デザイナー
4491

デザイナーに関する記事一覧です。こちらをご覧になればデザイナーの幅広い情報を得ることができます。

「ディーゼル」のデザイナーとのコラボプロジェクト第2弾は「Y/プロ」
「ディーゼル(DIESEL)」は、世界的に影響力のあるデザイナーとコラボレーションするプロジェクト「レッドタグプロジェクト(RED TAG PROJECT)」の第2弾を19日に発売した。今回はグレン・マーティンス(Glenn Martens)「ワイプロジェクト(Y/PROJECT)」デザイナーを迎え、フリーサイズでユニセックスなアイテムを展開する。
WWD
ディーゼル レッドタグ 第2弾 - Y/プロジェクトのデザイナー、グレン・マーティンスによるデニムジャケット&パンツなど
ディーゼル(DIESEL)による、世界的に影響力を持つ革新的なデザイナーを招き、彼らがデザインしたカプセルコレクションを販売する「レッドタグプロジェクト(RED TAG PROJECT)」。その第2弾として、Y/プロジェクト(Y/PROJECT)のデザイナーであるグレン・マーティンスとコラボレーションしたコレクションが、ディーゼルオンラインストアと、一部のセレクトショップにて販売される。 www.fashion-press.net ディーゼルが展開する「レッドタグプロジェクト」では、世界的に注目度の高いデザイナーを招き、カプセルコレクションを製作している。2018年初めに始動し、第1弾ではフッド バイ エアー(HOOD BY AIR)のシェーン・オリバーとタッグを組んだ。 続く第2弾では、Y/プロジェクトのグレン・マーティンスを迎える。このカプセルコレクションを製作するにあたって、彼が掲げたのは、「完璧ではないからこそ魅力がある(Go With The Flaw)」というコンセプト。あえて、故意に不完全さを残すことで、着る人が自分流に自由に着こなすことができるように各ピースを仕立てた。ごくベーシックなワードローブをベースに、自由に付け外しができるサイドシームのボタンなどのデザインを施すことで、フリーサイズかつジェンダーレスなアイテムへとシフトしている。 極端に裾にかけて萎んだシルエットのレザージャケットには、ジッパーを中央だけでなく、サイドとセンターバックにも配すことで如何様なシルエットにも着られる1着に。また、あえて長く設定した袖にもジッパーが配されており、くるりと袖を捲れば長さが調節できる仕組みだ。 ボトムスとしては、デニムパンツと、ラフなスウェットパンツがラインナップ。いずれも、ウエストのサイズやデザインを調節できるように、極端に長い股上に仕立てられている。女性なら股上の深いデザインのままタックインして着るもよし、男性ならボタンをはずして少しねじりを加えて着るもよし。未完成であるからこそ、自分のオリジナルのスタイルが楽しめそうだ。 【詳細】 ディーゼル レッドタグプロジェクト第2弾 発売日:2018年12月19日(水) 取り扱い:ディーゼルオンラインストア、一部のセレクトショップ デニムジャケット 65,000円+税 デニムパンツ 58,000円+税 スウェットトップ 68,000円+税 レザージャケット 435,000円+税 スウェットトップ 68,000円+税 スウェットパンツ 75,000円+税 【問い合わせ先】 ディーゼルジャパン TEL:0120-55-1978
ファッションプレス
続・走れる靴、そしてデザイナーのキャラ。(Maki Hashida)
続・走れる靴、そしてデザイナーのキャラ。(Maki Hashida)
VOGUE
「ハナエモリ」の新デザイナーに松重健太が就任 パリから見た日本らしさを発信
ハナエモリ・アソシエイツは、「ハナエモリ」の新デザイナーとして、パリ在住の松重健太と契約した。松重は11月から任務に就いており、2020年春夏物よりデザインを統括する。なお、2015年春夏からブランドのディレクションを行っていた天津憂との契約は18年10月で満了していた。
WWD
「ジャンヴィト ロッシ」のデザイナー来日イベント 靴裏に直筆サインをプレゼント
イタリアのシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」は11月30日、大阪の阪急百貨店うめだ本店で2019年春夏コレクションの発売を記念したデザイナー来日イベントを開催する。当日、午後5時から7時半のイベントで商品を購入した人には、ロッシがデザイン画をプレゼントするか、靴裏に直接サインを書く。12月1日の午後3時から5時には、日本橋高島屋S.C.のブティックでも同様のイベントを開く。阪急百貨店うめだ本店は12月4日まで、4階のプロモーションスペースでポップアップストアをオープンしている。
