ADHD
37

ADHDに関する記事一覧です。こちらをご覧になればADHDの幅広い情報を得ることができます。

排水溝から悪臭!カビが!虫が!ADHDの私の汚部屋の歴史 親子で発達障害(3)【連載】
幼い頃から生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。長男の幼稚園入園、そして突きつけられる進路の問題。立ちはだかる壁を、それでも親子で一緒に乗り越える――。圧倒的な共感と応援の声でロングセラーとなった前作から..
レタスクラブニュース
ADHDの母、自閉症の長男、発達の遅れがある次男。そんなわが家の記録 親子で発達障害(プロローグ)【連載】
幼い頃から生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。長男の幼稚園入園、そして突きつけられる進路の問題。立ちはだかる壁を、それでも親子で一緒に乗り越える――。圧倒的な共感と応援の声でロングセラーとなった前作から..
レタスクラブニュース
プリントが行方不明!? ADHDの親子が忘れ物をなくすための5ステップ
こんにちは、親子でADHD(注意欠陥・多動性障害)をやっています、ママライターの木村華子です。ADHDが発覚した息子の学校生活を改善させようと、話し合いを行ったときのこと。
パピマミ
ADHDでも大丈夫。家事や仕事がうまくいかない人に役立つ「段取り力」とは?
レタスクラブニュース
最近、よく忘れ物をするなら…確認したい「大人のADHD」サイン3つ
若いころは何でもないと思っていたのに、最近、不注意が多かったり忘れ物をしてしまったりするということはありませんか? もちろん、誰にだって少しのミスはあることです。しかしこれが、何回やっても治らない、集中できない、計画が立…
Woman Wellness Online
頭ごなしに叱っちゃダメ! ADHDの子どもを“鬱”にしない接し方
小学2年生の男子のママです。先日病院で検査を受けて、息子が発達障害のADHDだと診断されました。ADHDについての本を読むと、
パピマミ
発達障害のあり方への疑問〜当事者が感じる葛藤〜
発達障害という言葉がずいぶん浸透してきたと感じますが、私は複雑な心境です。当事者として、思いを発信してきました。発達障害当事者も、そうでない人も、お互いに理解し合える世界を望んでいました。今の状況は、果たしてそういった世界なのでしょうか……。
anan web
大人の発達障害「ママ友とトラブルに…」つらくなる前に“無理してつき合わない勇気”
発達障害が広く世間に認知されるようになり、これまでの経験から「もしかして自分も?」などと感じている方も少なくないのではないでしょうか? 当事者でもあり、家族でもあり、支援者でもある言語聴覚士の村上さんが、三つの視点から編み出した、発達障害の人が日々の暮らしがラクになるためのアイデアをおうかがいしました。
ウーマンエキサイト
大人の発達障害「片づけが苦手な人」が悩まないための“上手に暮らす”テクニック
発達障害が広く世間に認知されるようになり、「もしかして自分も?」などと感じている方も少なくないのではないでしょうか? 発達障害当事者でもあり、家族でもあり、支援者でもある村上さんが、3つの視点から編み出した「発達障害の人が日々の暮らしがラクになるためのアイデア」をうかがいました。
ウーマンエキサイト
もう「怒り」に振り回されない! イライラせずに子どもと向き合うには【ママのためのアンガーマネジメント 第3回】
毎日子どもを怒ってばかりという日々から抜け出したいと思っているママたち。怒りの感情を持ってしまったら、どうすれば抜け出すことができるのか、最終回の今回は、アンガーマネジメントの手法を3つをNPO法人えじそんくらぶ代表の高山恵子さんに教えていただきました。
ウーマンエキサイト
また子どもを怒鳴ってしまった…。「怒り」をぶつけてしまう本当の理由【ママのためのアンガーマネジメント 第2回】
いつも子どもにイライラしてしまう。どうして子どもに怒りをぶつけてしまうのだろう。そんなママのために「怒り」のメカニズムについて、NPO法人えじそんくらぶ代表の高山恵子さんに教えていただきます。「怒り」の本質を知れば、むやみな恐れは消えるはず!
ウーマンエキサイト
怒ってばかりいる私は毒親? 「怒り」の付き合い方とは【ママのためのアンガーマネジメント 第1回】
ママの毎日は、ある意味、戦い。子どもを感情的に叱ったあと、言いようのない後悔に苛まれる…。「私って、毒親?」「これって、虐待?」と、自分で、自分のことが不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。NPO法人えじそんくらぶ代表の高山恵子さんに、「怒り」との上手な付き合い方について、お話を伺いました。
ウーマンエキサイト
子どもにハーネスをどう思う? うちの子にとっては命綱だったというママも【パパママの本音調査】 Vol.166
一時期、賛否両論が繰り広げられた子ども用の迷子ひも(ハーネス)について調査してみました。子どもと犬を同じように紐でつなぐのか! 目を離す親が悪い! など親が責められる意見も多くありましたが、実際に子育てをしているママたちはどう思っているのでしょうか。
ウーマンエキサイト
わたしらしい起業のかたち Vol.17 起業家 和田 真由子さん ~女性が胸を張って生きていく、運命の1枚を追求していきたい~
Googirl
Amazonで売上ベストセラーを誇るアメリカで大人気のオモチャ「フィジットスピナー」
fytte
その生きづらさは“大人の発達障害”のせい!?「世界一受けたい授業」でも紹介されたその特徴とは
仕事で同じミスを繰り返したり、もの忘れが激しいといったことでよく怒られている人はただの“うっかり屋さん”ではないかもしれません。2015年にモデルの栗原類が告白したことでも注目されるようになった「発達障害」。性格としてとらえていたものが、実..
レタスクラブニュース
当事者の親として、NHKスペシャルの「発達障害」特集に思うこと
発達障害の子を持つ親として筆者も楽しみにしていた、NHKスペシャルの「発達障害」特集。期待を裏切ることのない、とても良い内容だったと思う。当事者の親として私なりの感想をまとめてみた。
ウーマンエキサイト
ダメな母だけど、やっぱりこの子の母でありたい 親子で発達障害でした(5)
「幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした」未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。ADHDの著者が、絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声!アメブロで週間..
レタスクラブニュース
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理