1. トップ
  2. ファッション
  3. 5月のカフェで出会ったブラジル犬

5月のカフェで出会ったブラジル犬

  • 2018.5.21
  • 8099 views

ノートルダム寺院の裏手からこんにちは、吉田パンダです。えーっと、前回のいぬパリ更新は、、、ゴホン、見なかったことにします。う、打ち切りのピンチ?更新遅れてすいません。今回は抜けるように青い、5月のパリからお届けします。

おっと、その構えではブレるよ。左手はカメラを下から支えるようにね、マドモアゼル←不審なおじさん。

さて、仕事で某カレンダーを撮影したカフェにて、カウンターの足元にぽつんと発見しました。トレンチコートが似合うマダムと、色合わせもばっちりな四つ足を。

若干手ブレでごめんなさい←カメラは下から支えてください。足元待機はダックスフンドとシュナウザーのミックス犬、リオちゃん10歳。

上から見ると、床のタイルが可愛いカフェ。

CAFÉ BLANC

リオちゃんのリオは、リオデジャネイロのリオ。実はブラジル生まれの、サンバなリオちゃんなんです。

10歳とは思えないほど、目が綺麗。愛されて育てられた感がにじみ出てます。ご本人(犬)、なんで抱っこされてるかもわからない様子ですけど。

飼い主のイザベルさんは高級ワンワンアクセサリーのお店を経営している方でした。この首輪もご自分でデザインされたとか。

www.polluxandpenelope.com/fr/
トップページから、リオちゃんへの愛が全開です。

このブレスレットもイザベルさんデザイン。飼い犬とお揃いのものを身につけられます。パリで個性的なドッググッズショップは少ないので、気になったら訪ねてみてください。リオちゃんに会えるかも。5月のカフェで出会った犬をご紹介しました。次回の更新も、どうぞお楽しみに。