1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 靴箱収納☆100均アイテムなどを使った整理整頓術やDIY例もご紹介

靴箱収納☆100均アイテムなどを使った整理整頓術やDIY例もご紹介

  • 2018.5.7
  • 34390 views

おうちの顔とも言われている玄関。靴箱から靴が出ていたり雑然としていては見栄えも悪く、どんなにインテリアに気を使っていても玄関が荒れていては印象が台無しです。いつでもスッキリとキレイな靴箱の状態を保つには、どのように収納するのが良いのでしょうか。靴をたくさん持っている人もそうでない人も、靴箱の活用方法や収納法など、是非参考にしてみて下さいね☆

1段・2段の靴箱収納☆コンパクトさや掃除のしやすさが魅力

狭い玄関でも置き場所を取らないのが1段・2段収納のメリットです。中にはあえて収納をコンパクトにすることで、スッキリとした玄関目指している方も。圧迫感も出ないので、玄関を広く見せたい方にオススメの方法です。

DIY編

オープンの棚なので、脱いだ後にさっとしまえて、匂いがこもりにくいと言う利点があります☆足場板✕鉄筋の組み合わせ、無骨な雰囲気が出て男前なインテリアによく合っていますね♪ 

こちらも手作りの棚ですが、プラスチックのイレクターパイプを使用しています。アイアン風のペイントが施されているので、チープに見えません。掃除の時など、動かしやすいようにキャスターがついているので、使い勝手も良さそう! 

すのこを利用したシューズラック。すのこなら加工もしやすく手軽に作りやすいですね。更に2段目は、ワイヤーを通すだけで出来るのでより楽チンに。奥行きが薄いので、狭い玄関や廊下に置いても良いと思います♪ 

タイル調の床に、シャビーな棚がマッチしています。場所も取らないので玄関が広く使えますね!玄関の床は、クッションフロアを貼ってアレンジしたそう。コンパクトサイズの靴箱なら、こういったアレンジもすぐに気軽に出来ちゃいます♪ 

備え付け収納など、あるものを利用編

備え付けの玄関収納。スペースが限られている為、一人4足とルールを決めているそうです。持ち物が増える度に収納を増やすのでなく、靴箱に合わせて靴を厳選してみることで、玄関も心もスッキリとした暮らしが実現出来そうです。 

41〜70㎝まで伸縮自在だそうで、置きたい場所の幅に合わせてピッタリおけますね。色もマットなブラックで、チープに見えません。掃除も行き届き、いつでもキレイな玄関をキープ出来そうです。 

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)の立て掛けるシューラックはシンプルな形ながら、その洗練された佇まいが美しく靴を置いだだけなのにサマになります。掃除など移動するときは、靴を乗せたまま運ぶことも出来るそうです☆ [mobile][toc][/mobile]

大型の靴箱収納☆靴や持ち物が多い方でも安心な抜群の収納力

普通のマンションや、おうちについているシューズキャビネット。オシャレなインスタグラマーさんの中には、自分でセルフリノベしてアレンジしたり、100均などのアイテムを利用して使いやすく工夫している方も多いようです。中でもオススメは、扉を取ってしまいオープン収納にすること。靴がしまいやすくなったり掃除がしやすくなったりと、メリットがいっぱいですよ♪

セルフリノベ

シューズボックスの扉を取り、オープンな収納にしています。扉がある状態よりも匂いはこもりにくいのですが、更に靴にゆとりを持たせて収納すると、風通しが良くなり衛生的に収納することが出来ます。 

こちらは扉を片方取っ払い、半分オープン収納にしたそうです。隠したいものは右の収納に、靴は左にといいとこ取り♪ちょっとしたことですが、扉を開け閉めする動作って意外と面倒なので、脱ぎっぱなしが減るきっかけになるかもしれません。 

こちらも扉は取っ払ってしまい、すぐに靴がしまえるようにしています。タタキにはIKEAのウッドタイルを敷いていて全体的にウッディな雰囲気がまるで学校の下駄箱のよう。男前インテリアに、シャビーな古材の風合いがよく合っています♪ 

備え付けのシューズキャビネットの下の段に、アイアンバーを取り付けてお子さんの上着掛けに。コートクロークのようになっているので、全部玄関で収納を完結することが出来て良いアイデアですね♪ 

シューズキャビネットの下のスペースを有効活用しています。ミニプランターを作り、ワイヤープランツを飾ることでインテリアとしての機能も。収納力も上がりグッと玄関がオシャレになります♪ 

元々のキャビネットは奥行きがなく靴置きも斜めで使いづらかった為、 扉を外して棚板も厚めの杉板に変えて真っ直ぐにアレンジしたそうです。靴を脱いだら戻すだけなので、とても使い勝手が良さそう。 

