ポテトチップス
371

ポテトチップスに関する記事一覧です。こちらをご覧になればポテトチップスの幅広い情報を得ることができます。

ピリッとシビれる!「麻辣味」のポテトチップス新登場
ザクッとした食感とポテトの豊かな風味が人気のポテトチップス「オー・ザック」シリーズに、ピリッとシビれる“麻辣(マーラー)”が仲間入り! 今回発売する「オー・ザック<麻辣味>」120円(税別)は、2018年に新聞やメディアなどで注目された“麻辣”の味つけを手軽に楽しめるポテトチップス。 四川料理には欠かせないスパイス・花椒(かしょう)と唐辛子のシビれる辛さに、肉の旨味がマッチした仕上がりで、一度食べたらクセになること間違いなし。ピリ辛風味を表現するかのような真っ赤なパッケージが目印だ。 「オー・ザック<麻辣味>」は、2月4日(月)より全国のコンビニエンスストアで先行発売、3月4日(月)よりその他店舗で購入することができる。 寒い日のおやつやおつまみにピッタリの「オー・ザック<麻辣味>」を、いち早くゲットしてみてはいかが?
ストレートプレス
広島のご当地グルメ「ウニホーレン」がポテトチップスに!
カルビーから、広島のご当地グルメ「ウニホーレン」の味わいを楽しめるポテトチップスが新登場! 今回登場する「ポテトチップス ウニホーレン味」は、47都道府県で愛される“地元の味”をポテトチップスで再現するという「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトの新作だ。 地元愛溢れる人々からインターネット上で募集したアイディアをもとに、広島県庁でのワークショップや試食会などを行い、吟味を重ね作り上げた自信作となっている。 「ポテトチップス ウニホーレン味」は、茹でたほうれん草をバターと醤油で軽く炒め、その上にウニをたっぷりのせた広島のご当地グルメを忠実に再現。磯の香りで“ウニ”を、苦味で“ほうれん草”を表現し、独特の風味をしっかりと味わうことができる。 販売期間は1月21日(月)~3月上旬を予定し、広島・鳥取・岡山・島根・山口・香川・徳島・愛媛・高知の9県のほか、カルビー直営店とアンテナショップでも購入可能だ。 これまでにない新感覚ポテトチップスをぜひご賞味あれ!
ストレートプレス
SNS映えも!カルビーから“恵方巻味”のポテトチップスが登場
2月3日(日)の節分に向けて、現在デパートやスーパー、コンビニエンスストアなどでは恵方巻の予約を受け付けている。中にはかなりの変わりダネの恵方巻もあるようだが、カルビーからは恵方巻フレーバーのポテトチップスが登場。1月22日(火)から、全国のローソンで数量限定発売する。 「ポテトチップス 恵方巻味」は、旨みのある甘醤油味がベース。酢飯をイメージした酸味を加え、具材をイメージしたしいたけエキスパウダーやうなぎエキスパウダーなどを使用して「恵方巻」の味わいを再現している。さらに焼きのりをトッピングし、見た目にも「恵方巻」の美味しさを演出した。 SNS映えするようデザインにもひと工夫。「ポテトチップス 恵方巻味」のパッケージを持って口元に近づけると、まるで恵方巻を食べているかのように見えるように仕上がっている。 インスタグラムにアップすれば、話題になること間違いなし!?の新しい“恵方巻”。ぜひ一度トライしてみてはいかがだろうか。価格は178円(税込)。
ストレートプレス
山梨の郷土料理「甲府鳥もつ煮」がポテトチップスに!
