旅行・おでかけ
人気新着
ムーミン谷がやってくる!「ムーミンバレーパーク」2019年3月オープン
ムーミンの物語をテーマにした「ムーミンバレーパーク」が、2019年3月16日(土)に埼玉県飯能市にグランドオープンします。2018年11月に開業された、北欧のライフスタイルやムーミンの物語の世界観を体験できる施設「メッツァ」内に誕生します。
LeTRONC
USJクールジャパン2019に『名探偵コナン・ワールド』が登場!
大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、6大作品が8つのアトラクションで登場する“史上最大スケール”の『ユニバーサル・クールジャパン2019』を、2019年1月18日(金)から開催。『名探偵コナン・ワールド』に関するアトラクションの最新情報をご紹介します。
LeTRONC
2000個の光が公園を包む「キャンドルナイト」が新宿で開催
12月23日(日)・24日(月・祝)の2日間「新宿中央公園 水の広場」にて2000個のキャンドルで公園を灯す無料の参加型イベント「Candle Night @ Shinjuku Central Park」が開催される。 小さな子どもから大人まで楽しむことができるワークショップや、キャンドルのあたたかな光に包まれて、新宿西口エリアが盛り上がること間違いなし! 期間中、17時からはキャンドルホルダーをラッピング装飾して巨大なキャンドルツリーを完成させるワークショップを実施。18時からは公園内に灯った約2000個のキャンドルと高層ビルの夜景とのコラボレーションを楽しむことができる。 「クリスマスの街並み」をテーマにした多摩美術大学の学生によるオリジナルデザインのキャンドルホルダーもイベントのみどころのひとつだ。 また、会場内にはホットコーヒーやホットワイン、軽食などが楽しめるキッチンカーが登場するほか、イルミネーションも同時開催される。 あたたかい飲み物でほっこりしながら、キャンドルできらめく夜景を楽しんでみてはいかが? ■「新宿中央公園 水の広場」 住所:東京都新宿区西新宿2-11
ストレートプレス
3日間限定!京都水族館で「冬の夜のすいぞくかん」開催
京都市下京区の京都水族館で、12月22日(土)~24日(祝・月)の期間、クリスマスの特別企画「冬の夜のすいぞくかん」が開催される。 「冬の夜のすいぞくかん」は、夜のいきもののようすを観察したり、特別照明で演出された館内でロマンティックな空間が楽しめるイベント。 夜行性のオオサンショウウオが活発に動く姿や、オットセイやペンギンが寝ているようすなど、夜ならではの姿が見られるほか、12月23日(日)・24日(祝・月)には、立命館大学交響楽団のフルオーケストラによる生演奏とコラボレーションしたイルカパフォーマンスの特別プログラムが行われる予定。 さらに体験プログラムとして、夜の水族館をスタッフと一緒に巡る特別ツアー「夜のいきもの解説ツアー」もあり、いきものたちの夜間の様子についてより深く知ることができる。 また、12月8日(土)からクリスマス特別展示として、夜空に輝く星のようなミズクラゲの赤ちゃんエフィラの展示も!「くらげ」エリアでは星空の中にミズクラゲが浮かんでいる幻想的な展示が楽しめる。 昼間の水族館では見ることができないいきもののようすを観察することができる特別なイベント。京都在住の人だけでなく、三連休に冬の京都を楽しみに行く予定の人も満喫できそうだ。 ■「京都水族館」 住所:京都府京都市下京区観喜寺町35−1
ストレートプレス
この冬行きたい!福岡市内のおすすめ日帰り温泉5選
寒さも深まり、ポカポカと温かい温泉が恋しい季節。今回は、お仕事帰りやショッピング帰りなどにもふらりと立寄れる、福岡市内の...
ウォーカープラス
バスの中で旬を味わう!春の渥美半島を巡る“レストランバス”が東海地区に初登場!!
移動と食を融合させた、東海地区初となる「渥美半島レストランバス」で渥美半島を巡るツアーが、2019年2月1日(金)から3...
