1. トップ
  2. 恋愛
  3. 居心地が良い彼女になるために欠かせない3つのポイント

居心地が良い彼女になるために欠かせない3つのポイント

  • 2018.5.29
  • 20147 views

好きな人からいつも愛されたい。ずっと愛され続けたい、と思うのは当然です。
けれど、交際中の彼氏とつまらないことでケンカしてしまうとか、ぞんざいな扱いをされてしまうと、ガッカリしますよね。
また、片思い中であれば、「どうやって好きな人に気に入ってもらうか?」をアレコレ考えるはず。
大好きな彼の隣にいられるよう、試行錯誤するに違いありません。
実は、交際前でも交際中でも、男性から好いてもらう条件は変わらないんです。
居心地が良いと思ってもらうだけで、彼女として大切にしてもらえるでしょう。

・居心地が良い=妻候補になりやすい

男性が、一緒にいて居心地が良いと感じるのは、「素の自分を見せてもいいと思うほど信頼できる女性」であり、「心が癒される女性」です。
また、そんなふうにリラックスできると、男性は一緒にいたい気持ちが強くなり、結婚願望が増す傾向があります。
駆け引き上手でドキドキさせるのがうまい女性は、確かに男性にモテます。
けれど、絶妙につかず離れずの距離を取り、危うい言動で気を引くので、彼女としては魅惑的ですが、妻候補にはなかなか選ばれないでしょう。
つまり、居心地の良い女性は、男性から本命彼女だけでなく、妻候補にも見られやすいということ。
婚活も含めて好きな人との関係を進めたいアラサー女性には、見逃せないポイントです。

・刺激的じゃなくていい

居心地の良い女性は、ほんわかとしたのんびり屋だとか、寛容で小さなことは気にしないタイプだったりします。
男性に対していちいちダメ出しをしませんし、お釈迦様が孫悟空を手のひらに乗せるように、彼氏に適度な自由を与えて束縛もしません。
また、感情の起伏が緩やかで、やたらと泣いたり、激怒したりもしないでしょう。
たとえ彼氏が、女友達と二人きりで飲みに出かけたとしても、怒りのままに怒鳴り込むことはないのです。
チクリと刺すにせよ、感情のままに暴走しないので、やり方が上手。
彼氏をウンザリさせずに、キチンと反省を促す器用さを持ち合わせています。

・とにかく明るい

とにかく明るいことと、口数が多くてうるさいことは違います。男性から居心地が良いと好まれるのは、楽観的で物事を杞憂しない女性。
純粋に、一緒にいて楽しいと思える人が、やっぱり交際相手や奥さんに選ばれるのです。
たとえば、彼氏が仕事で大失敗したと落ち込んでも、深刻になりすぎずに、「大丈夫よ。あなたならすぐに挽回できるから」と、慰めてくれるとか。
さっぱりとした明るさが求められるでしょう。

・まとめ

男性から見て居心地が良い女性とは、女性からすると「我慢が多いこと」に感じられます。
つねに寛容に、楽観的に恋を俯瞰するなんて、なかなかできることではありません。
だから、居心地の良い女性に「ならなければいけない」と、強く思う必要はないでしょう。
そういう理想にできるだけ近づけたらいいな、くらいに考えるのがちょうど良いといえます。(沙木貴咲/ライター)
(愛カツ編集部)