アヴァン
67

アヴァンに関する記事一覧です。こちらをご覧になればアヴァンの幅広い情報を得ることができます。

エムエム6 メゾン マルジェラ 19年アヴァン・プルミエールコレクション - 記憶の回想と改装
エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)の2019年アヴァン・プルミエールコレクションは、子供服や子供のおもちゃ、そしてゲームなどに着想を得たノスタルジックなシーズン。大人の誰もが経験した子供の頃の思い出を、モダンなストリートの要素をミックスしながら、プレイフルなワードローブに落とし込んだ。 www.fashion-press.net 子供服に着想を得たノスタルジックなシーズン まず目に留まるのは、子供服から連想したセーラーカラーのトップスやワンピース。身幅や袖幅などのシルエット、襟などのディテール、そして服の内側まで配したラベルまで、すべてをサイズアップして見せる今季は、ノスタルジックでありながら、ツイストを効かせたモダンなプロポーションが印象的だ。 フチを彩る小さな袖口のフリルは、ほのかにインダストリアルなテキスタイルを“愛らしく”魅せ、クリーンなポプリンシャツの首回りを囲む大きな襟は、“あどけなさ”を感じさせる。そして、アウターからボトムスに至るまで、すべてに共通する裾に向けて大きく開いたAラインのシルエットもまた、チャイルドライクな印象を生み出している。 そこに潜むのは、メゾンの創造的アイディアから受け継ぐもの この“愛らしさ”のもとになっているものは、メゾンの再生と再解釈からなる創造的表現に着想を得たアイディア。ステレオタイプであるはずのものに新たな視点を加えて異なるものに見せるというのは、メゾンがこれまでも変わらず行ってきたことだ。大人になった誰しもが共通して持っている子ども時代の過去、誰しもが経験しうる記憶を辿り、新しい未来へと改変すること。子供服を想わせるノスタルジックなワードローブに見るひねりの効いたモダニティこそ、エムエム6 メゾン マルジェラが表現するコンテンポラリーであり、クリエイティビティーなのだ。
ファッションプレス
アヴァンギャルドなコラボレーション、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」40周年記念コレクション
「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」はブランド誕生40周年を記念し、ストリートアートで著名なアーティスト、ナスティーとのコラボレーション「Choc is Chic by Nasty」シリーズを6月より発売する。
MODE PRESS
アヴァンギャルドな色柄がクリエイティビティを刺激!イケアの最新コレクションがクール☆
isuta
セレクトショップ「パーマネントモダン」東京・青山にオープン、アヴァンギャルドなアイテム多数登場
ファッションプレス
ワイズ ピンク 2019年春夏コレクション - 蓄積したアイデンティティー
ワイズ ピンク(Y's Pink)は、2019年春夏コレクションを発表した。 www.fashion-press.net “ワイズ ピンク ism”をストレートに表現 “ISM”をテーマに掲げた今季は「らしさ」を大切にし、アイデンティティーを素直に重ね合わせたコレクションを展開。ワイズ ピンクだけでなく、Y'sやヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)にも通底する、オーセンティックなスタイルをストレートに表現した。 縦長のフォルム クラシカルなスタイルを体現しているのはIラインをなぞる縦長のフォルム。ウエストを絞り、襟を大きく仕立てたロングコートは、タイトなフィット感でシャープな雰囲気を強調する。布の落ち感を利用した、シンプルでストレートなデザインのロングドレスは、堂々としたマニッシュな趣と優雅さが共存した1着だ。 “切り込み”を入れたアイテム また、サイドにスリットを施したツイルのジャケットや、フロントのファスナーを開けて着たドレスなど、端正な形のアイテムにあえて“切り込み”や“開き”のディテールを加えた表現が散見された。シンプルではあるが、ただ1本の“切り込み”が正統派のウェアにあしらわれるだけで、より軽やかでアヴァンギャルドな抜け感が生み出されている。 