1. トップ
  2. 恋愛
  3. 背中を押してあげる!奥手男子の「スイッチを入れる」ひと言

背中を押してあげる!奥手男子の「スイッチを入れる」ひと言

  • 2018.5.5
  • 24135 views

奥手な男性は、好意を持っている女性がいても、なかなか行動を起こすことができません。
女性の方からも多少は手を差し伸べてあげると、多少はハードルも下がるので、一歩を踏み出す勇気も持てることでしょう。
そこで今回は、奥手男子の「スイッチを入れる」ひと言を紹介します。

■「なんか嫉妬しちゃうな」

「嫉妬」というのは、「好き」という思いがあるからこそ起こる行為でもあります。

それは男性だってわかっているので、自分に対して嫉妬をしてくる女性からは好意を感じ取るはず。
なので、男性が他の女性のことを褒めたり、他の女性と食事に行ったという話をしたときには、さりげなく「なんか嫉妬しちゃうな」とつぶやいてみるといいかも。

そんなことを言われたら、「それって、俺のことが好きってこと?」と、男性は確実にドギマギしちゃうことでしょう。

■「今度はふたりで来ようよ」

仲間うちのみんなで遊びに行ったりした際に、気になる男性に「今度はふたりで来ようよ」なんて言ってみるのはかなり効果的。

これはもうデートのお誘いをしているのと同じことなので、いくら奥手な男性であっても、さすがにあなたの好意に気づくはずです。
みんながいる中でこっそりと言われることにもドキッとするでしょうし、他の男性たちではなく自分が選ばれたことへの優越感にも満たされるでしょう。

また、もう仮の約束をしているような状況にもなるので、そのままの流れでふたりでのデートもしやすくなるかも。

■「もうちょっと一緒にいてもいい?」

ふたりでの食事やデートの終盤に、「もうちょっと一緒にいてもいい?」なんて女性から甘えられたら、男性は間違いなくドキドキするはず。

「デートが楽しい」という思いと同時に、「まだ帰りたくない」という気持ちも男性に伝えられるひと言なのです。
また、さらに踏み込んだアプローチを仕掛けるのであれば、終電の時間が近づいてきた頃に、このひと言を言ってみるといいかも。

それはもう、「今夜はずっと一緒に過ごしたい」と言われているようなものなので、奥手な男性であってもその気になっちゃうことでしょう。

■「うちで飲み直そうよ」

ふたりでお酒を飲んだあとに、ここから先に進展させたいと思っていても、奥手な男性はそれを行動に移すことがなかなかできません。

なので、女性の方から「うちで飲み直さない?」と、誘ってあげたりするといいでしょう。
ふたりきりで家で過ごすことになったら、いくら奥手な男性でもさすがにスイッチは入るはず。

そういう関係になってもいいと思っているのであれば、ふたりきりになれる状況をさりげなく作り出してあげるのもひとつの方法ではありますよ。

おわりに

気になる男性が奥手な男性だった場合は、あなたの方からちょっと積極的に動いてあげるといいかも。自分への好意を感じたら、断られる不安も薄れるので、奥手な男性もスイッチが入るはずですよ。 (山田周平/ライター)
(愛カツ編集部)