ウィメンズコレクション
140

ウィメンズコレクションに関する記事一覧です。こちらをご覧になればウィメンズコレクションの幅広い情報を得ることができます。

すべてから「逃げる」。コロンビアのウィメンズコレクション「ESCAPE with Columbia」
女としてのプレッシャーから逃れ、解放感が味わえるコロンビアの新ウィメンズコレクションを紹介します! 女として生きていることに、息苦しさを感じることはありませんか?職場での責任は男女にあるとしても、家庭を持てば仕事との両立を考えるようになったり、年齢をかさねていくことをプレッシャーに感じたり…。目に見えない何かに押しつぶされそうになることもありますよね。そこでおすすめしたいのが、日々の暮らしから「逃げる」ことをポジティブに表現した、コロンビアの新しいウィメンズコレクションです。 コロンビアの新しいウィメンズコレクションとは? 2019年春夏から登場するコロンビアの新しいウィメンズコレクション「ESCAPE with Columbia」は忙しい毎日から「自然の中に逃げる」ことを提案しています。 現代の女性は求められることがとっても多く、それに応えようと奔走し、息つく暇も持てない人が多いのではないでしょうか。 自由で開放的な自然は、自分らしく軽やかに過ごせる場所であり、頑張らなくても戦わなくてもいい場所。「ESCAPE with Columbia」を身にまとうことで、全てから解き放たれたような気持ちを味わえるといいます。 アンバサダーにはモデルの「Loveli(ラブリ)」を起用! ブランドアンバサダーをつとめるのはモデル、タレント、アーティストとしてマルチに活躍しているラブリさん! 最近では想いを言葉で表現する文筆家として個展なども開催。肩書きにとらわれず、自分をあらゆる手段で表現しようと挑戦している姿が、女性たちの背中を押してくれます。 彼女自身も旅行に出かけたり、富士山登頂に挑戦したりと自然にESCAPEしているよう。まさに「ESCAPE with Columbia」のコンセプトを体現している存在です。 「ドアの向こうは全てアウトドアである」 コロンビアはアウトドアブランドの中でも珍しい女性リードのブランドで「ドアの向こうは全てアウトドアである」を信念のひとつにしています。 アウトドアと聞くと、山登りやキャンプを思い浮かべる人もいますよね。だから「私にはハードルが高そう」「そこまでする体力がないし…」と敬遠してしまう人も多いかもしれません。 でもコロンビアは公園でお散歩したり、お花見したり、旅行に出かけたりなど「ドアの向こう」に一歩出かけることがすでにアウトドアなのだといいます。ドアの外に出て自然の新鮮な空気を吸い込み、目の前にあることを感じて感情をありのままに受けとめること。それこそが、すばらしい体験なのだと伝えています。 また自然の中では雨や風が強かったり、日焼けが気になったりすることもありますが、ESCAPE with Columbiaはそうした自然のダメージから守る機能をしっかり備えています。「逃避行中」の間も女性たちが快適に過ごせるようサポートしてくれるので、心から安心できるんですね。 ESCAPE with Columbiaは私たちに「ドアの向こう」のアウトドアは難しいものでないこと。逃げるのはネガティブでなく「感じること」なのだと教えてくれているのかもしれません。 ESCAPE with Columbia https://www.columbiasports.co.jp/special/escape/index.html Columbia https://www.columbiasports.co.jp/
PeLuLu
“逃げる”がテーマ。ラブリがアンバサダーの「コロンビア」新ウィメンズコレクションがデビュー。
多忙で、ストレスや日常での疲労が多い現代女性に“自然の中に逃げる”ことを提案する新ブランドが誕生!