ヴィンテージ・古着のエッセンス エッセンスとして用いられたのは、ヴィンテージや古着の表現。レトロなドットとラインのテキスタイルは、ロングドレスやパンツ、ブラウスに落とし込まれ、スタイリングにポップな存在感を残す。ブラウスやカットソーの上からレイヤードしたマクラメ編みのニットも、プリミティブで装飾的な空気感を演出。また、黒、白、ベージュといったベーシックな色彩に差し込まれる、ブルーやレッドの鮮烈な色合いもまた、どこか懐古的でありながらエネルギッシュなアクセントを効かせる。 褪せたような色調のジャカードは、模様にロゴを織り交ぜることで現代的な要素をプラス。タックを取り民族調に仕立てたスカートに、アクティブなパーカーのトップスを組み合わせたセットアップは、意外性のあるアイテム同士がナチュラルに調和している。スタイリングを全身でとらえると、エスニックでもあり、レトロでもあり、現代的なアクティブさも持ち合わせており、名前の付けがたい存在感を放っていることに気付く。
ファッションプレス
「タグ・ホイヤー」“カレラ”シリーズにカーボンモデル
スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー」は、アイコンの「タグ・ホイヤー カレラ」シリーズより、新しく限定モデル3種を発表した。
MODE PRESS
クラフトワークの来日ライブが東京&大阪で開催、3Dメガネ使用のベストヒッツ3D公演
クラフトワーク(KRAFTWERK)の来日公演が開催決定。東京・Bunkamuraオーチャードホールでは2019年4月16日(火)から19日(金)までの4日間、大阪・フェスティバルホールでは4月22日(月)に行われる。 www.fashion-press.net 1974年に発表したアルバム『アウトバーン』で本格的にブレイク、YMOなどに象徴される70年代後半以降のテクノブームの発火剤となった元祖“テクノ・ポップ”として君臨するクラフトワーク。ロシア風のアヴァンギャルドなジャケット・ワーク、自らをロボットマシーン化させたビジュアルイメージ、シニカルなステージングなど、音楽以外のアプローチでも、その革新性が高く評価されているドイツの電子音楽グループだ。 8枚のオリジナル・アルバムを8日間にわたって全曲披露するという2013年の「Retrospective 12345678」以来、約6年ぶりとなる今回の来日公演。前回同様に3Dメガネを駆使する本公演は、クラフトワークのベストヒッツ的な内容となる予定だ。 なお、チケットの先行予約受付は11月19日(月)、一般販売は12月8日(土)より開始される。 【公演情報】 クラフトワーク 来日公演 ■東京公演 開催日:2019年4月16日(火)〜4月19日(金) 時間:18:30 開場/19:00 開演 会場:Bunkamuraオーチャードホール ■大阪公演 開催日:2019年4月22日(月) 時間:18:00 開場/19:00 開演 開場:フェスティバルホール <チケット> チケット価格:S席 13,000円(税込)、A席 12,000円(税込) 先行予約受付:2018年11月19日(月)〜 一般発売日:2018年12月8日(土)〜 ※チケットに関する詳細は公式WEBサイト(https://udo.jp/concert/Kraftwerk)より。 【問い合わせ先】 ・東京公演 ウドー音楽事務所 TEL:03-3402-5999 ・大阪公演 大阪ウドー音楽事務所 TEL:06-6341-4506
ファッションプレス
リミ フゥ 2019年春夏コレクション - 裏側の世界を表面化
リミ フゥ(LIMI feu)は、2019年春夏コレクションを発表した。 www.fashion-press.net “バックサイド”がテーマ “バックサイド”をテーマにした2019年春夏コレクション。ルックは、実際にクリエーションを行っているアトリエや服を保管する倉庫で撮影された。所狭しと並べられた洋服や保管用の段ボール、無造作に置かれた布地やトルソーなど、普段は表に出ることのないクリエーションの裏側をあえて浮上させ、ブランドの核である“服作り”を服そのもので表現している。 服の骨組みを表に 象徴的なのは、裏仕立てのウェアだ。服のフォルムを構築する骨組みがはっきりと露わになっており、裏仕立てでもなお均整の取れた、造形の絶妙なバランス感や、複雑なパターンメイキングが見て取れる。