ウォーカープラス
ムーミンの展覧会「ムーミン展」東京・六本木で開催決定、日本初公開含む約500点の作品展示
ムーミンの展覧会「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで、2019年4月9日(火)から6月16日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net フィンランドの芸術家トーべ・ヤンソンが生み出した「ムーミン」は、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメなど、さまざまなかたちで表現され、フィンランドのみならず世界中で親しまれている人気シリーズだ。「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」では、約500点にも及ぶムーミンの作品展示により多彩なアートと奥深い物語を体感できる展覧会となる。 作品は、世界で唯一の「ムーミン美術館」から厳選。トーベが最後まで手元に残しておいた貴重なコレクションから、日本初公開の作品も登場予定だ。イースターカードやアドベントカレンダーの原画、銀行の広告などを通して、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの豊かな表情に出会うことができるはず。 原作者のトーべ・ヤンソンと日本の交流にもフォーカスを当て、トーベが愛した日本を写真資料やスケッチなども紹介されるほか、浮世絵とムーミンを並べて鑑賞できるスポットも設けられる。 【詳細】 日本フィンランド外交関係樹立100周年記念「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」 開催期間:2019年4月9日(火)~6月16日(日)※会期中無休 時間:10:00~20:00※火曜は17:00まで(入館は閉館の30分前まで) 場所:森アーツセンターギャラリー 住所:東京都港区六本木6-3-1 10-1 六本木ヒルズ森タワー52階 六本木ヒルズクロスポイント 料金:一般1,800円(1,600円)、中学・高校生1,400円(1,200円)、4歳~小学生800円(600円) ※( )内は前売・15名以上の団体  ※3歳以下入場無料 ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日料金の半額 ※前売券・オリジナルグッズセット券を2019年2月から販売予定
ファッションプレス
サンシャイン水族館の特別展「へんないきもの展3」見た目・生き様・模様、様々な“変”を紹介
サンシャイン水族館では、特別展「サンシャイン水族館×早川いくを へんないきもの展3」を、2019年3月20日(水)から7月初旬までの期間で開催する。 www.fashion-press.net ベストセラー書籍「へんないきもの」の著者・早川いくをとのコラボレーションによる本展は、第1弾・第2弾で延べ人数約20万人を動員した人気イベント。第3弾となる今回も、見た目、生き様、模様など、早川いくをとサンシャイン水族館の飼育スタッフが選び抜いた様々な“変”を持つ生き物が集結。 下あごがゾウの鼻のように見える「エレファントノーズフィッシュ」や、自分の身を守る際に尻尾を噛んでなんとか丸まろうとする「アルマジロトカゲ」、繊細すぎる体のつくりが心配になる「アロークラブ」など、早川いくをの独特な語り口によるオリジナルの書き下ろし解説文と共に、そのユニークな生態を紹介する。 【開催概要】 「サンシャイン水族館×早川いくを へんないきもの展3」 開催期間:2019年3月20日(水)〜7月初旬 会場:サンシャイン水族館 特別展会場 料金:600円 ※水族館・展望台等の利用者、および年間パスポートの所持者は400円
ファッションプレス
平間至写真展、ニコン「THEGALLERY」にて開催
「ニコン」は、写真展会場 「THEGALLERY」にて、平間至写真展「平間至写真館大博覧会」を2019年1月5日より開催する。
MODE PRESS
桜に包まれるイマーシブ空間がステキ♡ネイキッドの「日本一早いお花見」が日本橋で開催!
クリエイティブカンパニー・ネイキッドが企画、演出、制作を手がける花のイマーシブイベント「FLOWERS BY NAKED 2019-東京・日本橋-」が、1月29日(火)より日本橋三井ホールにて開催されます☆ ネイキッドが手がける大人気イベント ネイキッドが企画、演出、制作を手がける「FLOWERS BY NAKED」 この秋、世界遺産の京都・二条城で開催された特別ライトアップは約1
isuta
時代に左右されない!47都道府県の個性豊かな“デザイン”が集結
東京急行電鉄が運営する高層複合施設「渋谷ヒカリエ」。この8階に位置するクリエイティブスペース「8/(はち)」内のミュージ...