WWD
「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.06 福島市飯坂温泉 ラジウム温泉玉子】
デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。 昨年から福島県とのお仕事が始まりました。日本全国頻繁にいろいろなところにおじゃましているのですが、福島にしっかり滞在したのは今回のお仕事が始まってから。震災から7年以上が経った福島では避難指示区域の解除が進み、農産物の生産や出荷の制限も大きく緩和されてきました。しかし解除後の地域でも住民の帰還は進まず、高齢化も著しいため、農業の人手や労働力の確保が難しい状態が続いていると言われています。当然ながら基準値を超えた農水産物は市場に出回ることはありません。安全性が確保されているにもかかわらず、お米や果物などの取引価格は震災前に比べると低迷を続けているそう。今、福島がどうなっているのか、どんな暮らしや風景があるのか、それを確かめるためには自分が福島に行くことが一番!と思い、福島のプロジェクトに参加したいと両手をあげました。 桃や柿、お米もお酒ももちろん美味しいのですが、今回お土産にご紹介したいのは福島市にある飯坂温泉の「ラジウム温泉玉子」。日本で初めて「ラジウム」の存在を飯坂温泉で確認され、日本近代科学史の第一歩を刻んだ飯坂温泉ではこれを機に温泉玉子を「ラジウム玉子」として売り出したのだそう。ラジウム玉子は摂氏63℃~70℃の源泉に30分から1時間入れておけばできあがり。実際食べてみると他の温泉玉子より黄身の味が濃厚で弾力もあり、白身がとろけます。ラジウム玉子を牛丼弁当などに乗せたり、白いご飯に乗せてちょっと醤油をかけるだけでなんだか贅沢な気分に。 カラフルな包み紙がレトロでなんとも懐かしく可愛い!ひとつひとつ地元のお母さんが丁寧に包んでいます。常温で約2週間と日持ちもするのでお土産にピッタリです。老若男女問わず喜ばれること間違いなし。 この時期、福島は柿のオレンジに染まります。きれいに吊るされる柿のオレンジは見ているだけで元気になります。 何度かおじゃましてたくさんの方にお会いしましたが、福島は人がとても元気で温かく、ごはんも美味しくて、自然も北欧のように美しい。なんだかイメージと違った部分もありとても驚きました。訪れる度に「ただいま」と言いたくなるような福島。これからお仕事で長い長いお付き合いが始まります。 【過去の「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!はこちら】
PeLuLu
日本の伝統菓子がデザイナーとコラボ オシャレになった和三盆
手みやげを選ぶ第一条件は、おいしいこと。そして見ているだけで幸せな気分になれる、パッケージやビジュアルであること。貰ったとき、箱を開けたとき、そして口にしたときに気持ちが華やぐ逸品を、おいしいものや美しいものに精通した方々がご紹介。大切なあの人に贈るからこそ、味へのこだわりも、見た目のかわいさも欲張りたい。そんな願いを叶えてくれる充実のセレクトです。
anan web
デザイナー6人に聞いた、「あなたの永遠の青春アイコンは?」
「青春」を楽しんでいる若者たちのように、毎シーズン、純粋でフレッシュなクリエイションを生み出すデザイナーたち。では、なぜ、彼らはヤングなマインドでいられるのか? その心を惹きつけて止まない、永遠のアイコンについてジェレミー・スコットやイザベル・マランなど6人のデザイナーに聞いてみた。
VOGUE
二足のわらじを履くデザイナーがバッグブランドを立ち上げた理由
2015年に創業したアメリカ発のトラベルブランド「TSOG」が8月から日本向けのECサイトを公開し、本格上陸を果たした。ブランドのキーワードは“Connecting with Culture(文化とつながる)”。創業者のカルロス・ズニーガ(Carlos Zuniga)が世界各地を訪れ、その土地や文化、人々から受けた刺激をバッグのデザインに落とし込んでいる。日本で購入できるのは全4ラインで、スイス、スペイン、米国の他、日本の京都にインスパイアされたアイテムが並ぶ。