VOGUE GIRL
プーマ×ドバイ発「ラマ・ジョウニ」ウィメンズコレクション、ボリュームシューズ&アパレル
プーマ(PUMA)と「ラマ・ジョウニ(LAMA JOUNI)」によるウィメンズ限定コレクション第1弾「リヴ ・ドロワ(Rive Droite)」が登場。2018年12月8日(土)より、プーマストア、一部プーマ取扱い店などにて販売される。 www.fashion-press.net ドバイを活動の拠点とする「ラマ・ジョウニ」は、パリで創立されたレディ・トゥ・ウェアブランド。モダンかつクラシックで洗練されたスタイルは、世界中で注目を集めている。 パリでは、セーヌ川を境にして、右岸をリヴ・ドロワ、左岸をリヴ・ゴーシュと呼ぶ。コラボレーションコレクションは、デザイナーが学生時代を過ごしたパリから着想を得た「リヴ ・ドロワ」、「リヴ・ゴーシュ」の2つのコレクションが登場する。 第1弾のコレクション「リヴ ・ドロワ」では、シューズとアパレルを展開。ボリュームのあるミッドソールが特徴的なスニーカー「サンダー(Thunder)」は、濃い赤をアクセントにしたカラーなど2色を用意する。アッパーの素材には、ヌバックとスウェードレザーを使用。ヒールループには、本コレクションの証として、“Rive Droite”のブランディングが施されている。 また、アパレルは、ボリュームのある袖のパーカーやフルジップ仕様のクロップトップ、オーバーサイズのカーゴパンツがラインナップする。 なお、コレクション第2弾の「リヴ・ゴーシュ」は、2019年春夏シーズンに登場予定となる。 【詳細】 リヴ・ドロワ 発売日:2018年12月8日(土) 販売店舗:プーマストア、プーマ取扱い店の一部、プーマオンラインストア 価格例:サンダー 13,800円+税 【問い合わせ先】 プーマ お客様サービス TEL:0120-125-150
ファッションプレス
H&M×アーデムのウィメンズコレクションを紹介 - 全アイテムの価格も掲載
ファッションプレス
ステラ マッカートニー 2017年夏ウィメンズコレクション - 夏の高揚感に浸るパーティーガール
ファッションプレス
英国のラグジュアリーブランド、ベルスタッフのウィメンズコレクションが日本初上陸!
VOGUE
J.M.ウエストンの軽く柔らかなローファー「ル・モック」がウィメンズコレクションに登場
ファッションプレス
アディダス オリジナルスから、東京・NY・ロンドンの魅力が詰まったウィメンズコレクション
ファッションプレス
マーガレット・ハウエル×ミズノのスイムウェア&ジャケット、機能性とミニマルなデザインを両立
マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)の2019年春夏メンズ&ウィメンズコレクションから、ミズノとのコラボレーションアイテムが登場。メンズ&ウィメンズのスイムウェアなどが、2019年2月より発売される。 www.fashion-press.net マーガレット・ハウエルとミズノのタッグは、2017年秋冬に発売された別注スニーカーに端を発し、2018年にもシューズを展開してきた。今シーズンは、自身も水泳を日課としているというマーガレット・ハウエルが、スタイルやフィット、カラーにこだわりスペシャルカスタマイズした水着や、スポーティーなナイロンジャケット、ランドリーバッグなどが展開される。 いずれのアイテムも落ち着いた色をベースに、ミズノのブランドロゴを控えめに配した、ミニマルなデザイン。ミズノが創業よりこだわってきた"スポーツの発展"のためのモノづくりと、マーガレット・ハウエルが生み出すモダンなデザインが融合したアイテムが完成した。 マーガレット・ハウエルはコラボレーションについて、「エクササイズとしてのスイミングが好きなので、自然な流れで機能や性能に優れたものづくりをしている会社と組んでデザインがしたいと思ったのです。ミズノにはその技術があり、実用的なディテールにもこだわりがあります」とコメントしている。 【詳細】 マーガレット・ハウエル×ミズノ 発売時期:2019年2月 展開店舗:全国のマーガレット・ハウエル直営店舗、オンラインストア アイテム例: ・スイムスーツ 13,000円 ・スイミングトランクス 12,000円 ・ジャケット メンズ 36,000円、ウィメンズ 36,000円 ・ランドリーバッグ 3,000円 【問い合わせ先】 アングローバル TEL:03-5467-7864