ウォーカープラス
新感覚の驚きとくつろぎの空間「黒船ホテル」
「伊豆急下田駅」から無料送迎バスで約5分。海を望むベーサイドに「黒船ホテル」はあります。好奇心を刺激するデザイナーズルームや人気のプールなど、伊豆のリゾートを遊び尽くせる魅力的な滞在をご案内いたします。
LeTRONC
NY発のアーティスト、エディ・マルティネズによる、日本初個展が開催。
「ペロタン東京」にて、12月20日(木)より、ブルックリンを拠点に活動するアーティスト、エディ・マルティネズの個展「Blockhead Stacks」がスタートする。
VOGUE
渋谷に新たな映画カルチャーが誕生!「cinema koe」初開催
“new basic for new culture”がコンセプトの新しいライフスタイルブランド「koe(コエ)」が展開するホテル併設型店舗「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)」が、“あたらしい映画体験”をつくりだすシアタープロデュースチーム「Do it Theater(ドゥイット・シアター)」とコラボレーションし、映画上映イベント「cinema koe(シネマ・コエ)#1」を12月20日(木)に開催する。 イベントでは、多様性の時代と言われる“いま”話を聞きたい“あの人”がセレクトした、“いま渋谷で観るべき映画”を上映。 上映中は、ベーカリーレストラン「koe lobby(コエ ロビー)」が、エビグラタン&ローストビーフサラダなど冬にぴったりなディナーボックスを提供。 また会場に設置されるスクリーンはフレームがなく、スクリーンいっぱいに映し出された映画が、ホテルロビーのガラス窓に映る渋谷の街の風景と一体化することで、日常と非日常を行き来するスペシャルなシアター体験が楽しめる。 第1回目に上映する映画をセレクトするのは、音楽・映画・ファッションなどジャンルを超えた活躍でいまの渋谷カルチャーを象徴する音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ氏に決定。コムアイ氏がセレクトした“いま渋谷で観るべき映画”をスニーク上映する。 どんな映画が上映されるのかは、当日までのお楽しみ。料金は2000円~2500円(税込)で、チケットはpeatixで販売中だ。 渋谷に新たな映画カルチャーが誕生する予感! ■「hotel koe tokyo」 住所:東京都渋谷区宇田川町3-7
ストレートプレス
「ムーミンバレーパーク」ムーミンの物語を体験できるテーマパーク、埼玉・飯能のメッツァに誕生
ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」が、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした広大なエリアにオープン。2019年3月16日(土)、ムーミンの世界を体験できる施設「メッツァ(metsä)」内に開業する。 www.fashion-press.net フィンランド語で“森”を意味するメッツァ。その名の通り「メッツァ」では、自然溢れる緑の空間でムーミンのファンタジーや北欧の文化体験や暮らしに触れることができる。なお、パーク内は2018年11月にオープンした北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」と、新たにオープンするムーミンバレーパーク」の2ゾーンに分かれている。 メッツァビレッジの詳細はこちら>> ムーミンと仲間たちに出会える「ムーミンバレーパーク」 ムーミン一家とその仲間たちに出会える「ムーミンバレーパーク」には、彼らが仲良く暮らすムーミン屋敷や物語を体験できる複数のアトラクション、レストランやショップといった様々な施設がオープン。また、パーク内には、水浴び小屋や灯台など、ムーミンの世界を再現したオブジェやモチーフなどを随所に設置されている。 ムーミン屋敷 地上3階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷は、ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じられるよう、原作を忠実に再現した施設。地下室は食糧が保管してある貯蔵庫、1階はキッチン&ダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、そして屋根裏部屋はムーミンパパが執筆を行ったりする書斎となっている。 展示施設 ショップ、レストラン、作品展示の要素が集結するのが、展示施設。世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語をテーマにしたメニューが楽しめるレストランがオープンする1階、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンを作品展示や映像上映で紹介する2階、物語の様々なシーンを巡りながら、ムーミンの魅力をインタラクティブに体感出来る3階の全3フロア構成で、ムーミンの世界を様々な角度から紹介する。 