1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 移植終了。母の任務期間は10日となるか、それ以上となるか【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第29話】

移植終了。母の任務期間は10日となるか、それ以上となるか【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第29話】

  • 2018.5.9
  • 79182 views

不妊治療を2005~2008年に受けた中村こてつさんが当時を振り返って綴る治療の体験談です。ついに移植当日。実際の移植の様子や、移植後の生活上の注意事項など、治療はまだまだ続きます。
ついに卵を移植
「それでは卵を戻していきますよ。」ドクターが言いました。

細いチューブを子宮内に差し込み、卵を送り込みます。ものの十数秒だったでしょうか、すぐに終わりました。長い期間かけて作られた卵の移植はあっけないものでした。

その後、超音波で移植した卵を確認…のはずが、チューブの中に卵が残っていたらしく、再度注入となりました。(だ、大丈夫…?!)と不安になりましたが、ドクターもスタッフも焦っていなかったので、まぁ大丈夫なんだろうと納得。15分くらいで待合室で待つオットのところへ戻りました。

クリニックへ向かう途中、今までのいろんなことを考えてしまい押し黙る私の手をギュッと握ってくれたオット。そんなオットの顔を見て泣きそうになったけれど、こらえます。

しばらくすると処置室へ呼ばれ、移植後もずっと続く黄体ホルモンの注射をぷすりと打ちます。黄体ホルモンの投与は、移植前5日間のうち3日間は膣座薬を使用しましたが、どうやら私に合わなかったようです。1日4個の膣座薬を続けるうちに…お股が痒い!!

入れた後ドロリと出てくる白い液体にかぶれてしまうようでした。

それをドクターに伝えると、10日後の判定日までは毎日注射に通うことになりました。地元の産婦人科クリニックにて打ってもらいます。

移植~判定日までの生活
この日からお酒も禁止となりました。(名残惜しく、移植直前までガッツリ飲みました(笑))

コーヒーも1日1~2杯までと言われました。

夫婦生活は子宮が収縮してしまうのでよくないとのことで判定日まではNGだそうです。激しい運動も禁止です。

愛犬の散歩は、時折激しくなることがあるので(おもに猫(笑))オットに任せます。重いものは持たないほうがいいので、ゴミ捨てもよろしく。あ、ご飯の準備もついでに…、洗濯物も重いかな…(笑)。

こうやって父になる練習をしていかなきゃね。と言うと、「それじゃ父というより、主夫だよね」と言われる。はい、調子に乗りました(笑)。

何はともあれ2人でがんばっていこう。オットと決意を新たにしました。

今、私はお母さんです。任務期間は10日間となるか、それ以上となるか。

判定日を待ちます。

※私が長男を妊娠するために不妊治療をしていたのは、2005年11月~2008年10月のことです。また、この体験記に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。

(中村こてつ)