WWD
伝説のデザイナー「アライア」のポップアップストアが六本木でスタート
エストネーション六本木ヒルズ店のオープン15周年を記念したイベントとして、世界中にファンをもつ「ALAÏA(アライア)」のポップアップストアがオープンします。80年代に一大ブームを巻き起こしたボディコンシャスなシルエットで名を馳せたアズディン・アライア。そんなアライアのスタイルを受け継いだ2018AWのプレコレクションとメインコレクションが一堂に介する、希少なチャンスです。ぜひ豊富なアイテムがそろうこの機会に、エストネーション六本木ヒルズ店に足を運んでみてください。
Precious.jp
「フラボア」デザイナーのブランドが再始動 ショールーミング形式の予約受注制
ササキハルキ「フラボア(FRAPBOIS)」デザイナーは、活動休止していた自身のブランド「イクラ(IKURAH)」を10月19日から再始動する。運営はビギが行う。衣服生産プラットフォームを提供するシタテル(熊本市、河野秀和・社長)の受注から生産まで一括管理するECシステム「SPEC」を利用し、受注分のみを生産・販売する。受注は、同日12時に東京・中目黒にオープンする「フラボア」旗艦店とECを絡めたショールーミング形式で行う。
WWD
服も写真も楽しめる!デザイナーとフォトグラファーが手がける特別な展示会
10月19日(金)~22日(月)までの4日間、東京都渋谷区のギャラリー「Irie Yawd(アイリヤード)」にて開催される洋服と写真の展示会「みちる、かける、あふれる」。映画や広告などで活躍する新進気鋭のファッションデザ […]
Sheage
A.P.C.青山・大阪で、デニムにデザイナーのジャン・トゥイトゥがハンドペイントする限定イベント
A.P.C.(アー・ペー・セー)が、デザイナーのジャン・トゥイトゥのハンドペイントイベント「THE HAND PAINTING SESSION」を開催。2018年10月13日(土)に青山店、14(日)に大阪なんば店にて行われる。 www.fashion-press.net 「THE HAND PAINTING SESSION」では、A.P.C.の創設者でありデザイナーでもあるジャン・トゥイトゥが登場。店内で、デニムアイテムを購入すると、本人からその購入アイテムにハンドペイントをしてもらえる。 【詳細】 A.P.C. THE HAND PAINTING SESSION 開催日・会場:2018年10月13日(土) A.P.C. 青山店 / 14日(日) A.P.C. 大阪なんば店 時間:共に16:00〜19:00 【問い合わせ先】 アー・ペー・セー カスタマーサービス TEL:03-3710-7033
ファッションプレス
「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.03 伊根の舟屋】
デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。 デザインを教えてくれた師匠が、とある町をFacebookで投稿していました。その町は京都の伊根。丹後半島にある、舟屋が美しいことで有名な小さな港町です。京都というと、京都市内のイメージが強いのですが、京都府は日本海にも接するかなり長細い形。地図を見直すと驚かれる方もいるのではないでしょうか。さっそく「伊根の舟屋」の美しさに魅せられて行ってまいりました!ここで見つけたオススメのお土産をご紹介します。 「伊根の舟屋」とは周囲5キロメートルの伊根湾に沿って約230軒ある舟屋のことで、1階が舟のガレージ、2階が居間となった独特な建物の事を言います。海辺ぎりぎりに建ち並んでいるので、まるで海に浮かんでいるように見えます。全国的にも珍しい江戸時代からある舟屋が立ち並ぶこの風景は、壮観でとても美しく、今でも大切に残されていて何時間でも眺めていられます。重要伝統的建造物群保存地区選定地でもあります。 初めて来たのにどこか懐かしく、とても美しい風景。日本海なのに波がほとんどないことに驚きました。海の水も透明度が高く、魚影を見ることができます。映画のワンシーンを観ているかのよう。 車庫のように1階に船を停めます。家の1階が海なんて私たちの日常では考えられません。舟屋の内側から見るとなんとも不思議な光景です。海が近い!沈んだりしないのかな、、と不安になるくらい。 