海のオーケストラ 「海のオーケストラ号」は、勇気や挑戦、友情、家族の絆をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクションが楽しめる。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険の旅へ。壁面や床面、造形物と様々な場所に映像を投影することで、これまでにない没入感と臨場感あふれる体験が楽しめるという。 そのほか、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」、自然の中で遊べるアスレチックやツリーハウスが点在する「おさびし山」など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間でムーミンの世界が体験出来る。 オープン場所は埼玉県飯能市の宮沢湖 同施設を開業するフィンテック グローバル株式会社は、オープンの場所に地域住民の憩いの場である埼玉県飯能市の宮沢湖をセレクト。ここはムーミン作品のテーマの1つでもある“自然の共生”、そしてムーミンの棲む自然あふれるムーミン谷の世界を体現するにふさわしい。それでありながら、都内から1時間以内で来られ、さらに横浜からも電車1本で来られる抜群の立地条件だ。 詳細 ムーミンバレーパークオープン時期:2019年3月16日(土)グランドオープン所在地:埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地敷地面積:約7,000平方メートル施設内容:複合施設、飲食施設、物販施設、アトラクションおよびエンタテイメント施設、フォトスタジオなど入園料:おとな(中学生以上) 1,500円(税込)、こども(4歳以上小学生以下) 1,000円(税込)有料施設:・飛行おにのジップラインアドベンチャー 1,500円(税込)・海のオーケストラ号 1,000円(税込)・ムーミン屋敷 ガイドツアー 1,000円(税込)※3歳以下は入園料無料※2019年1月中旬より、メッツァ公式WEBサイトにて前売りを開始。※2019年3月16日オープン以降は、「ムーミンバレーパーク」現地にて、当日券の販売も実施。
ファッションプレス
週末は鎌倉へ! 小町通りの癒しスポットでかわいい豆柴に会いに行こう
ネコカフェ、フクロウカフェなど、小町通り周辺に相次いでオープンしている動物スポットが大人気。なかでも話題を集めているのは...
ウォーカープラス
「2018 SENDAI光のページェント」仙台・定禅寺通で - LED約60万球のイルミネーション
「2018 SENDAI光のページェント」が2018年12月14日(金)から12月31日(月)まで、宮城県仙台市内の定禅寺通にて開催される。 www.fashion-press.net 33回目を迎えるイルミネーション「2018 SENDAI光のページェント」は、"みんなで灯す、心の明かり"をテーマに開催。約60万球のLED電球で160本もケヤキの木をライトアップし、地元の市民や定禅寺通を訪れる人々の心に温かい灯りをともすような景色を展開する。 イルミネーションは、バイオマス発電によるグリーン電力を利用するなど、環境に配慮した取り組みを行っていることが特徴。また、期間によって、電飾を施したページェントカーの走行、定禅寺通国分町交差点の“光の歩道”、イルミネーションが一斉に消えて再点灯する「スターライト・ウインク」など、イベントを盛り上げる様々な企画が行われる。 また、勾当台公園では、22,500球の3色LEDによる「RGB光の花」が青く光り輝く「勾当台フラワーライトガーデン」を、12月14日(金)から12月27日(木)まで開催。2018年から新たに設置された、高さ約6メートルのツリーを含め、公園全体が幻想的な青い光に包まれる。 【開催概要】 2018 SENDAI光のページェント 開催期間:2018年12月14日(金)~12月31日(月) 実施時間:日~木 17:30~22:00、金・土・23日(日・祝)・24日(月・祝) 17:30~23:00、31日(日) 17:30~24:00 場所:仙台市 定禅寺通(東二番丁通~市民会館前) 電球数:60万球(すべてLED) ケヤキの本数:160本 ※実施内容は予告なく中止・変更される場合あり。 ■勾当台フラワーライトガーデン 開催期間:2018年12月14日(金)~12月27日(木) 実施時間:SENDAI光のページェントと同様 点灯区間:勾当台公園中央部 点灯規模:22,500個の「RGB光の花」/ 計約2,000W相当 【問い合わせ先】 2018 SENDAI光のページェント 実行委員会 TEL:022-261-6515 受付時間:平日9:00~17:00(土日祝休み)
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理