彼が結婚相手にふさわしいか見極める方法【3/3】

2回にわたってお伝えしてきた「彼が結婚相手にふさわしいか見極める方法」。以下も参考にしてみてください。

■生き方を尊重し合える

=価値観の一致です。実際にあった例ですが、夫は妻に専業主婦を希望し、妻は働きたいという夫婦がいました。そのことで関係がギクシャクし結果、妻は専業主婦になりましたが、妻は仕事が大好きだったため、生活にハリがなくなってしまったといっていました。

結婚前に話し合っていればそんなことにはならないと思うかもしれませんが、この夫婦は話しあっていたそうです。途中で夫の価値観が変わったか、妻と結婚したいために本音を言わなかった可能性があります。

話し合いとは、本音を言葉で伝えあい、確認しあうこと。このケースの場合は、妻が「結婚しても働きたい」ではなく「働き続けるから」と宣言すれば防げたかもしれません。

また、そういった本音をぶつけあうことを避けたいとどこかで感じてしまうのであれば、それは、言いたいことが言いあえる関係とはいえません。本音で意見を言えない相手と何十年も暮らすのは、かなり辛いことですから、そういった意味でも生き方を尊重しあえるかどうかの確認は必要ということです。

■お互いに相手の欠点を受け入れあえる

欠点とは、極度のギャンブル好きや酒乱、女癖(または男癖)やDVなど、恋人にすらしないほうがいい特徴のことではありません。長所と短所は隣りあわせ。例えば男性側がグイグイ引っ張ってくれるタイプであれば、強引すぎるところが欠点になることがあります。

この短所は最初、大抵が長所だととらえるため、欠点として見えてくるのはやや時間が経過してから。そういう欠点を見つけても、それを長所の裏側だととらえて、受け入れあうことができるかどうかを考えてみてください。

■彼との結婚生活を想像したときに幸福感で満たされる

一度も波風が立たずに、平穏無事に結婚生活を続けられる夫婦は稀です。ですが、結婚前、とくに結婚経験のない未婚女性は、結婚生活に夢を持っていてもいいとわたしは思っています。

彼との結婚生活を想像してみてください。心が幸福感で満たされるでしょうか。もし、少しでも疑問を覚えたら、それは心が発しているサインです。わたしは仕事で恋愛相談を受けていますが、結婚生活に関する相談をしてくる女性は、結婚前のこの“心の声”を無視して結婚してしまっていることが多いものです。

以上、3回にわたって9つの項目をお伝えしてきましたが、「彼が自分にふさわしいか」と同時に、「自分が彼にふさわしいか」も考えてみてくださいね。

(内埜さくら)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理