カルビーより山梨県甲府市の郷土料理を再現した「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」が1月21日(月)から数量・期間限定で発売される。 カルビーは47都道府県の「地元ならではの味」を開発すべく、2017年度に「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足。さまざまな地域の味を再現したポテトチップスは発売する度に話題を集めている。 今回登場する「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」はインターネット上でアイディアを募集し、山梨県庁で試食会を実施。甲府市職員の協力のもと、味やパッケージを決定した力作だ。 「甲府鳥もつ煮」とは終戦後に甲府市の蕎麦屋が考案したことが始まりと言われている郷土料理で、鳥もつを砂糖と醤油の甘じょっぱいタレで照りが出るまで煮詰めた庶民の味。 「鶏もつ煮の特徴が良く再現されている」と山梨県庁や甲府市職員のお墨付きをもらったポテトチップスは、濃厚で甘辛い味わいが楽しめる。 パッケージには山梨の伝統工芸品「印伝」模様を施すことで「甲府鳥もつ煮」の深い味わいをイメージ。表面の「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」のマスコット・とりもっちゃんや裏面の山梨ならではのウェブサイト紹介などにも注目してみて。 販売エリアは山梨・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川の8都県。そのほかカルビー直営店やアンテナショップでも販売を予定している。 地元愛溢れる「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」をぜひお試しあれ。
ストレートプレス
千葉のソウルフード「勝浦タンタンメン」がポテトチップスに
漁師町・千葉県勝浦市で生まれたご当地グルメ、「勝浦タンタンメン」の味わいを忠実に再現した「ポテトチップス 勝浦タンタンメン味」が、数量・期間限定で1月21日(月)より発売される。 47都道府県の“地元ならではの味”をポテトチップスで再現するカルビーの「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトの新作として登場する「ポテトチップス 勝浦タンタンメン味」は、「熱血!!勝浦タンタンメン船団」が「醤油ベースでピリ辛な勝浦タンタンメンの特徴が良く再現されている!」と太鼓判を押す一品だ。 豚挽き肉の旨みや玉ねぎの甘味にラー油がたっぷり利いた醤油スープの味わいが楽しめるポテトチップスで、袋を開けた瞬間に、ラー油とごま油の香りがふわりと広がる。 販売エリアは千葉・茨城・栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川・山梨の8県だが、カルビー直営店およびアンテナショップでも随時販売予定となっている。価格は120円前後(税込)。数量限定のため、無くなり販売終了となるので、気になるあなたは早めにゲットして!
ストレートプレス
減塩なのに美味しい!カラダにうれしいポテトチップス新登場
カルビーは、塩分を30%カットしながらも、しっかりとした味わいが楽しめる新商品「おいしく減塩ポテトチップス スパイス香るコンソメ味」を1月14日(月・祝)~2月下旬の期間、全国のコンビニエンスストア限定で販売する。 「おいしく減塩ポテトチップス」シリーズは、旨みや酸味、スパイスなどをきかせて“減塩なのにおいしい”を実現した夢のようなポテトチップス。2017年10月に第一弾として発売された「七味にんにく味」は、インパクトのある味わいと食べ応えで人気となった。 今回登場する「スパイス香るコンソメ味」は、唐辛子をはじめ、ブラックペッパー・カレーパウダー・ガーリックの4種類のスパイスに、チキンやビーフなどの肉と野菜の旨味が詰まったコンソメスープのコク深い味わいに仕上がっている。小腹が空いた時や、お酒のおつまみにもピッタリだ。 塩分は気になるけどポテトチップスはやめられない…そんなワガママを叶えてくれる新商品をお見逃しなく!
ストレートプレス
定番のポテトチップスが進化!お酒に合う“贅沢な”のり塩
ポテトチップスの定番「のり塩」を、お酒によく合うおつまみとして進化させた新ポテチが登場!贅沢な「のり塩」ポテトチップスをお酒のお供に年越しなんていかが? 多くの人に支持され、今年で56年の歴史を重ねるロングセラーブランド「湖池屋ポテトチップス のり塩」をさらに進化させた「ポテトチップス 逸品のり塩」は、香り高いごま油が“青のり”、“あおさ”、“焼のり”という3種の異なる個性を引き立てる、お酒によく合うようポテトチップス。 「ポテトチップス 逸品のり塩」100g入りは、12月24日(月)より全国コンビニエンスストア限定で発売される。 平成最後の年末に発売されるのにふさわしい「ポテトチップス 逸品のり塩」があれば、呑む機会の多くなる年末年始に楽しみがさらに増えること間違いなし!
ストレートプレス
通常ポテチ3倍の厚み!カルビー史上最厚級のポテトチップス
これまでのポテトチップスの概念がこれからは変わるかもしれない、そんな史上最厚級のポテチが「カルビー」より信越エリア限定で発売される。 “お客様の生活の一部となるような、これまでありそうでなかった新しいポテトチップスを作りたい”との熱い想いで、約10カ月間の開発期間を経て作られた「ポテトデラックス マイルドソルト味」「同 ブラックペッパー味」の一番の特徴は、通常のポテトチップスの約3倍あるという厚さ。 じっくり揚げて香ばしさを実現する“2度揚げ製法”により、はじめはカリッと、あとからホクホクとした食感に変化。こんがりとした色味のポテトチップスは、まるで金貨のよう。 「ポテトデラックス マイルドソルト味」にはジャガイモ本来の味わいを引き立てるよう、すっきりした旨味が特長のロレーヌ岩塩を使用。 「ポテトデラックス ブラックペッパー味」にはビーフの旨味と、隠し味に粉末みそが使われている。価格は各140円前後(税込)となっている。 食べ応えがあって“デラックス感”を感じる「カルビー」史上最厚級のポテトチップス、長野県・新潟県でしか買えないプレミアムなおいしさを、ぜひ味わってみて!