ファッションプレス
ブラック スキャンダル ヨウジヤマモト、メンズ&ウィメンズ初の限定ストアを阪急うめだ本店で
ブラック スキャンダル ヨウジヤマモト(BLACK Scandal Yohji Yamamoto)の期間限定ストアが、2019年2月13日(水)から19日(火)まで、阪急うめだ本店にオープンする。 www.fashion-press.net 「ブラック スキャンダル ヨウジヤマモト」は、2018年春夏シーズンよりスタートした、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)の新ライン。ヨウジヤマモト オム(Yohji Yamamoto Homme)の近年のコレクションからプリント柄やデザインなどを使用したアイテムを展開している。 期間限定ストアでは、2019年春夏メンズ&ウィメンズコレクションがメインのラインナップ。ブランドを象徴するカラー“ブラック”をベースに、山本耀司のメッセージや抽象的でダークなアートをモチーフにしたオリジナルプリントのアイテムが取り揃えられる。なお、今回がメンズ&ウィメンズの両コレクションを展開する初の限定ストアとなる。  また、期間限定ストア特別商品として、カットソーやトートバッグ、リュック、アームバンド、サスペンダー、キーリングなどを数量限定で販売。さらに、先着で「ブラック スキャンダル カンバッジセット」がプレゼントされる。 【詳細】 ブラック スキャンダル ヨウジヤマモト 阪急うめだ本店 期間限定ストア オープン期間:2019年2月13日(水)~19日(火) 場所:阪急うめだ本店 3階 コトコトステージ31 <特別商品例> カットソー(全4型)34,000円~48,000円+税、トートバッグ 15,000円+税、リュック 18,000円+税、アームバンド 8,000円+税、サスペンダー 16,000円+税、キーリング(全4型)5,000円~12,000円+税 【問い合わせ先】 ヨウジヤマモト プレスルーム TEL:03-5463-1500
ファッションプレス
ラブリがブランドアンバサダーに!コロンビアから新ウィメンズラインが登場
2019.02.02 春夏も続く、スポーツミックススタイルのトレンド。そんななか、アウトドアブランドのコロンビアから、新しいウィメンズコレクション「ESCAPE with Columbia(エスケープ・ウィズ・コロンビア)」が登場。ブランドアンバサダーに、モデル、タレント、アーティストとしてマルチに活躍するLoveli(ラブリ)氏を起用し、コレクションのコンセプトでもある「解放感」を表現している。 「アウトドア」という言葉を聞くと多くの人は山登りやキャンプなどを想像し、中には自分にとってはハードルが高くて挑戦できないと思ってしまう人がまだまだ多いのではないだろうか。しかし、コロンビアが考えるアウトドアとは、公園での散歩、お花見、バーベキュー、野外のスポーツ観戦、そして旅行など、「ドアの向こう」に一歩出かけること。こうした活動は、プレッシャーの多い環境やストレスフルな毎日から女性達を解放してくれるだろう。「ドアの向こう」に逃げることは、女性達にとってネガティブなことではないのだ。 ESCAPE with Columbiaは、いつでも「逃げられる」ように、日常的に着やすいデザインでありながら、アウトドアブランドとしての機能も備えたコレクション。どんなアクティビティをしていても、「ドアの向こう」であれば、雨にあってしまったり、風が強かったり、日焼けが気になる日差しなど自然の中で受けるダメージも少なからずある。より多くの女性達が「逃避行中」も快適にすごせるように、それらから守る機能を各アイテムに備えている。この春は、コロンビアの新しいウィメンズコレクションで、アウトドアを楽しんでみては? (Text:TPDL) ESCAPE with Columbia特別ページ ※2月8日(金)より公開 https://www.columbiasports.co.jp/special/escape/ Columbia公式インスタグラム https://www.instagram.com/columbia_jp/ <問い合わせ> 株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン フリーコール:0120-193-803 受付時間 月~金10:00~12:00/13:00~18:30(土日祝休み)
