1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 日除けだけじゃない!間仕切りや目隠しにも◎カーテン&のれん実例集

日除けだけじゃない!間仕切りや目隠しにも◎カーテン&のれん実例集

  • 2018.5.8
  • 34339 views

小さな窓でも、強い日射しが気になることがありますよね。窓の一部にカフェカーテンを付けるだけでも、遮ることも出来ます。家の中では、小さめのカーテンやのれんが、間仕切りや様々な場所の目隠しに大活躍。お洒落な実例をご紹介します。

インテリアのアクセントにもなるカフェカーテン

フレンチカントリーのキッチンの窓に、カフェカーテンを付けられています。白い窓枠はDIYで作られた物。真ん中の部分だけに付けられたカフェカーテンが、お洒落なアクセントになっていますね。

同じお宅のサニタリースペースです。こちらも、レースのカフェカーテンで、同じテイストに揃えられています。レンガシートやガーランド等、大人可愛い雰囲気になっていますね。 

キッチンの出窓に、カフェカーテンを付けられています。突っ張り棒をカーテンの穴に通す形は、カフェカーテンにピッタリですよね。透け感のある生地や、裾のレース模様も可愛いですね。 

カフェカーテンに見えますが、ウィンドウフィルムという、シールタイプのカーテンです。窓全体に貼ることも出来ますし、一部分に貼れば、カフェカーテン風に見えますね。立体的な絵柄等、種類も豊富。紫外線99%カットというのも魅力です。 

仕切りカーテン

フレンチカントリーに似合うお洒落な結び方

フレンチカントリーのキッチンカウンターに、窓枠風の間仕切りをDIYされています。ミニカーテンを結んだ物やリース等で、少しだけディスプレイされているので、見通しも良く、明るく見えます。全体に統一されたインテリアが、素敵ですね。 

LDの境い目に、大きな間仕切りを作られています。ディスプレイ棚と、カーテンのリング部分を隠す為の板は、DIYです。かなり大きなカーテンですが、白い薄手の布と、お洒落に結んだアレンジで、明るく軽い雰囲気になっていますね。 

透け感のある素材で間仕切り感を

お子様の寝室のドアに、レース生地のカーテンを付けられています。丸いモチーフのデザインが素敵ですね。間仕切りと目隠しを兼ねた、透け感のある短いカーテンは、お子様の様子も感じられますね。 

サニタリースペースの入り口に、ビーズのれんを付けられています。半透明のビーズを間を空けて並べたのれんは、中の様子がすべて見えますが、区切られている雰囲気は感じられますよね。 

目隠しカーテン&のれん

サニタリーやキッチンの出入り口に

階段下にあるサニタリーは、目に付きやすいので、目隠しカーテンを付けられています。上部も開けて、突っ張り棒で付けたカーテンは、見せたくない部分だけを隠しているので、重たくならずにお洒落ですね。 

バスルームの入り口に、しまむらのバスロール風のれんがピッタリ。ワイヤーロープを使って吊るしているところも、男前ですね。白地なので、様々なインテリアに合いそうです。 

洗面所の入り口に、短めののれんを付けて、目隠しにされています。裾のイラストが可愛いデザインです。水色の壁紙や、ナチュラルなディスプレイ棚等、全体的に絵になるスペースです。 

キッチンの入り口に、バスロール風の幅広のれんを付けられています。木の風合いが素敵な男前のキッチンにピッタリですね。 

ドアの透明ガラス部分に合わせて、手作りの目隠しのれんを作られています。生成りと北欧柄の布を併せた、お洒落なデザインです。ドアがあっても、見通しが良過ぎたり、開けておくことが多い場所には、目隠しがあってもいいですね。 

インテリアに合わない物を目隠し

北欧調のチェストとディスプレイです。チェストとドアの木の色味が異なるので、ドアを全部隠すようにのれんを付けられています。青いのれんを掛けることで、北欧雑貨の雰囲気にも馴染んでいますよね。

古いエアコンに、セリアのミニカーテンを、画鋲で壁に留めただけです。エアコンの汚れも隠せて、男前インテリアのお部屋にも、違和感がなくなっています。特に、賃貸では、エアコンも選べませんので、良いアイディアですね。 

収納スペースを隠してスッキリ

ウォークインクローゼットの、布団袋等、ゴチャついて見える部分だけ、目隠しカーテンを付けられています。全体の雰囲気に合わせて、テーブルクロスをリメイクされた物です。収納ケースを揃えられたり、見せる収納になっている、お洒落なウォークインクローゼットです。 

ウォークインクローゼットの扉を外して、目隠しのれんに変えられています。お部屋の雰囲気に合わせた、薄手の白いのれんが爽やかです。クローゼットの中は、お子様の為の、素敵なスペースになりそうです。 

子供部屋の収納スペースの、見せたくない部分だけに、カーテンを付けられています。白と茶色がバランス良く配置された、素敵なインテリアですね。 

キッチンのカップボードの吊戸棚に、セリアのカフェカーテンで目隠しをされています。上段は、プレンティ―ボックスで揃えて。下段は、カラフルな家電類を隠す為に、カーテンを付けられています。モノトーンで揃えられているので、スッキリ見えますね。 

こちらも、キッチンの吊戸棚収納です。上段に、あまり使わないキッチン用品を置いて、目隠しされています。突っ張り棒とクリップで付けられた星柄の布は、しまむらの商品。周りの始末も、布用両面テープでされています。モノトーンインテリアの、お洒落なアクセントになっていますね。 

まとめ

様々なカーテンやのれんの使用例をご紹介しましたが、いかがでしたか?それぞれが、実用的なだけでなく、インテリアの一部として、存在感もありますよね。一度、お部屋の中を見直してみてはいかがでしょうか?

オリジナルサイトで読む