左側のシューズクローゼットの隣に小さい収納を作り、フリースペースに。靴以外にも上着を掛けたり、手袋や雨具、レジャーシートなどたくさんの物が出入りする玄関では、このようなスペースを一つ持っておくと便利かもしれません。黒いバッグは、エコバッグ入れだそうですよ♪ 

元々は大型の靴箱収納があったそうですが、大きな扉を取り外して、服や帽子を掛けられるようにセルフリノベをしたそうです。オープン収納にしたことで圧迫感が減り、玄関全体が広く感じますね♪ 

靴箱の空いているスペースに、バーを取り付けて傘掛けにしています。宙に浮いた状態なので、玄関の掃除も楽に出来ますね。サッと取り出しやすいのも魅力的です。 

セリアのコンクリート調のリメイクシートを使って、下駄箱の棚板をセルフリメイクしたそう。おしゃれになるだけではなく汚れ防止にもなり、まさに一石二鳥ですね☆

使い勝手が良くなる☆靴箱の中の整理整頓術

靴箱を変える

クラフトボックスに、黒のマステでラベルを貼っています。靴箱のまま保存しておきたい方には、靴箱の大きさを揃えるのはオススメの方法です。きっちりと大きさが揃っていて、キレイに見えますよね。 

上の段には、靴箱のボックスが収納されています。大切な靴を汚れや埃から守る効果もあり、また靴のまましまっておくよりも取り出しやすいというメリットもあります♪半透明なので、中も見やすいですね。 

ブラックの靴箱ボックスにオシャレな収納ラベルが貼ってあり、見栄えもバッチリです。靴箱の中にピッタリと収まっていて気持ち良いですね☆引き出しタイプなので、下の箱も取り出しやすそう。 

上段のボックスに、写真でラベリングしています。一見手間のように見えますが、これならボックスを開けなくても靴の種類が把握出来るので、コーディネートの時に時短になります。靴を多く持っている方には、是非オススメの方法です。 

ボックス収納

セリアのボックスを靴収納に使用したら、靴を取り出す時に砂が落ちることがなくなったそうです。掃除の時にはボックスの中の汚れを払うだけで良いので、棚板はキレイなままなのが嬉しい♪見た目もシンプルで良いですね。 

上のペーパーボックスの中には、子供の靴や冠婚葬祭の靴・スリッパ・夏ケア用品・子供の帽子などが入っているそうです。セリアのplentyboxは、見た目もシンプルでかっこいいですね♪ 

無印良品の収納アイテム、キャリーボックス(画像右上)には、シューケアグッズを入れています。靴の手入れをする時には、このまま取り出すだけで良いので楽チンですね。 

シュークロークの中には、たくさんの靴が並んでいます。大切な靴は、ボックスの中に入れて埃やカビから守ります。湿気は下の方にたまりやすいので、ボックスで保存したい時は上段に収納するのがポイントです! [mobile][toc][/mobile]

DIY靴箱や市販の靴箱を利用して、オリジナルの玄関に☆

自分でDIYしたりアレンジするのが得意な方なら、ちょっと他とは違うオリジナルの玄関インテリアを目指してみるのもオススメです。こだわりの詰まったインテリアは、目を引くこと間違いなしですよ!自分で考えたり作った分、愛着も湧くのではないでしょうか☆

DIY

シャビーな雰囲気がステキな靴箱収納。どこかノスタルジアで懐かしい雰囲気もありますね。小物をいろんな場所で効果的に使っていて、まるで雑貨屋さんのようです。 

元々上の収納はなかったそうですが、玄関の雰囲気に合わせてDIYしたそう。アイアンの留め具がオシャレで、下にある洋風の丸い鏡ともマッチしています。 

アメリカンな雰囲気の玄関。個性的な靴箱がインテリアのアクセントとして一役買ってくれています。奥行きがないので圧迫感がなく、玄関が広く見える効果も☆ 

重厚感のあるブラウンの靴箱。英語のステンシルがかっこいいですね。よく使う靴は左のオープン棚、そうでないものやシーズン物は扉のついた棚にしまうなど使い分けも出来て便利です☆ 

すのこリメイクして作られた棚。古材のようなペイントがされており、雰囲気抜群!蝶番で作られたパタパタ扉がインテリアのアクセントになっており、どこかフレンチのような雰囲気もあります。 

無印良品のトタンボックスは、男前なインテリアテイストにぴったり。収納棚や、置いてある靴の大きさとも奥行きがあっていて、余計なスペースがなくきっちり整って見えます。 

