1. トップ
  2. スキンケア
  3. 忙しいママでも美人になれる“クレンジング”のポイント4つ

忙しいママでも美人になれる“クレンジング”のポイント4つ

  • 2015.2.5
  • 1107 views

【ママからのご相談】

30代になり、お肌のことが気になり始めました。美肌作りにクレンジングが大切だと聞きますが、疲れているときや遅く帰ったときなど、おろそかにしてしまいがちです。子育て真っ最中でも手軽にできるクレンジング法などあれば教えてください。

●A. ライフスタイルに合わせ、気持ちいいクレンジング法を見つければ間違いなく美人になれます。

ご相談ありがとうございます。ライターのうぇぶりんです。

リキッドタイプやクリームタイプ、オイルタイプと、クレンジングの種類を挙げればきりがありません。使い心地も使い勝手もそれぞれです。メイクをしっかり落とせるということは譲れない条件ですが、大事なのは、いかに自分が気持よくなれるかということです。

「この瞬間に癒されるのよね!」と言えるほど気持ちよくクレンジングできれば、身も心も美人に近付いている証拠! それぞれのクレンジングについて知り、自分のライフスタイルに合ったテッパンのクレンジング法を実践しましょう。

●美人になれる!? クレンジングのポイント4つ

●(1)クレンジングを状況によって使い分ける

どんなに忙しくても、疲れていても、メイクだけはしっかり落とさなければお肌に悪影響なのは言うまでもありません。

でも、疲れてヘトヘトなときほど面倒になってしまいますよね。そんなときは、状況によって使い分けられるように種類をいくつか用意しておくといいでしょう。

クレンジングは種類によって落とす力も違います。ウォータープルーフのメイクを落とすのに適しているのは、オイルタイプですし、最近では、マスカラなどのバッチリメイクも落とせるリキッドタイプも主流になりつつあります。王道のクリームタイプはマッサージも兼ねられますし、手を汚さずに済むシートタイプもありますね。

時間がないときはシートタイプを使い、とりあえず、ササッとメイクを落としておく、逆に時間があるときはクリームタイプでマッサージを兼ねてゆっくりメイクを落とすなど、ライフスタイルにクレンジングを合わせましょう。

●(2)お風呂タイムを利用する

お風呂タイムは格好のクレンジングタイムです。

クレンジング剤の中には水やぬるま湯で洗い流せるタイプが多くあります。オイルやリキッドタイプはもちろんですが、最近は洗い流せるクリームクレンジングも出回っています。湯船に浸かりながらゆったりした気分でクレンジングしてみましょう。毛穴が開き、マッサージも兼ねられ、一石二鳥どころではないですね。

●(3)メイクを落とすときは、顔全体を優しくマッサージするように

美容アドバイザーの佐伯チズさんが提唱するクレンジングは、こすらない優しいクレンジング法です。

クレンジング剤を手のひらで温め、顔全体を優しくマッサージするようにメイクを落とすといいそうです。お風呂には適度な蒸気があります。さらに湯船に浸かると体全体が温まり、クレンジング剤も簡単に温めることができます。蒸気で毛穴も開いていますので、毛穴の奥の汚れも落とせます。

汚れをしっかり落とし、肌の血流を良くするのに、蒸しタオルも効果的です。しかし、そこまで手間をかけられない忙しい世代でも、お風呂なら同じような効果が期待できるのです。ぜひ毎日のバスタイムを上手に活用しましょう。

●(4)自分にあったクレンジング剤を選ぶ

数多くある、お風呂で使えるクレンジング剤の中で、自分が使いやすく、自分の肌に合ったものを探し、バスタイムを美容タイムにすれば、どんな美溶液にも負けない美肌効果が期待できます。とりあえずは手持ちのクレンジング剤で大丈夫! さっそく今夜から実践してみましょう。

(ライタープロフィール)

うぇぶりん(児童英語講師)/旅行代理店にて、10年間、渡航手続き業務や国内及び海外旅行カウンターでの業務に従事。出産を機に退職した後は、司会の勉強をし、50組の結婚式や披露宴を担当しました。現在は自宅で児童英語教室を開いています。上の子も20歳になり、子育てもひと段落。子育てや仕事など、自分の経験を生かした記事をどんどん書いていきたいと思っています。