カンヌ国際映画祭受賞から21年!河瀨直美監督が今『映画』を通して伝えたいことは?

27歳のときに史上最年少でカンヌ映画祭でカメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した河瀨直美さん。新作映画『Vision』は奈良・吉野の美しい自然を舞台にした「いのち」の物語。18歳で8ミリカメラを手にしたときに「豊かな人生を歩める可能性を感じた」という河瀨監督にとって、映画とは? 河瀨監督の映画監督という仕事への向き合い方について、取材させていただきました。


undefined

ーー18歳のときに8ミリカメラを手にしてから映画を撮るようになったそうですが、どうして映画を撮りたいと思われたんでしょうか?

「当時は何かこの世界に残せるもの、自分が生きて何か残せるものはないかと思っていました。それは音楽でも、小説やデザインでも良かったんだけれども、なぜ映画だったかというと、映画の神様のほうが私のところに降りてきたとしか言えません(笑)。それくらい映画とは縁遠い生活で、高校生まではほとんど映画も観ませんでした。

だから私のところにやってきたのは、何かわけがあるのかなと今でも思うんですが……映像というものは、おそらく時間を閉じ込められるメディアなんですよね。8ミリカメラを手にしたときに、タイムマシンを手に入れたと思ったことを覚えています」

ーー時間を閉じ込められるメディアとは?

「映像を通してならもう一度過去にも行けるし、フィクションであれば未来にも行ける……そういうものすごく可能性のあるメディアだと思います。人間が生きている時間は『今』でしかない。もちろん記憶の中でなら過去も未来も頭には思い浮かべられるけど、リアルな映像として過去にも未来にも行ける、それが映画なんです。

だから活用次第では、良いことにも悪いことにも使えてしまう。なんていうんだろうな……かじったらヤバイことになる林檎のようなものだと思います(笑)」

undefined

ーーカンヌ国際映画祭で新人賞をとってから21年。映画を撮り続けてきた日々は河瀨さんの人生の中で、どんな位置を占めているんでしょうか?

「8ミリフィルムカメラに出会ったのは、自分が『どうして生まれて来たんだろう』、『この先どういうふうに生きていくんだろう』と迷っていた時期でした。そんな時期にタイムマシンのようなものを手に入れたことにより、自分がより豊かな人生を歩める可能性を感じたし、カメラがそこへ導いてくれると思ったんですね。

一つの作品を作るたびに知り合う人や、一緒に作ってくれる人たちと出会います。その人々が私を成長させてくれるんです。その出会いがまた次の作品を作ることに繋がる……そんな相乗効果があるから続けていける。続けていくことが『力』です。その力がまた次の力を呼ぶ。

映画を作る私たちだけではなく、そこに観てくだる方の力も加わることによって、『次』がもたらされるので、こんなに楽しいことはないと今は思っています」

ーー撮り続けている間に、大きな壁にぶつかって、挫折しそうになった経験はありますか?

「結局は評価が自分を押しつぶしてしまうんだと思います。例えば国際的な映画祭に行って賞を獲るとか、そういうことで作家が潰されてしまう可能性はありますね。『評価』は諸刃の剣。評価されたらされたで、その期待に応えなければならないと肩に力が入って、撮れなくなることもあるでしょう。もちろん、それはまた次の作品への力にもなるんですけどね。

とにかく賞を獲るために映画を撮っているんじゃないということに、ちゃんと立ち返らなければならない。評価に惑わされないことはすごく大事」

ーー評価に惑わされたり、押しつぶされそうなときは、それを乗り越えたり、覆す力が必要だと思います。

「これは私自身の対処法だと思うんですが、いっぱい情報を入れてしまうと惑わされるので、『私が何であるか』ということを見つめることが大事かな。だから私はテレビの情報番組やバラエティー番組はほとんど観ません。そうすることで余計な情報を入れないようにする、というのが対処法の一つなんです。

だから情報の多い東京には絶対に出て行かない(河瀨監督は奈良市在住)というのもあります(笑)」

undefined

ーー新作『Vision』は吉野の森と美しい音楽がとても印象的でした。ストーリーを理解しようと思うと難しい部分がありましたが、映画全体を通して、河瀨監督が伝えたかったことを教えていただけますか?

「人生って『これ』ってなかなか具体的には言えないできことがいっぱいあると思います。私の人生どうなの?って聞かれても一言で語れないのと同じように、この映画の中で、私はひとつの答えや『Vision』って何なの?という答えを提示していません。それでもこの映画を観てくださったそれぞれの人の中に、答えを見つける“きっかけ”みたいなものを渡せるかもしれないと思っています。

例えば今日見てそのまま理解できるかといえば、そうではなく、おそらく何かの局面で思い出されるような映画になるのかな、と。それは約20年前に撮った『萌の朱雀』(第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞作)もそうで、公開時は『ストーリーや登場人物の関係性がわかりづらいんだよね』と言われました。でも何かが残る。公開時に観てくださった世界中の方が10年、20年経ってもう一度見てくださるような作品になりました。

そう思うと、『Vision』は『萌の朱雀』から21年経った、48歳の自分が撮るべくして撮った作品なのかなと思います」

ーー撮影中は出演者の方々と、どんな関係を作っていくのですか?

