やっぱり葉酸は必須!? 妊娠前にしておきたい体調管理3つ

【女性からのご相談】

結婚生活も数年を過ぎ、そろそろ子どもが欲しいと考えています。妊娠前の今からしておいた方がいいことはありますか?

●A. 健康的な生活、体型と葉酸の摂取を心がけましょう。

ご相談ありがとうございます。ママライターのmomoです。

妊娠したくてもすぐにできるとは限りませんからね。今から準備をしておくこと、とても大切だと思います。

今回は妊娠しやすい体、元気な赤ちゃんを生むためにしておきたい準備を3つご紹介します。

●元気な赤ちゃんを生むためにしておきたいこと3つ

●(1)禁煙する

もし喫煙している人でしたら、禁煙生活に入った方が良いでしょう。

日本産婦人科医会のデータによりますと、喫煙者が出産する場合には早産、前置胎盤、胎盤早期剥離の確率が2〜3倍上昇することが分かっています。一方で妊娠発覚してすぐに禁煙することで、そのリスクを回避できることも分かっています。

もし喫煙者で妊娠したいと思っている人は、早めに禁煙生活に入るようにしましょう。

●(2)適正体重にする

痩せすぎも太りすぎも妊娠するためにはよくありません。

痩せすぎている場合は生理不順や排卵がしっかりと行われていない確率が高くなります。また太りすぎも不妊の原因に。妊娠した後も太っていると妊娠中毒症や高血圧など、多くの問題が出てきます。

まずは自分のBMIを知り、適正体重にすることが大切でしょう。

●(3)葉酸を摂取する

「赤ちゃんが欲しい」と思ったらその日から葉酸を摂取するようにしましょう。葉酸が不足すると、脳や神経の先天性異常が起きやすくなります。

しかも最も葉酸が必要な時期は妊娠初期。妊娠発覚してから葉酸を慌てて飲んでも間に合わないこともあります。赤ちゃんがいつきてもいいように、妊娠したいと思ったら葉酸を摂取するように心がけましょう。

ちなみにわたしは悪阻で食事がまともに食べれなかったので、葉酸はサプリで補っていました。

ーーーーーーーーーー

待望の赤ちゃんを母子ともに無事に出産できるように、妊娠前からできることはしておきましょう。ストレスをためないように、規則正しい生活を心がけてくださいね。

(ライタープロフィール)

momo(ママライター、元モデル)/高校卒業後に調理、製菓の専門学校を卒業し、調理師免許を取得。調理師として勤務していたが体調を崩し退社。その後、ひょんなことからモデル事務所へ所属することに。妊娠、結婚までモデルとして活動。2011年に長男を出産。現在は専業主婦のかたわらライターとして活動中。お料理上手、そしていつまでもキレイなママでいられるように日々奮闘しています。得意分野は育児、料理、美容、ダイエット、結婚、夫婦関係など。趣味は、食べることとダイエット。

元記事を読む
提供元: パピマミの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理