1. トップ
  2. レシピ
  3. Plain Coconut Oil Muffin

Plain Coconut Oil Muffin

  • 2015.2.19
  • 937 views

お気に入りのティーカップにたっぷりのコーヒー、普段はしまっているケーキ台をテーブルの中央に。

そして焼きたてのマフィンを並べたら最高の週末が始まります。

甘くて香ばしいマフィンなどの焼き菓子は美味しくてついつい沢山食べてしまうけど、お正月明けの疲れた身体にはちょっと負担になっているかもしれません。

そうでなくてもバターやお砂糖の摂り過ぎは気になるところ。

そこで今回はバターの変わりにココナッツオイルを使ったプレーンマフィンのレシピをご紹介いたします

今回のレシピを提供してくださったのはココナッツオイルを日本にひろめたパイオニアBrown Sugar 1stさん。

ココナッツオイルを使った料理やお菓子のレシピを多く提案しており、メニュー監修をした書籍「ココナッツオイル生活をはじめよう」(講談社)も発売されています。

Brown Sugar 1stさんが今回提案してくれるのはビーガンマフィン。

卵乳製品不使用で、小麦粉の変わりに米粉を使ったグルテンフリーレシピ。くどくなく、自然な甘味が特徴のビーガンマフィンはバターの変わりに使用したココナッツオイルが驚くほどのコクと風味を出しています。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は体に蓄積されず、既に付いてしまっている脂肪を巻き込んで燃焼してくれる、まさにデトックスオイル。

冷え性や腸の働きにもひと役かってくれるココナッツオイルは朝のまっさらな身体に積極的に摂り入れて欲しい食材です。

甘味にも塩気にも合うプレーンマフィンは自分の好きな具材をカスタマイズするのがおススメ。

バナナやベリー、焼きりんごはもちろんですが、サーモンとクリームチーズ、きのこやとうもろこしなどのおかずマフィンにするのも。

 

季節の具材をたっぷり詰め込んで、はじまりの朝をとびきりの朝食で迎えてみましょう。

 

Plain Coconut Oil Muffin

 

【材料】(約3〜4個分)

DRY

・米粉(製菓用)・・・・・・・・・・80g

・有機アーモンドプードル・・・・・40g

・有機ココナッツシュガー・・・・・40g

・BP(アルミフリー)・・・・・・・・5g

・塩・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ

WET

・豆乳(常温のもの)・・・・・・・・80ml

・有機ココナッツオイル・・・・・・・40g

 

 

How to make Plain Coconut Oil Muffin

 

準備

・ココナッツオイルを液体状にしておく。

・オーブンを170℃に予熱しておく。

STEP1 . ボールにDRYの材料を入れてホイッパーでよく混ぜ合わせる。

STEP2 . 別のボールにWETの材料を入れてよく混ぜ乳化させる。

STEP3. 1と2をヘラでさっくりと混ぜ合わせ、焼き型(カップ)に入れ、

STEP4. 170℃のオーブンで途中確認しながら25〜30分焼く。竹串でマフィンの真ん中をさしてみて生っぽい生地がついてこなければ完成。

 

Advice

 

・具材を足す時はDRYとWETを粉感がなくなるまでさっくり混ぜ合わした後、具をいれ軽く混ぜ合わせ型にいれてください。

・バナナなどねっとりしているものは、WETをバナナ150g豆乳75gオイル40gにし、ミキサーで混ぜ合わし、DRYとあわせて焼くと簡単で美味しく出来上がります。

・ココナッツシュガーはてん菜糖やメープルシュガーなどで代用出来ます。

・米粉の種類によって若干仕上がりが異なります。

・粒子がきめ細かい米粉を使うのがオススメです。

・もしうまく出来ない場合は豆乳の量を少し増やしてください。

 

そして、もっと沢山のココナッツオイルレシピが知りたい!という方におススメしたいワークショップのご案内です。

 

Information

「バレンタインココナッツオイルスイーツレッスン」

【日時】2月11日(水・祝)14:00〜16:00(受付 13:50〜)

【場所】COOK COOP BOOKキッチンスタジオ

東京都千代田区紀尾井町4-5 1階

【参加費】3,800円(税込)

【内容】デモンストレーション、グループ実習、試食、お土産つき

【持ち物】エプロン、筆記用具

http://cookcoopstudio.doorkeeper.jp/events/20100

イベント詳細・ご予約・お問い合わせはこちら

大切な人へのバレンタインギフトは体に優しいスィーツを・・と考えている方、ココナッツオイルを使った料理のレパートリーを増やしたいという方にもとってもおススメです。

ココナッツオイルで今よりもちょっと豊かな毎日を。

illustrations&writing by Nozomi Yuasa

レシピ提供BS1st お料理・レシピ担当 Mayu Kondou

Bs1st

Bs1st.公式facebook

Bs1st.公式instagram