1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新感覚アートを手軽にインテリアに?今注目の「ワイヤークラフト」をご紹介☆

新感覚アートを手軽にインテリアに?今注目の「ワイヤークラフト」をご紹介☆

  • 2018.5.4
  • 15219 views

最近じわじわと人気を集めている、「ワイヤークラフト」をご存知ですか?名前の通り、ワイヤーで様々な形を作り出すハンドメイドのことです。今回は、今注目のワイヤークラフトの魅力をピックアップ♩ワイヤークラフトをおしゃれに取り入れたインテリアコーディネートも、併せてご紹介します。きっと、あなたも挑戦してみたくなりますよ。

ワイーヤークラフトでお部屋に新鮮な魅力をプラス!

◆ワイヤークラフトとは

クラフト用のワイヤーを切ったり、曲げたりして好きなモチーフを形作っていきます。ワイヤーとペンチがあれば他に特別なものは不要なので、気軽に始められますよ。簡単なテクニックさえマスターすれば、たくさんの作品が作れます!

◆壁飾り

キッチンに飾るなら、こんなモチーフはいかがですか?フォークやマグカップ、食パンなど、カフェを連想させるようなモチーフを一つずつワイヤーで作ったら、あとは麻紐に通して壁に飾るだけ。ワイヤーならではのシンプルで素朴な雰囲気がおしゃれですね。 

こんな風に、家族の名前をモチーフにするのもいいですね。アルファベットは直線部分が多いので、基本のテクニックだけでも十分に挑戦できますよ。誕生日やクリスマスなど、パーティーの飾り付けにも重宝しそう♩ 

ワイヤーで作った鳥かごにグリーンをあしらって。ちゃんとカゴの扉が開くようになっていて、小技が効いています。物語の1ページが浮かんできそうな素敵なモチーフですね。 

スニーカーも、ワイヤーで作るとなんだかほのぼのした雰囲気に。ソールの厚みを表現したことで、平面と立体が絶妙にミックスされています。 

ワイヤーのカラーを変えるだけでも、ガラリと雰囲気が変わります。ホワイトをチョイスすれば、さりげなく白木の背景に馴染んでよりナチュラルなイメージに。手芸店などでは、バリエーション豊富にカラーが揃っているので、作りたいもののイメージに合わせて選ぶことができますよ。 

星型のモチーフを縦に繋げてモビール風に。クールな西海岸風のインテリアにとてもよく合っていますね。 

小さめに作ったモチーフを100均などのフォトムレームに収めれば、一枚の絵のような雰囲気に。ミニチュアのバケットも添えて、なんとも可愛くて美味しそうな作品になっています。 

看板や、ウェルカムボードにもぴったり。文字が消えたり薄くなったりしないので、外に出しておいても安心です。ガーデニング小物にも応用できそうですね。 

ワイヤーの扱いに慣れていきたら、こんな大物に挑戦してみるのもいいかもしれません。半円状の土台に、100均で販売されているミニチュアのブリキカップをセット。ナチュラルで可愛らしいプラントハンガーの完成です。 

◆立体を作ってみる

ここまでにご紹介したのは平面のモチーフですが、ワイヤーを使って立体のものを作ることも可能です。シンプルな数字のモチーフが、モノトーンのインテリアにぴったり。まるで紙に書いた文字がそのまま起き上がってきたかのような、線だけで作られるワイヤーならではの立体感が面白いですよね。

ワイヤーで作ったカメラにストラップを付けて、ユーモア溢れる作品に。軽くて扱いやすいので、好きなところに飾れるのも嬉しいポイントです。 

無造作にくしゃっと丸めたワイヤーが、とっても可愛らしく見えるから不思議です。ビンテージ感たっぷりのリメ缶に飾れば、生花やドライフラワーとは一味違ったインテリアに。さりげなく個性を演出できるおすすめアイディアです。 

ワインのコルクとフェイクグリーンを組み合わせて、可愛らしいオブジェに。コルクは、そのままワイヤーを刺すことができるのでアレンジしやすく、相性の良い素材の一つです。 

クリップ付きのハンガーも、ワイヤーで手作りすると繊細でエレガントな雰囲気。右に下げられた電球モチーフも雰囲気があっておしゃれですね。絶妙な存在感で他のインテリアを邪魔しないので、レイアウトの幅も広がります。 

平面で作ったサボテンのモチーフを支柱に繋げたピック。こんな風に、小物入れや植木鉢に挿すとポイントになってかわいいですね。 

まとめ

いかがでしたか?気軽に挑戦できて、おしゃれなワイーヤークラフト。アイディア次第で作れるものは無限大ですよ。ちょっぴり新鮮なアート感覚で、ぜひとも挑戦してみてください♩