1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 長時間のスマホやパソコン=不健康!? “ブルーライト”による刺激を軽減する方法

長時間のスマホやパソコン=不健康!? “ブルーライト”による刺激を軽減する方法

  • 2018.5.7
  • 4585 views

ネット社会といわれている現代、スマホやパソコンは日々の生活に欠かせないアイテムのひとつですよね。分からないことをすぐに調べられ、情報収集のためにもとても便利ですが、そんなスマホやパソコンは人の目や肌に悪影響を及ぼす“ブルーライト”を発しています。今回は、ブルーライトによる目や肌への刺激を軽減する方法についてご紹介します。

ブルーライトカットのメガネを使う

ブルーライト対策において最もポピュラーともいえるのですが、ブルーライトカットのメガネを使うことが一番手っ取り早いでしょう。

今では、数多くのメガネ専門店でブルーライトカットのメガネが取り扱われています。それと同時に、オフィスワーク等のモニターを長時間見る女性のなかでは、すでに愛用者が多いようです。また、ブルーライトカットメガネにも種類がたくさんあり、ものによってブルーライトのカット率も違うようです。

ブルーライトメガネを使うことによって、平均約30%~50%のブルーライトをカットすることができるといわれています。普段メガネを使わない人でも、すぐにでも手に入れるべきアイテムのひとつです。

ブルーライトカットのフィルムを使う

どうしてもメガネに慣れない場合は、ブルーライトカットのフィルムをパソコンの画面自体に貼り付けてしまいましょう。フィルムであれば、メガネをかけたときの違和感も感じさせず、メガネを持ち歩く必要もありません。

また、ブルーライトは肌にも刺激を与えてしまうため、フィルムであれば目と肌を含めた顔全体を保護するのにも適しています。

ブルーライトカットフィルムは、平均約40%のブルーライトをカットできるので、メガネに負けず劣らずの効果です。

夜になったらスマホはナイトモードに

パソコンだけでなく、スマホにも同じようにブルーライトによる危険性が潜んでいます。

実は、スマホにはブルーライトをカットする機能がついています。(スマホの種類によって機能が無いものもあります。)ものによって機能の名前は違うと思いますが、ナイトモードにすると画面が黄色っぽく変化し、目に優しい光レベルに調整してくれるようになっています。

スマホは、ベッドの中で寝るギリギリまでいじっている人が多いようですが、少なくとも寝る数時間前にはナイトモードに切り替えておきましょう。寝る間際までブルーライトを浴びていると、目が錯覚して睡眠の質が悪くなるので夜のスマホの扱いは注意しておきましょう。

ブルーライトケアできる日焼け止めを使う

上記の項目でも少し触れましたが、ブルーライトは肌にも影響を与えるといわれています。紫外線のように、大きく肌に影響を及ぼすほどではありませんが、その分着々とブルーライトによる刺激が肌に積もっていき、最終的に肌が傷んでしまうのです。

そんなブルーライトによる肌への刺激を防ぐには、ブルーライトケアが出来る日焼け止めを使いましょう。

紫外線を防ぐ日焼け止めなら、既に使っている人がほとんどだと思います。しかし、紫外線用の普通の日焼け止めではブルーライトはカットできません。

ブルーライトの波長をカットする成分が含まれた日焼け止めが、某メーカーからいくつか登場しているようなので、一度チェックしてみてください。ブルーライトカットの効果だけでなく、化粧下地として使えるものや肌のトーンアップまでできるものもありますよ。

ブルーライトを阻止して目と肌を守ろう

いかがでしたか?

ブルーライトという言葉は、近年よく耳にしているものですが、ブルーライトケアまでは手が行き届いていない人が多いのではないでしょうか?

筆者もそのひとりですが、やはり仕事上パソコンを扱う時間が長かったりスマホを常にいじっていたりするため、今すぐにでもブルーライトケアに取り掛かるべきだと感じます。仕事上パソコンをあまり使わないとしても、スマホだけは毎日絶対に触る人がほとんどだと思います。

そのような現代だからこそ、ブルーライトケアは全ての人が行うべきでしょう。今は、目に見えた不調や悪影響は感じていないとしても、ブルーライトによる刺激が蓄積したときが怖いものです。視力の低下や、肌トラブルなどさまざまな悪影響を引き起こす可能性だってあります。

とても身近なアイテムだからこそ、今すぐにでもブルーライトケアを始めてみましょう。