服に内在するミステリアスなコアを表面化させた、アヴァンギャルドな試みだ。 背景や地下を連想させるプリント 生地番号をプリントしたブラウスとスカートのセットアップは、服の製作過程を連想させる。たっぷりと分量をとって仕立てられた白のギャザードレスは、柔らかな紙を思わせ、様々な色のインクで描かれた文字は、ストリートの“落書き”のようなアングラ感を放つ。 PVCやオーガンザなど透ける素材 PVC素材で仕立てたコートは、服を立体的に構築する接ぎ目を黒のラインではっきりと示した1着。スケルトンのコートが、中に着た白のシャツドレスをコーティングしているかのように見え、倉庫で洋服をビニールに入れて保管する様子を連想させる。 また、透け感のある白のオーガンザのブルゾンにブラウス、ドレープを生かし空気を含むかのように仕立てたスカートをレイヤードしたスタイリングも登場。透かすことで淡くなる白の色彩や、透明感のある素材が独特な浮遊感を放つ一方で、ブルゾンのリブやブーツの靴紐によって所々に差し込まれたブラックが、凛とした芯の強さを主張する。
ファッションプレス
パリに突如ビーチが出現! シャネルのスペクタクルな演出に話題集中。
パリに突如ビーチが出現! シャネルのスペクタクルな演出に話題集中。
VOGUE
マルタン・マルジェラが手掛けたエルメスのアーカイブアイテムが集結、渋谷にて展覧会開催
マルタン・マルジェラが手掛けたエルメス(HERMÈS)のアーカイブなどを揃える展覧会「HERMES by Martin Margiela from 1998 to 2003」が、東京の「Archive Store」にて2018年10月6日(土)から10月14日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 1998年から2003年まで、エルメスのクリエイティブディレクターを務めていたマルタン・マルジェラ。メゾン マルタン マルジェラに見られるアヴァンギャルドなデザインとは対照的に、エルメスでのクリエーションはミニマルな表現が見て取れた。ホワイト、ベージュ、グレーといったナチュラルカラーの生地に、流れるようなドレープ感が美しい洋服たちは、エレガントな雰囲気を演出する。 2017年に、ベルギーのアントワープ州立モード美術館で開催された展覧会「MARGIELA THE HERMES YEAR」も話題を呼び、マルタン・マルジェラの手掛けたエルメスのアイテムには、より一層注目が集まっている。 今回の展覧会「HERMES by Martin Margiela from 1998 to 2003」では、深いVネックが特徴の「ヴァルーズ」のシャツやニットをはじめ、上質なレザーやファーを使用したジャケット、コートなどが勢揃い。また、エルメスのピースの他、当時のメゾン マルタン マルジェラのアーカイブも展示する。1人のデザイナーによる、全く異なる2つのクリエーションを一度に楽しめる機会となっている。 【詳細】 展覧会「HERMES by Martin Margiela from 1998 to 2003」 会期:2018年10月6日(土)~10月14日(日) 場所:Archive Store 住所:東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビルB1
ファッションプレス
ブルガリ新作ジュエリー「ワイルドポップ」ウォーホルから着想、カラフルな“マイク”ブレスレットなど
ブルガリ(BVLGARI)より、新作ハイジュエリーコレクション「ワイルドポップ(Wild Pop)」が登場。 www.fashion-press.net 「ワイルドポップ」は、1980年代のディスコミュージック、ポップアート、ファッションからインスパイアされたコレクション。中でも、二コラ・ブルガリと親交があり、自身もブルガリのジュエリーを収集していたアーティストのアンディ・ウォーホルの特別な絆にオマージュを捧げている。 1980年代当時のエネルギッシュな感性を反映し、ブルガリのクラフツマンシップやクリエイティビティを駆使した、ポップな色使いとアヴァンギャルドなデザインのハイジュエリーが揃う。 鍵盤を模したきらびやかなデザインの「シンセサイザー」や、アメシスト、ペリドット、アクアマリンなどカラフルなストーンを配したマイクモチーフの「ポップなマイク」は1980年代の華やかなサウンドトラックから着想を得ている。 