ストレートプレス
幻の“今金男しゃく”を使用した最高級ポテトチップスが誕生
うま味調味料・香料無添加の「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズに、新たに「KOIKEYA PRIDE POTATO 幻の今金男しゃく 北海道の塩」が仲間入り!10月29日(月)より全国で発売開始となる。 北海道今金町で栽培されている“今金男しゃく”は、高品質かつ生産量や流通量に限りがあるという希少性の高さから“幻のじゃがいも”と呼ばれている。 通常の男爵いもよりも糖分やデンプン量の多い“今金男しゃく”は、油で揚げると焦げやすいため、ポテトチップスにするのは非常に困難だと言われていたが、湖池屋が55年以上にわたり培ってきた技術とノウハウを背景に、素材の味を活かしたこだわりのポテトチップスが完成した。 「KOIKEYA PRIDE POTATO 幻の今金男しゃく 北海道の塩」の発売に先駆け、9月13日(木)より湖池屋オンラインショップにおいて“今金男しゃく”を使用した「ポテトチップスうすしお味 今金男しゃく」「ポテトチップスのり塩 今金男しゃく」の予約受付を開始したところ、わずか1カ月足らずで予定数量を完売する人気っぷり。 最高級の“今金男しゃく”をあなたもぜひ味わってみて!
ストレートプレス
北海道産「ぽろしり」を使ったポテトチップスが期間限定で発売
カルビーから、ポテトチップスのために開発されたじゃがいも「ぽろしり」を使った「ポテトチップス北海道産ぽろしり オホーツクの塩味」「同 昆布しょうゆ味」120円(税込)が10月8日(月)~11月中旬の期間限定で発売される。 「ぽろしり」とは、カルビーグループであるカルビーポテトが10年以上かけて開発したじゃがいものオリジナル品種。じゃがいもの品種開発にはとても長い年月がかかり、毎年3万粒の種をまいて1品種できるかどうかの厳しい道のりとのこと。「ぽろしり」は、10年以上かけてやっと生まれた期待の品種だ。 味がよいのはもちろん、形が揃っていてポテトチップスにした時に食べやすいのもメリット。「ぽろしり」という名称は、北海道の「十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)」にちなんでつけられた。 今回発売される商品には、2018年に北海道で収穫された「ぽろしり」が使用されている。 フレーバーは、「オホーツクの塩味」と「昆布しょうゆ味」の2種。 「オホーツクの塩味」は、オホーツクの塩を使った、「ぽろしり」の美味しさを引き立てるシンプルな塩味。 「昆布しょうゆ味」は、北海道日高産昆布を使用し、昆布の旨味と香ばしいしょうゆの味わいが「ぽろしり」とベストマッチした一品。 販売されるのは、たった1カ月ちょっとの間。じゃがいも不足で店頭からポテトチップスが消えたのも記憶に新しいが、この幻とも言える新たなじゃがいもを使ったポテトチップスも、買いたいと思った時にはすでに販売終了…、とならないよう、見つけたら即買いをおすすめしたい。
ストレートプレス
大人の女性にぴったり!カリカリ食感の新ポテトチップスが登場
ポテトチップスをくつろぎの時間に楽しむのが至福のひととき…という女性に味わってほしい、大人の女性をターゲットにしたポテトチップスの新ブランドが登場。 カルビーから、9月17日(月)を皮切りに全国にて順次発売される「POTATO CHIPS カリラ ソルト&レモン味」「同 チーズ&ハーブ味」は、カリカリ食感が新しいポテトチップス。 波型カットの厚切りじゃがいもをじっくりと低温で堅めに揚げる“釜揚げ製法”を採用した「POTATO CHIPS カリラ」は、噛みごたえのある食感がクセになるおいしさ。 フレーバーは、シチリア島の岩塩を使用し、すっきり爽やかなレモンの酸味を引き立てた、食べ飽きない味わいの「ソルト&レモン」と、ミルキーであっさりとした口当たりのチーズにハーブとほんのりガーリックをきかせた「チーズ&ハーブ」味の2種類。 波型カットのチップスは溝にフレーバーが入り込むため、最後まで濃厚な味わいを楽しめるのも特徴の一つ。パッケージも女性に好まれるようなおしゃれな手書き風のイラストを採用。落ち着いたデザインは、リラックスしたおやつタイムに最適だ。 「POTATO CHIPS カリラ ソルト&レモン味」「同 チーズ&ハーブ味」は60g入りで140円前後(税込)。北海道・中国・四国・九州エリアでは9月17日(月)発売、東北・甲信越・関東・静岡エリアは10月8日(月)発売、中部・近畿エリアは11月26日(月)より発売される。 カリカリとあっという間に食べてしまう人が続出しそうな新感覚のポテトチップス。くつろぎのひとときのお供にどうぞ。
ストレートプレス
鹿児島・山口・高知・佐賀の味のポテトチップスが再登場!
