1. トップ
  2. メイク
  3. テカテカ脂性肌に朗報!皮脂崩れ0のメイク直し方法ルール3つ

テカテカ脂性肌に朗報!皮脂崩れ0のメイク直し方法ルール3つ

  • 2015.2.9
  • 648 views

好きで脂性肌になったわけではないが、なってしまったものは仕方がない。
いかに脂性肌と付き合っていくか!

筆者もヒドイ皮脂テカに悩み、かれこれ十数年。
迷える全国の脂性肌におくるのは、夢にまで見た!夕方になっても皮脂崩れ0の肌。

「どんな化粧品を使っても午後にはテカリが抑えきれなかった!」
そんなあなたにこそ教えてあげたいのは、化粧品での皮脂対策ではなく、メイク直し方法。
3つの秘策を駆使すれば、夕方以降も朝のメイク顔を保てるかも?!

■秘策1:脂取り紙の代わりにティッシュを使用

多くの人の化粧ポーチに入っているであろう脂取り紙。
テカリが日常茶飯事の脂性肌にとって、「脂取り紙は必需品!」という人も少なくないのでは?

ズバリ言います。
脂取り紙は今日から使うのをやめてみましょう。

普通肌の人にとっては使い勝手の良いアイテムでも、脂性肌にとってはNO GOOD。
必要な皮脂も取り去ってしまいがちな脂取り紙で、肌の脂分がなくなってしまうと、脂性肌はさらに皮脂を分泌しようとします。

皮脂がどんどん出てきてしまうので、ベースメイクが崩れやすくなってしまうのです。テカったところをまた脂取り紙で取って、皮脂が大量に出てきて…この悪循環にハマってしまうと最悪!

そこで、メイク汚れの原因となる皮脂オフはティッシュで代用!
特に保湿系のティッシュを使用すると、皮脂を取り過ぎることなくオフできて、さらに肌へも低刺激です。
脂を取る際は、ティッシュで肌を軽く押さえるようにしましょう。

■秘策2:ガーゼやハンカチでテカリオフ

ティッシュと同じくテカリオフに使えるのがガーゼやハンカチ。
吸収の良い素材のガーゼなどでテカリを押さえると、表面の凹凸部分で余分な皮脂を吸収してくれます。
スポーツ時などの汗をかきやすい場合は、こちらの方法でテカリをオフすると、汗によるメイク落ち対策にも。

■秘策3:オフした後の絶対ルールはルースパウダーが握る

テカリをオフした後は、ルースパウダーをTゾーンなどの皮脂が出やすい部分にのせておきましょう。
何ものせなくても大丈夫ですが、パウダーをのせておくことで皮脂崩れしにくいベースメイクを作ることができます。

鏡を見て皮脂崩れでガッカリする日常からオサラバ!
この方法で今日からあなたも崩れ知らずのサラサラ肌をGETしよう!

元記事を読む