その他、34.12カラットのコロンビア産エメラルドをダイナミックに使用したジュエリー「最高峰のグリーンラッフル」や、植物モチーフを連ねた「椰子の木」「ハッピーな葉たち」ネックレスなど、80年代を象徴するかのように奔放かつ絢爛なジュエリーが展開される。 【詳細】 ブルガリ 新作ハイジュエリーコレクション「ワイルドポップ」 発売時期:2018年7月 ■アイテム例 ・「ワイルドポップ」 ブレスレット WGxアクアマリンxアメシストxグリーントルマリンxペリドットxルベライトxオニキスxDIA 36,640,000円(予定価格) ・「ワイルドポップ」 ネックレス WGxオニキスxDIA 34,030,000円(予定価格) ・「ワイルドポップ」 ネックレス WGxエメラルドxDIA 40,570,000円(予定価格) 【問い合わせ先】 ブルガリ ジャパン TEL:03-6362-0100
ファッションプレス
芸術祭「BIWAKO ビエンナーレ」滋賀・近江八幡で、貴重な日本家屋に国内外70組のアート作品を展示
「BIWAKO ビエンナーレ 2018 きざし~BEYOND」が、滋賀県の近江八幡旧市街の12会場にて2018年9月15日(土)から11月11日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 「BIWAKO ビエンナーレ 2018 きざし~BEYOND」は、国内外の約70組のアーティストが集結し、地域に立ち並ぶ日本家屋を再生して作品展示を行う国際芸術祭。 会場となるのは、近世に商人の町として発展し、建てられた町屋の数々が今も残る近江八幡旧市街エリア。近代化に伴い、貴重な日本家屋を放置したり、取り壊したりする状況を打開し、建物を再生・活用しながら保存していく試みとして、2001年から芸術祭を開催している。 榎忠は、元酒工場の広大な空間の中に薬莢を山のように積み上げ、金属質でソリッドな独自の世界観を展開する。また、トイレの個室内にあるものすべてをゴージャスな花柄の布地で包み込むなど、ファンシーかつアヴァンギャルドな空間を作り出す江頭誠や、光やガラスを駆使した作品を制作する井上剛は、今回新作を展示。ユニークでインパクトのあるアート作品を、古くから残る風情豊かな建物の、独特な空間の中で楽しめる。 さらに、会期中はワークショップやアーティストトーク、コンサートなど、ビエンナーレに連動した様々なイベントも開催。ナイトツアーでは、日中とは異なる建物や作品の表情を見ることができる。 【詳細】 BIWAKO ビエンナーレ 2018 きざし~BEYOND 会期:2018年9月15日(土)~11月11日(日) 10:00~17:00 ※火曜日定休 開催地:滋賀県近江八幡市旧市街 12会場(尾賀商店、まちや倶楽部、旧中村邸、村雲御所瑞龍寺門跡、八幡山展望資料館 他) 料金:一般 2,200(2,000)円、学生(大学・専門学校・高校生) 1,500(1,300)円 ※チケット販売詳細は公式サイトに記載。 ※()内は前売料金、前売券は9月14日(金)まで販売。 ※中学生以下無料  参加アーティスト:榎忠(金属造形/日本)、小曽川瑠那(ガラス/日本)、江頭誠(毛布による造形/日本)、長谷川早由(日本画/日本)、井上剛(ガラス/日本)、山田正好(針金による造形/フランス在住)、菱田真史(科学×アート/日本)、野田拓真(唐紙/日本)、オージック(映像/スウェーデン)、ライアン・ヴィラマエル(紙によるインスタレーション/フィリピン)、ガブリエラ・モラウェッツ(映像・インスタレーション/ポーランド)、マチュー・キリシ(建築家・インスタレーション/フランス) 他
ファッションプレス
ディスコード ヨウジヤマモト 18秋冬の新作バッグ&ストール - 独創的フォルムと実用性を両立
