1. トップ
  2. ヘア
  3. おしゃれなまとめ髪アレンジを大特集!簡単・時短でこなれ感満載のヘアを叶えよう☆

おしゃれなまとめ髪アレンジを大特集!簡単・時短でこなれ感満載のヘアを叶えよう☆

  • 2018.5.30
  • 38323 views

おしゃれなまとめ髪アレンジは、大人女子ならいくつか知っておきたいもの。お出かけ前の身支度の時間は誰でも慌ただしく、メイクに着替えにヘアアレンジと、全てを完璧にこなすのはなかなか大変ですよね。ちょっとの時間でできるまとめ髪アレンジを知っていれば、時短でおしゃれを叶えることができますよ。今回は、サッとできるおしゃれなまとめ髪をレングス別に集めてみました。併せて、オフィスでも使えるきちんと感のあるまとめ髪や、小顔に見えるまとめ髪もご紹介します。

ボブのまとめ髪で大人っぽく

ついついダウンスタイルのまま出掛けてしまうボブスタイルも、後ろでちょっとまとめ髪にするだけで印象ががらりと変わります。ゆるっとまとめて後れ毛を出すのが、野暮ったくならないコツ。

ストレートのボブも、後ろでざっくりお団子にまとめて抜け感をプラス。ついついきつめに結びたくなるストレートヘアですが、手ぐしでふんわりとまとめると柔らかな雰囲気になりますよ。 

ウェーブをつけたボブヘアを、ざっくりとお団子に。前髪やサイドの後れ毛はルーズに流しつつ、太めのターバンを使うことですっきりとしたシルエットになります。休日のリラックスタイムにも使いたいまとめ髪アレンジですね。 

こちらも、後ろでサッとまとめた髪をルーズなお団子に。長さが無い分、お団子が程よく崩れてカジュアルな雰囲気になりますね。暑い季節にも使えるざっくりとしたまとめ髪です。 

ちょっと強めにカールをつけたボブスタイル。後ろでざっくりと結ぶだけでも、ニュアンスが出ておしゃれに決まります。ゴールドピンでアクセントをつけると、崩れ防止にもなりスタイルを長持ちさせることができますよ。 

トップからざっくりと編んだフィッシュボーンと、サイドからの編み込みを低めの位置でシニヨンにしたアレンジです。低めの位置でまとめているので、ボブなどのレングスが短い方でもきれいにアレンジできます。 

簡単なまとめ髪も、トップの髪を軽くくるりんぱするだけでおしゃれ感アップ。時間のない朝でも簡単にできるまとめ髪アレンジです。ヘアアクセサリーなどでアクセントをつけると、より可愛くなりますよ♪ [mobile][toc][/mobile]

ミディアム・セミロングならまとめ髪のバリエーションも広がる!

アレンジの幅も広がるミディアム・セミロングヘア。トップと両サイドの3方向で編み込みを作って、結び目を一つにするだけでもこんなに凝ったスタイルに。休日のお出かけやデートにもぴったりな上品なスタイルです。

くるりんぱを繰り返して編み下ろすだけでも手が込んで見えるのが、ミディアム・セミロングの特徴です。フェミニンなバレッタでアクセントをつけると、さらにおしゃれ度がアップしますね。 

低めの位置でシニヨンを作るギブソンタック。難しそうに見えますが、コツを掴むと案外簡単にアレンジできますよ。ねじってまとめたサイドのシルエットがこなれた雰囲気ですね。まとめたシニヨンは、少しほぐすとナチュラルな仕上がりになります。 

ミニマムにまとめたギブソンタックアレンジです。後れ毛を出してルーズな雰囲気をプラスすると、さらに可愛くなりますね。大きめのバレッタをアクセントにして、バックスタイルを印象的に演出しましょう。 

ミドル位置で作ったお団子は、毛先を中に入れずに自然に流してみて。フロントからもまとめ髪の毛先が見えて、大人っぽくフェミニンな雰囲気に。ちょっとルーズな方が、ニュアンスのあるスタイルに仕上がるのでおすすめです。 

こちらは、お団子の位置を少し高めにして、後れ毛は少なめにアレンジ。先ほどのお団子よりもきちんと感が出るので、デイリーにはもちろん、浴衣などの和装に合わせるのにもぴったりです。 

くるりんぱを2段にすると、ボリュームが出てゴージャスになりますね。きちんと感のあるまとめ髪アレンジなので、フォーマルな席やお呼ばれにも使えます。普段使いならゴムだけで、華やかな席で使うならヘアアクセサリーで主張するといいですよ。 

サイドでまとめた髪をフィッシュボーンアレンジに。三つ編みよりもこなれた雰囲気があるフィッシュボーンなら、大人可愛い雰囲気を作れます。寝ぐせなどがあってもきっちりとアレンジできますよ。 

