1. トップ
  2. ファッション
  3. CHANEL 豪華客船ラ パウザ号で地中海クルーズの旅へ!

CHANEL 豪華客船ラ パウザ号で地中海クルーズの旅へ!

  • 2018.5.6
  • 1453 views

【さらに写真を見る】CHANEL 豪華客船ラ パウザ号で地中海クルーズの旅へ!

3月の秋冬プレタポルテコレクションではグランパレに森を出現させたシャネルカール・ラガーフェルドが2019年クルーズコレクションのために用意したセットは豪華客船ラ パウザ号が停泊する波止場だ。船名はガブリエル・シャネルが自身のために考案・建築し、内装までを施した南仏にある邸宅にちなんでいる。

白をメインにブルーやピンク、レッドが効果的に使われたカラーパレットで、モデルたちは全員ベレー帽をON。赤いシャネルのロゴや「LA PAUSA」の文字がはいったホワイトのニットとストライプのパンツのシリーズでスタートし、白いダブルボタンのジャケットにプリーツスカート、ゆったりとしたジャケットにミニスカートといったクリーンなルックが続く。

パフスリーブや構築的な袖でショルダーラインを強調し、ウエストをシェイプした女性らしいシルエットが多く登場。シャツやスカート、ワンピースのウエスト部分に施されたピンタックがスイートでノスタルジックな魅力を与えている。

後半はパステルカラーのマルチボーダーのセットアップやビニール素材のボーダードレス、マリンブルーのウェーブプリントドレスなどでカラフルに。シャネルの代名詞ともいえるリトルブラックドレスだけはベレーではなく白いハットとグローブとコーディネート。

足もとはホワイトのワンストラップシューズ。浮き輪モチーフのバッグやトリコロールカラーのクラッチなどアイキャッチーな小物も揃っている。

会場でキャッチされたのはブランドアンバサダーのクリステン・スチュワートをはじめ、リリー=ローズ・デップマーゴット・ロビーなど。ショー終了後にはラ パウザ号のデッキでパーティーも開かれ、ゲストたちはクルーズ気分を楽しんだ。このラ パウザ号はスチールと合板のみで作られているので、リサイクルされるというエコな客船だ。
参照元:VOGUE JAPAN