1. トップ
  2. ファッション
  3. 低身長さんの苦手アイテムを克服しよう!バランスアップテク&155㎝以下のコーデ実例をご紹介♪

低身長さんの苦手アイテムを克服しよう!バランスアップテク&155㎝以下のコーデ実例をご紹介♪

  • 2018.5.28
  • 38734 views

身長のせいでトレンドのアイテムを上手く着こなせない…そんなお悩みを持つ低身長さんも多いのではないでしょうか。苦手だと思っているアイテムでもコーデのバランスを上手に取ることで、低身長さんでもおしゃれに着こなせますよ。今回は、155㎝以下のモデルさんのおしゃれなコーデをアイテム別にご紹介していきます。

低身長さんの苦手アイテムを使った、スタイルアップコーデ15選

バランスが難しい…ワイドパンツ

ここ数年大人気のワイドパンツですが、敬遠している低身長さんもまだまだ多いのではないでしょうか。ワイドパンツはハイウエストに作られていることが多いので、トップスをインして着ることで低身長さんでもスタイルよく着こなすことが出来ますよ。

鮮やかなグリーンのワイドパンツは、着るだけで周りと差のつくおしゃれコーデを演出することが出来ます。脚周りが太すぎない、ほどよいボリュームのワイドパンツを選べばすっきりと着こなすことが出来ますよ。 

トップスをインして着るのが好きじゃない...という人は、派手柄トップスを合わせるのがおすすめ。自然に目線がトップスに行くので、バランスよく見せることが出来ますよ。 

ゆるっとしたトップスにワイドパンツを合わせた、低身長さんにとって難易度の高いコーデ。サイドスリットが入ったワイドパンツを使うことで抜け感が生まれ、低身長さんでも違和感のない着こなしになります。 

ワンピースにワイドパンツを合わせるテクニックは、今っぽくおしゃれに見えますよね。低身長さんでも素敵に着こなせているのは、ワンピースのサイドスリットとまとめ髪のおかげ。重心が下にいくようなコーデのときは髪をまとめておくと、バランスがとりやすくなりますよ。 

重心が下にいってしまう…派手柄ボトムス

目線が下に行ってしまう柄ボトムスは苦手という低身長さんも多いのではないでしょうか。モノトーンの花柄なら目立ちすぎずコーデにしっくり馴染んでくれるので、低身長さんにもおすすめです。 

個性的なデザインのスカートは、着るだけでコーデがおしゃれに決まりますよね。鮮やかカラーのトップスを合わせることで、スカートだけでなくトップスにも自然に目が行くので、低身長さんでも着こなしやすくなりますよ。 

縦のラインが強調されるストライプ柄は、低身長さんに特におすすめです。ハットをプラスすることで頭に目線が行くので、自然とバランスのとれたコーデにまとまります。 

ジャガード素材の大きめな花柄が華やかなスカートは、記念日や特別な日に着こなしたい1枚ですね。ショート丈のトップスを使って上半身をコンパクトにまとめることで、スタイルアップして見えます。 

背がごまかせない…スニーカー

黒のワンピースに白のガウンを羽織ることで、縦ラインを強調されて身長が気にならなくなるコーデに。マキシ丈のガウンも低身長さんには難しいアイテムですが、白を選べば重くならないので、コーデに取り入れやすくなりますね。

鮮やかカラーのトップスを着ることで目線が上にいくので、手っ取り早くバランスのよいコーデをつくることが出来ます。シャツの裾をインして着れば、身長が気にならないバランスアップコーデの完成です。 

低身長さんにおすすめしたいのは、白のスニーカーです。足元を軽く見せてくれるので、コーデ全体のバランスを取りやすくなりますよ。低身長さんの得意アイテム、スキニーパンツとの相性も抜群です。 

子供っぽくなってしまう…リュック

リュックを持つと子供っぽくなってしまうというお悩みをお持ちの低身長さんも多いのではないでしょうか。大きめサイズのリュックだとバランスが難しいので、まずは小さめリュックをゲットしてみましょう。ワンピースに合わせることで、リュックを大人の女性らしく持つことが出来ます。 

全体的にカジュアルなアイテムを多く使っていますが、プリーツスカートを取り入れることでリュックコーデが一気に女性らしくなります。シャツを腕まくりして手首を見せているところも、コーデのバランスをとるポイントです。 

 インパクトがあるデザインのリュックは、白を選ぶことでコーデに馴染んで使いやすくなります。カジュアルコーデにリュックを合わせるときは、コーデの色味を抑えることで大人っぽく仕上がりますよ。 

まとめ

いかがでしたか?低身長さんの苦手なアイテムでも全体のバランスを意識してコーディネートすることで、スタイルよく見せることが出来ますね。この夏は、苦手なアイテムにも挑戦してコーデの幅を広げてみてはいかがでしょうか。