カルビーの「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトが、明治維新から150年になる今年、「平成の薩長土肥」とコラボレーション。昨年発売した鹿児島・山口・高知・佐賀の味のポテトチップスを数量限定・期間限定にて8月6日(月)より西日本限定で再発売中だ。 「♥JPN」は、47都道府県の“地元ならではの味”を開発するプロジェクトで、2017年度に3回に分けてそれぞれの地元に根付いた味をポテトチップスとして再現する「カルビーポテトチップス47都道府県の味」を発売している。 このプロジェクトは、地域に関わる人々を元気にし、さらには日本を元気にしていくプロジェクト。お菓子を通して、地域で有名な産品や知る人ぞ知る味などを全国に紹介することで、地域の食文化の発展を支え、豊かな生活の形成に貢献することを目的としている。 鹿児島の味「ポテトチップス 豚骨みそ味」は、鹿児島の郷土料理である「豚骨」の特長的な香りを感じる一品。味噌や黒糖を使った甘辛い味わいと、豚肉のうまみがマッチしてクセになるおいしさだ。パッケージ背景には鹿児島の伝統的工芸品である大島紬泥染めをイメージした柄を使用している。 山口の味「ポテトチップス 山賊焼味」は、若鶏に甘辛いタレをつけ、こんがりと炭火で焼いた「いろり山賊」の山賊焼の味わいが楽しめるポテトチップス。パッケージは、いろり山賊で山賊焼きを食べた記憶を想起させるようなデザインになっている。 高知の味「ポテトチップス 芋けんぴ味」は、焼きいもパウダーなどを使用していて、一口食べると「芋けんぴ」の味がし、まるでさつまいもであるかのように感じられる。パッケージには、高知県振興キャンペーンである「高知家」を取り入れ、背景は土地和紙をイメージし、よさこい祭りで使われる鳴子がちりばめられている。 佐賀の味「ポテトチップス 佐賀のり味」は、佐賀の特産品である「佐賀のり」の味わいがポテトチップスで楽しめるようになっている。パッケージには、背景全面に焼きのりをあしらい、佐賀県のブランドロゴ「佐賀さいこう!」や高級感のあるシズル写真を使用。中央の円内は有明海の穏やかな波を表現している。 お盆や夏休みで西日本へ行く際は、ぜひチェックしてみて!
ストレートプレス
納豆をかけて食べる、納豆好きのためのポテトチップス登場!
6月25日(月)より全国のローソン店舗にて、別添の納豆フレークをポテトチップスにかけて食べる新商品「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」が数量限定で販売される。 “かけて食べる”という斬新なコンセプトは、実は今回が2度目。 2016年、別添のかつおぶしをかける「かけて食べるポテトチップス お好み焼き味」を同じくローソン店舗限定で発売したところ好評を得たため、第2弾として今回の商品が開発されたそう。 同商品は、納豆のネバネバした食感とポテトチップスのパリっとした食感の両方が楽しめるポテトチップス。 オススメの食べ方は以下の通りだ。 ポテトチップスをそのまま一口味わう。 納豆フレークをかける。 ポテトチップスが割れない程度に納豆フレークが全体にかかるようにしっかりふる。 食感と味の変化を楽しむ! そのまま食べてもおいしくて、納豆フレークをかけたら噛めば噛むほど納豆の味わいが感じられる「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」。 ぜひローソンの店舗でチェックしてみて!
