1. トップ
  2. ダイエット
  3. スマホや本を読む姿勢を変えて美につなげよう!少しの意識で変わるスタイル

スマホや本を読む姿勢を変えて美につなげよう!少しの意識で変わるスタイル

  • 2018.5.11
  • 7908 views

スマホの普及とともに増えていく二重あごと猫背。スマホユーザーにとっては思い当たることがある、首や背中に負担をかける長時間の体勢。さらに、首に深いしわが刻まれがちなうつむき姿勢によって、二重あごになりやすくなっているのです。

このため、痩せているのに二重あご。まだ若いのにクビにしわ。さらには猫背でスタイルが悪く、何を着ても決まらないといった美容にとってはうれしくない現象が起こりがちに。これはスマホ以外に本を読む姿勢でも当てはまります。
これらの現象から遠ざかって、少しでもきれいなスタイルをキープするために、日々の姿勢を少しだけ意識して変えていきましょう。

スマホや本の姿勢で猫背&二重あごに

スマホや本を読むときに無意識でいると、基本的に姿勢は悪くなります。スマホの画面は小さく、本の文字も小さく、どちらをのぞき込むときも、下向きで、長い時間首に負担をかける体勢で見ることになるからです。

この姿勢のせいで猫背が定着し、うつむき時に首のお肉が寄ることによって、二重あごの原因になります。そしてこのどちらも意識することで、改善していくことが出来、逆に意識していないとどんどん悪化していく怖いものです。できることなら今すぐに!姿勢の改善に取り組みましょう。

首を曲げてのぞき込むのはNG

スマホにしても本にしても、首を曲げてのぞき込むのは基本的にNGと考えておきましょう。首を曲げることで、首に負担がかかり、その分背中が曲がることになります。

このことから猫背を誘発するだけでなく、首に横向きのしわを刻み込みやすくなります。首のしわは一度刻まれると非常に取れにくいもので、老けて見える原因にもなりますので、作らない努力が重要です。まずは、首を曲げてのぞき込まないことから意識していきましょう。

二重あご防止に首をスッキリ上げて

まずは二重あごの防止のためにも、スマホや本を見る時は首をスッキリと上げることを意識しましょう。あごの部分と首などのどこかがくっつきそうになっていたらNGです。なるべく首をまっすぐに伸ばして、綺麗な首のラインを保ってスマホや読書を楽しみましょう。

頭の重さが首だけにかからないように、しっかりと首を立てて、頭を首以外の部分でも支えるようにしていきましょう。

目の高さと同じ位置にスマホや本をもってこよう

スマホや本を見る時のコツとしては、目の高さと同じ位置に持ってきて見るようにするということがあります。これを意識することによって、自然と猫背を防止し、比較的良い姿勢でスマホ操作や読書を行えるようになります。

逆に目の高さよりも下にスマホや本がきていると、姿勢が悪くなっていることが非常に多いのです。まずは日常のスマホや本の位置を確認することから始めましょう。

寝っ転がるならうつぶせに

寝っ転がって本やスマホを読みたくなる時は結構あるでしょう。ですが、この時に注意したいのが上向きなのかうつぶせなのか、どちらの体勢で行っているのかというところです。

寝っ転がってスマホや本を見る時は、基本的にうつぶせで行う方がよいでしょう。一見自分の陰が出来て目に悪そうな感じに見えるかもしれませんが、姿勢の点でいうと、こちらの方が首がスッキリと伸びて猫背になりにくいという利点があります。

また、スマホを寝っ転がって下から見ていた時に、手を滑らせて顔に落とすという事故を起こしたことがある人も結構いるのではないでしょうか?これで顔にあざを作るくらいなら、下向きに操作した方が、ずっと美容にいいと言えるでしょう。

さらに下向きの体勢では、背筋をある程度使用することもできますので、少し意識することで筋トレにつなげることもできます。そして、上向きの体勢ほど長時間の使用になりにくいため、結果として目への影響も少なくてすみます。

猫背と二重あごを防止して、綺麗なスタイルを意識しよう

スマホ操作や読書時には、綺麗な姿勢を意識しましょう。猫背と二重あごを防止して、首から背中のラインを綺麗に保つのです。

このラインが美しいと、特に後ろから見たときに若々しく見えますので、意識してスタイルキープすることで、数年後の若さが違ってきますよ。