「例えば、ベテランの永瀬正敏さんでもあることですが、力が入りすぎていたり、セリフを読んでいるようになるときはNGなんですね。私はNGとは言わないけど、「もう1回いこうか」と声をかけます。もうちょっと出演者の表情を見て、何かにじみ出てくるようなものを自然に出そうと思うから。

そういうふうに時間を積み重ねていって、共演者というよりは一緒に生きている人たちとの関係を深めていく。それをカメラで記録します」

ーー河瀨監督にとっては、映画を撮るということは、一緒に生きるということなのかなと感じました。

「私たちスタッフはその場を用意する。だからそこでみんなで生きていこう。そして、生きていくその場所に、カメラが介在するよっていうようなことです。だから可能であれば、撮影前に1週間か2週間、撮影場所に先に入って映画の時間を生きてもらうようにするんです。

私の映画はある種、ドキュメンタリーのようなもの。みんなが共犯者でドキュメンタリーを作っているような感覚かもしれません」

undefined

▶映画『Vision』公式サイト

Movie Director:Yohei Takahashi (f-me)
Writing:Yuko Sakuma
Coordinate:Makiko Yanagi
Edit:TRILL

あなたにおすすめの記事
現実は甘くない!恋愛でマネしちゃいけないドラマや映画のあのシーン
現実は甘くない!恋愛でマネしちゃいけないドラマや映画のあのシーン
Grapps
映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』アカペラ女子大生が社会人になって再集結!シリーズ最終章
『ピッチ・パーフェクト』シリーズ最終章、映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』が、2018年10月19日(金)より、全国の劇場で公開される。 © 2017 UNIVERSAL STUDIOS © Universal Pictures 『ピッチ・パーフェクト』シリーズの集大成 『ピッチ・パーフェクト』シリーズは、2006年から2007年にかけての大学アカペラ選手権シーズンを追った、編集者ミッキー・ラプキンによるノンフィクション小説を原作とする音楽コメディ映画。全世界で4億ドルを超えるヒットを記録したこの人気ミュージカル・コメディシリーズが、いよいよラストステージを迎える。 『ピッチ・パーフェクト2』に次ぐ最終章『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』では、世界大会優勝という有終の美を飾ってバーデン大学を卒業したアカペラ・グループ「バーデン・ベラーズ」が、“社会人アカペラ部”として再結成。美しいハーモニーと、グルービーなダンスはそのままに、音域を大幅にパワーアップさせ、ロック、カントリー、ヒップホップなど圧巻のパフォーマンスを披露する。 ステージ上のファッション&ヘアメイクも見どころの1つ。ファンにはお馴染みのユニフォーム姿をはじめ、ミリタリー、マリンスタイルといったキャッチーなコスプレの数々が、ラストステージに華を添える。 ベラーズが再集結 キャストは『イントゥ・ザ・ウッズ』のアナ・ケンドリック、『スウィート 17 モンスター』のヘイリー・スタインフェルドを中心に、歌って踊れる実力派たちが再集結。“ファット・エイミー”ことレベル・ウィルソンのキレのあるアクションにも注目だ。 ストーリー “歌うこと”を通じて最高の仲間たちと出会い、世界大会優勝という有終の美を飾ってバーデン大学を卒業したアカペラ・グループ「バーデン・ベラーズ」の面々。それぞれの道へと歩み始めた彼女たちだったが、キラキラ輝いていた学生時代とは異なり、恋もキャリアもイマイチ、理想と現実のギャップを痛感する日々だった。そんなときに再結成のチャンスが訪れ、張り切るベラーズだったが……。 【作品情報】 映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』公開日:2018年10月19日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー監督:トリッシュ・シー脚本:ケイ・キャノン、マイク・ホワイトキャスト:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・リスゴー、エリザベス・バンクス他原題:Pitch Perfect3/2017年/アメリカ/93分/ビスタ/ドルビーデジタル配給:パルコ/シンカ ユニバーサル映画
ファッションプレス
映画にインスパイア? アディクションの9色アイパレット
anan美容部員が実際に試したコスメを紹介する「マストバイ」。
anan web
映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』幽霊となり残された妻を見守る男の物語
映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が、2018年11月17日(土)に公開される。 www.fashion-press.net 『ムーンライト』配給の映画会社・A24によるゴーストストーリー 『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、『ムーンライト』『レディ・バード』など話題作を続々と配給する北米の映画会社「A24」による、切なくも美しいゴーストストーリーだ。 主人公である、どこか懐かしいシーツ姿のゴーストは、不慮の事故死を遂げた男。自分のいなくなった世界で幽霊となって、残された妻を見守り続けている。 ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラが共演 シーツ姿の幽霊となり彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。夫に先立たれた妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ。 また、監督を務めるのはデヴィット・ロウリー。同監督の『セインツ -約束の果て-』でも共演した、ケイシー・アフレックとルーニー・マーラ、2人の超実力派俳優が再集結する。 ストーリー 田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始める――。 詳細 映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』公開日:2018年11月17日(土) 全国ロードショー監督:デヴィッド・ロウリー出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ
ファッションプレス
韓国でも話題に!「孤独のグルメ」が国際的なドラマ賞を受賞
松重豊が主演の「孤独のグルメ」(テレビ東京)が、国際的に優れたドラマを表彰する「Seoul Drama Award 20...
ザテレビジョン
吉田大八監督が衝撃を受けた幻の映画に、あの巨匠の特集も!「PFF」ラインナップが発表
9月8日(土)から9月22日(土)まで東京・京橋にある国立映画アーカイブで開催される「第40回ぴあフィルムフェスティバル...
Movie Walker
8月8日は猫の日。思わず胸キュンな猫が登場する映画9。
8月8日は猫の日。思わず胸キュンな猫が登場する映画9。
VOGUE
映画「高崎グラフィティ。」主演! 佐藤 玲さんにインタビュー
■ 企画の段階から参加した思い入れの強い作品です「高崎グラフィティ。」は、堤幸彦監督や大根仁監督を擁する映像制作会社・オ...
ウォーカープラス
日々の悩みがちっぽけに見えるかも。自分が変わるきっかけになる話題の映画
「第3次韓流ブーム」に沸く昨今。さらに詳しく韓国を知りたいと感じている方もいらっしゃるのでは?そんな方におすすめしたい映画『1987、ある闘いの真実』が9月8日(土)から公開されます。映画を通じて歴史や文化を知れば、近く […]
Sheage
人気モデルの南沙良が映画「無限ファンデーション」の主演に抜擢!
女優でモデルの南沙良が、大崎章監督最新作の映画「無限ファンデーション」で主演を務めることが決定した。本作は、シンガーソン...
ザテレビジョン
映画『斬、』池松壮亮×蒼井優の時代劇 - 塚本晋也監督、江戸末期の農村で起きる生と死の問題に迫る
映画『斬、(ざん、)』が、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国ロードショー。塚本晋也監督最新作は初挑戦の時代劇。主演は池松壮亮、ヒロインは蒼井優が務める。 www.fashion-press.net 塚本晋也監督が初の時代劇に挑む 『鉄男 TETSUO』『六月の蛇』『KOTOKO』などを世に送り出し、世界中に多くのファンを持つ塚本晋也監督。中でも2014年に発表した映画『野火』は、戦争の恐怖をあぶり出し、究極の状況下での人間の姿を描き出したと話題を呼んだ。時を経て2018年、塚本晋也監督が初の時代劇に挑む。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務める完全オリジナル作品は、江戸時代末期を舞台に物語を進める。江戸時代末期の日本は、250年にわたり平和が続いてきた中で、開国するか否かで大きく揺れ動いていた時代。映画『斬、』では、江戸近郊の農村で時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。 主演・池松壮亮、文武両道で才気あふれる浪人に 主人公は、文武両道で才気あふれる浪人。難しい役どころを渾身の力で演じるのは、映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『万引き家族』『君が君で君だ』『散り椿』など、話題作への出演が続いている池松壮亮だ。 日本アカデミー賞に4度輝く演技派蒼井優が、農家の娘役に 浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』に出演の蒼井優。日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優が、不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさを体当たりで表現する。 また『バレット・バレエ/BULLET BALLET』『野火』に続き、塚本作品への参加となった中村達也、オーディションで抜擢された映画初出演の前田隆成の参加も決定している。なお、映画『斬、(ざん、)』は第75回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品が決定している。 【詳細】 映画『斬、(ざん、)』公開日:2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国ロードショー監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也2018 年/日本/80 分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー製作:海獣シアター配給:新日本映画会社
ファッションプレス
安田顕「何年かに一度の、渦巻くもの感じた」 映画「愛しのアイリーン」大阪舞台挨拶
「ザ・ワールド・イズ・マイン」やドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びた漫画家・新井英樹の傑作「愛しのアイリーン...
ウォーカープラス
キャンディzoo、夏の目標は“映画”と“カヌー”と“体力強化”!<MIF>
キャンディzooが8月5日、東京・台場のデックス東京ビーチで開催された「みんなの アイドル フェスティバル 2018」に...
ザテレビジョン
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理