TOKYOWISE
モンクレール ジーニアス 2 モンクレール 1952 19年春夏 - スペクタクルなモダンウェア
モンクレール ジーニアス 2 モンクレール 1952(MONCLER GENIUS 2 MONCLER 1952)の2019年春夏ウィメンズ&メンズコレクションが2019年1月31日(木)に発売される。 www.fashion-press.net スペクタクル&現代的なウェア 2 モンクレール 1952では、モンクレールのクラシカルな要素を再編集することで生まれた、スペクタクルで現代的なダウンウェアなどを展開。 メンズ メンズコレクションは、アーティストのヘイ・ライリー(Hey Reilly)と共に考案したスターモチーフや、モンクレールのネームを大きく打ち出したレタリングプリント、ダイナミックなブランドロゴなどを用い、ポップで都会的なデザインを展開する。 ジッパードジャケット、フィールドコート、パーカー、カーコート、トラックパンツ、バミューダショーツには、コットンやナイロン、リップストップファブリックといった、機能的な素材を使用。ジッパー式ポケットの構造を生かしたパッカブル仕様のアイテムも、実用的だ。オレンジ、レッド、グリーンといったアイキャッチなブライトカラーと、幾何学模様やインターシャが、アクティブな印象を演出する。 ウィメンズ ウィメンズコレクションは、ブルゾンやプリーツスカート、パーカー、スラウチパンツ、ニットなどを展開する。ボリューム感やテクスチャー、シェイプに変化をもたせ、緩急のあるスタイリングを可能に。民族調の大胆な柄やポップなテキストプリントが登場する一方で、柔らかい色彩でフェミニンに仕立てたウェアも揃える。 ナイロンラケやテクニカルファイユ、コットンドリル、プリントを施したクレープデシンなど、テクニカルで上質感のある素材をミックスして使用することで、機能性と装飾性が相互に作用。アーティスティックな独自の世界観が生み出されている。また、反復的に使用されているドローストリングによって、ボリュームの調節や操作が可能になっている。 詳細 モンクレール ジーニアス 2 モンクレール 1952  2019年春夏ウィメンズ&メンズコレクション発売日:2019年1月31日(木)取扱店舗:一部モンクレールブティック、主要セレクトショップ購入方法:先着順
ファッションプレス
ポール・スミス 2019年秋冬ウィメンズコレクション、テーラードに隠れる女性らしさ
ポール・スミス(Paul Smith) 2019年秋冬ウィメンズコレクションが、2019年1月20日(日)にフランス・パリで開催された。 www.fashion-press.net 女性らしさを意識したテーラード メンズとの合同ショーとなった今季。メンズ同様、ウィメンズコレクションの主軸となるテーラードジャケットは、やや拡張されたショルダーが特徴的だ。しかしボタンを留めると強調されるウエストライン、ジャケットの素材となる柔らかなウールなど、1つのピースの中には女性らしさを香らせる要素も散りばめられている。 またスタイリングにも、女性らしさを意識した拘りを感じた。オーバーシルエットのブラックのロングコートには、軽やかなフレアスカートを差し込んで。レオパード柄のトップスには、スリットが深く入ったドレスを合わせて、モデルのすらりと伸びる足を強調している。 鮮やかな色彩で魅せる カラフルな色彩も目立つ中、特にコレクションに彩りをもたらしたのは、花々をモチーフにした鮮やかなグラフィック。ブラックのテキスタイルに咲き誇る花々は、美しいコントラストを描き、瑞々しい印象をもたらす。またそのオリジナルデザインに加え、ブルーやモノクロで仕上げた同一デザインのグラフィックも登場。3種類を全て組み込んだセットアップスタイルは、個性を放ちながらも、共通項の存在によって確かな統一感を生み出していた。
ファッションプレス
アミ アレクサンドル マテュッシ 2019年秋冬ウィメンズコレクション、マニッシュな要素と掛け合わせて