赤色の木材の色合いの下駄箱が、ドライフラワーの雰囲気ともマッチしています。奥の靴箱には、取っ手がついているので取り出しやすそうですね。レースや薬瓶などの小物も効果的に使われています。 

椅子の下はブーツ置き場に。チェストは靴箱として使用されています。チェストはDIYして作ったそうで、グレーがかったペイントが隣のフレンチシックな水色の靴箱と相性バッチリです。 

ダボレールと木の板で作った靴の収納。高さが調節出来るので使い勝手が良さそうですね。つま先を前に靴を置いてみたり、合間にはグリーンや雑貨が置かれていたりと、オシャレに見える為の真似できそうなアイデアがたくさん♡ 

こちらもダボレールで作られた収納ですが、あえて高めに作ることによって、下の空きスペースにベビーカーや遊具などを置いています。自分の持ち物や生活スタイルによって色々変化出来るのも、自分で作るDIYのメリットではないでしょうか。 

IKEA

IKEAのSTÄLLという商品。奥行きが浅いのでコンパクトになりますね。余計なものがなく、洗練されたデザインがモダンインテリアのテイストにぴったりです。 

IKEAのSPRUTTシリーズのキャビネットは9つに分かれていて、それぞれ一足ずつしまうイメージ。ホワイトスチールの棚が光に反射して、玄関を明るく見せてくれます。 

こだわりの靴箱収納

ビッグサイズのロッカーは、それだけでインパクト十分ですよね!ちゃんと1つ1つにキーがついているのも可愛い♡アメリカンな雑貨や、男前な雰囲気のグリーンと一緒に飾ってもいいですね♪ 

元々はグレーのロッカーだったそうですが、ホワイトにペイントしたそうです。ホワイトにしたことで大型収納の圧迫感が薄れ、他のインテリアともマッチしていますね。 

スペースを広く取って、壁一面に設置されたシューズラックが印象的なエントランス。これだけゆとりがあれば、グリーンや小物と一緒に飾ることも出来ますね。色々アレンジが楽しめそうで空想が広がります♪ 

SHELVING STAY ANGLED 10°による、シューズラック。他のパーツと組み合わせて使うことも出来るので、画像のように傘立てとセットで使ってもいいですね♪ラダーシェルフで壁に立て掛けるタイプになっているので、壁さえあればどこにでも設置出来るのが◎ 

靴箱をオシャレに見せるコツは、靴をぎゅうぎゅうに置かないのがポイント。湿気もこもりにくく、ショップのようにオシャレな雰囲気になります。 

デザイン性の高い玄関なら、靴をあえて出しっ放しにしておくのもオシャレかも?!今はネットやホームセンターで玄関用のクッションフロアも買う事が出来るので、自分好みにリメイクしても良いですね。 

白くてシンプルな形のシューズクローゼット。靴箱としてはやや小さめなのかもしれませんが、物を置かないことで広く見え、モデルルームのような雰囲気になっています。 

パイプラックの下のスペースをシューズ置きとして使用しています。子ども用の小さなサイズが可愛いです!姿見もあるので、ここでコーディネートするのが楽しくなりそうですね♡ [mobile][toc][/mobile]

番外編☆憧れのシュークローク

スペースがあれば是非欲しい、人気のシュークローク。靴だけでなく、アウトドア用品や災害グッズなど色んな物を収納出来るのも魅力的ですよね。そんな憧れのシュークロークを実際に使っている実例を、最後にご紹介します☆

ラウンド型の入り口が程良く目隠しになっていながら、クロークの中を一望することも出来ます。使い勝手がとても良さそうです。間接照明の灯りがいい感じ♡ 

ウォークスルー型のクローク。玄関から靴のままクローク内に入ることも出来ますし、中からも入れます。お部屋側は引き戸になっているので、いざとなったら大きい物も収納出来る頼もしい存在です! 

無印良品の頑丈収納ボックスの中には、子どもの野外用おもちゃが入っています!ジャストフィットのサイズ感が気持ち良いですね♪白なので、目立たず収納出来るのも嬉しい☆ 

L字型のウオールラックには靴がたくさん収納出来ます。収納したい物に合わせて、棚板の高さを調節出来るのも便利ですよね。 

まとめ

今は備え付けの靴箱が置かれていることも多いため、実際にはそのまま使っている方がほとんどだと思います。でもちょっと不便だな?と感じたり、こうだったらいいのにな、と感じたことはありませんか?ちょっとしたことでも、収納方法を見直してみたりオープン収納に変えてみる事で、グンと見た目や使い勝手がアップするかもしれません。ぜひ、いつでもオシャレでキレイな玄関を目指しましょう♪