1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「楽天家」は頭がいい!プラス思考になってメリットを得よう!

「楽天家」は頭がいい!プラス思考になってメリットを得よう!

  • 2018.4.25
  • 291 views

「楽天家」と呼ばれる人は、単に能天気なだけではありません。むしろ、切り替えが早く、頭のいい人が多いのです。
プラス思考は、あらゆる面でメリットを得ることができると知っていますか?ポジティブに考える癖をつけて、愛される楽天家になりましょう!

ポジティブに考える癖をつけませんか?

あなたの周りには「楽天家」と呼ばれる人がいますか?もしいないのであれば、楽天家を想像してみてください。

楽天家は、常に笑顔でいるため能天気にも思えます。しかし、与えられた状況において、自分なりの得策を考えることができる楽天家は、誰より頭がいいと思えませんか?

マイナス思考であると、与えられたチャンスを逃してしまったり、ここぞという見せ場で最高のパフォーマンスができなくなってしまったり…あまり良いことはありません。それなら、ポジティブに考える癖をつけて、あらゆる面でメリットを得ましょう!

楽天家のようなプラス思考になるには、考え方を少し変えるとともに、物を見る視点を変える必要があります。マイナス思考からプラス思考に変えることができれば、今よりもっと人生が豊かになることでしょう。今日からあなたも、愛される楽天家になりましょう!

1. 自分の感情を客観視する

マイナス思考の人は、客観的になることが苦手だといわれています。1度自分の感情を客観視して、置かれた状況を冷静に見つめてみましょう。

例えば、次の会議で企画のプレゼンを任されたとします。あなたはそのプレッシャーに負け、重たい心を引きずってプレゼンに臨みますか?チャンスを与えられたと喜びますか?

物事は、考え方次第で良い方にも悪い方にも転びます。あなたの置かれた状況は、うらやましいとさえ思われている場合があることを忘れないで。

嫌だ…逃げ出したい…そう思ったときは、自分の感情を客観視すること。そして、そこまでひどい状況ではないのだと理解することが大事です。

2. 最悪のシナリオを考える

どうしてもポジティブに考えることができない状況に追いこまれたら、これ以上ないというほどの最悪のシナリオを作ってしまいましょう。絶体絶命、緊急事態、最大のピンチ…!そうして追いこんだら、自分の元へ考えを戻します。

今あなたの置かれた状況はどうですか?その先に待ちうけるものは?…ほら、あなたの考えた最悪のシナリオよりは、マシに思えるのではないでしょうか?

この方法は、最悪のシナリオを考えることが重要なのではありません。追いこまれた状況から浮かび上がってくる過程が大事なのです。そんなことは起きないだろう、そこまでひどくはならないだろうと理解すること。それこそが、楽天家への第一歩なのです!

3. 「なんとかなる」とつぶやいてみる

楽天家は、どんなにピンチだと思える状況でも「なんとかなる」と考えることができます。それは、事実から逃げているわけではなく、先回りして得策を考えているから。

プラス思考になりたいのなら、ここで落ち込んでいる場合ではありませんよ。「なんとかなる」そう口に出すことで、本当になんとかなりそうな気がしてくるはずです!

できるだけ早く頭と心を切り替えることで、限られた時間を無駄にすることが減ります。あなたが落ち込んでいるときにも、楽天家は次のアイデアを出してくるかもしれません。下を向いているなら「なんとかなる」とつぶやいて、前に進むために動き出しましょう!

4. 視野を広く持つ

考えを自分の中に閉じ込めて、こじらせているとマイナス思考は悪化してしまうでしょう。そういうときは、一歩外へ出て、視野を広く持つことをおすすめします。

ひとりで過ごしていると、人は自然と内向的になります。そのため、ネガティブな考えに囚われているときはできるだけ人と話したり、多くの考えに触れたりしましょう。視野を広く持つことで、自分の悩みは皆が抱えるものなのだと気付けるはずです。

メリットだらけの楽天家になりましょう!

楽天家は、あらゆる面でメリットを得ることができます。ポジティブな思考は心を軽くするだけではなく、健康にも良いとされています。マイナス思考を直すことで健康にもなれるなんて、夢のようですよね!

楽天家は、物事のマイナス面を見ないフリをしているわけではありません。マイナス面を冷静に捉え、どうリカバリーできるか考えているのです。ネガティブな感情に支配されているのは、物事を冷静に見つめることができていないということ。プラス思考になるためには、必要以上に感情的にならずに「なんとかなる」とつぶやく余裕を持つべきなのです。

今日からあなたも、メリットだらけの愛される楽天家になりましょう!

元記事を読む