あたたかい日の光と、ほんのり潮の香りがする優しい風、水の音がとても心地いい。思わず目を閉じて、猫になったかのような気分に。 船に乗って湾の内側から舟屋を見ることもできます。伊根湾めぐりの遊覧船は、舟屋が立ち並ぶ伊根湾を25分かけて周遊します。湾内から見る舟屋もまた風情がありとても美しいのです。日本にもこんな場所がまだ残っていたなんて、と尊い気持ちに。しかし、餌を持つと鳥たちの襲撃に合い、あまり舟屋に集中できない! スリル満点のクルージングです。地元の船頭さんが自分の船でガイドをしながら湾内を周遊してくれる海上タクシーもあります。 ウミネコが恐れることなく挑発気味に近づいてきます。目がちょっと怖い。 船が出発すると数え切れないほどの鳥の大群が餌を勢いよく食べにきます。なんとこの鳥の群れの半分はトンビ。爪が鋭いので、ある程度俊敏に避ける必要があります! 舟屋の町を歩くとかわいいマンホールに出会います。町全体で舟屋を大事にしていることがこういったところでも感じられます。 この地域では伝統的な保存食でもある、鯖をぬか漬けにした「へしこ」がお土産で人気です。女性の杜氏で有名なこの町唯一の酒屋さん、向井酒造も必見です。古代米で作られた赤い日本酒「伊根満開」はフルーティーでワインのような日本酒。私も憧れてやまない世界的に有名なデンマークのレストラン「ノーマ」が日本に期間限定で出店した時にこの日本酒が選ばれたそう!あまり他の地域では流通しておらず、東京でも買えるのはほんの一部のお店のみ。 創業250年の向井酒造。女性の杜氏によるフルーティーで独創的な日本酒が人気だそう。伊根の舟屋郡を背景にお土産ショット。職業柄ついついこんなことをやってみたくなります。舟屋のイラスト付きの日本酒も可愛くてお土産にぴったりです!道の駅「舟屋の里公園」からの眺めは最高。丸や四角のイケスはブリの養殖のものだそう。 初めてなのにどこか心懐かしく、落ち着く伊根。町の人との会話も楽しく、みなさんこの町を大切にされている様子。時間もゆっくり進み、優しい海の音、鳥の声、潮の香りなど、都会では感じることができないものがここにはたくさんありました。しばらく住んでみたいなぁと思ったほど。なにもかも忘れて肩の力を抜くことができる、とっておきの町です。
PeLuLu
Y-3のアクセサリーを手掛けたデザイナーによる、ジュエリーブランド「リーフェ ジュエリー」がデビュー
日本発のジュエリーブランド「リーフェ ジュエリー(RIEFE JEWELLERY)」が、2018年秋冬にデビュー。伊勢丹新宿本店のセレクトショップ「リ・スタイルプラス(ReStyle Plus)」では、同ブランド初となる限定ストアを、2018年11月28日(水)から12月11日(火)まで開催する。 www.fashion-press.net 「リーフェ ジュエリー」は、“強さという美しさ”をコンセプトに、身に纏う人にとってのシンボルとなるジュエリーを提案するジュエリーブランド。全てメイド・イン・ジャパンに拘ったというアイテムは、宝石鑑定の資格をもつデザイナー・春井里絵が自ら買い付けを行ったもので、高品質のカラーストーンを多数しているのが特徴だ。 また地金には、10金のYG・WG・PGを中心に、ブラックメッキ加工や、エポキシ樹脂などを採用して、その耐久性も重視。年を重ねても楽しむことができる、美しいファインジュエリーを展開する。 “ Liberation-解放-”をテーマに掲げるファーストコレクションは、4つのカテゴリのもと構成されている。限定ストアでは、そのカテゴリの1つ“行動する(Motion)”をテーマにしたカプセルコレクションを先行発売。繊細な中にも、躍動感あふれるデザインと石使いがポイントの、リングやペンダント、ピアスやチョーカーといったアイテムが、会場を彩る。 なおデザイナー・春井里絵は、フリーランスデザイナーとして「Y-3(ワイスリー)」のアクセサリー類全般の制作に携わった経験を持つ人物。元クロムハーツ(CHROME HEARTS)やエーアンドジー(A&G)のギローム・パジョレック(Guillaume Pajolec)からワックスカービングなどを学んことがきっかけとなって、ジュエリーの世界へと足を踏み入れている。限定ストアの会期中には、春井自身も店頭へ立つ予定だ。 