サイドをフィッシュボーンで編み込んだら、後ろでシニヨンを作ってアップヘアに。フィッシュボーンは、ポイントで使ってもおしゃれですね。難しそうに見えますが、コツを掴めばセルフでも簡単に編み込むことでできます。 

こちらもフィッシュボーンをサイド使いにしたアレンジ。先ほどよりもゆるっと編み込むことで、カジュアルな雰囲気になっています。トップにふんわりとボリュームを出してスタイリングすると、まとめ髪がぐっと垢抜けて見えるようになりますよ。 

大きなウェーブがきれいなミディアムヘアを、ミドル位置のポニーテールでまとめています。髪全体にウェーブがあることで、一つ結びでもこなれた雰囲気に。長すぎず短すぎないポニーの長さがいいですね。 [mobile][toc][/mobile]

ロングヘアならではのまとめ髪アレンジを

ロングヘアの方は、ロングならではの長さを活かしつつ、動きやすいようにすっきりとまとめるのがおすすめ。こちらはルーズにまとめたギブソンタックで、抜け感のあるスタイルを作っています。ウェーブがかかった後れ毛に、ロングヘアならではの艶っぽさが感じられますね。

両サイドに分けた毛束を編み込んだシニヨンヘア。後れ毛が気になるときは、少しきつめに編み込んですっきりとさせましょう。ロングヘアらしいボリュームのあるシニヨンと、すっきりした襟足のギャップがセクシーですね。和装にも合わせたいシンプルなまとめ髪です。 

高い位置のお団子なら、大人可愛いロングヘアのまとめ髪アレンジが作れます。トップでまとめることで縦のラインが強調されて、スタイルが良く見える効果もあるんですよ。後れ毛を出したりお団子に逆毛を立てると、こなれ感が出てさらにおしゃれに。 

低い位置のお団子は、大人っぽく落ち着いた雰囲気を作りたいときにぴったりです。毛量が多いロングさんは、一度でシニヨンを作らず両サイドに編み込みをすると、フェイスラインがすっきりしますよ。 

三つ編みやくるりんぱを組み合わせてシニヨンを作ると、より手の込んだ雰囲気のアレンジが作れます。難しそうに見えますが、練習すればセルフでもできるようになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 

まとめ髪の王道とも言えるローポニーテールは、サイドにねじりを加えるだけで、上品でエレガントな雰囲気になります。凝った編み込みをするほどの時間はないけれど、ちょっとおしゃれにまとめたいという時にもぴったりですね。 

ロングウェーブにくるりんぱを合わせたローポニーテールです。重さのある黒髪は、サイドをきっちりまとめてしまうと老けて見られがち。くるりんぱでふんわり感を出すのがポイントです。 

長さのありロングヘアだからこそ、高い位置のポニーテールをさらに編み込んでシニヨンに。結び目は中に入れずに流すとナチュラルに仕上がります。きちんと感もありながら、親しみやすい雰囲気に。 

こちらもポニーテールにシニヨンをプラス。レングスの長いロングは、ミドル位置や低め位置のまとめ髪だと毛先が邪魔になることも。こんな風に少しアレンジを加えてレングスを短く調整すると、きれいにまとまりますよ。 

両サイドとセンターのロープ編みを組み合わせたまとめ髪スタイル。簡単なのにしっかりと編み込まれたロープ編みは、崩れにくくきちんと感がありますね。オフィススタイルにもぴったりです。 

ロングヘアを、サイドでしっかりとしたフィッシュボーンアレンジに。ロングヘアの長さを活かした、優しい雰囲気が魅力的ですね。こちらは片サイドで編み込んでいますが、両サイドで編んでおさげにしても、こなれ感のあるアレンジができます。 

長いロングヘアならではの、高い位置のポニーテール。ウェーブがかかっていれば、これだけでもおしゃれにまとまります。カーラーやコテであらかじめカールをつけるのもおすすめ。結び目は髪の毛で隠すのがトレンドです。 [mobile][toc][/mobile]

まとめ髪の前髪はどうする?下ろしてもアップにしても可愛い!