ストレートプレス
冷やして食べてもおいしい?! ポテトチップス「塩あずき味」
この商品は、中にどんな食べ物が入っているのか、一見しただけでは分からない“気になるお菓子”が6月25日(月)より登場する。 コンビニやスーパー、一部百貨店などで発売の「ポテトチップス 塩あずき味」130円は、山芳製菓より6月のポテトチップスとしてお目見えした新作。 「あずきバー」でおなじみの井村屋とのコラボレーションで誕生した「ポテトチップス 塩あずき味」は、そのままでももちろん、なんと冷やすとさらにおいしく食べられるというポテトチップス! 井村屋のあずきパウダーを使っており、濃厚で深い甘みがある味わいが特長だ。また塩味も効かせることで、ポテトチップスとして飽きのこない味わいに仕上がっている。 さらに「ポテトチップス 塩あずき味」の発売を記念して、Twitterに“冷やして食べるとおいしいもの”とハッシュタグを入れて、対象ツイートを引用リツイートして参加すると、「ポテトチップス詰め合わせ(12袋)」「わさっちぬいぐるみ」「あずきバー ミニチュアマスコット」を抽選で20名にプレゼント!キャンペーン期間は商品発売日から7月9日(月)までなので、参加してみたい人はお早めに。 スナック菓子分野に“冷やして食べる”という新しい味わい方を提案する「ポテトチップス 塩あずき味」で、ポテトチップスを夏っぽく楽しんでみて。
ストレートプレス
世界遺産“宗像”の魅力が詰まったポテトチップスが誕生!
「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」の第二弾ポテトチップスが登場する。 湖池屋は、こだわりのフレーバーを次々に生み出す「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズが今年2月に一周年を迎えたことを機に、さらなる究極を目指し、「日本の誇り」である風土・文化やそれらが生み出す素材を「KOIKEYA PRIDE POTATO」に込めて発信するプロジェクトである「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」を始動。 第一弾「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」に続き、今回第二弾として誕生するのが、2017年に世界遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を祝福・応援する意味を込めた「JAPAN PRIDE POTATO 九州焼のり醤油」だ。 「JAPAN PRIDE POTATO 九州焼のり醤油」は、伝統製法に基づいた昔ながらの醤油作りを続ける宗像市のマルヨシ醤油と、ミネラルが豊富で風味豊かな九州有明海産ののりを使用した“日本の誇り”を込めた一品で、1袋あたり1円が世界遺産保全活動資金として寄付される。 「JAPAN PRIDE POTATO 九州焼のり醤油」は、オープン価格。6月11日(月)より全国コンビニエンスストアにて、6月18日(月)からは全国スーパーマーケットなどにて発売。 スペシャルな湖池屋のポテトチップスをじっくり味わって、世界遺産に貢献してみて!
ストレートプレス
食欲をそそる!「ポテトチップス 濃厚お好み焼ソース」新発売
1962年の「湖池屋ポテトチップス のり塩」の発売以来、55年間にわたり、日本産じゃがいも100%にこだわってポテトチップスを作ってきた「湖池屋」。 そんな「湖池屋」の新作ポテトチップスは、日本人のソウルフードでもある“お好み焼き”の味わい! 6月4日(月)より発売の「ポテトチップス 濃厚お好み焼ソース」は、魚介のうまみとコクがきいた、あまくち濃厚ソースが決めてのポテトチップス。もちろん日本産じゃがいもを100%使用しており、あおさとソースの香りが際立つ、食欲をそそる一品に仕上がっている。 その旨さは、おやつとしてはもちろんのこと、晩酌などのお供にも最適だ。サクサクの食感のなかにお好み焼きの濃厚ソースのうまみとコクが楽しめる「ポテトチップス 濃厚お好み焼ソース」を、ぜひご賞味あれ!
ストレートプレス
ポテトチップス40種類を食べ比べ!関西ウォーカー編集部が選ぶベスト3はコレだ!
ワイワイ食べられ、パリポリ楽しいポテトチップス。大定番の塩味も、食べ比べれば違いに驚くはず!バリエ豊かなポテトチップスから、関西ウォーカー編集部員が食べ比べて決めたベスト3を発表。<※情報は関西ウォーカー(2018年5月8日発売号)より>※..
ウォーカープラス
ピリッと大人な辛味!“のり”と“柚子こしょう”のポテトチップス
ストレートプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理