【詳細】 ジュエリーブランド「リーフェ ジュエリー」デビュー ■限定ストア オープン期間:2018年11月28日(水)~12月11日(火) 場所:伊勢丹新宿店 本館3階=インターナショナルクリエーターズ/リ・スタイルプラス 住所:東京都新宿区新宿3丁目14−1 <アイテム例> アイテム:リング、ペンダント、ピアス、チョーカー、イヤカフ 素材:ホワイトダイヤ、 ブラックダイヤ、 ブルーサファイア、 カラーサファイア、 ガーネット、 ロードライトガーネット、 アイオライト、 ラピスラズリ、 トルマリン、 トパーズ、 マラカイト、 クォーツ、 イエロークォーツ、 スモーキークォーツ、 サボライト、 ブラックオニキス、 ホワイトオニキス、 K10ゴールド(YG/PG/WG/BG/GG) など 価格帯:約30,000円~1,000,000円
ファッションプレス
必ずGETしたい「ザ・ロウのトートバッグ」を発見!デザイナーの経験値から生まれた逸品
今シーズン手に入れたいと思わせるのは、アシュリー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンがデザイナーを務めるファッションブランド、「THE ROW(ザ・ロウ)」から登場した究極のトート「MARGAUX BAG 15(マルゴーバッグ)」。デザイナーである前に、消費者でもあるふたりのファッション経験値から生まれた、超一流のバッグは、持つ人に寄り添った実用性の高さも最重要ポイントです。今回は、お仕事バッグの新定番として着目したい「真のラグジュアリーバッグ」の魅力をたっぷりとお届けします。
Precious.jp
「モンクレール ジーニアス」南青山に限定ストア、世界的デザイナー8人との限定コラボグッズ
モンクレール(MONCLER)が、世界的デザイナー8人を迎えて展開するプロジェクト「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の期間限定ストア「ハウス オブ ジーニアス東京(HOUSE OF GENIUS)」を、2018年10月5日(金)から12月30日(日)まで南青山にオープンする。 www.fashion-press.net 8人のデザイナーとタッグを組む「モンクレール ジーニアス」 「モンクレール ジーニアス」とは、世界から8人のファッションデザイナーを迎え、月替わりで各デザイナーが1つのコレクションを発表してゆくプロジェクト。参加デザイナーは、海外からヴァレンティノ(VALENTINO)のピエールパオロ・ピッチョーリ、シモーネ ロシャ(SIMONE ROCHA)のシモーネ・ロシャ、パーム・エンジェルス(Palm Angels)のフランチェスコ・ラガッツィ、クレイグ グリーンのクレイグ・グリーン。 日本からはフラグメント(fragment)の藤原ヒロシ、ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)の二宮啓が抜擢。また、「モンクレール グルノーブル」をこれまで手掛けてきたサンドロ・マンドリーノ、キュレーターとしてカール・テンプラーが参加している。 各デザイナーによる限定グッズを販売 モンクレール ジーニアスに特化したストア「ハウス オブ ジーニアス東京」では、2018年2月より発表されてきたコレクションアイテムを、デザイナー別に日程を区切ってフォーカスして、販売する。 ヴァレンティノのピエールパオロ・ピッチョーリ監修レコードや、シモーネ ロシャのロマンティックでレトロなジュエリー、藤原ヒロシとバートン(BURTON)が共同制作したスノーボード、パーム・エンジェルスのフランチェスコ・ラガッツィによるスケートボードやバッグなど、本コレクションでしか手に入らないクリエイティブなアイテムを揃える。 スケジュール・限定アイテム詳細 ・8 モンクレール パーム・エンジェルス:2018年10月5日(金)~11日(木)限定アイテム:スケートボード 48,600円(税込)・1 モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ:10月11日(木)~18日(木)限定アイテム:ピエールパオロ監修のレコード 1,620円(税込)・5 モンクレール クレイグ・グリーン(本人来日予定):10月18日(木)~11月1日(木)限定アイテム:グレイソンとの特製シューズ 85,536円(税込)・3 モンクレール グルノーブル:11月1日(木)~15日(木)限定アイテム:スキーヘルメット 102,600円(税込)・4 モンクレール