1. トップ
  2. 恋愛
  3. 要注意!初めラブラブでも後に男性に捨てられる女子4つの特徴

要注意!初めラブラブでも後に男性に捨てられる女子4つの特徴

  • 2018.5.9
  • 29774 views

順調だったはずのお付き合い。なのに、突然カレから別れ話を告げられたらとてもショックですよね。私の一体何が悪かったのでしょうか。今回は、初めラブラブでも後に男性に捨てられる女子の特徴、を4つ紹介します。

①自分はヒステリーではないと思っている

自分は感情が暴走するいわゆるヒステリーの女性ではない、と思っている人は要注意です。
そんな女性は、実は自分の感情をごまかすのが得意なだけかもしれません。自分の気持ちに嘘をついて相手に合わせているので、交際は一見順調に見えます。しかし、ごまかし続けた相手への不満がいつか爆発し、カレはドン引き、そして別れへ一直線……となりかねません。
どんなに感情のコントロールが得意な人でも、体のリズムや環境によって、誰もがヒステリーになり得るものだと考えておき、ストレスを適切に解消する習慣を作りましょう。

②自分ばかりが我慢していると感じている

自分ばかりが我慢している、と感じている場合、自分が我慢しているからこそ交際が順調なんだ、と思い込みがちです。しかし、このような場合もカレの心を長く繋ぎ止めておくのは難しいでしょう。
自分ばかりが、という被害妄想から、相手男性を加害者と見なす気持ちが心を浸食していきます。カレは加害者で間違いを犯しているので、「こうあるべき」と言いたくなり、自分の主張を押しつけがちになります。
カレはだんだん窮屈さを感じるようになり、あなたへの愛が冷めていきます。たまにはカレがあなたのために我慢しているかもしれないことにも、目を向けてみましょう。

③あの時○○と言った、と過去にこだわる

「あの時あなたは○○(愛してる、何々をしてあげる、等)と言ったよね」と過去の会話を持ち出し、愛を確認する場面。カレは束縛の兆候を感じ、逃げ出したい気持ちになっているかもしれません。
過去の会話を持ち出されるというのは、ICレコーダーで録音した証拠を突きつけられたような気分にさせることがあるものです。人間の感情は本来流動的なものなのに、まるで、心変わりは許されない、と強制されているような重みを感じさせるのです。
恋は現在形でするのが一番です。目の前にいる相手の、一瞬一瞬の気持ちを尊重しあえる二人になりましょう。

④浮気に寛容なフリをしたことがある

理解ある女だと思われたいからと、カレの前で浮気に寛容なフリをしたことがある場合、その嘘が仇となって別れに直面する場合があります。
実際に浮気をされた場合、傷ついてカレを責め、泥沼化する可能性が高くなります。なぜなら、男性側が「話が違う」と逆に騙されたような気持ちになり、余計にこじれるからです。なんて身勝手な、と思うかもしれませんが、ただでさえ浮気で後ろめたい気持ちがある男性の防衛反応として、そのような心理状態になることは、一般的に起こりうる現象です。
遊び人男性を追いかけることや、意に反して余裕を見せる行為をやめ、誠実な男性と結ばれる努力をしましょう。

男性が去って行く一番の原因は「息苦しさ」

いかがでしょうか。始めに居心地の良さを感じた関係であっても、彼女の感情が重すぎて息苦しさを感じると、男性は逃げ場を探したくなります。その他の人間関係にも役立つため、適切にメンテナンスされた「感情美人」をぜひ目指しましょう。(ちりゅうすずか/ライター)(愛カツ編集部)