アミ アレクサンドル マテュッシ(ami alexandre mattiussi)2019年秋冬ウィメンズコレクションが、2019年1月17日(木)、フランス・パリで開催された。 www.fashion-press.net メンズと合同ショーで開催 歴史深いシャイヨー国立劇場の一室を会場に選んだ今季は、メンズとの合同ショーで、本格的なウィメンズコレクションを発表。メンズのワードローブとリンクした、気品溢れるルックがランウェイに登場した。 落ち着いたカラーパレット メインカラーとなるのは、アイボリー、ベジュー、ブラウン、グレー、カーキ―といったカラーパレット。メンズ同様、モノトーンで纏めたスタイリングには、異素材が混在しているのが特徴だ。マットなカーキーのロングジャケットとワイドパンツには、光沢感溢れるブラウスを差し込んで。光を集めて艶めくブラウスが、落ち着いたトーンのスタリングに動きをもたらしている。 マニッシュなスタイルを主流に 今季はジャケットやパンツを取り入れたマニッシュなスタイルが主流だが、女性らしさも忘れてはいない。オールブラックで統一したセットアップには、女性のラインを強調するタイトなタートルネックを差し込んで。オーバーサイズのチェック柄のダブルジャケットには、細身のパンツを合わせることで、ジャケットの存在感をより強調。同時に、女性の華奢なラインを浮彫にしている。 オーバーサイズのロングコートとパンツに、ロング丈のシャツワンピースを差し込んだルックも登場。前身頃のボタンを途中から外したシャツワンピースからは、すらりと伸びるモデルの長い足が顔を覗かせている。またシャツのアシンメトリーな裾は、モデルが歩くたびにふわりと舞い、ドレープを描く。マニッシュなスタイリングの中だからこそ、その柔らかな素材がより際立ち、女性らしさを香らせる。 咲き誇る花のモチーフ 目立った絵柄の少ないコレクションに、華やかな彩りを与えているのは、ブルーで描かれた花模様のモチーフである。ブラウンのシャツワンピ―スには、咲き乱れる花々を、真っ赤なセーターには大輪の薔薇を大胆に描いて、フェミニンな印象を添えた。
ファッションプレス
ヘロン プレストン2019年秋冬コレクション、セキュリティガードへの憧れをワードローブで表現
ヘロン プレストン(HERON PRESTON) 2019年秋冬コレクションがパリで発表された。 www.fashion-press.net 空港の“セキュリティゲート”をイメージした会場を舞台に 倹約探知犬を従えた警備員に囲まれ、厳戒態勢で開催された今季のヘロン プレストン。しかしこれは全て演出なのだ。メンズ・ウィメンズの合同ショーとなる今季、ショー会場は空港のセキュリティゲートをイメージ。会場に設置された監視カメラを映す画面には、会場の観客の様子の他に、アニメーションのようなユニークな映像も時折映し出されている。 そんな会場を舞台とするコレクションは、アメリカ合衆国運輸保安庁(TSA)やセキュリティガードなどへの憧れを形にしたもの。国の安全のために働く彼らのユニフォームをベースにしたワードローブが展開される。 ワークジャケットを主役に 散見されたワークジャケットは、ブランドロゴやブランドカラーのオレンジをアクセントにしたミニマルなデザイン。セットアップで取り入れられたジャケットは、膝下よりも丈を長く設定したビッグサイズが特徴。首元にはチェーンのネックレス、ジャケットの下にはドクロをモチーフにしたグラフィックシャツを取り入れた、ストリートスタイルを完成させている。 女性らしさを強調したウィメンズライン 今季本格展開となるウィメンズコレクションは、メンズと連動したデザインながらも、女性らしいエッセンスを詰めこんだ。セキュリティガードのユニフォームを基にしたであろうベストは、へそ上まで大胆に丈をカット。グレーのワークシャツに合わせたボトムスは、ぴったりとしたミニスカートで、女性らしいフォルムを強調している。 ユニークなグラフィックで彩りを “輸入禁止グッズ”や“立入禁止区域”を現わすマークをモチーフにした、グラフィックTシャツも登場。“ペットとしての孔雀の持ち込みに関して”について、注意喚起を行うユニークなグラフィックは、ミニマルなデザインが特徴の今季のワードローブで、ひと際存在感を放っていた。 UGGと初のコラボレーション! UGG(アグ)と初のコラボレーションを遂げた今季、革製のプル付きジップフロントの定番ブーツとインテリアソックス付きのローカットスリップオンが登場。また厚いソールで、足に吸い付くような履き心地が特徴のナイキ(NIKE)の人気モデル・ハラチは、蛍光イエローのカラーに彩られ、モデルたちの足元を飾る。 モデル達が去った後、ランウェイに現れたのは、ブランドデザイナーのヘロン・プレストン。メンズモデルが纏っていたクリーム色のワークシャツを着用した彼は、観客の大喝采の中、ショーが成功した歓喜を身体全体で味わうかのように、両手を掲げて会場を駆け巡る。空気を孕んだシャツは、ふわりと宙を舞うほど軽やかで、再び観客の視線がワードローブへと注がれる。機能的美学を追求した、彼の拘りを最後まで感じられるショーとなった。