シモーネ・ロシャ(本人来日予定):11月15日(木)~29日(木)限定アイテム:特製ジュエリー(イヤリング 76,680円(税込)、ヘアクリップ 21,492円(税込)、ネックレス 50,220円(税込))・7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ:11月29日(木)~12月6日(木)限定アイテム:バートン x モンクレール x フラグメント スノーボード 135,000円(税込)・6 モンクレール ノワール ケイ ニノミヤ:12月6日(木)~13日(木)限定アイテム:ペーパーフラワー 7,020円(税込)・POLDO(犬用グッズ):12月13日(木)~24日(月)・2 モンクレール 1952:12月24日(月)~30日(日)限定アイテム:パッチワークダウンブランケット&パーソナライゼーション企画 4 モンクレール シモーネ・ロシャの特設ティーバーが登場 4 モンクレール シモーネ・ロシャがフォーカスされる期間中、11月17日(土)から21日(水)までは、4 モンクレール シモーネ・ロシャのフェミニンな世界観を表現した限定ティーバーを設置。フランスのプレミアム ティー メゾン「クスミティー(KUSMI TEA)」の協力のもと、3種類のティーテイスティングとティーアソートメントが楽しめるサービスを先着・数量限定で提供する。なお、期間中コレクションの購入者には、シモーネ・ロシャがキュレーターを務めたアントワープ発の雑誌「A MAGAZINE」の最新号をプレゼント。こちらも先着・数量限定での特典となる。 限定コレクション「ザ・イエロー」発売 店内では、限定のコレクション「ザ・イエロー(The Yellow)」も展開される。モンクレール ジーニアスを象徴するイエローとブラックの2カラーでデザインされたTシャツやラップトップケース、ウエストバッグ、さらにはステーショナリーなどバラエティー豊かなラインナップとなっている。 詳細 「ハウス オブ ジーニアス」オープン期間:2018年10月5日(金)~12月30日(日)営業時間:11:00~20:00住所:東京都港区南青山5-2-12 R2-ATEL:03-6805-1582 ※10/5以降開通■4 モンクレール シモーネ・ロシャ 特設ティーバー&「A MAGAZINE」イベント期間:2018年11月17日(土)~21日(水) ティーバーは各日12:00スタート特典:4 モンクレール シモーネ・ロシャのアイテム購入者に「A MAGAZINE」最新号をプレゼント。※クスミティー、「A MAGAZINE」ともに数量限定・先着順。
ファッションプレス
ディーゼル レッドタグ第1弾、フッド バイ エアーのデザイナーによるデニムアウター&パンツ
ディーゼル レッドタグ(DIESEL RED TAG)より、フッド バイ エアー(HOOD BY AIR)のデザイナーであるシェーン・オリバー(Shayne Oliver)とのコラボレーションコレクションが、ディーゼルオンラインストア、その他のセレクトストアにて発売。 www.fashion-press.net ディーゼル レッドタグは、世界で注目を集めるデザイナーを招き、カプセルコレクションを製作するプロジェクトだ。デニムとスポーツウェアという、ディーゼルのシグネチャーを再解釈した大胆なアイテムが揃う。 プロジェクトの記念すべき第1弾は、アメリカ・ニューヨークのラグジュアリーストリートウェアブランドであるフッド バイ エアーのデザイナーを務めるシェーン・オリバーとタッグを組んだ。コレクションでは、デニムのアイテムにフォーカスを当て、ビッグシルエットや、ジッパーを使って、定番のデニムアイテムを再構築した。 袖にデニムのバッグをつなぎ合わせたようなブルゾンや、足の付け根から裾までジップを施した、袴のようなデニムパンツなど、同ブランドが得意とするディテールが落とし込まれている。 【詳細】 ディーゼル レッドタグ第1弾 発売日:2018年9月25日(火) 販売店舗:ディーゼルオンラインストア、その他のセレクトストア 価格例: ・デニムシャツ 58,000円+税~ ・デニムジャケット 85,000円+税~ ・デニムパンツ 58,000円+税~ 【問い合わせ先】 ディーゼルジャパン TEL:0120-55-1978
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理