ディスコード ヨウジヤマモト(discord Yohji Yamamoto)の2018-19年秋冬コレクションが、全国のディスコード ヨウジヤマモト及び、ヨウジヤマモトの取扱店にて発売。また、2018年10月3日(水)から9日(火)までは、阪急うめだ本店にて限定ストア「THE SHOWROOM」がオープンする。 www.fashion-press.net 「破壊と再構築」がテーマの2018年秋冬コレクション テーマとして掲げた言葉は「破壊と再構築」。今季は、山本耀司の服づくりが内包する精神が表出することで完成したコレクションだ。変化するマテリアルやフォトワークを破き燃やして表現したプリントパターンなどをブラックを中心に、グレー、ブラウンベージュで彩った。 なお、ビジュアルは3シーズン続けて、写真家・蜷川実花が手掛けている。 独創的フォルムと実用性を兼ね備えた新バッグ 「Leaf Bag」 大胆なフリル状のリーフのようなパーツが特徴的な「Leaf Bag」。リーフ部分にはワイヤー入りで、自由自在に動かすことができ、自分の好きな表情を楽しめる。カラーはブラックのみの展開。 「Drape Tote」 「Drape Tote」は、アヴァンギャルドなフォルムと実用性を兼ね備えたレザートートバッグだ。マットな質感で柔らかなスムースレザーを使用した、絶妙なドレープ感のあるメインボディーは、B4サイズの書類も入る大容量。財布や小物を収納できるポシェットのような内装を完備している。 「Drape Shoulder-Bag」 「Drape Tote」同様のマットで柔らかなスムースレザーを採用した「Drape Shoulder-Bag」に施されたドレープは、デザインだけでなくポケットとして機能的役割も果たす。細いショルダーストラップは、長さの調節によってドレープの表情に変化もたらすだけでなく、2本使いすることで肩への負担も軽減してくれる。 「Leather Tote」 「Leather Tote」は、一枚のレザーを巻き付けたようなデザイン。レザーを固定する箇所を最小限にとどめ、上質なイタリアンレザーに自然な動きをもたらした。なお、ショルダーストラップと内装のキーリングは取り外し可能だ。 スカーフやストールは、“破き”や“焦げ”のグラフィックを 定番シルクスカーフや大判サイズのシルクストールには、破壊的なグラフィックを投影した。フォトグラファー荒川弘之が撮影したダリアやバラの写真に“破き”や“焦げ”、燃やした紙の表現を加えている。 期間限定ストア「THE SHOWROOM」 限定ストア「THE SHOWROOM」では、2018-19年秋冬コレクションのアイテムが揃う他、それぞれのアイテムには特別なチャームタグをセット。大阪・梅田を表す緯度・軽度などの数字をあしらったデザインだ。また、各アイテムの製作コンセプトを記しており、商品の製作背景も感じられる。なお、期間中は阪急うめだ本店限定のクリアバッグを28,000円+税以上の購入者にプレゼントする。 詳細 ディスコード ヨウジヤマモト 2018-19年秋冬コレクション発売日:2018年7月11日(水)取り扱い:全国のディスコード ヨウジヤマモト及び、ヨウジヤマモトの取扱店■アイテム価格Leaf Bag 160,000円+税Drape Tote 190,000円+税Drape Shoulder-Bag 108,000円+税Leather Tote 150,000円+税Geometric Bag 180,000円+税Geometric Bag - PAPER 228,000円+税Clutch/Shoulder Bag 58,000円+税Scarf・Stole(シルク) 各28,000円+税Stole(ウール) 78,000円+税■期間限定ストア「THE SHOWROOM」開催期間:2018年10月3日(水)~9日(火)場所:阪急うめだ本店1階 プロモーションスペース12住所大阪市北区角田町8-7 1F※10月10日(水)~11月20日(火)まで1階バッグギャラリーイベントスペースにて引き続き開催
ファッションプレス
カーラ・デルヴィーニュ:「タグ・ホイヤー」の新広告ビジュアルでライオンと共演
毎日キレイ
裏話もちょっと交えて『マルジェラ、エルメス時代』展。
madame FIGARO.jp
ペンシルスカート×足もとの絶妙なコンビネーション
SPUR.JP
アシンメトリーのおしゃれな髪型51選☆長さ別にご紹介します!
大人になると、忙しくて流行についていくことが難しくなりませんか?ヘアスタイルもいつもと同じようなものになりがちですよね。突然いつもと違うヘアスタイルにするのには冒険しすぎる、そんなときはいつものヘアスタイルをちょっとアシンメトリーにして変化を付けてみませんか?ショートからロングまで、長さ別にご紹介致します!
folk
バーバリー 2018 フェブラリー コレクション、クリストファー・ベイリー手掛けるラストショーは虹色
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理