしているのだ。 80年代後半から90年代にかけては、自身の少年時代の記憶を着想源とした自伝的な主題に取り組んでいたこともあり、即興的な公開制作の機会はそれ以前に比べて減少するようになった。しかしそうした中でも、横尾は制作途上の作品を公開制作によって仕上げたり、公開制作で完成させた作品に手を加えたりすることで、予定調和に陥りそうな局面を打開。作品に思いがけない変化をもたらした。 “Y字路”をテーマに 2000年代の主題で注目すべきテーマは、「Y字路」。2004年以降の公開制作において、描かれる主題のほとんどに「Y字路」が選ばれるようになる。明快な構図かつ、様々な要素を受け入れられる舞台装置として機能する「Y字路」は、スピーディーな制作の場である公開制作にはうってつけの題材であった。また、同時期に横尾の個展が全国各地で相次いで開催されたことも相まって、“ご当地”の「Y字路」作品も描かれるようになる。 また、「Y字路」を主題にした公開制作は、パフォーマンス性を帯びた制作へと発展。工事作業員や鳶服などの衣装を身にまとった横尾が、絵の中のY字路に家を建て、道路を作り、時に壊していく。様々な衣装が、絵画空間と現実空間をつなぐ役割を果たすとともに、横尾自身の個性も消し、与えられた役割に没入させ、忘我状態での制作を後押しした。 詳細 横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす会期:2019年1月26日(土)~5月6日(月・振休)開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)会場:横尾忠則現代美術館住所:兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30観覧料:一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下無料※( )内は20名以上の団体料金※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。その介護者(1名)は無料。※割引を受ける際は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券を購入のこと。※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券を提示すると、団体割引料金で観覧可能。
ファッションプレス
ブルガリやゴディバなど、人気ブランドがズラリ!西武・そごうの注目バレンタインチョコレート7選
本記事では、西武・そごうの各店舗で販売されているバレンタインチョコレートのうち、有名ブランドの限定チョコレートなどを中心に7ブランドの商品をピックアップしてご紹介。ブランドのお店では買えないレアなものも! ブルガリ、ゴディバのほか、有名ブランドの見た目も美しく、クオリティーの高いバレンタインチョコレートを見ていきましょう。
Precious.jp
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理