1. トップ
  2. グルメ
  3. とらわれない私になる!自由に生きるために心を鍛えよう!

とらわれない私になる!自由に生きるために心を鍛えよう!

  • 2018.5.7
  • 2297 views

自由に生きたいと願うなら、現状を維持しているだけではいけません。心を鍛えて、一歩踏み出す勇気を持ちましょう!
何にも縛られず、とらわれない生き方はカッコイイ。あなたの目に映る景色を変えてみませんか?

あの子みたいに自由に生きたい…

芯が強くて、ブレないあの子。それに比べて、私はと言うと…。

疑問に思うことがあってもテキトーに流したり、怒りを抑えて無理に笑ったり…。あの子みたいに自由に生きたいと願うのに、まったく逆の行動を取ってしまってはいませんか?

自由に生きることは、もしかすると誰かが敷いたレールの上を歩くより、ずっと難しいことかもしれません。誰の考えにもとらわれずに、思うがままに振る舞うことほど大変なことはないはずです。それでも、勇気を出して一歩踏み出すことで得られるモノは、決して小さくはないでしょう。

今回は、自由に生きたいと願うあなたに、心を鍛えるとっておきの方法をお届けします。あの子みたいに、カッコよく生きてみませんか?

1. はっきり「ノー」と言う

心を鍛えるための第一歩は、嫌なことは嫌、できないことはできないとはっきり示すことです。「ノー」を伝えることで、あなたの心を解放してあげましょう。

イエスマンは、どこへ行ってもそれなりに上手く生きていくことができます。もちろん、ときには嫌なことでも目をつぶり、こなさなければならないときもあります。しかし、そんな生活を長く続けていたら、自分が何を求め、どこへ行きたいのかさえ分からなくなってしまいます。

自由に生きることは、素直になること。まずは、あなたの心に素直になって、「ノー」を伝えてみませんか?

2. 失敗から距離を置く

失敗を真正面から受け止め、失敗の原因にこだわってばかりいると、いつの間にか抱えきれないほど大きなストレスになってしまいます。ストレスに耐えることが心を鍛えることではありません。

失敗をしない人はいません。しかし、失敗から早く立ち直ることができる人と、そうでない人がいます。それは、失敗の受け止め方の違いによるものです。

いつでも失敗を真正面から受け止めていたら、失敗にとらわれ、次の行動への一歩が遅れてしまいます。心の強い人は、失敗との距離感を掴むのが上手いのです。

失敗から距離を置きますが、失敗を忘れることはありません。いつでも取り出せる位置に置き、冷静に対応できるようにしているのです。

3. 喜びをないがしろにしない

あなたの喜びは、あなたのモノです。誰が何と言おうと、嬉しいときは嬉しいと飛び跳ねたってよいのです。

人と比べたことで生じる喜びなんて、さっさと捨ててしまいましょう。「嬉しい」というのは、決して計算高いモノではないはずだから。出来なかったことが出来るようになったり、会いたい人に会う約束をしたり、心がぽかぽかする喜びを大事にしましょう。

他人の目を気にして喜びを隠すなんて、悲しいことは今すぐやめて。もしそれをカッコイイと勘違いしているのなら、いつまで経っても自由に生きることはできないでしょう。

4. カフェインを過剰に摂取しない

過剰なカフェイン摂取は、逃走反応の根源となるアドレナリンを多量に放出させてしまいます。脳と身体が極度に緊張した状態では、感情が行動を制限してしまうことも…。

一息つきたいときにコーヒーを飲むのは良いことですが、過剰に摂取することは避けましょう。イライラしたり、感情が高ぶったりしたときは、外の空気を吸ったり、運動したりして発散しましょう。

心を鍛えて自由に生きる!

“ローマは一日にして成らず”と言われるように、自由な生き方はすぐに確立できるものではありません。毎日少しずつ心を鍛えて、とらわれていた心を解放してあげなくてはなりません。

生まれたときから心が強い人なんて、いません。自由に生きるあの子だって、努力して勝ち取ったはずです。100%他人の目を気にしないなんてことはできませんが、もう少し自分に素直に行動してもよいのです。

殻を破るには、勇気と根性が必要です。自由な生き方を目指し、一歩踏み出したあなたには、それらが確実に備わっているのです。何にも縛られず、とらわれない強い心を手に入れたときに、あなたの本当の人生がスタートするのです。