1. トップ
  2. 恋愛
  3. 実はモテ女子がやっている初回デートでの4つの工夫

実はモテ女子がやっている初回デートでの4つの工夫

  • 2018.5.22
  • 35224 views

初回のデートのあと、相手からの連絡頻度が落ちたりして不安になることってありますよね。
一方で、モテるあの子はいつもデートが続いている、、、この違いはいったいどこからくるのでしょうか。
ベールに包まれていることが多いモテ女子が「こっそり」取り入れている初回デートの工夫を今回は明らかにしたいと思います。

工夫1:相手と目を合わせている

「目は口程にものを言う」と言われますが、まさにその通りです。人は8秒目が合えば恋に落ちるといった言葉もあるように恋愛において目を合わせるということはとても大切です。
特に年下の男性は、恥ずかしがってなかなか目を合わせられないことも多いので、女性側がこの点をしっかり意識しておくと効果的です。
できれば、普段の何気ない会話や楽しく笑ったりした後の、ちょっとした「間」のタイミングで彼を真剣に見つめてみましょう。恥ずかしがって男性は目をそらしてしまうこともあると思いますが、既に男性は心の中であなたのことを強く意識し始めています。

工夫2:最高の好印象を与えるための場所を知っている

男性に初回デートはお任せというスタンスの方も多いと思います。
一方で、モテ女子は、「ここに行ってみたい」という場所をあらかじめ見つけておきます。カフェや出店というケースも多いです。
初回デートはお互い緊張をしますし、お互いのことを知ろうという意識が非常に強くなります。しかしながら、1回目のデートですべて分かったりすることはありません。モテ女子はこのことをわきまえていて、「いかに好印象を与えるか」に徹しています。
「ここに行ってみたい」という場所も、自分が前に行って余裕がもてるところ、自分が一番かわいく見えるところ、最高の笑顔に自然となるところなど相手の男性に絶対に好印象を与えられるところを選びます。
男性としては自分が主導しているという満足感がありますし、モテ女子としては好印象を与えられるということで、作戦勝ちです。

工夫3:プレゼントを持っていく

初回デートで後々尾を引くのが、「お会計」です。初回だから快く男性がおごってくれることも多いでしょう。
しかし、それでは他の女子と何ら変わりません。男性としては、「出費の1つ」でしかなくなってしまいます。モテ女子は、「お金」ではない、「代わりになる価値」を男性にちゃんと初回デートで提供しようと準備を怠りません。
手作りのお菓子だったり、ちょっとした小物だったり、お手紙だったり、男性に「デートありがとう」という気持ちをしっかりと伝えられるものを用意しています。
たとえ、ご馳走になったとしても、ちゃんとお返しをしていることになりますので、男性側としては他のライバルと一線を画す、そんな存在感を放つ女子として認識されます。

工夫4:靴を2足持ってることも

男性が気合を入れたレストランに、歩くのがラクなスリッポンで行く女性は少ないかなと思います。
一方で、いろいろなところを歩いたり、自然の中を散策したりするデートプランであれば、綺麗で底の高いハイヒールは疲れてしまいます。
できる男性は女性のそういう部分にもすぐ気が付きますので、「気をつかって終わり」になってしまうリスクがあります。気が利く男性ほど、そういった部分に目がいってしまうのです。
モテ女子は、この点もしっかり理解しており、自分自身だけに集中してもらうための準備を怠りません。気合を入れるところでの靴のほか、お洒落で履きやすいスリッポン系をバックにこっそり忍ばせていることもあるんです。

おわりに

初回デートは恋愛につながるのかどうかを決める上でとても大切な場になります。今回のヒントを参考に、あなたなりの工夫も加えて、次のデート、さらにその先へと自信を持って歩んでいきましょう。
お坊さん恋愛コーチ さとちゃん 合掌
(愛カツ編集部)