長めの後れ毛が可憐な雰囲気。厚めに取った前髪をさりげなくサイドに流して、ナチュラルな雰囲気に仕上げています。すっきりとしたフェイスラインとのコントラストで、おしゃれ度もアップしますね。

高い位置でまとめたまとめ髪アレンジに、8:2くらいで分けた斜め前髪を合わせています。おでこを出すことで顔周りが明るくなり、アップヘアとの相乗効果でほっそりとした印象を与えることができますよ。 

コンパクトにまとめたアレンジに、かきあげ前髪を合わせてすっきりと。おでこを全て見せると知的な雰囲気になるので、フォーマルやオフィススタイルにもぴったりですね。まとめ髪をタイトにしてしまうとキツイ印象を与えることがあるので、あくまでざっくりとまとめるのがコツですよ。 

前髪を半分くらいまとめ髪に使って、残りをシースルーでスタイリング。素肌がちらりと見えるので、艶っぽい雰囲気になりますね。顔周りの毛もすっきりとまとめて、クールな雰囲気をプラスして。 

ゆるふわパーマをくるりんぱでまとめ髪にしたら、前髪はセンターパートで自然に流して。束感をつけてあえてストレートにしているので、ミステリアスな雰囲気になっています。顔周りに毛束がくることで小顔効果もありますよ。 

大人っぽい雰囲気のまとめ髪ですが、ベビーバングを合わせてコケティッシュな要素もプラスしています。落ち着いた中にも少女のような魅力があり、雰囲気抜群のスタイルになっていますね。 

前髪も一緒にまとめて、高めの位置でお団子に。手ぐしでざっくりとまとめれば、リラックス感のあるまとめ髪アレンジになりますよ。 [mobile][toc][/mobile]

オフィスでも使える簡単おしゃれなまとめ髪

バックでコンパクトにまとめたシニヨンアレンジは、きちんと感があり髪が邪魔にならないので、オフィスで使うのにおすすめ。おしゃれに見せるコツは、きつく結びすぎずに程よくほぐすことです。ダークトーンのカラーも柔らかく見えますよ。

襟足で一つ結びにした毛束を三つ編みで編み下ろしています。後れ毛を出さずにきっちりとしたまとめ髪を作ると、清潔感があって知的な雰囲気に。接客業など、お客様と接する機会の多いお仕事にもおすすめなアレンジです。 

低めの位置で簡単に結んだローポニーテールのまとめ髪アレンジです。忙しい朝でもサッとアレンジできるのが魅力。仕事中に髪をまとめる際にも使えるので、色々な場面で重宝しそうですね。 

こちらは、一つ結びにくるりんぱを加えたまとめ髪アレンジ。ストレートの一つ結びは子どもっぽく見られがちですが、ちょっとしたアレンジを加えるとこなれ感が出て、大人っぽく仕上げることができますよ。 

ウェットでスタイリングした髪をシニヨンアレンジに。束感をつけてアレンジすることで、黒髪にも動きが出てぐっとスタイリッシュに仕上がります。コンパクトなまとめ髪は、オフィスでも好印象。スタイリング剤を使うと、レングスが短くてもアレンジの持ちがよくなります。 

くるりんぱを繰り返した編み下ろしアレンジ。手が込んで見えるアレンジですが、やり方はとっても簡単なので、出勤前の忙しい時間でも手早くアレンジすることができますよ。 

低い位置のシニヨンアレンジなら、ボブからロングまできちんと感のある雰囲気を演出できます。編み込みを作ってからまとめると、どんなレングスでも崩れにくいシニヨンが作れますよ。 

小顔に見えるまとめ髪アレンジとは?

高めの位置で作るシニヨンは、リフトアップ効果で小顔に見えるメリットがあります。ほかにも、目線が上にくることでスタイルアップして見えるんですよ。顔の幅が気になる人は、前髪を両サイドに流してフェイスラインを軽くぼかすと◎ 

長めの後れ毛をたっぷり出したルーズなまとめ髪は、目線が下がって顔周りを程よくぼかしてくれるので、小顔効果も絶大。鏡でバランスを見ながらデザインしていきましょう。センターパートで前髪を分けると、さらにほっそりして見えますよ。 

面長さんは、前髪を厚めに残してまとめ髪を作るのがおすすめ。サイドは思い切ってフェイスラインを出すと、バランスのよいシルエットが作れます。可愛らしいのに色っぽい、絶妙なスタイルですね。 

まとめ髪をサイドで作ると、目線がサイドに行くので小顔効果も◎きっちりまとめず、無造作にふんわりと仕上げると、縦の長さが小さくなりバランスのよいシルエットに。大きめのヘアアクセサリーもおすすめですよ。 

顔周りの毛束を残してまとめ髪を作ると、輪郭がほっそりして見えます。毛量を調整しながらベストバランスを見つけてくださいね。 

まとめ

今回は、まとめ髪アレンジをレングス別にまとめてみました。忙しい大人女子にもぴったりのアレンジがたくさんありましたね。くるりんぱやフィッシュボーン、お団子など簡単なアレンジを組み合わせれば、まとめ髪のアレンジの幅はどんどん広がります。後れ毛や前髪も意識して、おしゃれなまとめ髪アレンジを楽しんでくださいね。