ファッションプレス
プラダ 2019年プレフォール ウィメンズコレクション、デコラティブな服に隠れたゴシック
プラダ(PRADA) 2019年プレフォール ウィメンズコレクションが、イタリア・ミラノで開催された。 www.fashion-press.net “ロマンティック ポップビジョン”をテーマに メンズとの合同ショーとなった今季。テーマに掲げられたのは、19世紀のロマン主義から着想を得た“ロマンティック ポップビジョン”だ。当時の社会運動の背景にあった、人々の苦悩や不安から、デザイナーのミウッチャ・プラダは、社会に馴染むことが出来ない“フランケンシュタイン”のような人物像を思い浮かべた。一般に“ロマンティック”という言葉から連想する甘美な情景とは相反する、ゴシックなムードのウィメンズコレクションが展開された。 ドレス×無骨なソールのフットウェア ファーストルックは、ゴシックを象徴するブラックで統一したドレス群から。胸元が大きく空いたセンシュアルなドレスに組み合されたのは、ゴツゴツとした無骨なソールが印象的なスニーカーだ。マウンテンレースで使用される“バイクのタイヤ”から着想を得たというこのシューズは、コレクション全体を通してモデルの足もとを飾るもの。女性らしいドレススタイルにも、確かなエッジをきかせている。 ロマン主義をイメージしたグラフィック メンズ同様、コレクションに彩りを与えたのは、ロマン主義をイメージしたカトゥーン風のグラフィックである。モヘアニットを差し込んだバラ柄のシャツには、フランケンシュタインがモチーフとなる総柄のスカートを重ねて。エッジのきいたスタイリングの中にも、モデルのシルエットを強調するビスチェを取り入れて、女性らしさを演出することも忘れてはいない。 ミリタリー風セーターをデコラティブに プラダお馴染みのエナメルを使ったミリタリージャケットも登場。またそのシルエットを真似たであろう、ボリューミーなファー付きのニットも姿を現わした。“蜂の巣の穴”のように凹凸のあるニットには、煌めくジュエリーを埋め込んで。“戦闘服”がもととなるマニッシュな要素を感じさせない、ガーリーでデコラティブな一着に仕上げている。 花刺繍が煌めくシャツワンピ 可憐な花のエンブロイダリーを施した、爽やかなブルーのシャツワンピースは、ブランド定番のポプリンコットンで仕上げたシャツをアップデートしたもの。そこにはウエストを留めるベルト、チェーンをあしらったバッグ、肩から伸びるストラップなど、硬質なブラックレザーで統一されたハードなアクセサリーをスタイリング。異なるテイストが共存しながらも、確かな女性らしさを香らせるプラダらしいスタイリングが披露された
ファッションプレス
ニール バレット 2019年秋冬ウィメンズコレクション、女性の色気を引き立てるパンクスタイル
ニール バレット(Neil Barrett)2019-20年秋冬ウィメンズコレクションが、イタリア・ミラノにて、メンズとの合同ショーで発表された。 www.fashion-press.net パンクをキーワードに メンズ同様、“パンク”をキーワードに掲げたウィメンズコレクション。様々なサブカルチャーがミックスして生まれたパンクの成り立ちを具現化するように、複数の異素材や柄を混在させたワードローブがランウェイを彩る。 アニマル模様で作るパンクスタイル 例えば、最も顕著に“パンクの世界観”が表現されたのは、アニマル模様をあしらったテキスタイルである。胸元に大きくV字のカッティングが入ったミニ丈のワンピースには、ゼブラ、レオパード、タイガーといった複数のパターンが集結。ひと目でハッと目を惹く、エッジのきいた一着へと仕上がっている。またスタイリングには、パンキッシュなテイストを助長するブラックのジャケットをセレクト。ハードに仕上がりがちなスタイリングだが、インナーを覗かせるPVCでジャケットを仕上げたことで、軽やかな空気感を纏っている。 アシンメトリーなドレスを差し込んで 異素材をドッキングしたボックスジャケットも登場。光沢感のあるワインレッドのジャケットのラペルには、マットな質感のブラックのテキスタイルを差し込んで。またジャケットの下には、同色でありながら軽やかな素材のドレスが差し込まれている。アシンメトリーなシルエットを描くドレスの裾は、モデルが歩くたびに揺らめき、女性の美しい足もとを際立たせる。パンクなテイストの中にも、女性の色気を引き立てるバランスが計算されているのだ。
