1. トップ
  2. ヘア
  3. 美しいヘアスタイルは、美しい髪から! パサつきやエイジングなど髪の悩みを解決するヘアケア法

美しいヘアスタイルは、美しい髪から! パサつきやエイジングなど髪の悩みを解決するヘアケア法

  • 2015.2.19
  • 1984 views

ヘアスタイルは第一印象を大きく左右しますね。同様に、髪の状態も目につくもの。ちょっと白髪がみつかったり、何となく抜け毛が増えたような気がしたり、毛がやせてきたように感じると、不安になってしまいますね。もちろんダメージでパサついた髪ではどんなヘアスタイルでもガッカリです。そんな髪の悩みを抱えている人も多いのでは?

そういった悩みを、間違ったヘアケアが助長しているかもしれません。ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピストの細川ひろ子さんによる『解決! 大人の髪のSOS』(講談社)を参考に、ヘアケアを見直してみましょう。

■ドライヤーは強風で素早く乾かす

髪にダメージを与えがちなドライヤー。でも、乾かし方を工夫することで、美しく乾かすこともできるそう。大切なのは、素早く乾かすこと。そしてポイントは風の温度ではなく量。理想は低温の強風。1200W程度の風力の強いドライヤーがオススメだとか。髪の乾かし方もイラスト入りで詳しく紹介されているので、参考になりそうです。

■アウトバストリートメントはオイルタイプを選ぶ

そして、気になる髪のパサつき。実は頭皮からの栄養は、髪の15~20cmの長さまでしかいきわたらないのだとか。それよりも髪を伸ばしている人は、ヘアケアが大切になってきます。オススメは、オイルタイプのアウトバストリートメント。枝毛になると切るしかないそうなので、それまでにダメージを抑えたいですね。

■外的ストレスに注意

そもそも髪が傷む理由として、間違ったシャンプーやブラッシング、紫外線などの外的ストレスや、パーマやカラーリングも挙げられています。パーマやカラーリングはおしゃれには欠かせないものかもしれませんが、パーマとカラーリングは同時に行わないほうがいいそう。なりたいヘアスタイルのためについついやってしまいがちですが、それが髪を傷めている原因ならば、ちょっと考えたいですね。

ほかにも、シャンプーをするときの姿勢や、髪を洗い流す際に最適なお湯の温度など、普段あまり気にかけていなかったことも影響があるよう。毎日何となく習慣的におこなってきたヘアケアを見直したいですね。2015年は美しい髪でいるための積極的な取り組みを行ってみてはいかがでしょうか?

参考文献:『解決! 大人の髪のSOS』(講談社)