ファッションプレス
サルヴァトーレ フェラガモ初、モノグラムの「ガンチーニ コレクション」誕生 - メンズ・ウィメンズで
サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、ブランド初のモノグラムコレクション「ガンチーニ コレクション(GANCINI COLLECTION)」をローンチ2019年1月にローンチする。なお、同コレクションは、ウィメンズコレクションのクリエイティブ ディレクター、ポール.・アンドリューによってデザインされ、今後も継続的に展開される予定だ。 www.fashion-press.net アイコニックな“ガンチーニ”の魅力を凝縮した「ガンチーニ コレクション」 サルヴァトーレ フェラガモの象徴的なビジュアルアイコンである“ガンチーニ”。アイコンとして確立されたのは1970年代と言われているが、実は、そのはじまりは創業者サルヴァトーレ・フェラガモの晩年となる1950年代にまで遡る。 最初のモデルは、フィレンツェのスピーニ・フェローニ宮殿にある本社の正門にあしらわれた装飾的な鉄細工、さらには、馬をつなぐため建物の横に取り付けられた連結型鉄製フックからインスピレーションを得たという。訳すと「小さな(複数の)フック」という意味をもつこのアイコニックなモチーフは、建物の特長としても残る一方で、サルヴァトーレ フェラガモのアイデンティティを反映するモチーフであり続けている。 ブランド初のモノグラムコレクションとなる「ガンチーニ コレクション」では、曲線的なシェイプで魅せる、ユニークかつエレガントな佇まいの“ガンチーニ”に改めてフォーカス。装い新たに、よりモダンで親しみやすく生まれ変わったモチーフを、あらゆるアイテムへと採用する。 メンズ・ウィメンズともに豊富なラインナップで メンズ・ウィメンズともに豊富なラインナップが揃う「ガンチーニ コレクション」では、アパレルからバッグやシューズ、そしてウォレットなど小物までが揃い、全身でサルヴァトーレ フェラガモの世界観を楽しめる。特にバッグは、トートバッグ、ショルダーバッグ(ウィメンズ)、バックパック(メンズ)、ボディバッグ(メンズ)といった日常に馴染むあらゆるフォルムでの展開。また、シューズもチャンキーヒールのパンプス(ウィメンズ)、ブーツ(ウィメンズ)、スニーカー(メンズ)などバリエーション豊かに取りそろえる。 控えめなカラーで統一されたガンチーニのモノグラムテキスタイルは、主張しすぎることなくクラシックでエレガントな面持ち。アクセントとして添えられたゴールドの金具が、さらに優美な印象を与えている。 東京・表参道では限定ストアがオープン 新生「ガンチーニ コレクション」の初のお披露目が行われるのは東京・表参道。2019年1月16日(水)から20日(日)まで開催される限定ストアにて展開する。店内には、ガンチーニをテーマにしたネイルステーションやヴァーチャルランウェイのフォトブース、インタラクティブアニメーションが設置される。 【詳細】ガンチーニ コレクション発売時期:2019年1月■アイテム価格チェーンショルダーバッグ(ウィメンズ) 240,000円+税バックパック(メンズ) 210,000円+税パンプス(ウィメンズ) 92,000円+税ブーツ(ウィメンズ) 130,000円+税長財布(メンズ) 49,000円+税■限定ストア詳細GANCINI COLLECTION POP-UP STORE SALVATORE FERRAGAMO期間:2019年1月16日(水)~20日(日) 11:00~19:00場所:THE FLAT住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13【問い合わせ先】フェラガモ・ジャパンTEL:0120-202-170
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理